有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

② 【損益計算書】

 

 

 

前事業年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当事業年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

百分比

(%)

金額(百万円)

百分比

(%)

 売上高

 

 

 

 

 

 

 

売上高

※5

 

435,584

100.0

 

442,608

100.0

 売上原価

※5

 

 

 

 

 

 

1 期首製品たな卸高

 

19,101

 

 

17,408

 

 

2 当期製品製造原価

※2

342,691

 

 

344,849

 

 

合計

 

361,793

 

 

362,258

 

 

3 他勘定振替高

※1

2,120

 

 

1,491

 

 

4 期末製品たな卸高

 

17,408

342,263

78.6

17,275

343,491

77.6

売上総利益

 

 

93,321

21.4

 

99,117

22.4

Ⅲ 販売費及び一般管理費

 

 

 

 

 

 

 

1 運賃荷造費

 

5,195

 

 

5,680

 

 

2 広告宣伝費

 

5,598

 

 

5,298

 

 

3 販売促進費

 

8,044

 

 

8,878

 

 

4 サービス費

 

4,872

 

 

5,639

 

 

5 給料及び賞与手当

 

14,880

 

 

15,364

 

 

6 その他人件費

 

3,924

 

 

3,849

 

 

7 賃借料

 

2,253

 

 

2,184

 

 

8 租税公課

 

976

 

 

939

 

 

9 減価償却費

 

1,451

 

 

1,337

 

 

10 研究開発費

※2

12,743

 

 

11,490

 

 

11 その他

 

7,788

67,729

15.5

7,492

68,156

15.4

営業利益

 

 

25,591

5.9

 

30,961

7.0

Ⅳ 営業外収益

 

 

 

 

 

 

 

1 受取利息

 

667

 

 

834

 

 

2 有価証券利息

 

262

 

 

457

 

 

3 受取配当金

※5

2,877

 

 

4,299

 

 

4 経営指導料

※5

819

 

 

800

 

 

5 商標使用料収入

※5

631

 

 

504

 

 

6 その他

 

1,465

6,726

1.6

1,832

8,729

2.0

Ⅴ 営業外費用

 

 

 

 

 

 

 

1 支払利息

 

736

 

 

959

 

 

2 社債利息

 

490

 

 

655

 

 

3 たな卸資産廃棄評価損

 

3,029

 

 

2,270

 

 

4 為替差損

 

793

 

 

4,620

 

 

5 その他

※5

1,738

6,788

1.6

1,645

10,151

2.3

経常利益

 

 

25,529

5.9

 

29,539

6.7

 

 

 

 

前事業年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当事業年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

百分比

(%)

金額(百万円)

百分比

(%)

 特別利益

 

 

 

 

 

 

 

1 固定資産売却益

※3

78

 

 

34

 

 

2 投資有価証券売却益

 

73

 

 

1,239

 

 

3 関係会社株式売却益

 

1,607

 

 

268

 

 

4 その他

 

1

1,759

0.4

2

1,544

0.4

 特別損失

 

 

 

 

 

 

 

1 固定資産除却損

※4

725

 

 

861

 

 

2 投資有価証券評価損

 

42

 

 

144

 

 

3 関係会社株式評価損

 

239

 

 

93

 

 

4 役員退職慰労引当金

  繰入額

 

458

 

 

458

 

 

5 ゴルフ会員権評価損

 

11

1,477

0.4

6

1,566

0.4

税引前当期純利益

 

 

25,811

5.9

 

29,517

6.7

法人税、住民税及び

事業税

 

7,520

 

 

7,750

 

 

法人税等調整額

 

807

8,327

1.9

2,610

10,360

2.4

当期純利益

 

 

17,484

4.0

 

19,157

4.3

前期繰越利益

 

 

4,671

 

 

 

自己株式処分差損

 

 

102

 

 

 

当期未処分利益

 

 

22,053

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製造原価明細書

 

 

 

前事業年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当事業年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

区分

注記

番号

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

Ⅰ 材料費

 

3,305

1.0

4,131

1.2

Ⅱ 製品外注費

※2

304,262

88.8

306,120

88.8

Ⅲ 労務費

 

10,579

3.1

10,648

3.1

Ⅳ 経費

※1

24,544

7.1

23,948

6.9

当期総製造費用

 

342,691

100.0

344,849

100.0

当期製品製造原価

 

342,691

 

344,849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前事業年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当事業年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

※1 経費中主なるものは次の通りである。

外注加工費

413百万円

賃借料

1,989

減価償却費

7,163

※1 経費中主なるものは次の通りである。

外注加工費

992百万円

賃借料

2,119

減価償却費

6,531

※2 製品外注費

製品の生産は、一部の社内生産を除き、生産担当関連会社に担当せしめ、必要資材、部品を有償支給し、組立生産完成品を購入する方法で処理している。

※2 製品外注費

同左

○  原価計算の方法

材料費・労務費・製品外注費及び経費の要素別原価は、実際原価に基づいて計算し、組別、工程別総合原価計算の方法によっている。なお、製品出来高は予定原価によっている。実際原価と予定原価との差額については、これが重要な金額である場合は売上原価とたな卸資産原価に配賦して調整処理する。

○  原価計算の方法

同左

 





出典: カシオ計算機株式会社、2007-03-31 期 有価証券報告書