有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
 当社は、製品、サービスの内容及び販売市場、顧客の種類により「コンシューマ」、「システム」及び「その他」の3つを報告セグメントとしております。
 各報告セグメントに属する主要な製品及びサービスの種類は次のとおりであります。

コンシューマ…ウオッチ、クロック、電子辞書、電卓、電子文具、電子楽器、デジタルカメラ等

システム………ハンディターミナル、電子レジスター、オフィス・コンピューター、ページプリンタ、データプロジェクター等

その他…………金型等

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。セグメント間の内部収益は市場実勢価格に基づいております。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額
(注)1

連結財務諸表
計上額
(注)2

コンシューマ

システム

その他

合計

売上高

 

 

 

 

 

 

 (1) 外部顧客への売上高

287,113

40,848

10,428

338,389

338,389

 (2) セグメント間の内部
   売上高

4

36

8,181

8,221

8,221

287,117

40,884

18,609

346,610

8,221

338,389

セグメント利益
又は損失(△)

47,130

5,692

219

41,219

4,456

36,763

セグメント資産

199,604

47,342

23,677

270,623

104,033

374,656

その他の項目

 

 

 

 

 

 

  減価償却費

5,688

2,445

517

8,650

177

8,827

  のれんの償却額

12

12

12

  持分法適用会社への投資額

2,460

2,460

2,460

  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額

6,093

3,047

268

9,408

259

9,667

 

(注)1 調整額は以下の通りであります。

(1) セグメント利益又は損失(△)の調整額△4,456百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△4,456百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない親会社本社管理部門に係る費用並びに基礎研究に係る費用であります。

(2) セグメント資産の調整額104,033百万円には、各報告セグメントに配分していない全社資産104,489百万円が含まれております。

(3) 減価償却費の調整額177百万円は、報告セグメントに帰属しない管理部門に係る資産の減価償却費であります。

(4) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額259百万円は、報告セグメントに帰属しない管理部門の設備投資額であります。

2 セグメント利益又は損失(△)は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。

 

当連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額
(注)1

連結財務諸表
計上額
(注)2

コンシューマ

システム

その他

合計

売上高

 

 

 

 

 

 

 (1) 外部顧客への売上高

300,956

42,669

8,633

352,258

352,258

 (2) セグメント間の内部
   売上高

2

49

8,788

8,839

8,839

300,958

42,718

17,421

361,097

8,839

352,258

セグメント利益
又は損失(△)

48,981

1,825

114

47,042

4,873

42,169

セグメント資産

189,995

45,219

19,809

255,023

113,431

368,454

その他の項目

 

 

 

 

 

 

  減価償却費

6,684

2,308

442

9,434

274

9,708

  のれんの償却額

11

11

11

  持分法適用会社への投資額

2,510

2,510

2,510

  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額

7,178

2,979

274

10,431

454

10,885

 

(注)1 調整額は以下の通りであります。

(1) セグメント利益又は損失(△)の調整額△4,873百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△4,873百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない親会社本社管理部門に係る費用並びに基礎研究に係る費用であります。

(2) セグメント資産の調整額113,431百万円には、各報告セグメントに配分していない全社資産113,886百万円が含まれております。

(3) 減価償却費の調整額274百万円は、報告セグメントに帰属しない管理部門に係る資産の減価償却費であります。

(4) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額454百万円は、報告セグメントに帰属しない管理部門の設備投資額であります。

2 セグメント利益又は損失(△)は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

(単位:百万円)

日本

北米

欧州

アジア

その他

合計

106,191

43,584

51,443

96,502

40,669

338,389

 

(注)  売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

(単位:百万円)

日本

北米

欧州

アジア

その他

合計

52,900

1,138

481

7,697

85

62,301

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

(単位:百万円)

日本

北米

欧州

アジア

その他

合計

110,594

47,166

51,714

99,085

43,699

352,258

 

(注)  売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

(単位:百万円)

日本

北米

欧州

アジア

その他

合計

52,396

1,028

431

6,944

83

60,882

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

(単位:百万円)

 

コンシューマ

システム

その他

全社・消去

合計

減損損失

1,485

1

836

2,322

 

 

当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

(単位:百万円)

 

コンシューマ

システム

その他

全社・消去

合計

減損損失

743

16

288

1,047

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

(単位:百万円)

 

コンシューマ

システム

その他

全社・消去

合計

(のれん)

 

 

 

 

 

当期末残高

56

56

 

(注)  のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

(単位:百万円)

 

コンシューマ

システム

その他

全社・消去

合計

(のれん)

 

 

 

 

 

当期末残高

45

45

 

(注)  のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

1 関連当事者との取引

 

(1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

 

前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

種類

会社等
の名称
又は氏名

所在地

資本金
又は
出資金
(百万円)

事業の
内容
又は職業

議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)

関連当事者との関係

取引の
内容

取引金額
(百万円)

科目

期末残高
(百万円)

役員の
近親者

樫尾幸雄

当社
特別顧問

(被所有)
直接0.8

経営に関する助言等

34

 

(注) 1 記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。

2 取引条件及び取引条件の決定方針等
樫尾幸雄氏には当社創業の一員として長年の経営経験を基に経営全般に関する助言等を行ってもらうことを目的として特別顧問を委嘱しており、報酬額については協議の上、決定しております。

 

当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

種類

会社等
の名称
又は氏名

所在地

資本金
又は
出資金
(百万円)

事業の
内容
又は職業

議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)

関連当事者との関係

取引の
内容

取引金額
(百万円)

科目

期末残高
(百万円)

役員の
近親者

樫尾幸雄

当社
特別顧問

(被所有)
直接0.8

経営に関する助言等

46

 

(注) 1 記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。

2 取引条件及び取引条件の決定方針等
樫尾幸雄氏には当社創業の一員として長年の経営経験を基に経営全般に関する助言等を行ってもらうことを目的として特別顧問を委嘱しており、報酬額については協議の上、決定しております。

 

(2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

該当事項はありません。

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度

(自  平成26年4月1日

至  平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

1株当たり純資産額

781円20銭

788円47銭

1株当たり当期純利益

100円08銭

119円72銭

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

98円77銭

117円50銭

 

(注) 1 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 

項目

前連結会計年度
(平成27年3月31日)

当連結会計年度
(平成28年3月31日)

純資産の部の合計額(百万円)

204,158

202,111

純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)

普通株式に係る期末の純資産額(百万円)

204,158

202,111

1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(千株)

261,339

256,332

 

2 1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 

項目

前連結会計年度

(自  平成26年4月1日

至  平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

1株当たり当期純利益

 

 

 親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)

26,400

31,194

 普通株主に帰属しない金額(百万円)

 普通株式に係る親会社株主に帰属する
 当期純利益(百万円)

26,400

31,194

 普通株式の期中平均株式数(千株)

263,784

260,566

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

 

 

 親会社株主に帰属する当期純利益調整額(百万円)

△4

△6

 (うち支払手数料(税額相当額控除後))

(1)

(1)

 (うちその他(税額相当額控除後))(注)

(△5)

(△7)

 普通株式増加数(千株)

3,472

4,865

 (うち新株予約権付社債)

(3,472)

(4,865)

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要

 

(注)  新株予約権付社債を額面金額よりも高い価額で発行したことによる当該差額に係る当期償却額(税額相当   額控除後)であります。

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。





出典: カシオ計算機株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書