有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 最近5連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移

 

回次
第48期
第49期
第50期
第51期
第52期
決算年月
平成18年3月
平成19年3月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
売上高
(千円)
14,360,487
15,872,205
16,490,977
14,546,537
13,099,581
経常利益
(千円)
1,814,237
2,264,675
2,416,735
960,401
1,024,038
当期純利益
(千円)
1,138,807
1,400,250
1,570,728
671,282
830,660
純資産額
(千円)
8,292,650
9,908,151
11,159,112
10,800,557
11,589,366
総資産額
(千円)
16,205,600
17,449,491
18,052,368
16,172,121
17,702,089
1株当たり純資産額
(円)
1,062.42
1,252.73
1,410.37
1,365.16
1,465.28
1株当たり当期純利益
(円)
142.56
180.05
201.99
86.33
106.83
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
自己資本比率
(%)
51.2
55.8
60.8
65.6
64.4
自己資本利益率
(%)
15.0
15.5
15.2
6.2
7.5
株価収益率
(倍)
10.2
12.2
7.6
8.5
11.9
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
1,629,932
1,971,441
2,061,756
1,561,114
2,096,010
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△1,424,465
△452,161
△970,884
△696,210
△611,820
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△156,818
△1,039,739
△563,096
△701,386
△107,291
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
1,756,496
2,300,097
2,833,188
2,849,139
4,251,708
従業員数
(名)
2,662
2,654
3,120
2,620
3,304

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

3 純資産額の算定にあたり、平成19年3月期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。

 

(2) 提出会社の最近5事業年度に係る主要な経営指標等の推移

 

回次
第48期
第49期
第50期
第51期
第52期
決算年月
平成18年3月
平成19年3月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
売上高
(千円)
12,855,706
14,454,313
14,655,130
12,509,921
11,903,792
経常利益
(千円)
1,250,251
1,440,706
1,187,782
514,775
516,967
当期純利益
(千円)
801,440
862,877
667,136
477,594
342,506
資本金
(千円)
2,144,612
2,144,612
2,144,612
2,144,612
2,144,612
発行済株式総数
(株)
7,779,865
7,779,865
7,779,865
7,779,865
7,779,865
純資産額
(千円)
7,481,643
8,210,048
8,373,279
8,575,595
8,761,681
総資産額
(千円)
12,843,467
13,064,214
13,143,101
11,687,416
13,636,705
1株当たり純資産額
(円)
958.14
1,055.74
1,076.83
1,102.89
1,126.85
1株当たり配当額
(内1株当たり
 中間配当額)
(円)
15.00
(—)
20.00
(—)
25.00
(—)
25.00
(─)
25.00
(─)
1株当たり当期純利益
(円)
99.18
110.95
85.79
61.42
44.04
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
(円)
自己資本比率
(%)
58.3
62.8
63.7
73.4
64.3
自己資本利益率
(%)
11.4
11.0
8.0
5.6
4.0
株価収益率
(倍)
14.7
19.7
17.8
11.9
28.8
配当性向
(%)
15.1
18.0
29.1
40.7
56.8
従業員数
(名)
163
150
140
145
153

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

 

2 【沿革】

当社(昭和25年11月22日設立、昭和37年8月25日商号を都産業株式会社から芝浦電子株式会社に変更、額面金額50円)は、株式会社芝浦電子製作所(昭和29年3月10日有限会社芝浦電子製作所として設立、昭和34年9月21日株式会社に組織変更、額面金額500円、以下旧株式会社芝浦電子製作所という)の株式額面金額を変更するため、昭和38年2月21日を合併期日として同社を吸収合併し、同時に商号を株式会社芝浦電子製作所と変更し、同社の資産・負債及び権利義務の一切を引継ぎましたが、合併前の当社は休業状態にあり、合併後において被合併会社の営業活動を全面的に継承いたしました。

したがって、実質上の存続会社は被合併会社である旧株式会社芝浦電子製作所であり、以下に記載する合併前の状況につきましては別段の記述がないかぎり、実質上の存続会社に関するものであります。

 

昭和28年3月
東京都北区岩渕町にて創業、亜酸化銅整流器を中心にサーミスタ、SiCバリスタの製造開始
昭和29年3月
有限会社芝浦電子製作所に組織変更
昭和31年11月
温度センサ需要の増加に伴い本社工場を東京都文京区関口町に新設移転
昭和34年9月
東京都板橋区前野町に本社工場を移転、同月株式会社芝浦電子製作所に組織変更
昭和35年5月
埼玉県川口市飯塚町に川口工場新設、測定器、ディスク形サーミスタの製造移管
昭和37年8月
大阪営業所開設(大阪市浪速区元町大電ビル)
昭和38年4月
現在地に本社工場及び川口工場を集結移転
昭和44年10月
株式会社東北芝浦電子設立(現・連結子会社)
昭和48年4月
株式会社岩手芝浦電子設立(現・連結子会社)
昭和55年8月
名古屋店開設(名古屋市中区丸ノ内)
昭和59年3月
名古屋店を移転(名古屋市中区錦2−18−5白川第六ビル)
昭和60年4月
株式会社福島芝浦電子設立(現・連結子会社)
    9月
社団法人日本証券業協会に店頭登録
昭和63年1月
名古屋店を名古屋営業所に改称
    4月
決算期を1月から3月に変更
平成3年11月
有限会社野田製作所(現・株式会社野田製作所)設立(現・連結子会社)
平成4年4月
有限会社三春電器(現・株式会社三春電器)設立(現・連結子会社)
平成6年4月
株式会社角館芝浦電子設立(現・連結子会社)
平成7年2月
株式会社三戸芝浦電子設立(現・連結子会社)
平成8年8月
社名を株式会社芝浦電子に改称
    9月
タイ国にサイアム センシング デバイス マニュファクチュアリング カンパニー
リミテッド設立(現・連結子会社)
平成9年5月
中国に東莞芝浦電子有限公司設立(現・連結子会社)
    6月
中国に上海芝浦電子有限公司設立(現・連結子会社)
平成13年2月
香港に香港芝浦電子有限公司を設立(現・連結子会社)
    5月
サイアム センシング デバイス マニュファクチュアリング カンパニー リミテッドをタイ シバウラデンシ カンパニー リミテッドに改称
平成14年4月
九州営業所(福岡県北九州市小倉北区紺屋町9−1明治安田生命小倉ビル)開設
    10月
    同月
台湾に台湾芝浦電子股有限公司を設立
韓国に株式会社芝浦電子コリアを設立(現・連結子会社)
平成16年12月
株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成20年12月
 
九州営業所を閉鎖
台湾芝浦電子股有限公司を清算
平成21年5月
大阪営業所を移転(大阪市西区京町堀1−6−4りそな京町堀ビル)
平成22年4月
ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に上場となっております。

3 【事業の内容】

当社グループ(当社及び連結子会社)は、サーミスタ技術を中核とする半導体部品並びに、それらを応用した各種製品(温度センサ、湿度センサ、湿度計、温度制御器、温度記録計、風速計、湿度計測装置)の製造販売を主な事業としております。当社グループの事業に係わる位置付け、及び部門との関連は、次のとおりであります。

 

連結会社名
分担業務の内容
部門
当社
資材調達及び子会社への供給、研究開発及び試作高度応用製品の製造、全製品の販売業務
センサ電子部品及び計測制御機器の製造販売
㈱東北芝浦電子
生産
子会社
サーミスタ温度・湿度センサの製造
センサ電子部品の製造
㈱岩手芝浦電子
サーミスタ温度センサの製造
センサ電子部品の製造
㈱福島芝浦電子
サーミスタ素子の製造
センサ電子部品の製造
㈱角館芝浦電子
サーミスタ温度センサの製造
センサ電子部品の製造
㈱三戸芝浦電子
サーミスタ温度センサの製造
センサ電子部品の製造
㈱野田製作所
サーミスタ温度センサの製造
センサ電子部品の製造
㈱三春電器
サーミスタ温度センサ及び計測制御機器の製造
センサ電子部品及び計測制御機器の製造
タイ シバウラデンシ
カンパニー リミテッド
サーミスタ温度センサの製造
センサ電子部品の製造
東莞芝浦電子有限公司
サーミスタ温度センサの製造
センサ電子部品の製造
上海芝浦電子有限公司
サーミスタ温度センサの製造
センサ電子部品の製造
香港芝浦電子有限公司
販売
子会社
サーミスタ温度・湿度センサの販売
センサ電子部品の販売
㈱芝浦電子コリア
サーミスタ温度・湿度センサの販売
センサ電子部品の販売

 

 


 

4 【関係会社の状況】

 

名称
住所
資本金又は
出資金
(百万円)
主要な事業
の内容
議決権の
所有割合
(%)
関係内容
(連結子会社)
 
 
 
 
 
㈱東北芝浦電子
秋田県仙北市
100
センサ電子
部品の製造
87.9
当社のセンサ電子部品を製造しております。
なお、当社の債務保証を受けております。
役員の兼任等 4名
㈱岩手芝浦電子
岩手県二戸郡
一戸町
150
同上
100.0
当社のセンサ電子部品を製造しております。
なお、当社所有の土地を賃借しており、また、当社の債務保証を受けております。
役員の兼任等 5名
㈱福島芝浦電子
福島県本宮市
980
同上
100.0
当社のセンサ電子部品を製造しております。
なお、当社の債務保証を受けております。
役員の兼任等 5名
㈱角館芝浦電子
秋田県仙北市
130
同上
100.0
当社のセンサ電子部品を製造しております。
なお、当社の債務保証を受けております。
役員の兼任等 4名
㈱三戸芝浦電子
青森県三戸郡
三戸町
170
同上
100.0
当社のセンサ電子部品を製造しております。
役員の兼任等 5名
㈱野田製作所
岩手県二戸郡
一戸町
55
同上
54.5
(36.4)
当社のセンサ電子部品を製造しております。
役員の兼任等 4名
タイ シバウラデンシ
カンパニー リミテッド
タイ国
アユタヤ
百万THB
221
同上
100.0
当社のセンサ電子部品を製造しております。
なお、当社より資金援助を受けており、また、当社の債務保証を受けております。
役員の兼任等 5名
東莞芝浦電子有限公司
中国広東省
東莞市
300
同上
100.0
当社のセンサ電子部品を製造しております。
なお、当社の債務保証を受けております。
役員の兼任等 6名
上海芝浦電子有限公司
中国上海市
300
同上
100.0
当社のセンサ電子部品を製造しております。
なお、当社の債務保証を受けております。
役員の兼任等 5名
㈱三春電器
青森県三戸郡
三戸町
90
センサ電子部品及び計測制御機器の製造
66.7
当社のセンサ電子部品及び計測制御装置を製造しております。
なお、当社の債務保証を受けております。
役員の兼任等 4名
香港芝浦電子有限公司
香港新界
百万HK$
1.9
センサ電子部品の販売
100.0
(0.1)
当社のセンサ電子部品を販売しております。
役員の兼任等 4名
㈱芝浦電子コリア
韓国ソウル市
百万KRW
400
同上
100.0
当社のセンサ電子部品を販売しております。
役員の兼任等 4名

(注) 1 主要な事業の内容欄には、部門の名称を記載しております。

2 上記のうち特定子会社は、㈱東北芝浦電子、㈱福島芝浦電子、㈱角館芝浦電子、㈱三戸芝浦電子、㈱野田製作所、タイ シバウラデンシ カンパニー リミテッド、東莞芝浦電子有限公司及び上海芝浦電子有限公司の8社であります。

3 上記のうち、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

4 上記のうち、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超える会社はありません。

5 議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数として記載しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成22年3月31日現在

部門の名称
従業員数(名)
センサ電子部品
3,276
計測制御機器
5
全社(共通)
23
合計
3,304

(注) 1 従業員数は就業人員であります。

2 臨時従業員数は、従業員数の100分の10未満であるため、記載を省略しております。

3 全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

4 従業員が前連結会計年度末に比べ684名増加しております。主な理由は、海外子会社での前連結会計年度における自己都合退職に伴う人員補充及び生産数の増加に伴う人員補充によるものであります。

 

(2) 提出会社の状況

平成22年3月31日現在

従業員数(名)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(千円)
153
39.1
12.9
6,826

(注) 1 従業員数は就業人員であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

当社グループのうち、当社の労働組合については全日本金属情報機器労働組合芝浦電子支部と称し、当社の従業員をもって構成されております。平成22年3月31日現在における当社従業員の労働組合員数は5名であり、労使関係は良好であります。

なお、連結子会社のうち、㈱東北芝浦電子、㈱岩手芝浦電子、㈱福島芝浦電子、㈱角館芝浦電子及び㈱三戸芝浦電子の労働組合については、それぞれ東北芝浦電子労働組合、岩手芝浦電子労働組合、福島芝浦電子労働組合、角館芝浦電子労働組合及び三戸芝浦電子労働組合と称し、加盟上部団体はJAMであります。平成22年3月31日現在における労働組合員数は計417名であり労使関係はそれぞれ良好であります。

また、㈱野田製作所、㈱三春電器、タイ シバウラデンシ カンパニー リミテッド、東莞芝浦電子有限公司、上海芝浦電子有限公司、香港芝浦電子有限公司及び株式会社芝浦電子コリアについては、労働組合はありません。

 





出典: 株式会社芝浦電子、2010-03-31 期 有価証券報告書