有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【注記事項】
(重要な会計方針)

1.有価証券の評価基準及び評価方法

① 子会社株式

移動平均法による原価法

② その他有価証券

時価のあるもの

決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)

時価のないもの

移動平均法による原価法

 

2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。

① 製品及び仕掛品

総平均法

② 原材料

総平均法

③ 商品及び貯蔵品

最終仕入原価法

 

3.固定資産の減価償却の方法

① 有形固定資産(リース資産を除く)

定率法

ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。

なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。

建物        3〜15年

機械及び装置      7年

工具、器具及び備品 2〜15年

また、平成19年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5年間で均等償却する方法によっております。

② 無形固定資産(リース資産を除く)

自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。

③ 長期前払費用

均等償却

 

 

4.引当金の計上基準

① 貸倒引当金

債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。 

② 賞与引当金

従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。 

③ 役員賞与引当金

役員の賞与の支給に備えるため、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。 

④ 退職給付引当金

従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。

退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。

なお、当事業年度末日において認識すべき年金資産が、退職給付債務の額を超過する場合には、前払年金費用として投資その他の資産に計上しております。

⑤ 役員報酬BIP信託引当金

役員に対する業績連動型の株式報酬制度を導入しており、その支給に備えるため、当事業年度末における株式報酬見込額に基づき計上しております。

 

5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

消費税等の会計処理

消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。

 

(会計方針の変更)

法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当事業年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。

なお、この変更による当事業年度における財務諸表に与える影響は軽微であります。

 

(追加情報)

(繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針)

「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業年度から適用しております。

 

(業績連動型株式報酬制度)

取締役に信託を通じて自社の株式を交付する取引については、連結財務諸表「注記事項 (追加情報)」に同一の内容を記載しているので、注記を省略しております。

 

 

(貸借対照表関係)

※1  関係会社に対する資産及び負債

区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。

 

前事業年度

(平成28年3月31日)

当事業年度

(平成29年3月31日)

売掛金

556,778

千円

935,980

千円

未収入金

940,763

千円

3,393,513

千円

買掛金

5,079,186

千円

6,175,403

千円

 

 

※2  担保資産及び担保付債務

前事業年度(平成28年3月31日)

当社の土地94,166千円は、㈱岩手芝浦電子の借入金2,336千円に対して担保提供しております。

当事業年度(平成29年3月31日)

該当事項はありません。

 

3  偶発債務

下記の関係会社の銀行及び㈱日本政策金融公庫の借入金に対して債務保証を行っております。

前事業年度

(平成28年3月31日)

当事業年度

(平成29年3月31日)

㈱福島芝浦電子

397,510

千円

㈱福島芝浦電子

302,450

千円

タイ シバウラデンシ
カンパニー リミテッド

100,000

千円

タイ シバウラデンシ
カンパニー リミテッド

100,000

千円

㈱三戸芝浦電子

30,620

千円

東莞芝浦電子有限公司

30,000

千円

東莞芝浦電子有限公司

30,000

千円

上海芝浦電子有限公司

10,000

千円

上海芝浦電子有限公司

10,000

千円

 

 

 

㈱東北芝浦電子

8,590

千円

 

 

 

㈱岩手芝浦電子

2,336

千円

 

 

 

合計

579,056

千円

合計

442,450

千円

 

 

 

(損益計算書関係)

※1  売上高のうち関係会社との取引に係るものが、次のとおり含まれております。

 

前事業年度

(自  平成27年4月1日

  至  平成28年3月31日)

当事業年度

(自  平成28年4月1日

  至  平成29年3月31日)

売上高

2,997,543

千円

3,875,424

千円

 

 

※2  当期製品製造原価のうち関係会社との取引に係るものが、次のとおり含まれております。

 

前事業年度

(自  平成27年4月1日

  至  平成28年3月31日)

当事業年度

(自  平成28年4月1日

  至  平成29年3月31日)

材料費

7,658,094

千円

8,302,042

千円

外注加工費

4,159,970

千円

4,242,317

千円

合計

11,818,065

千円

12,544,359

千円

 

 

※3  他勘定への振替高の内訳は次のとおりであります。

 

前事業年度

(自  平成27年4月1日

  至  平成28年3月31日)

当事業年度

(自  平成28年4月1日

  至  平成29年3月31日)

販売経費

2,662

千円

2,970

千円

 

 

※4  営業外収益のうち各科目に含まれる関係会社との取引は、次のとおりであります。

 

前事業年度

(自  平成27年4月1日

  至  平成28年3月31日)

当事業年度

(自  平成28年4月1日

  至  平成29年3月31日)

受取利息

2,165

千円

2,223

千円

受取配当金

210,047

千円

147,178

千円

受取手数料

23,493

千円

24,606

千円

雑収入

4,413

千円

4,358

千円

合計

240,119

千円

178,366

千円

 

 

※5  固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

 

前事業年度

(自  平成27年4月1日

  至  平成28年3月31日)

当事業年度

(自  平成28年4月1日

  至  平成29年3月31日)

機械及び装置

36

千円

984

千円

車両運搬具

千円

0

千円

工具、器具及び備品

26

千円

273

千円

除却費用

千円

15

千円

合計

63

千円

1,273

千円

 

 

(有価証券関係)

当社の保有する子会社株式はすべて市場価格がありません。したがって、時価を把握することが極めて困難と認められるものであります。なお、子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりであります。

 

 

(単位:千円)

区分

前事業年度
(平成28年3月31日)

当事業年度
(平成29年3月31日)

子会社株式

2,961,603

2,965,437

 

 

 

(税効果会計関係)

1  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

 

前事業年度

(平成28年3月31日)

 

当事業年度

(平成29年3月31日)

(繰延税金資産)

 

 

 

 

 

 ①流動資産

 

 

 

 

 

  賞与引当金

49,410

千円

 

51,252

千円

  製品等評価損

11,454

千円

 

9,972

千円

  未払事業税

4,351

千円

 

14,630

千円

  その他

9,673

千円

 

12,477

千円

  計

74,890

千円

 

88,332

千円

 ②固定資産

 

 

 

 

 

  退職給付引当金

74,061

千円

 

43,998

千円

  投資有価証券評価損

5,129

千円

 

5,129

千円

  役員退職慰労引当金

34,495

千円

 

千円

  長期未払金

千円

 

35,660

千円

  役員報酬BIP信託引当金

千円

 

4,997

千円

  その他

5,749

千円

 

5,638

千円

  小計

119,436

千円

 

95,424

千円

  評価性引当額

△39,629

千円

 

△38,208

千円

  計

79,807

千円

 

57,215

千円

 繰延税金資産合計

154,697

千円

 

145,547

千円

(繰延税金負債)

 

 

 

 

 

 固定負債

 

 

 

 

 

  退職給付信託設定益

△67,768

千円

 

△67,768

千円

  その他有価証券評価差額金

△73,015

千円

 

△67,471

千円

  計

△140,784

千円

 

△135,239

千円

 繰延税金負債合計

△140,784

千円

 

△135,239

千円

繰延税金資産の純額

13,913

千円

 

10,308

千円

 

 

2  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳

 

前事業年度

(平成28年3月31日)

 

当事業年度

(平成29年3月31日)

法定実効税率

32.8

 

30.7

(調整)

 

 

 

 

 

 交際費等永久に損金に算入されない項目

4.4

 

3.1

 受取配当金等永久に益金に算入されない項目

△9.2

 

△5.0

 住民税均等割等

0.9

 

0.7

 試験研究費の特別控除等

△3.2

 

△2.6

 税率変更による期末繰延税金資産の減額修正

0.9

 

 その他

0.9

 

0.7

税効果会計適用後の法人税等の負担率

27.5

 

27.6

 

 





出典: 株式会社芝浦電子、2017-03-31 期 有価証券報告書