有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

当事業年度

(平成28年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

4,824,645

3,852,591

受取手形

542,269

481,413

売掛金

※1 898,764

※1 863,131

製品

811,731

1,062,999

仕掛品

72,743

74,998

原材料及び貯蔵品

880,526

836,529

前払費用

31,258

34,472

繰延税金資産

143,088

93,061

関係会社短期貸付金

6,245

8,436

未収入金

※1 727,826

※1 820,110

未収還付法人税等

-

67,640

その他

※1 152,006

※1 182,453

貸倒引当金

2,168

2,164

流動資産合計

9,088,937

8,375,675

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

748,649

737,845

構築物

8,961

7,629

機械及び装置

108,744

86,884

車両運搬具

5,281

5,371

工具、器具及び備品

152,921

142,224

土地

261,278

261,278

建設仮勘定

42,060

有形固定資産合計

1,285,837

1,283,294

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

462,917

326,998

ソフトウエア仮勘定

950

9,336

電話加入権

6,790

6,790

無形固定資産合計

470,657

343,125

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

1,228,982

980,170

関係会社株式

220,254

298,648

関係会社長期貸付金

161,393

554,484

長期預金

200,000

300,000

保険積立金

150,030

-

その他

33,727

175,303

貸倒引当金

38,596

20,382

投資その他の資産合計

1,955,793

2,288,225

固定資産合計

3,712,288

3,914,645

資産合計

12,801,226

12,290,321

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

当事業年度

(平成28年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

※1 1,329,878

※1 1,194,399

未払金

※1 231,501

※1 175,884

未払費用

231,485

166,698

未払法人税等

161,330

-

預り金

21,444

31,842

賞与引当金

94,781

99,051

役員賞与引当金

24,000

20,400

その他

14,628

10,320

流動負債合計

2,109,050

1,698,597

固定負債

 

 

繰延税金負債

187,228

118,254

役員退職慰労引当金

149,600

133,000

退職給付引当金

91,444

96,414

預り保証金

115,450

115,450

固定負債合計

543,722

463,118

負債合計

2,652,773

2,161,715

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

951,799

951,799

資本剰余金

 

 

資本準備金

833,305

833,305

資本剰余金合計

833,305

833,305

利益剰余金

 

 

利益準備金

181,917

181,917

その他利益剰余金

 

 

固定資産圧縮積立金

24,603

24,167

別途積立金

5,600,000

5,600,000

繰越利益剰余金

2,261,562

2,376,898

利益剰余金合計

8,068,083

8,182,982

自己株式

160,056

160,443

株主資本合計

9,693,132

9,807,644

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

455,320

320,961

評価・換算差額等合計

455,320

320,961

純資産合計

10,148,452

10,128,605

負債純資産合計

12,801,226

12,290,321

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 平成26年4月1日

 至 平成27年3月31日)

当事業年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

売上高

※1 6,856,945

※1 6,785,348

売上原価

※1 4,612,191

※1 4,697,060

売上総利益

2,244,753

2,088,288

販売費及び一般管理費

※1,※2 1,940,444

※1,※2 1,956,466

営業利益

304,309

131,822

営業外収益

 

 

受取利息

※1 3,164

※1 3,315

受取配当金

※1 116,710

※1 97,613

仕入割引

392

419

受取賃貸料

7,057

7,278

スクラップ売却益

1,126

550

貸倒引当金戻入額

98,565

18,219

受取保険料

-

8,169

為替差益

79,954

-

その他

4,754

※1 4,528

営業外収益合計

311,724

140,095

営業外費用

 

 

支払利息

1,241

1,237

賃貸収入原価

2,056

1,941

売上割引

5,794

6,291

為替差損

-

50,001

その他

2

2

営業外費用合計

9,094

59,473

経常利益

606,939

212,443

特別利益

 

 

投資有価証券売却益

-

102,446

特別利益合計

-

102,446

特別損失

 

 

関係会社株式評価損

-

8,906

固定資産除却損

468

2,074

特別損失合計

468

10,980

税引前当期純利益

606,470

303,909

法人税、住民税及び事業税

257,748

40,453

法人税等調整額

94,492

58,000

法人税等合計

163,255

98,453

当期純利益

443,214

205,455

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

固定資産圧縮積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

951,799

833,305

833,305

181,917

24,608

5,600,000

1,900,674

7,707,199

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

82,330

82,330

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

1,107

 

1,107

税率変更による積立金の調整額

 

 

 

 

1,102

 

1,102

当期純利益

 

 

 

 

 

 

443,214

443,214

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

4

360,888

360,883

当期末残高

951,799

833,305

833,305

181,917

24,603

5,600,000

2,261,562

8,068,083

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

159,491

9,332,812

236,602

236,602

9,569,415

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

82,330

 

 

82,330

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

税率変更による積立金の調整額

 

 

 

当期純利益

 

443,214

 

 

443,214

自己株式の取得

564

564

 

 

564

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

218,717

218,717

218,717

当期変動額合計

564

360,319

218,717

218,717

579,037

当期末残高

160,056

9,693,132

455,320

455,320

10,148,452

 

当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

固定資産圧縮積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

951,799

833,305

833,305

181,917

24,603

5,600,000

2,261,562

8,068,083

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

90,556

90,556

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

1,095

 

1,095

-

税率変更による積立金の調整額

 

 

 

 

658

 

658

-

当期純利益

 

 

 

 

 

 

205,455

205,455

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

-

-

-

-

436

-

115,335

114,899

当期末残高

951,799

833,305

833,305

181,917

24,167

5,600,000

2,376,898

8,182,982

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

160,056

9,693,132

455,320

455,320

10,148,452

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

90,556

 

 

90,556

固定資産圧縮積立金の取崩

 

-

 

 

-

税率変更による積立金の調整額

 

-

 

 

-

当期純利益

 

205,455

 

 

205,455

自己株式の取得

387

387

 

 

387

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

134,359

134,359

134,359

当期変動額合計

387

114,511

134,359

134,359

19,847

当期末残高

160,443

9,807,644

320,961

320,961

10,128,605

 

【注記事項】
(重要な会計方針)

1.有価証券の評価基準及び評価方法

(1) 子会社株式

移動平均法による原価法

(2) その他有価証券

時価のあるもの……決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)

時価のないもの……移動平均法に基づく原価法

 

2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しております。

 

3.固定資産の減価償却の方法

(1) 有形固定資産

定率法を採用しております。ただし、平成10年4月以降に取得した建物(建物付属設備は除く)については、定額法を採用しております。

なお、主な耐用年数は次のとおりであります。

建物           15〜50年

構築物          7〜15年

機械及び装置         8年

車両運搬具          6年

工具、器具及び備品    2〜10年

(2) 無形固定資産

定額法によっております。

なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。

 

4.引当金の計上基準

(1) 貸倒引当金

売掛金等債権の貸倒損失に備えるため一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

(2) 賞与引当金

従業員に対する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち当事業年度の負担額を計上しております。

(3) 役員賞与引当金

役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、当事業年度における支給見込額につき、当事業年度に見合う分を計上しております。

(4) 退職給付引当金

退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しており、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の額に基づき、当事業年度末において発生していると認められる額を計上しております。

(5) 役員退職慰労引当金

役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。

 

5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

外貨建債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。

 

6.消費税等の会計処理

消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。

(貸借対照表関係)

※1 関係会社に対する金銭債権、債務は次のとおりであります。(区分表示したものを除く)

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

当事業年度

(平成28年3月31日)

 

短期金銭債権

短期金銭債務

 

 

1,061,729千円

146,929

 

 

993,397千円

239,012

 

 

(損益計算書関係)

※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。

 

前事業年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

当事業年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

 

売上高

仕入高

販売費及び一般管理費

営業取引以外の取引高

 

 

2,172,723千円

1,756,542

23,509

99,407

 

 

2,472,731千円

2,090,317

21,000

75,699

 

 

※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

 

前事業年度

(自 平成26年4月1日

 至 平成27年3月31日)

当事業年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

給料手当

659,353千円

793,847千円

業務委託費

157,519

142,648

ソフトウエア償却費

85,073

90,915

賞与引当金繰入額

63,823

72,242

減価償却費

63,837

62,903

退職給付費用

53,822

49,816

役員賞与引当金繰入額

24,000

20,400

役員退職慰労引当金繰入額

14,800

12,500

 

おおよその割合

 

 

販売費

34%

29%

一般管理費

66%

71%

 

(有価証券関係)

前事業年度(平成27年3月31日)

子会社株式(貸借対照表計上額220,254千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。

 

当事業年度(平成28年3月31日)

子会社株式(貸借対照表計上額298,648千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。

 

(税効果会計関係)

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の主な原因別の内訳

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

 

当事業年度

(平成28年3月31日)

 

繰延税金資産

 

 

 

 

たな卸資産評価損

76,433千円

 

82,991千円

 

賞与引当金限度超過額

31,268

 

30,250

 

退職給付引当金

29,472

 

29,223

 

役員退職慰労引当金

48,216

 

40,312

 

減損損失否認額

74,194

 

69,774

 

子会社株式評価損

88,048

 

85,501

 

貸倒引当金

13,138

 

6,833

 

たな卸資産廃棄損否認額

13,694

 

 

繰越外国税額控除

61,686

 

51,471

 

その他

66,887

 

48,589

 

繰延税金資産小計

503,040

 

444,949

 

評価性引当額

△318,919

 

△320,026

 

繰延税金資産合計

184,120

 

124,922

 

繰延税金負債

 

 

 

 

その他有価証券評価差額金

△216,541

 

△139,594

 

固定資産圧縮記帳積立金

△11,719

 

△10,520

 

繰延税金負債合計

△228,260

 

△150,115

 

繰延税金負債の純額

△44,139

 

△25,193

 

 

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

 

当事業年度

(平成28年3月31日)

 

法定実効税率

35.3(%)

 

法定実効税率と税効果会計適用後の法人税率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省略しております。

(調整)

 

 

交際費等永久に損金に算入されない項目

0.6

 

受取配当金等永久に益金に算入されない項目

△5.9

 

試験研究費の特別控除

△3.8

 

評価性引当額の増減

△2.8

 

税率変更による期末繰延税金資産の減額修正

1.5

 

住民税均等割

1.4

 

その他

0.6

 

税効果会計適用後の法人税等の負担率

26.9

 

 

 

3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の引き下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の32.7%から平成28年4月1日に開始する事業年度及び平成29年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異等については30.5%に、平成30年4月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異等については30.3%となります。

この税率変更により、繰延税金負債の金額(繰延税金資産の金額を控除した金額)は3,102千円減少し、当事業年度に計上された法人税等調整額は4,542千円、その他有価証券評価差額金は7,645千円、それぞれ増加しております。

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 

④【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

(単位:千円)

区分

資産の種類

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期償却額

当期末残高

減価償却

累計額

有形固定資産

建物

748,649

50,137

173

60,767

737,845

2,076,300

 

構築物

8,961

1,332

7,629

69,863

 

機械及び装置

108,744

9,891

67

31,683

86,884

1,151,212

 

車両運搬具

5,281

2,092

50

1,952

5,371

45,570

 

工具、器具及び備品

152,921

111,310

1,443

120,563

142,224

5,284,536

 

土地

261,278

261,278

 

建設仮勘定

68,034

25,974

42,060

 

1,285,837

241,467

27,710

216,299

1,283,294

8,627,483

無形固定資産

ソフトウエア

462,917

11,572

147,490

326,998

 

ソフトウエア仮勘定

950

8,386

9,336

 

電話加入権

6,790

6,790

 

470,657

19,958

147,490

343,125

 (注) 当期増加額の主なもの

建物        50,137千円は、本社及び営業所改装費用によるものであります。

工具、器具及び備品 39,776千円は、金型の取得によるものであります。

建設仮勘定     41,700千円は、自動機の取得によるものであります。

【引当金明細表】

                                                                             (単位:千円)

科目

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

貸倒引当金

40,765

22,546

40,765

22,546

賞与引当金

94,781

99,051

94,781

99,051

役員賞与引当金

24,000

20,400

24,000

20,400

役員退職慰労引当金

149,600

12,500

29,100

133,000

 

 

(2)【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、注記を省略しております。

 

 

(3)【その他】

該当事項はありません。





出典: NKKスイッチズ株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書