有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第60期

第61期

第62期

第63期

第64期

決算年月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

売上高

(千円)

7,200,875

7,459,475

8,283,188

7,621,150

6,997,170

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

699,036

708,256

847,240

237,194

329,454

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

503,605

433,446

554,941

87,398

600,347

包括利益

(千円)

774,743

627,709

1,057,419

201,771

444,177

純資産額

(千円)

10,355,579

10,883,202

11,857,726

11,565,012

11,054,673

総資産額

(千円)

12,761,399

13,354,388

14,612,140

13,683,519

13,185,280

1株当たり純資産額

(円)

1,257.40

1,321.82

1,440.34

1,404.87

1,342.97

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

61.14

52.64

67.41

10.62

72.93

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

81.1

81.5

81.2

84.5

83.8

自己資本利益率

(%)

5.03

4.08

4.88

0.75

株価収益率

(倍)

9.18

10.77

10.46

47.47

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

792,075

475,922

643,868

25,270

615,618

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

665,339

321,150

503,188

833,561

156,909

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

108,653

100,200

82,774

90,841

66,172

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

5,826,020

5,960,142

6,199,847

5,222,265

5,582,738

従業員数

(名)

223

214

207

245

252

(外、平均臨時雇用者数)

 

(177)

(166)

(213)

(212)

(295)

 (注)1 売上高には消費税等は含まれておりません。

2 第63期以前の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。第64期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 第64期の自己資本利益率、株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載しておりません。

4 従業員数は就業人員数を表示しております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第60期

第61期

第62期

第63期

第64期

決算年月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

平成29年3月

売上高

(千円)

5,675,788

5,560,593

6,856,945

6,785,348

6,080,637

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

511,143

243,452

606,939

212,443

411,727

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

394,878

131,114

443,214

205,455

610,521

資本金

(千円)

951,799

951,799

951,799

951,799

951,799

発行済株式総数

(株)

8,425,200

8,425,200

8,425,200

8,425,200

8,425,200

純資産額

(千円)

9,464,628

9,569,415

10,148,452

10,128,605

9,610,163

総資産額

(千円)

11,651,328

11,906,901

12,801,226

12,290,321

12,631,633

1株当たり純資産額

(円)

1,149.22

1,162.26

1,232.71

1,230.38

1,167.49

1株当たり配当額

(円)

12.00

10.00

11.00

10.00

7.00

(内1株当たり中間配当額)

 

(5.00)

(5.00)

(5.00)

(5.00)

(3.00)

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

47.94

15.92

53.83

24.96

74.16

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

81.2

80.4

79.3

82.4

76.1

自己資本利益率

(%)

4.27

1.38

4.50

2.03

株価収益率

(倍)

11.70

35.61

13.10

20.19

配当性向

(%)

25.03

62.80

20.43

40.07

従業員数

(名)

154

152

169

181

186

(外、平均臨時雇用者数)

 

(51)

(51)

(196)

(194)

(181)

 (注)1 売上高には消費税等は含まれておりません。

2 第63期以前の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。第64期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 第60期の1株当たり配当額には、創立60周年の記念配当2円を含んでおります。

4 第62期の1株当たり配当額には、特別配当1円を含んでおります。

5 第64期の自己資本利益率、株価収益率については、当期純損失であるため記載しておりません。

6 第64期の配当性向については、1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。

7 従業員数は就業人員数を表示しております。

2【沿革】

年月

概要

昭和28年12月

東京都大田区山王において、故会長大橋重雄が日本開閉器工業株式会社を設立。各種スイッチの開発、販売を開始

昭和32年10月

東京都大田区南馬込に本社社屋を完成移転

昭和37年3月

生産増強のため、神奈川県川崎市高津区に玉川工場を新設

昭和42年2月

中小企業庁より合理化モデル工場の指定を受ける

昭和46年5月

関西地区の拡販及びサービスの向上のため、大阪府摂津市に大阪出張所を開設(昭和57年4月営業所に改組、大阪市淀川区に移転)

昭和47年9月

生産子会社岩崎マニファクス㈱を生産増強のため、福島県いわき市平に設立

昭和48年4月

生産子会社横浜パイオニクス㈱を生産増強のため、神奈川県横浜市戸塚区に設立

昭和48年10月

玉川工場に生産管理センターを建設(平成3年3月建替及び増築により新社屋を建設)

昭和55年10月

新接触機構による極超小形スイッチ「サーキットボーイ・シリーズ」を開発

昭和55年12月

超小形スイッチについて、日本電子部品信頼性センター(RCJ)品質認証に合格

昭和56年3月

販売子会社NKK Switches of America, Inc. を北米地区の拡販及びサービス向上のため、アメリカ・アリゾナ州に設立

昭和57年4月

中京地区の拡販及びサービスの向上のため、愛知県名古屋市西区に名古屋出張所を開設(昭和61年6月営業所に改組、名古屋市中村区に移転)

昭和58年3月

小形スイッチについて防衛庁規格(DSP)を取得

昭和60年2月

生産管理及び製品流通管理の向上、充実を図るため、玉川工場に新館を建設

昭和60年12月

わが国最小のトグルスイッチを開発

昭和63年2月

極超小形スイッチ「サーキットボーイ・シリーズ」がスイッチ部門では世界で初めて国際規格IECQ認証に合格

昭和63年9月

東京店頭市場に株式を登録

平成元年3月

合理化モデル工場として通商産業大臣より表彰を受ける

平成4年11月

産業用スイッチの業界で、わが国初の国際規格(ISO9001)を取得

平成6年7月

本社業務の玉川工場への統合(平成6年3月)を機に本店所在地を東京都大田区より神奈川県川崎市に移転

平成7年12月

生産子会社横浜パイオニクス㈱が国際規格(ISO9002)を取得

平成10年6月

国際環境マネジメントシステム規格(ISO14001)を取得

平成10年8月

生産子会社岩崎マニファクス㈱が国際規格(ISO9002)を取得

平成13年7月

中国での組立加工製品の品質管理と当社への製品の販売を目的として香港に子会社として日開香港有限公司を設立

平成16年7月

香港子会社、日開香港有限公司にて中国での組立加工及び組立加工製品の品質管理を目的に中国工場を設立

平成16年12月

株式会社ジャスダック証券取引所へ株式を上場

平成21年4月

生産子会社横浜パイオニクス㈱と生産子会社岩崎マニファクス㈱を、生産合理化のため、横浜パイオニクス㈱を存続会社として合併

平成22年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場

平成24年1月

中国における当社製品の販売を目的として上海に販売子会社 恩楷楷(上海)開関有限公司を設立

平成26年4月

平成27年4月

平成27年7月

商号をNKKスイッチズ㈱に変更

執行役員制度を導入

生産子会社NKK Switches Mactan, Inc.を、日本・中国に続く第三の生産拠点としてフィリピン共和国セブ州に設立

 

3【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(NKKスイッチズ株式会社)及び子会社5社で構成され、産業用各種スイッチの製造、販売を主たる業務としております。

当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業にかかる位置づけは次のとおりであります。

なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

(1)日本・・・当社は産業用各種スイッチを製造、販売しております。NKKスイッチズ パイオニクス㈱は、外部顧客製造スイッチの組立加工をしております。

(2)米国・・・子会社NKK Switches of America, Inc.は北米地区において当社製品を販売しております。

(3)アジア・・子会社NKK Switches Hong Kong Co., Ltd.は中国において当社製品の組立加工をし、香港・アジア及び関係会社へ販売しております。

子会社恩楷楷(上海)開関有限公司は中国において当社製品を販売しております。

子会社NKK Switches Mactan, Inc.はフィリピンにおいて当社製品の組立加工をし、関係会社へ販売しております。

 

 事業の系統図は次のとおりです。

0101010_001.png

  連結子会社は次のとおりです。

 

NKKスイッチズ パイオニクス(株)

 

NKK Switches of America, Inc.

 

NKK Switches Hong Kong Co., Ltd.

 

恩楷楷(上海)開関有限公司

 

NKK Switches Mactan,Inc.

 

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

又は出資金

(千円)

主要な事業

の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

NKKスイッチズ パイオニクス㈱

神奈川県横浜市戸塚区

95,000

日 本

99.2

スイッチの組立加工をしております。

当社から資金援助を行っております。

役員の兼任−3名

NKK Switches of America,

Inc.

(注)2,4

米国

アリゾナ州

(千米ドル)

1,451

米 国

100.0

当社製品を主として北米に販売しております。

役員の兼任−2名

NKK Switches Hong Kong Co., Ltd.

(注)2

香港

(千香港ドル)

1,800

アジア

100.0

当社製品を中国で組立加工をし、香港・アジア及び関係会社に販売しております。

役員の兼任−3名

恩楷楷(上海)開関有限公司

上海

(千人民元)

700

アジア

100.0

当社製品を中国に販売しております。

役員の兼任−3名

NKK Switches Mactan, Inc.

(注)2

フィリピン

セブ州

(千万ペソ)

23

アジア

100.0

当社製品をフィリピンで組立加工しております。

当社から資金援助を行っております。

役員の兼任−2名

 (注)1 「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2 特定子会社はNKK Switches of America, Inc. 、NKK Switches Hong Kong Co., Ltd. 及びNKK Switches Mactan, Inc.であります。

3 有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

4 NKK Switches of America, Inc.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

① 売上高

2,223,412千円

 

 

② 経常損失

773千円

 

 

③ 当期純損失

17,180千円

 

 

④ 純資産額

1,933,026千円

 

 

⑤ 総資産額

2,211,684千円

 

 

 

5【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成29年3月31日現在

 

セグメントの名称

従業員数(名)

日    本

189

(186)

米    国

37

(9)

ア  ジ  ア

26

(100)

合    計

252

(295)

 (注)1 従業員数は就業人員であります。

2 従業員数欄の(外書)は臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

(2) 提出会社の状況

平成29年3月31日現在

 

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

186(181)

43.7

15.7

6,216

 (注)1 従業員数は就業人員であります。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3 従業員数欄の(外書)は臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

4 提出会社のセグメントは、日本であります。

(3) 労働組合の状況

提出会社の労働組合はJAMに所属し、組合員数は120名でユニオンショップ制を採用しております。なお、労使関係については概ね良好であります。連結子会社については労働組合はありません。





出典: NKKスイッチズ株式会社、2017-03-31 期 有価証券報告書