有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成17年5月1日 至 平成18年4月30日)

 

バーコード
関連事業
(千円)
X線事業
(千円)

(千円)
消去又は
全社
(千円)
連結
(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
  売上高
 (1) 外部顧客に対する
   売上高
4,264,243
1,077,561
5,341,804
5,341,804
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
(  —)
4,264,243
1,077,561
5,341,804
(  —)
5,341,804
  営業費用
4,187,155
1,047,475
5,234,631
(  —)
5,234,631
  営業利益
77,088
30,085
107,173
107,173
Ⅱ 資産、減価償却費及び
  資本的支出
  資産
4,214,884
1,626,341
5,841,226
1,111,629
6,952,855
  減価償却費
81,979
14,246
96,225
96,225
  資本的支出
55,946
37,454
93,401
93,401

 

当連結会計年度(自 平成18年5月1日 至 平成19年4月30日)

 

バーコード
関連事業
(千円)
X線事業
(千円)

(千円)
消去又は
全社
(千円)
連結
(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
  売上高
 (1) 外部顧客に対する
   売上高
4,202,360
1,052,036
5,254,396
5,254,396
 (2) セグメント間の内部
   売上高又は振替高
(  ─)
4,202,360
1,052,036
5,254,396
(  ─)
5,254,396
  営業費用
4,190,301
1,063,714
5,254,016
(  ─)
5,254,016
  営業利益又は営業損失(△)
12,058
△ 11,678
380
380
Ⅱ 資産、減価償却費及び
  資本的支出
  資産
4,467,357
1,595,996
6,063,353
797,593
6,860,947
  減価償却費
78,052
20,215
98,267
98,267
  資本的支出
92,056
19,693
111,749
111,749

(注) 1 事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。

2 各事業の主な製品

(1) バーコード関連事業……バーコードリーダ、2次元コードリーダ(イメージャー)及び関連機器等

(2) X線事業…………………産業用X線検査装置、X線顕微検査装置等

3 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の主なものは、親会社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であり、前連結会計年度は1,111,629千円、当連結会計年度は797,593千円であります。

4 減価償却費及び資本的支出には、長期前払費用と同費用に係る償却費が含まれております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成17年5月1日 至 平成18年4月30日)及び当連結会計年度(自 平成18年5月1日 至 平成19年4月30日)

全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める「日本」の割合がいずれも90%を超えているため、その記載を省略しております。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成17年5月1日 至 平成18年4月30日)及び当連結会計年度(自 平成18年5月1日 至 平成19年4月30日)

海外売上高は、いずれも連結売上高の10%未満のため、その記載を省略しております。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成17年5月1日 至 平成18年4月30日)

役員及び個人主要株主等

 

属性
会社等
の名称
住所
資本金
又は
出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
㈱エヌ・アンド・エム(※2)
東京都
新宿区
10,000
損害保険
代理業
(被所有)
直接 20.4
兼任1名
保険代理
有価証券売買
保険料の
支払(※1)
有価証券の購入(※5)
333
15,000
㈱ミクロテック
(※4)
千葉県
船橋市
10,000
電子応用機械設計製造販売
(被所有)
直接 0.1
同社商品の購入
当社製品の販売
商品の仕入
(※3)
製品の売上
(※3)
67,340
11,404
支払手形
買掛金
受取手形
売掛金
141
86,832
888
4,412

 

当連結会計年度(自 平成18年5月1日 至 平成19年4月30日)

役員及び個人主要株主等

 

属性
会社等
の名称
住所
資本金
又は
出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
㈱ミクロテック
(※4)
千葉県
船橋市
10,000
電子応用機械設計製造販売
(被所有)
直接 0.1
同社商品の購入
当社製品の販売
商品の仕入
(※3)
製品の売上
(※3)
8,857

8,327
 
支払手形
買掛金
受取手形
売掛金
1,621
3,068
1,376
1,210

(注) 1 取引金額については消費税等を含まず、期末残高については消費税等を含んでおります。

2 取引条件及び取引条件の決定方針等

(※1) 保険料の支払については、一般的取引条件によっております。

(※2) 当社の代表取締役社長小平学が議決権の100%を直接所有しております。

(※3) 各取引については、一般的取引条件によっております。

(※4) 当社の代表取締役社長小平学の近親者小平宏及び小平敬子が議決権の76%を直接所有しております。

(※5) 購入価格については、第三者の評価を受けて決定しております。

 

(企業結合等関係)

 

当連結会計年度(自 平成18年5月1日 至 平成19年4月30日)

 該当事項はありません。

 

(1株当たり情報)

 

項目
前連結会計年度
(自 平成17年5月1日
至 平成18年4月30日)
当連結会計年度
(自 平成18年5月1日
至 平成19年4月30日)
1株当たり純資産額
360円09銭
332円00銭
1株当たり当期純利益又は
1株当たり当期純損失(△)
1円85銭
△ 10円54銭
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
1円85銭
1株当たり当期純損失であるため
記載しておりません。

 

(注) 算定上の基礎

1 1株当たり純資産額

項目
前連結会計年度
(平成18年4月30日)
当連結会計年度
(平成19年4月30日)
純資産の部の合計    (千円)
2,537,654
普通株式に係る純資産額 (千円)
2,515,756
差額の主な内訳     (千円)
 少数株主持分

21,897
普通株式の発行済株式数 (千株)
7,926
普通株式の自己株式数  (千株)
348
1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式の数    (千株)
7,577

  

2 1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益

項目
前連結会計年度
(自 平成17年5月1日
至 平成18年4月30日)
当連結会計年度
(自 平成18年5月1日
至 平成19年4月30日)
1株当たり当期純利益又は
1株当たり当期純損失
当期純利益又は
当期純損失(△)    (千円)
13,102
△ 80,915
 普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益又は
当期純損失(△)    (千円)
13,102
△ 80,915
 普通株式の期中平均株式数(千株)
7,070
7,680
潜在株式調整後1株当たり
当期純利益
 当期純利益調整額    (千円)
 普通株式増加数     (千株)
20
  (うち新株予約権)    (千株)
20
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
新株予約権
株主総会の特別決議日
平成14年7月24日
(新株予約権221個)
平成17年7月26日
(新株予約権191個)
 詳細については、第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況に記載のとおりであります。
新株予約権
株主総会の特別決議日
平成14年7月24日
(新株予約権214個)
平成17年7月26日
(新株予約権179個)
 詳細については、第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況に記載のとおりであります。

(重要な後発事象)

前連結会計年度(自 平成17年5月1日 至 平成18年4月30日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成18年5月1日 至 平成19年4月30日)


1.子会社との合併
 当社は、100%出資子会社である株式会社東研アイ・ディーシステムを、平成19年5月1日付にて吸収合併いたしました。

(1)合併の目的

 サービスの充実及び販売業務の合理化並びに人材を適材適所に配置し、有効活用を図ることによりコスト削減をし、業務向上を図ることを目的としております。

(2)合併する相手会社の名称

 株式会社東研アイ・ディーシステム

(3)合併の方法

 当社を存続会社とし、株式会社東研アイ・ディーシステムを解散会社とする吸収合併方式によっております。

(4)新株の発行及び割当

 当社が合併期日において、被合併会社の全株式を所有しているので、合併による新株の発行及び割当はありません。

(5)引き継ぐ資産・負債の額

 資産合計 265,797千円
 負債合計 221,365千円

(6)被合併会社の概要

 ①事業の内容 バーコード機器、システム及びサプライ品の販売
 ②売上高(平成19年4月期) 389,623千円
 ③当期純利益(平成19年4月期) 4,380千円
 ④総資産(平成19年4月末) 265,797千円
 ⑤純資産(平成19年4月末) 44,431千円
 ⑥従業員数(平成19年4月末) 6名(臨時雇用者含む)

(7)合併の時期

平成19年5月1日

(8)合併の会計処理の概要

 本合併は、「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会 平成15年10月31日)及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成17年12月27日)に基づき、共通支配下の取引として会計処理を行っております。

 

2.株式の取得による子会社化

 平成19年7月19日開催の取締役会において、株式会社ニヒコの全株式を取得し、完全子会社化することを決議いたしました。
(1)子会社化の目的 
 ニヒコを子会社化することにより、同社の蓄積してきた半導体製造システムに関する経験・情報・ノウハウと、当社グループの製品群とを結びつけ、今後の業績の拡大と、企業価値の向上を図ることを目的としております。
(2)株式取得の相手会社の名称
 株式会社ニヒコ
(3)買収する会社の概要
 ①事業の内容 精密測定機器及び半導体製造用機器の販売
 ②資本金(平成19年3月末) 10,000千円 
 ③売上高(平成19年3月期) 478,921千円
 ④当期純損失(平成19年3月期) 4,420千円
 ⑤総資産(平成19年3月末) 221,419千円
 ⑥純資産(平成19年3月末) 58,170千円
 ⑦従業員数(平成19年3月末) 3名
(4)株式取得の時期
 平成19年7月25日
(5)取得する株式の数、取得価額及び取得後の持分比率
 ①株式の数 200株
 ②取得価額 80,000千円 
 ③取得後の持分比率 100.0%





出典: 株式会社 東研、2007-04-30 期 有価証券報告書