有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

【株式】

 

銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額(千円)
投資
有価証券
その他
有価証券
HYUNAM BARSYS CO.,LTD.
50,000
2,035
株式会社ダイフク
2,490
1,464
 
 
株式会社横浜銀行
268
111
52,758
3,611

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 建物
1,105,361
1,105,361
641,659
30,592
463,701
 構築物
31,869
31,869
26,886
1,281
4,982
 機械及び装置
28,003
28,003
26,876
341
1,126
 工具、器具及び備品
717,376
68,503
171,140
(84,822)
614,739
554,156
53,863
60,583
 土地
606,047
606,047
606,047
有形固定資産計
2,488,657
68,503
171,140
(84,822)
2,386,020
1,249,578
86,079
1,136,441
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 借地権
11,259
11,259
11,259
 ソフトウエア
77,965
20,588
28,715
(11,947)
69,839
26,023
20,770
43,815
 電話加入権
4,680
4,680
4,680
無形固定資産計
93,904
20,588
28,715
(11,947)
85,778
26,023
20,770
59,754
長期前払費用
204
204
141
10
62
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
繰延資産計

(注) 当期増加額及び当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

工具、器具及び備品
増加額
テクニカルセンター
67,604千円

 

 
減少額
テクニカルセンター
165,200千円
(83,939千円)

なお、当期減少額のうち( )内は内書きで減損損失の計上額であります。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金 (注)
43,271
73,462
43,271
73,462

(注) 貸倒引当金の当期減少額の「その他」は、洗替による戻入額であります。





出典: 株式会社 東研、2009-04-30 期 有価証券報告書