有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第55期

第56期

第57期

第58期

第59期

決算年月

平成25年7月

平成26年7月

平成27年7月

平成28年7月

平成29年7月

売上高

(千円)

6,999,808

7,334,511

7,524,045

6,406,350

7,317,592

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

492,911

42,079

415,008

476,318

23,593

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

648,259

29,955

1,452,279

555,535

68,039

包括利益

(千円)

158,494

166,380

707,943

1,007,323

284,953

純資産額

(千円)

6,386,317

6,553,212

5,845,269

4,837,945

5,122,899

総資産額

(千円)

10,208,841

10,289,609

9,814,953

8,519,638

9,057,049

1株当たり純資産額

(円)

1,383.53

1,419.69

1,266.32

1,048.09

1,109.83

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

137.39

6.49

314.62

120.35

14.74

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

62.6

63.7

59.6

56.8

56.6

自己資本利益率

(%)

10.2

0.5

23.4

10.4

1.4

株価収益率

(倍)

66.0

56.9

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

378,904

220,929

47,127

218,730

206,464

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

154,195

57,194

136,556

102,338

46,900

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

212,227

231,725

20,360

164,117

118,055

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

3,136,369

3,195,119

3,259,031

2,483,282

2,347,879

従業員数

(人)

499

466

481

466

520

(外、平均臨時雇用者数)

(人)

(104)

(125)

(157)

(138)

(134)

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、また第55期、第57期及び第58期は1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

3.第55期、第57期及び第58期は1株当たり当期純損失であるため、株価収益率は記載しておりません。

 

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第55期

第56期

第57期

第58期

第59期

決算年月

平成25年7月

平成26年7月

平成27年7月

平成28年7月

平成29年7月

売上高

(千円)

4,155,886

4,411,139

4,325,314

3,990,824

4,865,221

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

162,322

170,697

227,722

374,170

9,291

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

213,660

186,739

1,319,000

410,901

456,201

資本金

(千円)

962,200

962,200

962,200

962,200

962,200

発行済株式総数

(千株)

5,000

5,000

5,000

5,000

5,000

純資産額

(千円)

6,753,816

7,034,379

5,846,231

5,318,028

5,055,217

総資産額

(千円)

10,230,162

10,316,190

9,256,633

8,642,887

8,733,650

1株当たり純資産額

(円)

1,463.15

1,523.93

1,266.53

1,152.10

1,095.16

1株当たり配当額

(円)

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

(円)

45.28

40.46

285.75

89.02

98.83

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

66.0

68.2

63.2

61.5

57.9

自己資本利益率

(%)

3.1

2.7

20.5

7.4

8.8

株価収益率

(倍)

10.6

配当性向

(%)

従業員数

(人)

252

235

255

259

285

(外、平均臨時雇用者数)

(人)

(24)

(26)

(12)

(11)

(19)

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、また第55期、第57期、第58期及び第59期は1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

3.第55期、第57期、第58期及び第59期は1株当たり当期純損失であるため、株価収益率は記載しておりません。

2【沿革】

年月

事項

昭和33年8月

神奈川県川崎市中原区に弱電機部品の銀めっき加工及び販売を目的として、有限会社山王鍍金工業所を設立。

昭和34年3月

工場増築、電気部品の金めっきを開始、多層めっき、部分厚付けめっき等の研究を完成し、本格的に量産操業を開始する。

昭和42年1月

横浜市港北区に本社を移転し、表面処理加工工場である横浜工場を建設完成。

昭和44年4月

山王鍍金株式会社に組織変更。(資本金10,000千円)

昭和53年5月

本社・横浜工場に研究棟を新築、排水のリサイクリング設備完成。

昭和54年4月

特殊フープめっき装置開発完成。

昭和57年9月

福島県郡山市郡山中央工業団地に、表面処理加工工場である郡山工場を建設完成。

昭和60年9月

神奈川県伊勢原市伊勢原工業団地に、表面処理加工工場である鈴川工場を建設完成。

昭和62年11月

パラジウムフープめっきを開発、鈴川工場にて量産操業開始する。

昭和63年3月

神奈川県秦野市曽屋工業団地に、精密プレス加工工場である秦野工場を建設完成。

昭和63年4月

商号を株式会社山王に変更。

平成7年7月

フィリピン共和国に土地保有を目的としてSanno Land Corporationを設立。

平成7年10月

フィリピン共和国に表面処理加工会社であるSannno Philippines Manufacturing Corporation(現・連結子会社)を設立。

平成9年11月

表面処理用機械製作加工及び修理を目的として広和工業有限会社を設立。

平成13年8月

福島県郡山市西部第二工業団地に表面処理加工工場である東北工場完成。同月火災のため焼失。

平成14年10月

広和工業有限会社を吸収合併。

平成15年5月

中華人民共和国に表面処理加工会社である山王電子(無錫)有限公司(現・連結子会社)を設立。

平成17年4月

福島県郡山市西部第二工業団地に東北工場を再建。

平成19年3月

国内生産効率向上を目的として、郡山工場を東北工場に統合。

平成19年4月

福島県郡山市西部第二工業団地に、精密プレス加工工場である東北第二工場を建設完成。

平成19年10月

ジャスダック証券取引所に株式を上場。

平成25年4月

山王電子(無錫)有限公司において精密プレス加工の装置設置完成。

 

3【事業の内容】

当社グループは、当社(株式会社山王)及び子会社3社(Sanno Philippines Manufacturing Corporation(以下SPMC)、山王電子(無錫)有限公司(以下山王電子)、Sanno Land Corporation(以下SLC))により構成されており、コネクタ・スイッチ等の電子部品の精密プレス加工及び金型製作、貴金属表面処理加工を主たる業務としております。
 なお、精密プレス加工と貴金属表面処理加工を一貫して行う能力を有することで、得意先の求める品質・価格・納期の対応を行っております。
 両工程の内容は次のとおりであります。

(1) 精密プレス加工工程

 日本セグメントにおいて、顧客である主にコネクタメーカー(注1)より依頼を受けて、コネクタのプレス金型の設計・製作を行い、製作した金型を使ってプレス材料(主に銅合金を伸銅した条材)をプレス加工し、フープ成型品(連続したキャリア部分(注2)をもつプレス成型品)を生産しております。

 携帯機器等の製品の小型化の要請に応え、現在プレス加工は、1,000分の1ミリメートルのレベルでの寸法管理を行っており、成型品の材料の厚さは0.05ミリメートル、ピッチ(ピン間隔)は0.25ミリメートルの製品まで金型の設計・製作及びプレス加工を行っております。一方小型化を優先しない部品として車載向け製品など、製品ピッチの大きい品物の加工も行っております。

 中国セグメントにおいても日本品質でプレス加工を行い、フープ成型品(連続したキャリア部分(注2)をもつプレス成型品)を生産しております。

 

(2) 表面処理加工工程

 日本・中国・フィリピンセグメントにおいて、コネクタ、スイッチ、ICソケット等の接点部品であるプレス成型品への高速金めっき加工、パラジウムニッケル合金めっき加工、錫めっき加工等を行っております。特に、精密部分金めっき加工(ニッケルバリア(注3)、スポットめっき(注4))や、環境対応の仕様として鉛を含まない半田(錫銅合金・純錫等)めっき加工を、リールtoリール(注5)により行っております。

 なお、当社グループが精密プレス加工及び表面処理加工を行っている電子部品は、以下の用途に使用されております。

 

区 分

内 容

パソコン関係

デスクトップパソコン、ノートパソコン、プリンター等の周辺機器及び接続、配線機器

携帯電話

スマートフォン・タブレット端末・携帯電話の搭載品、バッテリー関係の周辺機器

車載

自動車の制御部分・計器類及びエアバッグ等、カーナビ装置等の機器類

デジタル家電

デジタルカメラ、デジタルテレビ、DVD等

ゲーム機器

パチンコ等アミューズメント機器、家庭用ゲーム機等

半導体設備

ICソケット、バーンイン用ソケット等

カード

カード用のソケット・メモリーカード等の記憶装置、ICカード等の機器

その他

基地局等の通信機、モバイル及び上記に分類されない機器・装置等

注) 1.電子部品の設計製造、販売を行っているメーカーです。

2.帯状に連続したガイド部をキャリアと呼んでおります。これに一定間隔でプレス成型された端子が付いており、リールに巻き取って取り扱います。このガイド部を引き出すことにより、端子も繰り出され、連続で表面処理加工を行った後、再びリールに巻取ります。

3.電子機器の小型化により、コネクタ部品も小さくなり、半田付けで組み込む際に必要部分以上に半田が吸い上がってしまうのを防止する加工仕様の名称です。

4.必要な部分にのみ、ピンポイントで金めっきを行う加工方法の名称です。

5.金属コネクタにおいて、精密プレス加工を行いリールに巻き取った長い素材を繰り出して連続で表面処理加工を行った後、再びリールに巻き取り工程が終了する一連の加工方法をリールtoリールと呼んでおります。

 以上述べた事項を系統図に示すと次のとおりであります。

 

0101010_001.jpg

 

(注) ※1.連結子会社

    ※2.非連結子会社で持分法非適用会社

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

又は出資金

主要な事業の内容

議決権の所有(又は被所有)割合(%)

関係内容

(連結子会社)

Sanno Philippines

Manufacturing

Corporation(注)1,2

フィリピン共和国カビテ州

18,560千米

ドル

貴金属表面加工業

99.9

当社より製造技術を供与。役員の兼務3名

資金の借入

(連結子会社)

山王電子(無錫)有限公司(注)1,2

 

中華人民共和国江蘇省

17,000千米

ドル

貴金属表面加工業

精密プレス加工業

100.0

当社より製造技術を供与。役員の兼務3名。

資金の貸付

債務の保証

(注)1.特定子会社に該当しております。

2.連結売上高に占める売上高(連結会社間の内部売上高を除く)の割合が100分の10を超えております。

 

主な損益情報等

 

Sanno Philippines Manufacturing

Corporation

山王電子(無錫)有限公司

(1)売上高

1,279,661千円

1,180,181千円

(2)経常利益

109,427千円

△77,713千円

(3)当期純利益

86,165千円

△84,803千円

(4)純資産額

1,928,173千円

318,780千円

(5)総資産額

2,048,135千円

859,710千円

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成29年7月31日現在

 

セグメントの名称

従業員数(人)

日本

285

(19)

 

中国

166

(5)

 

フィリピン

69

(110)

 

合計

520

(134)

 

(注)従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

 

(2)提出会社の状況

平成29年7月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

285

(19)

40.4

12.5

4,869,115

(注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.平均年間給与は、基準外賃金を含んでおります。

3.提出会社の従業員は日本セグメントに属しております。

 

(3)労働組合の状況

当社では、従業員による労働組合は結成されておりません。

 





出典: 株式会社山王、2017-07-31 期 有価証券報告書