有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

 

 【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
㈱三井住友フィナンシャルグループ
1,571
1,031
㈱神戸マツダ
4,930
971
ダイキョーニシカワ㈱
73,970
644
㈱広島テクノプラザ
4,100
203
広島空港ビルディング㈱
232,000
170
久留米運送㈱
60,000
138
広島駅南口開発㈱
2,250
113
関西国際空港㈱
2,200
110
東京湾横断道路㈱
1,400
70
㈱広島ソフトウェアセンター
800
40
その他
155,111
206
538,332
3,695

 

 【その他】
種類及び銘柄
投資口数等(口)
貸借対照表計上額
(百万円)
有価証券
その他有価証券
譲渡性預金
103,000
小計
103,000
投資有価証券
その他有価証券
あおぞら信託銀行㈱ B受益権
325
小計
325
103,325

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末
残高
(百万円)
有形固定資産
 建物
237,935
9,371
1,444 
(—)
245,862
159,425
4,508
86,437
 構築物
51,768
2,547
118 
(1)
54,197
35,904
955
18,293
 機械及び装置
710,573
52,890
18,443 
(456)
745,020
549,026
27,016
195,994
 車両運搬具
8,681
921
376 
(—) 
9,227
6,691
716
2,535
 工具器具備品
160,439
8,975
15,478 
(329)
153,936
136,876
5,756
17,060
 土地
314,618
253
150 
(—)
314,720
314,720
 リース資産
73,158
11,651 
(42)
61,507
32,469
10,508
29,038
 建設仮勘定
44,774
78,004
99,389 
(—) 
23,389
23,389
有形固定資産計
1,528,787
226,120
147,049 
(828)
1,607,858
920,392
49,459
687,466
無形固定資産
 ソフトウェア
29,411
11,659
7,987 
(—)
33,083
14,010
4,580
19,073
 リース資産
38

(—)
33
18
9
15
無形固定資産計
29,411
11,697
7,992 
(—)
33,116
14,028
4,589
19,088
長期前払費用
13,246
2,120
1,450 
13,916
8,294
2,335
5,622

(注) 1 当期増加額の主なものは次のとおりであります。

(1)機械及び装置
車体製造設備
15,046百万円
エンジン・ミッション
製造設備
14,820百万円
塗装・組立設備
10,769百万円
溶解・鋳造設備
7,520百万円
研究開発設備
2,578百万円
工場付帯設備
1,759百万円
(2)リース資産
過年度取得
63,551百万円
当期取得
9,607百万円
(3)建設仮勘定 
機械及び装置
48,465百万円
工具器具備品
16,586百万円
建物
9,340百万円

2 当期減少額の主なものは次のとおりであります。

(1)機械及び装置
エンジン・ミッション
製造設備
9,586百万円
車体製造設備
3,369百万円
塗装・組立設備
1,315百万円
研究開発設備
1,106百万円
工場付帯設備
1,092百万円
(2)建設仮勘定
機械及び装置
66,405百万円
工具器具備品
19,310百万円
建物
9,380百万円

3 「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
目的使用
(百万円)
当期減少額
その他
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
4,791
1,426
1,210
5,007
投資評価引当金
34,275
3,759
30,516
製品保証引当金
40,705
51,429
40,705
51,429
役員退職慰労引当金
744
176
568

(注) 1 貸倒引当金の当期減少額その他欄の金額は、洗い替えによる戻入額であります。

    2 役員退職慰労引当金の当期減少額のその他欄の金額は、平成19年6月26日開催の定時株主総会において役員退職慰労金制度を廃止したことなどにより、前期末における役員退職慰労引当金の残高を「固定負債」の「その他」に振り替えたものであります。





出典: マツダ株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書