有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【製品製造原価明細書】

 

 
 
前事業年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
当事業年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
 
1,160,359
87.9
 
1,191,913
88.2
Ⅱ 労務費
※1
 
93,170
7.1
 
95,413
7.1
Ⅲ 経費
 
 
 
 
 
 
 
   減価償却費
 
46,062
 
 
43,750
 
 
   その他
 
20,238
66,300
5.0
20,040
63,789
4.7
   当期総製造費用
 
 
1,319,829
100.0
 
1,351,116
100.0
   仕掛品期首たな卸高
 
 
22,967
 
 
51,730
 
    合計
 
 
1,342,795
 
 
1,402,846
 
   仕掛品期末たな卸高
 
 
51,730
 
 
53,072
 
   他勘定振替高
※2
 
14,914
 
 
12,611
 
   当期製品製造原価
 
 
1,276,151
 
 
1,337,164
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 (注)
前事業年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
当事業年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
※1 このうち、退職給付費用9,420百万円が含まれております。
※1 このうち、退職給付費用7,773百万円が含まれております。
 
 
※2 仕掛品から他勘定への振替高の内容は次のとおりであります。
機械及び装置など固定資産
4,989
百万円
販売費及び一般管理費ほか
9,925
百万円
      計
14,914
百万円

※2 仕掛品から他勘定への振替高の内容は次のとおりであります。
機械及び装置など固定資産
5,095
百万円
災害による損失
4,758
百万円
販売費及び一般管理費ほか
2,758
百万円
      計
12,611
百万円

 
 
原価計算の方法
車両、海外生産用部品及び部品については標準原価に基づく工程別総合原価計算方法を採用し、個別生産品については個別原価計算方法を採用しております。なお、原価差額は期末に調整しております。
原価計算の方法
  同左

 





出典: マツダ株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書