有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

 

1  報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会等の意思決定機関が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。

当社は経営組織の形態と製品及びサービスの特性に基づいて、「四輪車」「二輪車」「特機等」の3つを報告セグメントとしています。

各セグメントの主要製品及びサービスは以下のとおりです。

セグメント

主要製品及びサービス

四 輪 車

軽自動車、小型自動車、普通自動車

二 輪 車

二輪車、バギー

特 機 等

船外機、雪上車用等エンジン、電動車いす、住宅

 

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一です。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額

(注)2

合計

四輪車

二輪車

特機等

売上高

2,878,515

233,889

68,253

3,180,659

3,180,659

セグメント利益又は損失(△)

                      (注)1

192,619

10,198

12,887

195,308

195,308

セグメント資産

1,984,591

190,376

46,094

2,221,062

480,945

2,702,008

その他の項目

 

 

 

 

 

 

  減価償却費

158,116

7,992

2,207

168,315

168,315

  のれんの償却額

1,723

184

79

1,988

1,988

  減損損失

292

30

322

322

  持分法適用会社への投資額

42,193

3,990

67

46,250

46,250

  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額

161,679

7,531

2,324

171,535

171,535

 

 

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額

(注)2

合計

四輪車

二輪車

特機等

売上高

2,895,619

206,289

67,633

3,169,542

3,169,542

セグメント利益又は損失(△)

                      (注)1

255,060

930

12,555

266,685

266,685

セグメント資産

2,205,138

204,159

46,375

2,455,673

660,311

3,115,985

その他の項目

 

 

 

 

 

 

  減価償却費

150,475

9,796

3,124

163,397

163,397

  のれんの償却額

1,547

54

0

1,602

1,602

  減損損失

33,077

5,343

1,514

39,936

39,936

  持分法適用会社への投資額

48,957

3,796

87

52,841

52,841

  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額

181,268

15,814

1,699

198,782

198,782

 

 

 

(注) 1 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書における営業利益です。  

     2 セグメント資産のうち、「調整額」の項目に含めた全社資産(前連結会計年度480,945百万円、当連結会計年度660,311百万円)の主なものは、当社での余資運用資金(現金及び預金、有価証券 等)、長期投資資金(投資有価証券)に係る資産等です。

 

 

【関連情報】

 

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。 

 

2  地域ごとの情報

  (1) 売上高

 

 

 

(単位:百万円)

日本

インド

その他

合計

1,047,883

980,640

1,152,134

3,180,659

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国に分類しています。

 

 

  (2) 有形固定資産

 

 

 

(単位:百万円)

日本

インド

その他

合計

397,995

208,689

150,392

757,076

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載はありません。        

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。 

 

2  地域ごとの情報

  (1) 売上高

 

 

 

(単位:百万円)

日本

インド

その他

合計

1,037,546

1,018,813

1,113,182

3,169,542

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国に分類しています。

 

 

  (2) 有形固定資産

 

 

 

(単位:百万円)

日本

インド

その他

合計

411,224

243,862

101,257

756,344

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載はありません。        

 

 

(補足情報)

補足情報として、当社及び連結子会社の所在地を基礎として区分した売上高及び営業利益を以下のとおり開示します。

 

当社及び連結子会社の所在地を基礎として区分した売上高及び営業利益

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

日本

欧州

アジア

その他
の地域

消去

連結

売上高

 

 

 

 

 

 

 

(1)外部顧客に対する
売上高

1,301,207

323,309

1,402,285

153,857

3,180,659

3,180,659

(2)所在地間の内部売上高
又は振替高

508,962

227,156

93,830

542

830,491

△830,491

1,810,169

550,465

1,496,116

154,399

4,011,150

△830,491

3,180,659

営業利益

84,812

6,721

103,823

2,431

197,789

△2,481

195,308

 

 

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

日本

欧州

アジア

その他
の地域

消去

連結

売上高

 

 

 

 

 

 

 

(1)外部顧客に対する
売上高

1,293,486

344,591

1,389,743

141,721

3,169,542

3,169,542

(2)所在地間の内部売上高
又は振替高

565,322

213,651

117,165

546

896,685

△896,685

1,858,809

558,242

1,506,909

142,267

4,066,228

△896,685

3,169,542

営業利益

137,240

13,101

121,396

4,060

275,799

△9,113

266,685

 

 

  (注) 1  国又は地域の区分は、地理的近接度によっています。

       2  日本以外の区分に属する主な国又は地域

          (1) 欧        州 …… ハンガリー、ドイツ、英国、フランス

          (2) ア   ジ   ア …… インド、インドネシア、タイ、パキスタン

          (3) その他の地域 …… 米国、オーストラリア、メキシコ、コロンビア

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

全社・消去

合計

四輪車

二輪車

特機等

当期末残高

1,635

318

52

2,006

2,006

 

 (注) のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

全社・消去

合計

四輪車

二輪車

特機等

当期末残高

183

155

0

339

339

 

 (注) のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

  該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

  該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

関連当事者との取引

 連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

  連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

種類

氏名

職業

議決権等の
所有(被所有)
割合(%)

関連当事者との関係

取引の内容

取引金額
(百万円)

科目

期末残高
(百万円)

役員

鈴木 修

当社代表取締役会長

 (被所有)

直接 0.1

当社代表取締役会長
公益財団法人スズキ財団理事長

寄付

100

 (被所有)

直接 0.1

当社代表取締役会長
公益財団法人スズキ教育文化
財団理事長

寄付

100

 

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

種類

氏名

職業

議決権等の
所有(被所有)
割合(%)

関連当事者との関係

取引の内容

取引金額
(百万円)

科目

期末残高
(百万円)

役員

鈴木 修

当社代表取締役会長

 (被所有)

直接 0.1

当社代表取締役会長
公益財団法人スズキ財団理事長

寄付

100

 (被所有)

直接 0.1

当社代表取締役会長
公益財団法人スズキ教育文化
財団理事長

寄付

100

 

(注) 1 公益財団法人スズキ財団及び公益財団法人スズキ教育文化財団との取引は、第三者のための取引です。

2 取引金額には、消費税は含まれていません。

 

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

1株当たり純資産額

2,170円73銭

2,538円12銭

1株当たり当期純利益金額

234円98銭

362円54銭

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

234円92銭

362円48銭

 

 

(注) 1  1株当たり純資産額の算定上の基礎

項目

前連結会計年度
(平成28年3月31日)

当連結会計年度
(平成29年3月31日)

純資産の部の合計額(百万円)

1,187,703

1,387,041

純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)

230,005

267,175

(うち新株予約権)

(188)

(126)

(うち非支配株主持分)

(229,816)

(267,049)

普通株式に係る期末の純資産額(百万円)

957,697

1,119,865

普通株式の発行済株式数(株)

491,000,000

491,000,000

普通株式の自己株式数(株)

49,812,829

49,782,105

1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の
普通株式の数(株)

441,187,171

441,217,895

 

 

2  1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎

項目

前連結会計年度
(自  平成27年4月1日
  至  平成28年3月31日)

当連結会計年度
(自  平成28年4月1日
  至  平成29年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

 親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)

116,660

159,956

 普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する
当期純利益(百万円)

116,660

159,956

 普通株式の期中平均株式数(株)

496,474,207

441,208,692

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する
当期純利益調整額(百万円)

 普通株式増加数(株)

114,724

76,455

 (うち新株予約権)

(114,724)

(76,455)

 希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
 当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在
 株式の概要

2021年満期ユーロ円建取得条項(交付株数上限型)付転換社債型新株予約権付社債及び2023年満期ユーロ円建取得条項(交付株数上限型)付転換社債型新株予約権付社債

 

 

3  平成27年9月17日にフォルクスワーゲンAGが保有する当社株式の買戻し取引により、自己株式119,787,000株を取得価額460,281百万円で取得しました。

この結果、1株当たり純資産額算定上の基礎となる純資産額が460,281百万円減少し、1株当たり純資産額が356円98銭減少しました。また、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額算定上の基礎となる期中平均株式数が64,500,693株減少し、1株当たり当期純利益金額が27円02銭、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額が27円それぞれ増加しています。

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。





出典: スズキ株式会社、2017-03-31 期 有価証券報告書