有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自  平成21年4月1日  至  平成22年3月31日)における全セグメントの売上高の合計、営業損益の絶対値及び資産の金額の合計額に占める「自動車内装部品事業」の割合がいずれも90%を超えているため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自  平成21年4月1日日  至  平成22年3月31日)

 

 
日本
(百万円)
北米
(百万円)
欧州
(百万円)
アジア
(百万円)
(百万円)
消去
又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ  売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
    売上高
 
 
 
 
 
 
 
 (1)外部顧客に対する売上高
54,041
33,425
7,018
6,542
101,027
101,027
 (2)セグメント間の内部売上高又は振替高
2,988
0
261
3,250
(3,250)
57,029
33,425
7,019
6,804
104,278
(3,250)
101,027
  営業費用
56,176
32,505
6,704
5,321
100,707
(2,926)
97,781
  営業利益
853
919
314
1,482
3,570
(324)
3,245
Ⅱ  資産
45,916
16,898
3,977
6,265
73,058
(3,055)
70,003

(注) 1  国又は地域の区分の方法及び各区分に属する主な国又は地域

(1) 国又は地域の区分の方法は、地理的近接度によっております。

(2) 「北米」の区分に属する主な国又は地域は、米国であります。

(3) 「欧州」の区分に属する主な国又は地域は、英国であります。

(4) 「アジア」の区分に属する主な国又は地域は、中国であります。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自  平成21年4月1日  至  平成22年3月31日)

 

 
北米
欧州
その他の地域
Ⅰ  海外売上高(百万円)
33,425
7,032
6,949
47,407
Ⅱ  連結売上高(百万円)
 
 
 
101,027
Ⅲ  連結売上高に占める海外売上高の割合(%)
33.1
7.0
6.8
46.9

(注) 1  海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。

2  国又は地域の区分の方法及び各区分に属する主な国又は地域

(1) 国又は地域の区分の方法は、地理的近接度によっております。 

(2) 「北米」の区分に属する主な国又は地域は、米国であります。

(3) 「欧州」の区分に属する主な国又は地域は、英国であります

(4) 「その他の地域」の区分に属する主な国又は地域は、中国であります。

 

 

 

【セグメント情報】

 

1  報告セグメントの概要

当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、当社の取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社グループは、主に自動車内装部品を生産・販売しており、国内においては当社及び国内関係会社が、海外においては北米(米国、メキシコ)、欧州(英国)、アジア(主に中国)の各地域をM-TEK INC.(米国)、カサイメヒカーナ(メキシコ)、R-TEK Ltd.(英国)、広州河西汽車内飾件㈲(中国)及びその他の現地法人が、それぞれ担当しております。現地法人はそれぞれ各地域での製造・販売戦略を立案し、事業活動を展開しております。

したがって、当社グループは、生産・販売体制を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、「日本」、「北米」、「欧州」、及び「アジア」の4つを報告セグメントとしております。各報告セグメントでは、自動車内装部品の生産・販売が90%以上を占めております。

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部利益及び振替高は、市場実勢価格に基いております。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

 

前連結会計年度(自  平成21年4月1日  至  平成22年3月31日)

(単位:百万円)

 
報告セグメント
調整額
(注)1
連結財務諸表計上額
(注)2
日本
北米
欧州
アジア
売上高
 
 
 
 
 
 
 
外部顧客への
売上高
54,041
33,425
7,018
6,542
101,027
101,027
セグメント間の
内部売上高又は
振替高
2,988
0
261
3,250
△3,250
57,029
33,425
7,019
6,804
104,278
△3,250
101,027
セグメント利益
853
919
314
1,482
3,570
△324
3,245
セグメント資産
45,916
16,898
3,977
6,265
73,058
△3,055
70,003
セグメント負債
43,903
6,374
1,306
2,121
53,705
△1,696
52,008
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
減価償却費
5,888
1,788
362
197
8,236
△11
8,225
減損損失
138
138
138
 有形固定資産及び無形固定資産の
増加額
3,912
356
37
236
4,541
4,541

(注) 1  セグメント利益の調整額△324百万円は、セグメント間取引消去であります。

セグメント資産の調整額△3,055百万円は、主にセグメント間取引消去であります。

セグメント負債の調整額△1,696百万円は、主にセグメント間取引消去であります。

減価償却費の調整額△11百万円は、主にセグメント間取引消去であります。

2  セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自  平成22年4月1日  至  平成23年3月31日)

(単位:百万円)

 
報告セグメント
調整額
(注)1
連結財務諸表計上額
(注)2
日本
北米
欧州
アジア
売上高
 
 
 
 
 
 
 
外部顧客への
売上高
57,786
43,796
9,286
8,598
119,469
119,469
セグメント間の
内部売上高又は
振替高
4,326
507
4,834
△4,834
62,113
43,796
9,286
9,105
124,303
△4,834
119,469
セグメント利益
2,312
2,589
886
1,685
7,474
△128
7,346
セグメント資産
44,890
16,645
4,284
7,369
73,189
△3,609
69,580
セグメント負債
42,558
6,438
1,673
2,530
53,201
△2,802
50,398
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
減価償却費
5,813
1,527
324
333
7,999
△12
7,986
減損損失
483
483
483
 有形固定資産及び
 無形固定資産の増加額
2,114
1,802
137
594
4,648
4,648

(注) 1  セグメント利益の調整額△128百万円は、セグメント間取引消去であります。

セグメント資産の調整額△3,609百万円は、主にセグメント間取引消去であります。

セグメント負債の調整額△2,802百万円は、主にセグメント間取引消去であります。

減価償却費の調整額△12百万円は、主にセグメント間取引消去であります。

2  セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

【関連情報】

当連結会計年度(自  平成22年4月1日  至  平成23年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

2  地域ごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

3  主要な顧客ごとの情報

(単位:百万円)

顧客の名称又は氏名
売上高
関連するセグメント名
日産自動車株式会社
75,450
日本、北米、欧州、アジア
本田技研工業株式会社
26,727
日本、北米、欧州、アジア

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

当連結会計年度(自  平成22年4月1日  至  平成23年3月31日)

(固定資産に係る重要な減損損失)

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

当連結会計年度(自  平成22年4月1日  至  平成23年3月31日)

該当事項はありません。

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

当連結会計年度(自  平成22年4月1日  至  平成23年3月31日)

該当事項はありません。

 

(追加情報)

当連結会計年度より「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号  平成21年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号  平成20年3月21日)を適用しております。

 

 

 

【関連当事者情報】

 

前連結会計年度(自  平成21年4月1日  至  平成22年3月31日)

 

1  関連当事者との取引

(1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

(ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等

種類
会社等の
名称
所在地
資本金
(百万円)
事業の内容
議決権等の
所有(被所有)割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
主要
株主
長瀬産業㈱
東京都
中央区
9,699
化学品
専門商社
直接 0.0
(直接14.2)
当社材料の
主要仕入先
材料の購入
4,146
買掛金
1,394

(注)上記金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は、消費税等を含んで表示しております。

 

取引条件及び取引条件の決定方針等

材料購入については、提示された見積価格、現行原材料の価格及び当社部品の市場価格から算定した価格を基に検討交渉の上決定しております。

 

 

当連結会計年度(自  平成22年4月1日  至  平成23年3月31日)

 

1  関連当事者との取引

(1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

(ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等

種類
会社等の
名称
所在地
資本金
(百万円)
事業の内容
議決権等の
所有(被所有)割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
主要
株主
長瀬産業㈱
東京都
中央区
9,699
化学品
専門商社
直接 0.0
(直接14.2)
当社材料の
主要仕入先
材料の購入
4,340
買掛金
1,413

(注)上記金額のうち、取引金額は消費税等を含まず、期末残高は、消費税等を含んで表示しております。

 

取引条件及び取引条件の決定方針等

材料購入については、提示された見積価格、現行原材料の価格及び当社部品の市場価格から算定した価格を基に検討交渉の上決定しております。

 

 

(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自  平成21年4月1日
  至  平成22年3月31日)
当連結会計年度
(自  平成22年4月1日
  至  平成23年3月31日)
 
1株当たり純資産額
404円57銭
1株当たり当期純利益
33円61銭

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 
1株当たり純資産額
428円44銭
1株当たり当期純利益
73円42銭

同左
 
 

 

(注)  算定上の基礎

 

1.1株当たり純資産額

項目
前連結会計年度末
(平成22年3月31日)
当連結会計年度末
(平成23年3月31日)
純資産の部の合計額(百万円)
17,994
19,182
普通株式に係る純資産額(百万円)
15,383
16,322
差額の主な内訳
 
 
  少数株主持分(百万円)
2,610
2,860
普通株式の発行済株式数(株)
39,511,728
39,511,728
普通株式の自己株式数(株)
1,485,991
1,414,913
1株当たり純資産額の算定に用いられた
普通株式の数(株)
38,025,737
38,096,815

 

2.1株当たり当期純利益

項目
前連結会計年度
(自  平成21年4月1日
  至  平成22年3月31日)
当連結会計年度
(自  平成22年4月1日
  至  平成23年3月31日)
当期純利益(百万円)
1,277
2,792
普通株主に帰属しない金額の主要な内訳(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
1,277
2,792
普通株式の期中平均株式数(株)
38,014,599
38,037,846
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
平成17年6月29日の定時株主総会決議に基づく新株予約権
(新株予約権の数989個)
なお、新株予約権の概要は「第4 提出会社の状況、1 株式等の状況、 (2) 新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
平成17年6月29日の定時株主総会決議に基づく新株予約権
(新株予約権の数917個)
なお、新株予約権の概要は「第4 提出会社の状況、1 株式等の状況、 (2) 新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。

 

(重要な後発事象)

 

前連結会計年度(自  平成21年4月1日    至  平成22年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成22年4月1日    至  平成23年3月31日)

該当事項はありません。

 





出典: 河西工業株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書