有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

有価証券については、資産総額の1%以下であるため、記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 建物
5,817,714
25,285
212,740
5,630,259
2,926,362
201,922
2,703,897
 構築物
770,629
7,716
23,373
754,972
481,504
34,130
273,468
 機械及び装置
16,701,810
338,943
634,573
16,406,180
13,805,249
691,186
2,600,931
 車両運搬具
37,373
3,348
34,025
26,080
4,484
7,945
 工具器具備品
725,157
22,362
14,897
732,622
586,560
51,839
146,062
 土地
2,295,256
292
67,469
2,228,078
2,228,078
 建設仮勘定
28,720
94,826
28,720
94,826
94,826
有形固定資産計
26,376,658
489,424
985,120
25,880,962
17,825,755
983,560
8,055,207
無形固定資産
 ソフトウェア
21,417
12,302
6,454
9,115
 施設利用権
18,884
2,750
152
16,133
無形固定資産計
40,301
15,053
6,607
25,248
長期前払費用
9,257
2,454
127
11,584
2,331
2,331
9,253
繰延資産
繰延資産計

(注) 1 当期増加の主要資産は、次のとおりです。

機械及び装置
静岡工場  エンジン用小型弁製造設備
200,012千円

2 当期減少の主要資産は、次のとおりです。

建物
藤沢工場  独身寮
54,419千円

機械及び装置  
静岡工場  浸炭用熱処理設備
12,696千円

3 無形固定資産については、資産総額の1%以下であるため、前期末残高、当期増加額、当期減少額の記載を省略しております。

 

【資本金等明細表】

 

区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金
(千円)
3,018,648
3,018,648
資本金のうち
既発行株式
普通株式
(株)
(20,559,500)
(—)
(—)
(20,559,500)
普通株式
(千円)
3,018,648
3,018,648
(株)
(20,559,500)
(—)
(—)
(20,559,500)
(千円)
3,018,648
3,018,648
資本準備金及び
その他
資本剰余金
資本準備金
株式払込剰余金
(千円)
2,769,453
2,769,453
(千円)
2,769,453
2,769,458
利益準備金及び
任意積立金
利益準備金
(千円)
392,948
392,948
任意積立金
 固定資産圧縮積立金
(千円)
79,126
79,126
 別途積立金
(千円)
5,226,034
5,226,034
(千円)
5,618,981
79,126
5,698,108

(注)1 当期末における自己株式は6,557株であります。
  2 任意積立金の増加は、前期の利益処分によるものであります。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
77,541
68,827
1,441
76,100
68,827
役員退職慰労引当金
95,268
30,129
6,902
118,495

(注) 貸倒引当金の当期減少額「その他」は、洗替処理によるものであります。

 

 





出典: フジオーゼックス株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書