有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

有価証券については、資産総額の1%以下であるため、記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 建物
5,630,259
152,231
15,835
5,766,655
3,103,983
187,917
2,662,673
 構築物
754,972
1,206
756,178
511,105
29,601
245,072
 機械及び装置
16,406,180
1,074,066
219,505
17,260,740
14,261,799
654,577
2,998,941
 車両運搬具
34,025
15,630
5,559
44,095
25,996
3,919
18,099
 工具器具備品
732,622
23,019
2,711
752,930
624,348
40,361
128,582
 土地
2,228,078
3,900
3,655
2,228,323
2,228,323
 建設仮勘定
94,826
484,046
94,826
484,046
484,046
有形固定資産計
25,880,962
1,754,098
342,092
27,292,968
18,527,231
916,374
8,765,737
無形固定資産
 ソフトウェア
33,603
17,310
5,008
16,293
 施設利用権
24,884
3,303
552
21,581
無形固定資産計
58,487
20,613
5,560
37,874
長期前払費用
11,584
2,454
9,130
4,662
2,331
4,468
繰延資産
繰延資産計

(注) 1 当期増加の主要資産は、次のとおりです。

機械及び装置
静岡工場  自家発電設備
386,840千円

静岡工場  エンジン用小型弁製造設備
244,320千円

 

建設仮勘定
静岡工場  エンジン用小型弁製造設備
465,161千円

 

2 当期減少の主要資産は、次のとおりです。

機械及び装置
藤沢工場  エンジン用小型弁製造設備
117,214千円

 

3 無形固定資産については、資産総額の1%以下であるため、前期末残高、当期増加額、当期減少額の記載を省略しております。

 

【資本金等明細表】

 

区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金
(千円)
3,018,648
3,018,648
資本金のうち
既発行株式
普通株式
(株)
(20,559,500)
(—)
(—)
(20,559,500)    
普通株式
(千円)
3,018,648
3,018,648
(株)
(20,559,500)
(—)
(—)
(20,559,500)
(千円)
3,018,648
3,018,648
資本準備金及び
その他
資本剰余金
資本準備金
(千円)
 株式払込剰余金
2,769,453
2,769,453
(千円)
2,769,453
2,769,453
利益準備金及び
任意積立金
利益準備金
(千円)
392,948
392,948
任意積立金
 固定資産圧縮積立金
(千円)
79,126
17,626
61,501
 別途積立金
(千円)
5,226,034
5,226,034
(千円)
5,698,108
17,626
5,680,482

(注) 1 当期末における自己株式は9,587株であります。

2 任意積立金の減少は、前期の利益処分によるものであります。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
68,827
36,878
30,914
37,913
36,878
役員退職慰労引当金
118,495
26,691
40,878
104,308

(注) 貸倒引当金の当期減少額「その他」は、洗替処理によるものであります。

 

 





出典: フジオーゼックス株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書