有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
⑤ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

有価証券については、資産総額の1%以下であるため、記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 建物
5,766,655
438,579
135,747
6,069,488
3,187,318
182,835
2,882,171
(31,540)
 構築物
756,178
4,822
25,529
735,471
520,359
24,529
215,112
(6,060)
 機械及び装置
17,260,740
878,872
573,788
17,565,825
14,636,015
703,047
2,929,810
(192,431)
 車両運搬具
44,095
3,745
10,280
37,560
26,785
4,055
10,775
 工具器具備品
752,930
32,605
23,215
762,320
637,916
35,261
124,404
(716)
 土地
2,228,323
309
2,228,632
2,228,632
 建設仮勘定
484,046
148,860
484,046
148,860
148,860
有形固定資産計
27,292,968
1,507,792
1,252,605
27,548,156
19,008,392
949,726
8,539,763
(230,747)
無形固定資産
 ソフトウェア
27,244
11,239
5,267
16,004
 施設利用権
23,582
2,357
482
21,225
無形固定資産計
50,825
13,596
5,749
37,230
長期前払費用
9,130
3,326
12,455
6,993
2,331
5,462
繰延資産
繰延資産計

(注) 1 当期増加額の主なものは、次のとおりであります。

機械及び装置
静岡工場  エンジン用小型弁製造装置
724,628千円

建物
静岡工場  テクニカルセンター建設
327,291千円

 

2 当期減少のうち( )内は内書きで減損損失の計上額であります。

3 無形固定資産については、資産総額の1%以下であるため、前期末残高、当期増加額、当期減少額の記載を省略しております。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
36,878
38,667
36,878
38,667
役員賞与引当金
25,000
25,000
役員退職慰労引当金
104,308
24,904
20,511
108,701

(注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。

 





出典: フジオーゼックス株式会社、2007-03-31 期 有価証券報告書