有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

有価証券については、資産総額の1%以下であるため、記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 建物
6,069,488
106,912
96,316
6,080,084
3,287,476
173,402
2,792,608
 構築物
735,471
13,977
2,099
747,349
542,978
24,263
204,371
 機械及び装置
17,565,825
426,933
349,354
17,643,404
15,074,074
745,687
2,569,331
 車両運搬具
37,560
2,930
5,430
35,060
25,948
4,321
9,112
 工具器具備品
762,320
21,189
52,242
731,266
626,530
37,742
104,736
 土地
2,228,632
—  
2,228,632
—   
— 
2,228,632
 建設仮勘定
148,860
42,548
148,860
42,548
42,548
有形固定資産計
27,548,156
614,488
654,300
27,508,344
19,557,006
985,415
7,951,338
無形固定資産
 ソフトウェア
33,159
14,235
6,420
18,924
 施設利用権
23,378
2,627
475
20,750
無形固定資産計
56,536
16,862
6,895
39,674
長期前払費用
12,455
12,449
7
2,137
7
繰延資産
繰延資産計

(注) 1 当期増加額の主なものは、次のとおりであります。

建物
静岡単身寮建設
51,550千円
機械及び装置
静岡工場 エンジンバルブ製造設備
417,595千円

2 当期減少額の主なものは、次のとおりであります。

機械及び装置
静岡工場 エンジンバルブ製造設備
272,859千円

3 無形固定資産については、資産総額の1%以下であるため、前期末残高、当期増加額、当期減少額の記載を省略しております。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
38,667
34,205
37,616
35,256
役員賞与引当金
25,000
25,000
25,000
25,000
役員退職慰労引当金
108,701
23,288
65,653
66,336

(注) 貸倒引当金の当期減少額「その他」は期首残高の洗替額37,405千円と貸倒引当金計上先からの一部資金回収に
伴う取崩額211千円であります。

 





出典: フジオーゼックス株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書