有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 建物
6,080,084
16,868
72,039
6,024,913
3,396,534
163,653
2,628,379
 
 
 
 
 
 
 
 
 構築物
747,349
5,464
9,277
743,536
557,556
23,484
185,981
 
 
 
 
 
 
 
 
 機械及び装置
17,643,404
192,949
1,031,305
16,805,049
14,764,016
637,222
2,041,033
 
 
 
 
 
 
 
 
 車両運搬具
35,060
11,372
4,853
41,578
28,923
7,635
12,655
 
 
 
 
 
 
 
 
 工具、器具及び備品
731,266
63,774
79,675
715,365
591,158
40,446
124,206
 
 
 
 
 
 
 
 
 土地
2,228,632
2,228,632
2,228,632
 
 
 
 
 
 
 
 
 建設仮勘定
42,548
42,548
 
 
 
 
 
 
 
 
有形固定資産計
27,508,344
290,427
1,239,697
26,559,073
19,338,187
872,439
7,220,886
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 ソフトウェア
30,865
17,305
6,535
13,559
 施設利用権
22,949
2,650
451
20,299
無形固定資産計
53,814
19,955
6,986
33,859
長期前払費用
7
3,135
948
2,195
2,195
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
繰延資産計

(注) 1 当期増加額の主なものは、次のとおりであります。

機械装置
エンジンバルブ製造設備
170,834千円
工具、器具及び備品
社内CADシステム再構築
37,610千円

2 当期減少額の主なものは、次のとおりであります。

機械装置
エンジンバルブ製造設備
1,029,800千円

3 無形固定資産については、資産総額の1%以下であるため、前期末残高、当期増加額、当期減少額の記載を省略しております。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
35,256
500
2,211
33,545
役員賞与引当金
25,000
25,000
役員退職慰労引当金
66,336
20,472
12,272
74,536

(注) 貸倒引当金の当期減少額「その他」は、一般債権の貸倒実績率による洗替え額2,000千円及び債権の回収による取崩額211千円であります。

 





出典: フジオーゼックス株式会社、2009-03-31 期 有価証券報告書