有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 建物
6,024,913
3,140
97,809
5,930,244
3,465,219
147,793
2,465,025
 
 
 
 
 
 
 
 
 構築物
743,536
7,770
41,713
709,593
542,742
20,661
166,851
 
 
 
 
 
 
 
 
 機械及び装置
16,805,049
110,471
436,771
16,478,749
14,818,603
445,796
1,660,146
 
 
 
 
 
 
 
 
 車両運搬具
41,578
10,085
4,782
46,881
31,560
6,463
15,321
 
 
 
 
 
 
 
 
 工具、器具及び備品
715,365
1,659
25,624
691,400
613,047
45,964
78,353
 
 
 
 
 
 
 
 
 土地
2,228,632
2,228,632
2,228,632
 
 
 
 
 
 
 
 
 建設仮勘定
5,403
5,403
5,403
 
 
 
 
 
 
 
 
有形固定資産計
26,559,073
138,529
606,699
26,090,903
19,471,171
666,677
6,619,733
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 ソフトウエア
25,793
17,235
5,851
8,558
 施設利用権
22,745
2,884
438
19,861
無形固定資産計
48,539
20,120
6,289
28,419
長期前払費用
2,195
2,195
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
繰延資産計

(注) 1 当期増加額の主なものは、次のとおりであります。

機械及び装置
エンジンバルブ製造設備      
60,132千円
 
 
 

2 当期減少額の主なものは、次のとおりであります。

機械及び装置  
エンジンバルブ製造設備
167,910千円

 

3 無形固定資産については、資産総額の1%以下であるため、前期末残高、当期増加額、当期減少額の記載を省略しております。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
33,545
1,400
211
34,734
役員賞与引当金
12,500
12,500
役員退職慰労引当金
74,536
20,504
10,798
84,242
環境対策引当金
24,499
24,499

(注) 貸倒引当金の当期減少額「その他」は、債権の回収による取崩額211千円であります。

 





出典: フジオーゼックス株式会社、2010-03-31 期 有価証券報告書