有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次
第78期
第79期
第80期
第81期
第82期
決算年月
平成18年3月
平成19年3月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
売上高
(千円)
22,055,079
21,614,118
21,767,555
17,380,045
13,596,718
経常利益
(千円)
3,423,970
1,936,972
1,881,666
677,503
874,243
当期純利益
(千円)
2,185,668
1,133,632
1,226,425
90,358
488,708
純資産額
(千円)
17,051,146
18,039,878
18,983,991
17,989,324
18,454,020
総資産額
(千円)
23,024,659
23,646,716
23,144,661
19,854,619
21,070,115
1株当たり純資産額
(円)
828.38
877.86
923.80
875.45
898.06
1株当たり
当期純利益金額
(円)
104.99
55.16
59.68
4.40
23.78
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額
(円)
自己資本比率
(%)
74.1
76.3
82.0
90.6
87.6
自己資本利益率
(%)
13.7
6.5
6.6
0.5
2.7
株価収益率
(倍)
10.0
10.5
6.1
46.6
11.7
営業活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
1,915,532
1,641,745
1,929,695
2,260,827
1,978,862
投資活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△1,776,458
△1,433,862
△580,663
△442,337
△69,444
財務活動による
キャッシュ・フロー
(千円)
△969,000
△300,342
△907,720
△308,576
△143,841
現金及び現金同等物
の期末残高
(千円)
3,165,385
3,077,037
3,508,648
4,987,321
6,755,180
従業員数
〔ほか、平均臨時
雇用人員〕
(名)
710
(184)
669
(196)
662
(157)
628
(180)
599
(150)

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 純資産額の算定にあたり、平成19年3月期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次
第78期
第79期
第80期
第81期
第82期
決算年月
平成18年3月
平成19年3月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
売上高
(千円)
20,862,899
20,621,376
20,748,165
16,298,041
12,630,480
経常利益
(千円)
2,975,101
1,904,324
1,584,046
654,593
812,099
当期純利益
(千円)
1,776,710
1,120,768
1,042,546
375,532
478,974
資本金
(千円)
3,018,648
3,018,648
3,018,648
3,018,648
3,018,648
発行済株式総数
(株)
20,559,500
20,559,500
20,559,500
20,559,500
20,559,500
純資産額
(千円)
15,832,784
16,640,853
17,395,680
17,462,636
17,797,769
総資産額
(千円)
21,281,444
22,047,430
21,362,038
19,194,037
20,222,744
1株当たり純資産額
(円)
769.24
809.78
846.51
849.82
866.13
1株当たり配当額
(1株当たり中間配当額)
(円)
14.00
(7.00)
14.00
(7.00)
15.00
(7.00)
10.00
(7.00)
9.00
( 4.00)
1株当たり
当期純利益金額
(円)
85.24
54.54
50.73
18.27
23.31
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額
(円)
自己資本比率
(%)
74.4
75.5
81.4
91.0
88.0
自己資本利益率
(%)
11.8
6.9
6.1
2.2
2.7
株価収益率
(倍)
12.3
10.6
7.2
11.2
11.9
配当性向
(%)
16.4
25.7
29.6
54.7
38.6
従業員数
〔ほか、平均臨時
雇用人員〕
(名)
539
(134)
508
(120)
470
(83)
458
(82)
444
(65)

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3 純資産額の算定にあたり、平成19年3月期から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。

 

2 【沿革】

昭和26年12月
エンジンバルブの製造、販売を目的として東京都品川区に園池バルブ株式会社を設立
昭和27年6月
東京都大田区に工場を完成し、操業開始
昭和27年6月
商号を富士バルブ株式会社に変更
昭和28年7月
大同製鋼株式会社(現・大同特殊鋼株式会社)が資本参加
昭和40年10月
藤沢工場完成
昭和45年9月
本社工場の藤沢移転・集約
昭和46年11月
名古屋出張所(現・名古屋営業所)を設置
昭和47年1月
新韓バルブ工業株式会社(持分法適用関連会社)〈韓国〉へ資本参加
昭和54年1月
五洲汽門工業股有限公司(持分法適用関連会社)〈台湾〉へ資本参加
昭和54年7月
TRW社〈米国〉、セリワタナ社〈タイ〉、当社の合弁会社フジセリナバルブ社(持分法適用関連会社)をタイ国に設立
昭和60年11月
有限会社富士バルブ興業〈現・株式会社テトス(連結子会社)〉を当社の全額出資により設立
昭和63年6月
TRW社〈米国〉との合弁会社TRWフジバルブ社(TFV)(持分法適用関連会社)を米国に設立
平成元年6月
物流を専門に行う湘南物流株式会社〈現・株式会社ジャトス(連結子会社)〉を当社全額出資で設立
平成元年12月
静岡工場完成
平成4年6月
本店を神奈川県藤沢市に移転
平成4年12月
富士バルブ株式会社からフジオーゼックス株式会社に商号変更
平成6年1月
OOZX USA Inc.(連結子会社)を当社全額出資にて米国に設立
平成6年12月
株式を東京証券取引所市場第二部へ上場
平成9年4月
OOZX USA Inc. がフォード社、ジャガー社等向けアルミタペットの生産を開始
平成10年10月
株式会社フジテクノ(連結子会社)を当社全額出資により設立
平成11年9月
藤沢工場ISO9001/QS-9000認証取得
平成12年5月
静岡工場ISO9001/QS-9000認証取得
平成13年7月
藤沢工場・静岡工場ISO14001認証取得
平成15年7月
本店の所在地を現在の静岡県菊川市に移転
平成18年10月
新韓(北京)汽車配件系統有限公司(持分法適用関連会社)〈中国〉へ資本参加
平成21年8月
持分法適用関連会社である五洲汽門工業股有限公司〈台湾〉の全株式を、台湾株主に譲渡。

 

3 【事業の内容】

当社グループは当社(提出会社)と親会社、子会社4社、関連会社4社および親会社の子会社である関連当事者1社で構成されており、エンジンバルブ、バルブシート、コッタ、ローテータ、アルミリテーナ、アルミタペット、機械等の製造、販売を主な内容としており、さらにそれらに関連する物流その他のサービス活動を展開しております。

当事業集団の事業に係る位置付けは次のとおりであります。

 

製品事業部門

当社と子会社OOZX USA Inc.、関連会社4社はエンジンバルブ等の製品の製造、販売を行い、子会社である株式会社フジテクノは金型等の製造及び当社の生産工程に付帯する業務を行っております。関連当事者の大同興業株式会社は親会社である大同特殊鋼株式会社の特殊鋼鋼材を当社へ販売するとともに、一部当社製品の購入も行っております。

 

商品(機械等)事業部門

当社は関連会社4社に機械設備・治工具等の販売を行っております。

 

技術事業部門

当社は関連会社3社に技術供与を行っております。また、関連会社1社の新韓(北京)汽車配件系統有限公司につきましては、当社から新韓バルブ工業株式会社への技術供与を通して再実施権の行使を行っております。

 

流通・サービス・その他事業部門

当社関連製品の輸送は子会社である株式会社ジャトスが行っております。

当社グループの従業員の福利厚生については子会社である株式会社テトスが行っております。

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

 

名称
住所
資本金又は
出資金
(千円)
主要な事業
の内容
議決権の所有割合
又は被所有割合
関係内容
所有割合
(%)
被所有割合
(%)
役員の
兼務等
事業上の関係
(親会社)      (注1)
 
 
 
 
 
 
 
大同特殊鋼㈱ (注4)
名古屋市東区
37,172,464
特殊鋼の製造、販売
45.4
兼任3人
転籍5人
CMS(キャッシュマネジメントシステム)
(連結子会社)
 
 
 
 
 
 
 
㈱ジャトス
神奈川県藤沢市
100,000
流通・サービス・その他
100.0
兼任2人
転籍2人
顧客への当社製品の梱包・輸送
㈱テトス    
静岡県菊川市
40,000
流通・サービス・その他
100.0
兼任3人
転籍1人
従業員向け売店経営など、福利厚生施設の管理・運営
㈱フジテクノ
神奈川県藤沢市
20,000
製品
100.0
兼任3人
転籍2人
当社製品の金型等製作及び技術サービス受託
OOZX USA Inc.    (注3)
米国
テネシー州
8,100
千US$
製品
100.0
兼任3人
機械設備・治工具等の販売、一部製品の販売
(持分法適用関連会社)
 
 
 
 
 
 
 
新韓バルブ工業㈱
韓国
京畿道華城市
2,008,020
製品
25.0
兼任3人
技術供与、当社製造の機械・治工具の販売、製品の販売
新韓(北京)汽車配件系統
有限公司
中華人民共和国北京市
50,872
千元
製品
30.0
兼任1人
当社製造の機械・治工具の販売、製品の販売
TRW Fuji Serina
Co., Ltd.
タイ国
チョンブリー県
349,400
千B
製品
24.5
兼任1人
技術供与、当社製造の機械・治工具の販売、製品の購入
TRW Fuji Valve Inc.
(注5)
米国
テネシー州
30,855
千US$
製品
20.0
(20.0)
兼任1人
技術供与、当社製造の機械・治工具の販売、製品の販売

(注) 1 当社は大同特殊鋼㈱の連結子会社である大同興業㈱を経由して原材料を購入しております。

2 「主要な事業の内容」欄には、事業部門の名称を記載しております。

3 特定子会社であります。

4 親会社である大同特殊鋼(株)は、有価証券報告書提出会社であります。

5  議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数となっております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

事業の種類別セグメントを記載していないため、事業部門別の従業員数を示すと次のとおりであります。

平成22年3月31日現在

事業部門等の名称
従業員数(名)
製品
447
(110)
商品(機械等)
1
技術
1
流通・サービス・その他
105
(35)
全社(共通)
45
(5)
合計
599
(150)

(注) 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

(2) 提出会社の状況

平成22年3月31日現在

従業員数(名)
平均年齢(歳)
平均勤続年数(年)
平均年間給与(千円)
444
(65)
41.8
19.6
5,858

(注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

提出会社の労働組合は、連合JAMフジオーゼックス労働組合が組織(組合員数419人)されており連合JAMに属しております。また、子会社においては労働組合を組織しておりません。

なお、労使関係は極めて円満に推移し特筆すべき紛議を生じたことなく、労使協調して社業に努力しております。

 





出典: フジオーゼックス株式会社、2010-03-31 期 有価証券報告書