有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則124条の規定により記載を省略しております。

【有形固定資産等明細表】

資産の種類
当期首残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
  建物
6,077,235
12,152
2,240
6,087,147
3,739,666
136,210
2,347,481
  構築物
711,028
8,441
1,700
717,769
574,487
20,710
143,282
  機械及び装置
15,211,380
380,071
296,842
15,294,610
14,039,195
382,556
1,255,415
  車両運搬具
46,666
999
47,664
41,597
4,800
6,068
  工具、器具及び備品
643,006
16,184
7,764
651,426
595,060
35,108
56,366
  土地
2,332,257
2,332,257
2,332,257
  建設仮勘定
81,432
54,578
81,432
54,578
54,578
  有形固定資産計
25,103,004
472,424
389,977
25,185,451
18,990,004
579,385
6,195,446
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
  ソフトウェア
14,260
9,753
3,603
4,507
  施設利用権
21,715
2,800
400
18,915
  無形固定資産計
 
 
 
35,975
12,553
4,003
23,422
投資その他の資産
その他(長期前払費用)
2,136
1,804
331
331
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
  —
  繰延資産計

(注) 1 当期増加額の主なものは、次のとおりであります。

機械装置
エンジン用小型弁製造装置
291,611千円

2 当期減少額の主なものは、次のとおりであります。

機械装置
エンジン用小型弁製造装置
110,390千円

3 無形固定資産については、資産総額の1%以下であるため、当期首残高、当期増加額、当期減少額の記載を省略しております。

 

【引当金明細表】

区分
当期首残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
33,523
900
511
33,912
役員賞与引当金
25,000
25,000
25,000
25,000
役員退職慰労引当金
82,736
4,788
27,989
59,535
環境対策引当金
24,499
24,499

(注) 1 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、債権の回収による取崩額211千円及びゴルフ会員権に関する貸倒引当金の戻入額300千円であります。

2 役員退職慰労引当金の当期減少額の「その他」は、役員退職慰労金制度廃止に伴う取締役および監査役に対する打切り支給に伴う残高を「固定負債」の「その他」への科目振替によるものであります。





出典: フジオーゼックス株式会社、2012-03-31 期 有価証券報告書