有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

資産の種類
当期首残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
  建物
6,087,147
145,912
3,757
6,229,303
3,870,372
131,522
2,358,930
  構築物
717,769
7,021
11,242
713,548
581,288
17,595
132,260
  機械及び装置
15,294,610
156,404
490,836
14,960,178
13,968,265
324,485
991,912
  車両運搬具
47,664
8,234
7,408
48,490
38,899
2,571
9,591
  工具、器具及び備品
651,426
67,568
20,651
698,343
604,866
30,047
93,477
  土地
2,332,257
221,285
76
2,553,467
2,553,467
  建設仮勘定
54,578
174,534
54,578
174,534
174,534
  有形固定資産計
25,185,451
780,958
588,547
25,377,862
19,063,691
506,219
6,314,171
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
  ソフトウエア
8,813
2,611
1,968
6,202
  施設利用権
21,715
3,200
400
18,515
  無形固定資産計
 
 
 
30,528
5,811
2,368
24,717
長期前払費用
331
3,482
1,005
2,808
2,808

(注) 1 当期減少額の主なものは、次のとおりであります。

機械及び装置
エンジン用小型弁製造装置
210,261千円

2 無形固定資産については、資産総額の1%以下であるため、「当期首残高」、「当期増加額」、「当期減少額」の記載を省略しております。

 

【引当金明細表】

区分
当期首残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
33,912
1,700
207
35,405
役員賞与引当金
25,000
34,350
25,000
34,350
環境対策引当金
24,499
24,499

(注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄は、債権の回収による取崩額207千円であります。





出典: フジオーゼックス株式会社、2013-03-31 期 有価証券報告書