有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1 報告セグメントの概要

当社グループは、従来「自動車部品製造」、「流通」の2事業を事業セグメントとしておりましたが、当連結会計年度より、「自動車部品製造」の単一セグメントに変更しております。
 流通事業の規模縮小により、流通事業の重要性が低下したこと、及び、当社グループの事業展開、経営資源の配分、経営管理体制の実態等の観点から、「自動車部品製造」及び「流通」は一体的な事業と捉えることが合理的であり、事業セグメントは「自動車部品製造」の単一のセグメントが適切であると判断したことによるものであります。
 この変更により、当社グループは単一セグメントとなることから、記載を省略しております。

2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

報告セグメントの利益は営業利益をベースとした数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実績価格に基づいております。

3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

(単位:千円)

 

報告セグメント

合計

自動車部品製造

流通

売上高

 

 

 

  外部顧客への売上高

16,448,417

454,782

16,903,200

  セグメント間の内部

  売上高又は振替高

1,803

640,124

641,927

16,450,221

1,094,906

17,545,127

セグメント利益

903,894

14,698

918,591

セグメント資産

27,334,773

145,557

27,480,330

その他の項目

 

 

 

  減価償却費

1,063,991

4,236

1,068,228

  のれんの償却額

1,737

1,737

  有形固定資産及び

  無形固定資産の増加額

2,807,636

4,139

2,811,775

 

 

当連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

 

4 報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容

(差異調整に関する事項)

(単位:千円)

売上高

前連結会計年度

当連結会計年度

報告セグメント計

17,545,127

セグメント間取引消去

△641,927

連結財務諸表の売上高

16,903,200

 

 

(単位:千円)

利益

前連結会計年度

当連結会計年度

報告セグメント計

918,591

セグメント間取引消去

94,029

連結財務諸表の営業利益

1,012,621

 

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示してるため、記載を省略しております。

 

2 地域ごとの情報

(1) 売上高

(単位:千円)

日本

アジア

北米

欧州

その他

合計

13,934,718

1,936,357

956,144

75,863

118

16,903,200

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

(単位:千円)

日本

中国

インドネシア

北米

合計

8,026,500

1,332,025

1,450,136

243,375

11,052,037

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

日産自動車㈱

2,667,725

自動車部品製造

 

 

当連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

2 地域ごとの情報

(1) 売上高

(単位:千円)

日本

アジア

その他

合計

14,526,292

1,892,502

1,084,386

17,503,179

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

(単位:千円)

日本

中国

インドネシア

メキシコ

その他

合計

7,826,112

1,323,975

1,570,046

1,689,060

210

12,409,403

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

日産自動車㈱

3,210,056

自動車部品製造

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

該当事項はありません。

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

1 関連当事者との取引

(1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

(ア) 連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等

前連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

種類

会社等

の名称

又は氏名

所在地

資本金又

は出資金

(千円)

事業の内容

又は職業

議決権等

の所有

(被所有)割合

(%)

関連当事者

との関係

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

(千円)

親会社

大同特殊鋼
株式会社

名古屋市東区

37,172,464

特殊鋼の製造及び販売

(被所有)
直接 45.4
間接  6.3

金銭の預託

役員の兼務

資金の預入

その他
流動資産

1,606,285

 

(注) 1 取引条件及び取引条件の決定方針等

金銭の預託は、大同特殊鋼グループ内の資金を一元化して効率活用を目的とする親会社への預入であり、受取利息の利率は市場金利に基づいて決定しております。

2 CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)取引のため、取引金額を記載しておりません。

 

当連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

種類

会社等

の名称

又は氏名

所在地

資本金又

は出資金

(千円)

事業の内容

又は職業

議決権等

の所有

(被所有)割合

(%)

関連当事者

との関係

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

(千円)

親会社

大同特殊鋼
株式会社

名古屋市東区

37,172,464

特殊鋼の製造及び販売

(被所有)
直接 45.4
間接  6.3

金銭の預託

役員の兼務

資金の預入

その他
流動資産

667,703

 

(注) 1 取引条件及び取引条件の決定方針等

金銭の預託は、大同特殊鋼グループ内の資金を一元化して効率活用を目的とする親会社への預入であり、受取利息の利率は市場金利に基づいて決定しております。

2 CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)取引のため、取引金額を記載しておりません。

 

(イ) 連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等

前連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

種類

会社等

の名称

又は氏名

所在地

資本金又

は出資金

(千円)

事業の内容

又は職業

議決権等

の所有

(被所有)割合

(%)

関連当事者

との関係

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

(千円)

親会社の
子会社

大同興業
株式会社

名古屋市東区

1,511,500

専門商社

(所有)
直接 0.4
(被所有)
直接 5.2

原材料等の購入

原材料等の購入

2,453,256

買掛金

1,097,122

 

(注) 1 取引条件及び取引条件の決定方針等

原材料の購入については、総原価、市場価格を勘案して毎期交渉して、一般的取引条件と同様に決めております。

2 上記金額のうち、取引金額には消費税等を含まず、期末残高には消費税等を含んで表示しております。

 

 

当連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

種類

会社等

の名称

又は氏名

所在地

資本金又

は出資金

(千円)

事業の内容

又は職業

議決権等

の所有

(被所有)割合

(%)

関連当事者

との関係

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

(千円)

親会社の
子会社

大同興業
株式会社

名古屋市東区

1,511,500

専門商社

(所有)
直接 0.4
(被所有)
直接 5.2

原材料等の購入

原材料等の購入

2,630,755

買掛金

1,263,965

 

(注) 1 取引条件及び取引条件の決定方針等

原材料の購入については、総原価、市場価格を勘案して毎期交渉して、一般的取引条件と同様に決めております。

2 上記金額のうち、取引金額には消費税等を含まず、期末残高には消費税等を含んで表示しております。

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

親会社情報

大同特殊鋼株式会社(東京証券取引所、名古屋証券取引所に上場)

 

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度

(自  平成26年4月1日

  至  平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成27年4月1日

  至  平成28年3月31日)

1株当たり純資産額

1,127円81銭

1,153円63銭

1株当たり当期純利益金額

45円72銭

61円19銭

 

(注) 1  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2  1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自  平成26年4月1日

  至  平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成27年4月1日

  至  平成28年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する当期純利益(千円)

939,425

1,257,252

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する
当期純利益(千円)

939,425

1,257,252

普通株式の期中平均株式数(株)

20,546,437

20,545,325

 

 

3  1株当たり純資産額の算定上の基礎は、次のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(平成27年3月31日)

当連結会計年度

(平成28年3月31日)

純資産の部の合計額(千円)

24,029,004

24,079,042

純資産の部の合計額から控除する金額(千円)

856,621

378,629

(うち非支配株主持分)(千円)

(856,621)

(378,629)

普通株式に係る期末の純資産額(千円)

23,172,383

23,700,413

1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(株)

20,546,346

20,544,248

 

 

 

(重要な後発事象)

当社は、平成28年1月28日開催の取締役会において、当社及び三菱重工工作機械株式会社(以下「三菱重工工作機械」といいます。)の自動車用エンジンバルブ事業を統合(以下「本事業統合」といいます。)することに関して、三菱重工工作機械との間で中空バルブ(下記(注1)及び(注2)参照)事業に係る株主間契約(以下「本株主間契約」といいます。)を締結のうえ、本株主間契約に基づき、当社が子会社(会社名:フジホローバルブ株式会社)(以下「本子会社」といいます。)を設立し、本子会社において、当社の軸中空バルブ(注1)事業及び三菱重工工作機械の傘中空バルブ(注2)事業における中空製造工程の製造事業に係る各権利義務を会社分割により承継することを決議いたしました。

併せて、本事業統合のうち中実バルブ(注3)事業について、三菱重工工作機械における同事業を当社が譲り受けることについても決議し、同日事業譲渡契約を締結いたしました。

(注1)エンジンバルブのうち、軸内部を空洞にした製品をいいます。

(注2)エンジンバルブのうち、軸内部及びヘッド(一般に「傘」といわれます。)内部を空洞にした製品をいいます。

(注3)エンジンバルブのうち、内部に空洞のない製品をいいます。

 

1.子会社の設立

(1)子会社設立の目的

当社は、自動車用エンジンバルブ事業における競争力を高め、事業規模の維持・拡大を図るためには、多様な製品展開と量産効果に伴うコストダウンを実現することが有効かつ不可欠であるとの判断の下、当社及び三菱重工工作機械の自動車用エンジンバルブに係るノウハウや強みを相互に提供し、その相乗効果を最大限発揮させ、市場シェアの拡大やプレゼンスの向上を図ることを目的として、同社との間で業務提携を行い、新たに設立した本子会社において両社の中空バルブ事業における中空製造工程の製造事業をそれぞれ吸収分割により承継いたしました。

 

(2)子会社の概要

 ①名称

フジホローバルブ株式会社

 ②所在地

静岡県菊川市三沢1500番地の50

 ③代表者の役職・氏名

代表取締役社長 鈴木 統

 ④事業内容

輸送用機械器具、原動機及び汎用機その他一般機械器具関連部品の製造、検査及び技術提供

 ⑤資本金

1,000百万円

 ⑥設立年月日

平成28年2月2日

 ⑦吸収分割効力発生日

平成28年5月31日

 ⑧出資比率

フジオーゼックス株式会社 68.1% 

三菱重工工作機械株式会社 31.9%

 

 ⑨当社との関係

 

資本関係

当社において本子会社を設立後、当社及び三菱重工工作機械がそれぞれの中空バルブ事業における中空製造工程の製造事業に係る各権利義務を本子会社に対して会社分割により承継させることにより、当社が68.1%、三菱重工工作機械が31.9%の出資割合となりました。

 

人的関係

代表取締役社長として当社取締役鈴木統、取締役として当社従業員土山宏幸、監査役として当社監査役河野新治が就任いたしました。

 

取引関係

当社は、合弁会社に対して軸中空バルブ及び傘中空バルブに係る中空製造工程を委託しています。

 

 

 

2.当社が譲り受けた事業について

(1)事業の譲受の目的

当社は、自動車用エンジンバルブ事業における競争力を高め、事業規模の維持・拡大を図るためには、多様な製品展開と量産効果に伴うコストダウンを実現することが有効かつ不可欠であるとの判断の下、市場シェアの拡大やプレゼンスの向上を図ることを目的として、三菱重工工作機械における中実バルブ事業を譲り受けました。

 

(2)事業の譲受について

 ①譲り受けた相手会社の名称

 

名称

三菱重工工作機械株式会社

 

事業内容 

工作機械、切削工具、エンジンバルブ及びその関連製品の設計、製造、販売並びにコンサルティング、同製品の据付、操作指導、修理、改造、点検、保管等

 ②譲り受けた事業の内容

中実バルブ事業

 ③譲受け価額、譲受け資産・負債の額

 

譲受け価額

188百万円

 

譲受け資産の額

188百万円

 ④事業譲受け期日

平成28年5月31日以降

 





出典: フジオーゼックス株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書