有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第59期

第60期

第61期

第62期

第63期

決算年月

平成24年11月

平成25年11月

平成26年11月

平成27年11月

平成28年11月

売上高

(千円)

19,624,950

19,109,049

18,814,351

19,091,389

20,135,145

経常利益

(千円)

583,193

569,129

407,543

257,906

375,916

親会社株主に帰属する当期純利益

(千円)

273,660

289,914

225,136

32,733

105,517

包括利益

(千円)

426,295

800,517

376,368

421,293

354,366

純資産額

(千円)

4,676,780

5,397,362

5,587,360

5,976,824

5,565,362

総資産額

(千円)

17,385,441

19,034,325

21,612,296

22,702,191

24,625,521

1株当たり純資産額

(円)

819.10

945.30

978.59

1,046.80

974.74

1株当たり当期純利益金額

(円)

47.93

50.78

39.43

5.73

18.48

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

26.9

28.3

25.8

26.3

22.6

自己資本利益率

(%)

6.1

5.8

4.1

0.6

1.8

株価収益率

(倍)

12.18

11.46

20.54

122.16

37.77

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,703,629

1,484,888

1,061,853

596,037

1,690,823

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

1,567,723

1,236,468

1,879,114

1,056,748

1,272,740

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

874,857

315,530

426,779

927,807

116,862

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,391,970

1,461,032

1,282,236

2,051,975

2,215,605

従業員数

(人)

383

388

433

499

540

(外、平均臨時雇用者数)

(116)

(120)

(118)

(105)

(133)

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度より、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第59期

第60期

第61期

第62期

第63期

決算年月

平成24年11月

平成25年11月

平成26年11月

平成27年11月

平成28年11月

売上高

(千円)

18,988,637

17,977,056

17,225,407

17,096,888

17,542,474

経常利益

(千円)

558,395

571,812

491,358

785,870

702,692

当期純利益

(千円)

277,183

320,254

308,871

592,050

442,881

資本金

(千円)

903,842

903,842

903,842

903,842

903,842

発行済株式総数

(株)

5,715,420

5,715,420

5,715,420

5,715,420

5,715,420

純資産額

(千円)

4,544,146

5,233,111

5,622,356

6,361,396

6,461,693

総資産額

(千円)

16,947,754

18,496,347

19,260,134

20,571,008

22,247,896

1株当たり純資産額

(円)

795.87

916.53

984.72

1,114.16

1,131.72

1株当たり配当額

(円)

10.00

11.00

10.00

10.00

10.00

(内1株当たり中間配当額)

()

(4)

(3)

(4)

(4)

1株当たり当期純利益金額

(円)

48.55

56.09

54.10

103.69

77.57

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

26.8

28.3

29.2

30.9

29.0

自己資本利益率

(%)

6.4

6.6

5.7

9.9

6.9

株価収益率

(倍)

12.03

10.38

14.97

6.75

9.00

配当性向

(%)

20.6

19.6

18.5

9.6

12.9

従業員数

(人)

345

347

346

348

344

(外、平均臨時雇用者数)

(87)

(89)

(82)

(78)

(96)

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

2【沿革】

年月

事項

昭和28年12月

一般金属製品及び自動車用板金部品の製造販売を目的として、名古屋市中区伊勢山に片山工業㈱を設立

昭和34年7月

名古屋市瑞穂区熱田東町に板金部品の生産を目的として南浜工場を設置

昭和39年9月

愛知県刈谷市に中型板金部品の生産を目的として富士松工場を設置

昭和41年5月

大阪市西区に関西地区での受注拡大を図る目的で大阪営業所を設置

昭和42年6月

配電盤、制御盤を完成品として生産開始

昭和44年3月

組織統合を目的として南浜工場を閉鎖し、富士松工場へ生産部門を移転の上、本社工場と改称

昭和60年11月

愛知県額田郡幸田町に自動車の大型板金部品の生産を目的として幸田工場を設置し溶接組立工場を新設

昭和61年4月

ロボットシステム事業に参入

昭和63年4月

自動車部品の厚物プレス加工会社である西山工業㈱を買収の上、子会社アスカ工業㈱を設立

平成元年3月

韓国の金型製造販売会社である第一技研㈱の設立に際し、合弁契約に基づき資本参加

平成4年3月

商号をアスカ㈱に変更

平成4年4月

損害保険代理店業務を目的として子会社アスカ㈲を設立

平成4年11月

本社工場隣接地に自動車部品専用の配送センターを新設

平成5年3月

関東地区におけるロボットシステムの拡販を図る目的で東京営業所を設置

平成6年9月

自動車用マフラーの生産を開始

平成8年10月

幸田工場内に溶接組立工場・事務所棟を増設

平成9年7月

名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場

平成10年9月

本社工場隣接地にロボット工場を新設

平成11年1月

経営の効率化を図るため大阪営業所を閉鎖

平成12年3月

本店を愛知県刈谷市に移転

平成13年6月

自動車部品事業部門がISO9002の認証を取得(2000年版切換済)

平成13年8月

子会社㈱フェアフィールド東海(現アームス㈱)を設立

平成14年8月

環境マネジメントシステムISO14001の全社認証を取得

平成14年9月

子会社アスカ工業㈱を清算結了

平成16年1月

米国に子会社ASKA Engineering Corporationを設立

平成17年2月

本社工場内にプレス工場を増設

平成17年11月

米国に関連会社A.K.of West Virginia Corporationを設立

平成19年5月

米国に子会社ASKA USA CORPORATION(現連結子会社)を設立

平成19年8月

愛知県高浜市に高浜工場を設置

平成19年11月

米国子会社Aska Engineering Corporationを清算結了

平成19年11月

米国関連会社A.K.of West Virginia Corporationを売却

平成20年4月

愛知県豊田市に豊田工場を設置

平成22年12月

経営の効率化を図るため東京営業所を閉鎖

平成23年5月

中国に子会社阿司科機電(上海)有限公司(現連結子会社)を設立

平成24年3月

㈱岡山国際サーキット(現連結子会社)の全株式を取得し子会社化

平成24年7月

インドネシアに子会社PT.AUTO ASKA INDONESIA(現連結子会社)を設立

平成24年7月

子会社AMI㈱(現連結子会社)を設立

平成26年12月

賃貸及び太陽光事業に参入

平成27年3月

子会社アームス㈱を売却

平成28年10月

㈱ジャスティスの全株式を取得し子会社化

 

3【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(アスカ株式会社)及び子会社8社により構成されており、自動車部品、配電盤及びロボットシステムの製造・販売を主な事業とし、モータースポーツ事業、賃貸及び太陽光事業、損害保険代理業も行っております。

当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは、次のとおりであります。

自動車部品事業   ……当社が製造・販売しております。

子会社PT.AUTO ASKA INDONESIAは自動車部品の製造・販売を行っております。

子会社AMI㈱は金型の設計・製作・販売を行っております。

配電盤事業     ……当社が製造・販売しております。

ロボットシステム事業……当社が製造・販売しております。

子会社ASKA USA CORPORATIONはロボットシステムの製造・販売・メンテナンスを行っております。

子会社阿司科機電(上海)有限公司はロボットシステムの設計・製作・販売を行っております。

子会社PT.AUTO ASKA INDONESIAはロボットシステムの製造・販売を行っております。

子会社㈱ジャスティスはロボットシステムの設計・製作・販売を行っております。

モータースポーツ事業……子会社㈱岡山国際サーキットはサーキット場の経営を行っております。

子会社㈱チームルマンは自動車レース業を行っております。

賃貸及び太陽光事業  ……当社が倉庫・工場の賃貸業務及び太陽光発電による電力の売却を行っております。

その他の事業        ……子会社アスカ㈲は損害保険代理業を行っております。

 

事業の系統図は次のとおりであります。

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業の内容

(注)1

議決権の

所有割合

関係内容

(連結子会社)

㈱岡山国際サーキット(注)2

岡山県美作市

100,000千円

モータースポーツ事業

100.0%

役員の兼任

(連結子会社)

PT.AUTO ASKA INDONESIA

(注)2、3

インドネシア共和国西ジャワ州

2,500万米ドル

自動車部品事業

ロボットシステム事業

99.7%

[0.3%]

資金の援助

役員の兼任

当社製品の販売

(連結子会社)

ASKA USA CORPORATION

(注)2

米国ケンタッキー州

300万米ドル

ロボットシステム事業

100.0%

役員の兼任

当社製品の販売

(連結子会社)

AMI㈱

愛知県小牧市

8,000千円

自動車部品事業

100.0%

役員の兼任

同社製品の仕入

(連結子会社)

阿司科機電(上海)有限公司(注)2

中国

上海

210万米ドル

ロボットシステム事業

100.0%

役員の兼任

当社製品の販売

同社製品の仕入

(注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.特定子会社に該当しております。

3.議決権の所有割合の[ ]内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数となっております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成28年11月30日現在

 

セグメントの名称

従業員数(人)

自動車部品事業

294

(  76 )

配電盤事業

82

(  16 )

ロボットシステム事業

116

(  11 )

モータースポーツ事業

36

(  24 )

全社(共通)

12

(   6 )

合計

540

( 133 )

(注)1.従業員数は就業人員(当社グループから社外への出向者を除き、社外から当社グループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

 

(2)提出会社の状況

平成28年11月30日現在

 

従業員数(人)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与(円)

344( 96 )

40歳   1ヶ月

17年   1ヶ月

5,117,562

 

セグメントの名称

従業員数(人)

自動車部品事業

176

(  69 )

配電盤事業

82

(  16 )

ロボットシステム事業

74

(   5 )

全社(共通)

12

(   6 )

合計

344

(  96 )

(注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであります。

 

(3)労働組合の状況

 当社の労働組合はアスカ労働組合と称し、パナソニックエコソリューションズ関連労働組合連合会に一括加盟し、平成28年11月30日現在の組合員数は310名であります。

 なお、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。

 





出典: アスカ株式会社、2016-11-30 期 有価証券報告書