有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年2月1日から平成29年1月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年2月1日から平成29年1月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準への理解を深め、また、新たな会計基準に対応しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年1月31日)

当連結会計年度

(平成29年1月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

11,858

12,138

受取手形及び売掛金

※1 10,616

10,854

電子記録債権

※1 890

1,545

有価証券

1,000

1,500

商品及び製品

2,509

2,611

仕掛品

1,613

2,014

原材料及び貯蔵品

1,249

1,272

繰延税金資産

309

222

その他

1,227

1,587

貸倒引当金

11

13

流動資産合計

31,262

33,734

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物及び構築物

28,240

28,131

減価償却累計額

21,641

21,840

建物及び構築物(純額)

6,599

6,290

機械装置及び運搬具

46,922

46,361

減価償却累計額

39,514

37,582

機械装置及び運搬具(純額)

7,407

8,778

工具、器具及び備品

20,252

20,774

減価償却累計額

18,107

18,670

工具、器具及び備品(純額)

2,144

2,104

土地

6,775

6,191

建設仮勘定

1,016

3,424

有形固定資産合計

23,943

26,789

無形固定資産

295

346

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

1,041

892

繰延税金資産

13

49

退職給付に係る資産

54

250

その他

806

747

投資その他の資産合計

1,916

1,940

固定資産合計

26,154

29,076

資産合計

57,417

62,811

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年1月31日)

当連結会計年度

(平成29年1月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

3,495

4,072

1年内返済予定の長期借入金

856

未払法人税等

117

271

役員賞与引当金

48

57

その他

3,007

3,480

流動負債合計

6,670

8,738

固定負債

 

 

長期借入金

3,993

退職給付に係る負債

24

13

役員退職慰労引当金

120

139

事業整理損失引当金

709

272

その他

169

139

固定負債合計

1,023

4,559

負債合計

7,694

13,297

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

16,403

16,403

資本剰余金

17,252

17,252

利益剰余金

16,942

18,357

自己株式

1,732

2,573

株主資本合計

48,866

49,439

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

381

305

為替換算調整勘定

371

451

退職給付に係る調整累計額

26

68

その他の包括利益累計額合計

726

77

非支配株主持分

130

151

純資産合計

49,722

49,513

負債純資産合計

57,417

62,811

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

 至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

 至 平成29年1月31日)

売上高

64,104

65,346

売上原価

55,056

56,257

売上総利益

9,047

9,088

販売費及び一般管理費

※1,※2 7,189

※1,※2 7,267

営業利益

1,858

1,821

営業外収益

 

 

受取利息

72

54

為替差益

400

42

投資有価証券売却益

80

その他

128

166

営業外収益合計

602

343

営業外費用

 

 

支払利息

1

8

たな卸資産廃棄損

19

固定資産除売却損

※3 50

※3 59

その他

18

59

営業外費用合計

70

145

経常利益

2,390

2,018

特別利益

 

 

補助金収入

114

582

事業整理損失引当金戻入額

108

特別利益合計

114

691

特別損失

 

 

減損損失

※4 166

※4 159

災害による損失

※5 361

特別損失合計

166

521

税金等調整前当期純利益

2,338

2,188

法人税、住民税及び事業税

326

241

法人税等調整額

175

68

法人税等合計

501

310

当期純利益

1,837

1,877

非支配株主に帰属する当期純利益

20

27

親会社株主に帰属する当期純利益

1,817

1,849

 

【連結包括利益計算書】

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

 至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

 至 平成29年1月31日)

当期純利益

1,837

1,877

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

0

76

為替換算調整勘定

1,107

822

退職給付に係る調整額

1

94

その他の包括利益合計

※1 1,107

※1 804

包括利益

730

1,073

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

709

1,045

非支配株主に係る包括利益

20

27

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

16,403

17,252

15,186

468

48,373

会計方針の変更による累積的影響額

 

 

643

 

643

会計方針の変更を反映した当期首残高

16,403

17,252

15,829

468

49,016

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

704

 

704

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

1,817

 

1,817

自己株式の取得

 

 

 

1,263

1,263

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

1,112

1,263

150

当期末残高

16,403

17,252

16,942

1,732

48,866

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

為替換算調整勘定

退職給付に係る調整累計額

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

380

1,478

25

1,833

117

50,324

会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

 

 

643

会計方針の変更を反映した当期首残高

380

1,478

25

1,833

117

50,967

当期変動額

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

704

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

 

 

1,817

自己株式の取得

 

 

 

 

 

1,263

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

0

1,107

1

1,107

13

1,093

当期変動額合計

0

1,107

1

1,107

13

1,244

当期末残高

381

371

26

726

130

49,722

 

当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

16,403

17,252

16,942

1,732

48,866

会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

会計方針の変更を反映した当期首残高

16,403

17,252

16,942

1,732

48,866

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

434

 

434

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

1,849

 

1,849

自己株式の取得

 

 

 

841

841

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

当期変動額合計

1,415

841

573

当期末残高

16,403

17,252

18,357

2,573

49,439

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

為替換算調整勘定

退職給付に係る調整累計額

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

381

371

26

726

130

49,722

会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

 

 

会計方針の変更を反映した当期首残高

381

371

26

726

130

49,722

当期変動額

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

434

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

 

 

1,849

自己株式の取得

 

 

 

 

 

841

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

76

822

94

804

20

783

当期変動額合計

76

822

94

804

20

209

当期末残高

305

451

68

77

151

49,513

 

④【連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

 至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

 至 平成29年1月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前当期純利益

2,338

2,188

減価償却費

4,614

4,685

減損損失

166

159

役員賞与引当金の増減額(△は減少)

31

8

退職給付に係る資産又は負債の増減額

122

129

役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)

6

19

事業整理損失引当金の増減額(△は減少)

13

436

受取利息及び受取配当金

98

79

支払利息

1

8

為替差損益(△は益)

166

404

固定資産除売却損益(△は益)

40

36

災害損失

361

売上債権の増減額(△は増加)

5

1,110

たな卸資産の増減額(△は増加)

199

654

仕入債務の増減額(△は減少)

246

668

未払又は未収消費税等の増減額

51

297

その他

162

181

小計

6,467

5,652

利息及び配当金の受取額

98

79

利息の支払額

1

7

法人税等の支払額

517

334

災害損失の支払額

359

営業活動によるキャッシュ・フロー

6,047

5,029

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

定期預金の純増減額(△は増加)

3

24

有形固定資産の取得による支出

5,012

7,666

有形固定資産の売却による収入

7

544

無形固定資産の取得による支出

149

150

貸付けによる支出

6

4

貸付金の回収による収入

14

10

その他

34

93

投資活動によるキャッシュ・フロー

5,177

7,197

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

長期借入れによる収入

5,000

長期借入金の返済による支出

150

自己株式の取得による支出

1,263

841

配当金の支払額

704

434

その他

6

6

財務活動によるキャッシュ・フロー

1,974

3,567

現金及び現金同等物に係る換算差額

143

415

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

1,248

984

現金及び現金同等物の期首残高

13,791

12,543

現金及び現金同等物の期末残高

※1 12,543

※1 13,528

 

【注記事項】
(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

1.連結の範囲に関する事項

連結子会社14

(国内連結子会社)

株式会社三井電器

株式会社三井スタンピング

(在外連結子会社)

ミツイ・ハイテック(シンガポール)プライベート・リミテッド 他11社

前連結会計年度において連結子会社でありましたミツイ・ハイテック(フィリピン)インコーポレイテッドは清算結了したため、連結の範囲から除外しております。

非連結子会社

該当事項はありません。

2.持分法の適用に関する事項

 該当事項はありません。

3.連結子会社の事業年度等に関する事項

 連結子会社のうち三井高科技(天津)有限公司、三井高科技(上海)有限公司及び三井高科技(広東)有限公司の決算日は、12月31日であり、連結財務諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連結決算日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。

4.会計方針に関する事項

(1) 重要な資産の評価基準及び評価方法

① 有価証券

その他有価証券

時価のあるもの

連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)

時価のないもの

移動平均法による原価法

② たな卸資産

商品、製品及び仕掛品

主として個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)

原材料及び貯蔵品

移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)

(2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法

① 有形固定資産

主として定率法(ただし、当社及び国内連結子会社については、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以後取得の建物附属設備及び構築物については定額法)によっております。

なお、主な耐用年数は、以下のとおりであります。

建物   31〜47年

機械装置 5〜10年

② 無形固定資産

定額法を採用しております。

なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。

(3) 重要な引当金の計上基準

① 貸倒引当金

債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

② 役員賞与引当金

当社及び一部の国内連結子会社において、役員の賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。

③ 役員退職慰労引当金

 当社及び一部の国内連結子会社において、役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。

④ 事業整理損失引当金

 事業整理に伴い発生する損失に備えるため、当連結会計年度末における損失見積額を計上しておりま
す。

(4)退職給付に係る会計処理の方法

(退職給付見込額の期間帰属方法)

 退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。

(数理計算上の差異の費用処理方法)

 数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。

(未認識数理計算上の差異の会計処理方法)

 未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。

(小規模企業等における簡便法の採用)

 一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。

(5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。

なお、在外連結子会社の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しております。

(6) 重要なヘッジ会計の方法

① ヘッジ会計の方法

原則として繰延ヘッジ処理によっております。

なお、為替予約について、振当処理の要件を満たしている場合は振当処理を採用しております。

② ヘッジ手段とヘッジ対象

ヘッジ手段は為替予約、ヘッジ対象は主として外貨建営業債権であります。

③ ヘッジ方針

内規に基づき、主として輸出売上に係る為替変動リスクを回避するため、外貨建営業債権の残高の範囲内でヘッジ取引を行っております。
 なお、投機目的のためのデリバティブ取引は行わない方針であります。

④ ヘッジ有効性評価の方法

ヘッジ有効性の判定は、原則としてヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計とヘッジ手段の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計とを比較し、両者の変動額等を基礎として判断しております。

(7) のれんの償却方法及び償却期間

 のれんは発生しておりません。

(8) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

 資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資であります。

(9) その他連結財務諸表作成のための重要な事項

  消費税等の会計処理方法

 当社及び国内連結子会社において、消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。

 

(会計方針の変更)

企業結合に関する会計基準等の適用

 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日)等を当連結会計年度から適用し、当期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前連結会計年度については、連結財務諸表の組替えを行っております。

 

(未適用の会計基準等)

・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)

(1) 概要

繰延税金資産回収可能性に関する取扱いについて、監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」の枠組み、すなわち企業を5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見積る枠組みを基本的に踏襲したうえで、以下の取扱い等について必要な見直しが行われております。

①(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い

②(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件

③(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い

④(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に関する取扱い

⑤(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分類2)又は(分類3)に該当する場合の取扱い

(2) 適用予定日

平成30年1月期の期首から適用する予定であります。

(3) 当該会計基準等の適用による影響

「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であります。

 

(表示方法の変更)

連結キャッシュ・フロー計算書

 前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「事業整理損失引当金の増減額(△は減少)」は、重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。

 この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に表示しておりました△175百万円は、「事業整理損失引当金の増減額(△は減少)」△13百万円、「その他」△162百万円として組み替えております。

 

(連結貸借対照表関係)

※1 連結会計年度末日満期手形

 連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。

 なお、前連結会計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年度末残高に含まれております。

 

前連結会計年度

(平成28年1月31日)

当連結会計年度

(平成29年1月31日)

受取手形

3百万円

−百万円

電子記録債権

21

 

(連結損益計算書関係)

※1 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額

 

 前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

  至 平成28年1月31日)

 当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

  至 平成29年1月31日)

運搬費

1,031百万円

1,203百万円

役員賞与

48

59

給与・賞与

2,435

2,487

退職給付費用

88

88

役員退職慰労引当金繰入額

21

19

減価償却費

238

245

 

※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

 

 前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

  至 平成28年1月31日)

 当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

  至 平成29年1月31日)

 

585百万円

301百万円

 

※3 固定資産除売却損(営業外費用)の内訳

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

建物及び構築物

11百万円

20百万円

機械装置及び運搬具

24

16

工具、器具及び備品

13

21

その他

0

0

合計

50

59

 

 

※4 減損損失

前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

 当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。

用途

場所

種類

金額

(百万円)

事業用資産

中華人民共和国東莞市

建物及び構築物

60

 

 

機械装置及び運搬具

31

 

 

工具、器具及び備品

7

 

 

小計

99

 

中華人民共和国天津市

建物及び構築物

5

 

 

機械装置及び運搬具

14

 

 

工具、器具及び備品

34

 

 

その他

12

 

 

小計

67

 

 

合計

166

 

 当社グループは、製造設備については管理会計上の区分等をもとに、事業別に資産のグルーピングを行っております。

 事業用資産については、収益性の悪化した資産グループの資産を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。

 なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを主として4.8%で割り引いて算定しております。

 

当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

 当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。

用途

場所

種類

金額

(百万円)

事業用資産

中華人民共和国東莞市

建物及び構築物

77

 

 

機械装置及び運搬具

34

 

 

工具、器具及び備品

44

 

 

その他

3

 

 

合計

159

 

 当社グループは、製造設備については管理会計上の区分等をもとに、事業別に資産のグルーピングを行っております。

 事業用資産については、収益性の悪化した資産グループの資産を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。

 なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを主として5.6%で割り引いて算定しております。

 

※5 災害による損失

前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

 平成28年4月14日に発生した「平成28年熊本地震」により被害を受けた当社の熊本事業所及び連結子会社である株式会社三井電器の工場建屋及び設備に関する修繕費等を計上しております。

 

 

(連結包括利益計算書関係)

※1  その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

その他有価証券評価差額金:

 

 

当期発生額

△25百万円

△49百万円

組替調整額

△73

税効果調整前

△25

△123

税効果額

26

46

その他有価証券評価差額金

0

△76

為替換算調整勘定:

 

 

当期発生額

△1,107

△822

退職給付に係る調整額:

 

 

当期発生額

△5

104

組替調整額

18

14

税効果調整前

13

118

税効果額

△14

△23

退職給付に係る調整額

△1

94

その他の包括利益合計

△1,107

△804

 

(連結株主資本等変動計算書関係)

前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当連結会計年度

期首株式数(株)

当連結会計年度

増加株式数(株)

当連結会計年度

減少株式数(株)

当連結会計年度末株式数(株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

42,466,865

42,466,865

合計

42,466,865

42,466,865

自己株式

 

 

 

 

普通株式(注)

859,838

1,701,080

2,560,918

合計

859,838

1,701,080

2,560,918

(注)普通株式の自己株式の株式数の増加1,701,080株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加1,700,000株及び単元未満株式の買取りによる増加1,080株であります。

 

2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

該当事項はありません。

3.配当に関する事項

(1)配当金支払額

(決議)

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額
(円)

基準日

効力発生日

平成27年4月16日

定時株主総会

普通株式

416

10.0

平成27年1月31日

平成27年4月17日

平成27年9月3日

取締役会

普通株式

288

7.0

平成27年7月31日

平成27年10月16日

 

(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

(決議)

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

配当の

原資

1株当たり
配当額
(円)

基準日

効力発生日

平成28年4月20日

定時株主総会

普通株式

239

利益

剰余金

6.0

平成28年1月31日

平成28年4月21日

 

当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当連結会計年度

期首株式数(株)

当連結会計年度

増加株式数(株)

当連結会計年度

減少株式数(株)

当連結会計年度末株式数(株)

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

42,466,865

42,466,865

合計

42,466,865

42,466,865

自己株式

 

 

 

 

普通株式(注)

2,560,918

1,254,907

3,815,825

合計

2,560,918

1,254,907

3,815,825

(注)普通株式の自己株式の株式数の増加1,254,907株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加1,253,500株及び単元未満株式の買取りによる増加1,407株であります。

 

2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

該当事項はありません。

3.配当に関する事項

(1)配当金支払額

(決議)

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり
配当額
(円)

基準日

効力発生日

平成28年4月20日

定時株主総会

普通株式

239

6.0

平成28年1月31日

平成28年4月21日

平成28年9月2日

取締役会

普通株式

195

5.0

平成28年7月31日

平成28年10月14日

 

(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

(決議)

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

配当の

原資

1株当たり
配当額
(円)

基準日

効力発生日

平成29年4月20日

定時株主総会

普通株式

193

利益

剰余金

5.0

平成29年1月31日

平成29年4月21日

 

(連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

現金及び預金勘定

11,858百万円

12,138百万円

預入期間が3ヶ月を超える定期預金

△314

△111

有価証券勘定に含まれる譲渡性預金

1,000

1,500

現金及び現金同等物

12,543

13,528

 

(金融商品関係)

1.金融商品の状況に関する事項

(1)金融商品に対する取組方針

当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金を主に銀行借入により調達しております。また一時的な余剰資金は短期的な預金で運用しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針であります。

 

(2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに対しては、与信管理規程に基づき、取引先ごとに残高及び期日を定期的に管理しております。また、外貨建営業債権は、為替の変動リスクに晒されておりますが、原則として先物為替予約を利用してヘッジしております。

 投資有価証券は、主に、業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、定期的に時価を把握しております。

 営業債務である買掛金は、そのほとんどが1ヶ月以内の支払期日であります。

 デリバティブ取引は、主に外貨建営業債権に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした先物為替予約取引のみであり、取引権限及び取引限度額等を定めた管理規程に従い、担当部門が決裁者の承認を得て実行しております。契約先は信用度の高い国内の銀行であり実質的な信用リスクはないものと判断しております。なお、連結子会社ではデリバティブ取引は行っておりません。また、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジ有効性評価の方法については、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(6)重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さい。

 

2.金融商品の時価等に関する事項

 連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。

 

前連結会計年度(平成28年1月31日)

 

連結貸借対照表

計上額(百万円)

時価

(百万円)

差額

(百万円)

(1)現金及び預金

11,858

11,858

(2)受取手形及び売掛金、電子記録債権

11,506

11,506

(3)有価証券及び投資有価証券

2,002

2,002

資産計

25,368

25,368

(1)買掛金

3,495

3,495

(2)未払法人税等

117

117

負債計

3,613

3,613

 

当連結会計年度(平成29年1月31日)

 

連結貸借対照表

計上額(百万円)

時価

(百万円)

差額

(百万円)

(1)現金及び預金

12,138

12,138

(2)受取手形及び売掛金、電子記録債権

12,400

12,400

(3)有価証券及び投資有価証券

2,354

2,354

資産計

26,893

26,893

(1)買掛金

4,072

4,072

(2)未払法人税等

271

271

(3)長期借入金(※)

4,850

4,850

0

負債計

9,194

9,195

0

(※)1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めております。

(注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

資 産

(1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、電子記録債権

 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。

 なお、一部の外貨建売掛金は、為替予約の振当処理の対象とされており、ヘッジ対象とされる売掛金と一体として処理しているため、その時価は売掛金の時価に含めて記載しております。

(3)有価証券及び投資有価証券

 これらの時価について、譲渡性預金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。また、株式は取引所の価格によっております。

 

負 債

(1)買掛金、(2)未払法人税等

 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。

(3)長期借入金

 固定金利による長期借入金の時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定しております。

 

(注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

(単位:百万円)

 

区分

前連結会計年度

(平成28年1月31日)

当連結会計年度

(平成29年1月31日)

非上場株式

38

38

 非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。

 

(注)3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

前連結会計年度(平成28年1月31日)

 

1年以内

(百万円)

1年超

(百万円)

現金及び預金

11,858

受取手形及び売掛金、電子記録債権

11,506

有価証券及び投資有価証券

 

 

有価証券のうち満期があるもの

 

 

譲渡性預金

1,000

合計

24,365

 

当連結会計年度(平成29年1月31日)

 

1年以内

(百万円)

1年超

(百万円)

現金及び預金

12,138

受取手形及び売掛金、電子記録債権

12,400

有価証券及び投資有価証券

 

 

有価証券のうち満期があるもの

 

 

譲渡性預金

1,500

合計

26,039

 

(注)4.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

 

前連結会計年度(平成28年1月31日)

 

1年以内

(百万円)

1年超

2年以内

(百万円)

2年超

3年以内

(百万円)

3年超

4年以内

(百万円)

4年超

5年以内

(百万円)

5年超

(百万円)

長期借入金

合計

 

当連結会計年度(平成29年1月31日)

 

1年以内

(百万円)

1年超

2年以内

(百万円)

2年超

3年以内

(百万円)

3年超

4年以内

(百万円)

4年超

5年以内

(百万円)

5年超

(百万円)

長期借入金

856

1,075

1,075

1,075

768

合計

856

1,075

1,075

1,075

768

 

 

(有価証券関係)

1.その他有価証券

前連結会計年度(平成28年1月31日)

 

種類

連結貸借対照表

計上額(百万円)

取得原価(百万円)

差額(百万円)

連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの

 株式

1,001

437

563

小計

1,001

437

563

連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの

 株式

1

3

△1

  譲渡性預金

1,000

1,000

小計

1,001

1,003

△1

合計

2,002

1,441

561

(注)非上場株式(連結貸借対照表計上額38百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。

 

当連結会計年度(平成29年1月31日)

 

種類

連結貸借対照表

計上額(百万円)

取得原価(百万円)

差額(百万円)

連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの

 株式

851

411

439

小計

851

411

439

連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの

 株式

2

3

△1

  譲渡性預金

1,500

1,500

小計

1,503

1,504

△1

合計

2,354

1,916

438

(注)非上場株式(連結貸借対照表計上額38百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。

 

2.売却したその他有価証券

前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

種類

売却額(百万円)

売却益の合計額
(百万円)

売却損の合計額
(百万円)

   株    式

107

80

 

(デリバティブ取引関係)

1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

前連結会計年度(平成28年1月31日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(平成29年1月31日)

 該当事項はありません。

 

2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

通貨関連

前連結会計年度(平成28年1月31日)

ヘッジ会計の方法

取引の種類

主なヘッジ対象

契約額等

(百万円)

契約額等のうち1年超

(百万円)

時価

(百万円)

為替予約等の

振当処理

為替予約取引

 

 

 

 

売建

 

 

 

 

米ドル

売掛金

2,793

(注)

合計

2,793

(注)為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されているため、その時価は当該売掛金に含めて記載しております。

 

当連結会計年度(平成29年1月31日)

ヘッジ会計の方法

取引の種類

主なヘッジ対象

契約額等

(百万円)

契約額等のうち1年超

(百万円)

時価

(百万円)

為替予約等の

振当処理

為替予約取引

 

 

 

 

売建

 

 

 

 

米ドル

売掛金

3,510

(注)

合計

3,510

(注)為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されているため、その時価は当該売掛金に含めて記載しております。

 

(退職給付関係)

1.採用している退職給付制度の概要

(1) 提出会社

 当社は、確定給付企業年金制度及び確定拠出年金制度を採用しております。

 なお、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職金を支払う場合があります。

(2) 国内連結子会社

 国内連結子会社は、確定給付企業年金制度を採用しております。

 なお、退職給付に係る負債及び退職給付費用は、簡便法により計算しております。

(3) 在外連結子会社

 在外連結子会社においては、ミツイ・ハイテック(タイワン)カンパニー・リミテッド及びミツイ・ハイテック(タイランド)カンパニー・リミテッドが確定給付型の退職給付制度を採用しております。

 その他の在外連結子会社においては、退職給付制度を採用しておりません。

 

2.確定給付制度

(1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

退職給付債務の期首残高

5,559百万円

5,137百万円

会計方針の変更による累積的影響額

△643

会計方針の変更を反映した期首残高

4,916

5,137

勤務費用

325

330

利息費用

24

26

数理計算上の差異の発生額

△15

△104

退職給付の支払額

△111

△190

その他

△1

2

退職給付債務の期末残高

5,137

5,201

 

(2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

年金資産の期首残高

4,772百万円

5,112百万円

期待運用収益

95

102

数理計算上の差異の発生額

△20

0

事業主からの拠出額

373

355

退職給付の支払額

△106

△190

その他

△1

0

年金資産の期末残高

5,112

5,380

 

(3) 簡便法を適用した制度の、退職給付に係る資産の期首残高と期末残高の調整表

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

退職給付に係る資産の期首残高

46百万円

54百万円

退職給付費用

△2

△2

事業主からの拠出額

11

5

退職給付に係る資産の期末残高

54

58

 

(4) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整表

 

前連結会計年度

(平成28年1月31日)

当連結会計年度

(平成29年1月31日)

積立型制度の退職給付債務

5,175百万円

5,240百万円

年金資産

△5,216

△5,489

 

△40

△248

非積立型制度の退職給付債務

10百万円

10百万円

連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額

△30

△237

 

 

 

退職給付に係る負債

24百万円

13百万円

退職給付に係る資産

△54

△250

連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額

△30

△237

 

 

(5) 退職給付費用及びその内訳項目の金額

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

勤務費用

325百万円

330百万円

利息費用

24

26

期待運用収益

△95

△102

数理計算上の差異の費用処理額

18

14

その他

△12

15

簡便法で計算した退職給付費用

2

2

確定給付制度に係る退職給付費用

264

285

 

(6) 退職給付に係る調整額

 退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

数理計算上の差異

13百万円

118百万円

 合  計

13

118

 

(7) 退職給付に係る調整累計額

 退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

未認識数理計算上の差異

△26百万円

91百万円

 合  計

△26

91

 

(8) 年金資産に関する事項

 ① 年金資産の主な内訳

 年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

債券

6.4%

12.0%

株式

9.1

8.1

一般勘定

82.7

73.0

その他

1.8

6.9

 合  計

100.0

100.0

 

 ② 長期期待運用収益率の設定方法

 年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成・多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。

 

(9) 数理計算上の計算基礎に関する事項

 主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

割引率

主として0.5%

主として0.5%

長期期待運用収益率

主として2.0%

主として2.0%

 

3.確定拠出制度

当社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度118百万円、当連結会計年度120百万円であります。

 

(ストック・オプション等関係)

前連結会計年度(平成28年1月31日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(平成29年1月31日)

 該当事項はありません。

 

(税効果会計関係)

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

前連結会計年度

(平成28年1月31日)

 

当連結会計年度

(平成29年1月31日)

繰延税金資産

 

 

 

 

 

 

 

繰越欠損金

 

2,695

百万円

 

 

2,400

百万円

減損損失

 

1,556

 

 

 

1,295

 

連結手続上消去された未実現利益

 

91

 

 

 

103

 

事業整理損失引当金

 

227

 

 

 

82

 

退職給付に係る負債

 

4

 

 

 

2

 

その他

 

149

 

 

 

119

 

繰延税金資産小計

 

4,724

 

 

 

4,004

 

評価性引当額

 

△4,335

 

 

 

△3,627

 

繰延税金資産合計

 

388

 

 

 

377

 

繰延税金負債

 

 

 

 

 

 

 

 その他有価証券評価差額金

 

△180

 

 

 

△133

 

 その他

 

△55

 

 

 

△111

 

繰延税金負債合計

 

△235

 

 

 

△245

 

繰延税金資産の純額

 

153

 

 

 

132

 

 

(注)前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

 

前連結会計年度

(平成28年1月31日)

 

当連結会計年度

(平成29年1月31日)

流動資産−繰延税金資産

 

309

百万円

 

 

222

百万円

固定資産−繰延税金資産

 

13

 

 

 

49

 

固定負債−その他(繰延税金負債)

 

△169

 

 

 

△139

 

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳

 

前連結会計年度

(平成28年1月31日)

 

当連結会計年度

(平成29年1月31日)

法定実効税率

 

35.3

 

 

32.8

(調整)

 

 

 

 

 

 

 

 交際費等永久に損金に算入されない項目

 

1.0

 

 

 

1.0

 

 受取配当金等永久に益金に算入されない項目

 

△0.4

 

 

 

△0.2

 

 評価性引当額の変動額

 

△14.8

 

 

 

△15.2

 

 在外連結子会社との実効税率差異

 

△1.3

 

 

 

△2.4

 

 外国法人税額

 

2.4

 

 

 

1.3

 

 税額控除等

 

△1.1

 

 

 

△0.7

 

 税率変更による影響額

 

△1.9

 

 

 

△0.2

 

 その他

 

2.2

 

 

 

△2.2

 

税効果会計適用後の法人税等の負担率

 

21.4

 

 

 

14.2

 

 

3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

 「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税等の引下げ等が行われることになりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は前連結会計年度の計算において使用した32.0%から、平成29年2月1日に開始する連結会計年度及び平成30年2月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異については30.7%に、平成31年2月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異については30.4%となります。

 この税率変更による連結財務諸表に与える影響は軽微であります。

 

(資産除去債務関係)

前連結会計年度(平成28年1月31日)

 該当事項はありません。

 

当連結会計年度(平成29年1月31日)

 該当事項はありません。

 

(賃貸等不動産関係)

当社では、福岡県その他の地域において、遊休不動産を有しております。

また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

連結貸借対照表計上額

 

 

 

期首残高

909

909

 

期中増減額

△581

 

期末残高

909

327

期末時価

977

337

(注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であり

ます。

2.期中増減額のうち、当連結会計年度の主な減少額は遊休不動産売却によるものであります。

3.期末時価は、社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価書等に基づく金額であります。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、当社の取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社グループは、製品の事業区分ごとに国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。

したがって、当社グループは当該事業区分を基礎とした製品別のセグメントから構成されており、「金型」、「電子部品」、「電機部品」、「工作機械」の4つを報告セグメントとしております。

「金型」は、プレス用金型等を製造・販売しております。「電子部品」は、リードフレーム及びIC組立製品等の製造・販売を行っております。「電機部品」は、モーターコア製品等の製造・販売を行っております。「工作機械」は、平面研削盤等の製造・販売を行っております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。

セグメント間の内部売上高及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額

(注)1

連結

財務諸表

計上額

(注)2

 

金型

電子部品

電機部品

工作機械

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

4,037

38,452

20,533

1,080

64,104

64,104

セグメント間の内部売上高又は振替高

2,777

1

292

3,072

(3,072)

6,814

38,454

20,533

1,373

67,176

(3,072)

64,104

セグメント利益

589

1,973

1,181

54

3,798

(1,939)

1,858

セグメント資産

5,860

28,783

12,909

643

48,197

9,219

57,417

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

403

2,693

1,368

19

4,484

130

4,614

減損損失

2

94

69

166

166

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

317

2,755

1,909

29

5,012

155

5,168

(注)1.調整額は、以下のとおりであります。

(1)セグメント利益の調整額△1,939百万円は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

(2)セグメント資産の調整額9,219百万円は、セグメント間の債権と債務の相殺消去△12,848百万円、セグメントに配分していない全社資産22,067百万円であります。

(3)減価償却費の調整額130百万円は、全社資産に係る減価償却費であります。

(4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額155百万円は、全社資産の増加額であります。

2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額

(注)1

連結

財務諸表

計上額

(注)2

 

金型

電子部品

電機部品

工作機械

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

4,241

35,891

24,176

1,036

65,346

65,346

セグメント間の内部売上高又は振替高

2,567

0

286

2,854

(2,854)

6,809

35,892

24,176

1,323

68,200

(2,854)

65,346

セグメント利益又は損失(△)

707

1,022

2,252

42

3,940

(2,118)

1,821

セグメント資産

6,410

28,348

17,013

684

52,457

10,353

62,811

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

374

2,465

1,683

31

4,555

130

4,685

減損損失

159

159

159

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

498

2,789

5,133

111

8,533

154

8,687

(注)1.調整額は、以下のとおりであります。

(1)セグメント利益又は損失(△)の調整額△2,118百万円は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

(2)セグメント資産の調整額10,353百万円の主なものは、セグメントに配分していない全社資産であります。

(3)減価償却費の調整額130百万円は、全社資産に係る減価償却費であります。

(4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額154百万円は、全社資産の増加額であります。

2.セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成27年2月1日  至  平成28年1月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

(単位:百万円)

 

日本

中国

その他

合計

26,192

14,133

23,777

64,104

(注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2)有形固定資産

(単位:百万円)

 

日本

中国

その他

合計

17,223

3,451

3,268

23,943

 

3.主要な顧客ごとの情報

(単位:百万円)

 

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

トヨタ自動車㈱

10,845

電機部品

 

当連結会計年度(自  平成28年2月1日  至  平成29年1月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

(単位:百万円)

 

日本

中国

その他

合計

28,811

13,938

22,596

65,346

(注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2)有形固定資産

(単位:百万円)

 

日本

中国

その他

合計

18,377

2,819

5,592

26,789

 

3.主要な顧客ごとの情報

(単位:百万円)

 

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

トヨタ自動車㈱

12,980

電機部品

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

1.関連当事者との取引

 前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

 記載すべき重要な事項はありません。

 

 当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

 記載すべき重要な事項はありません。

 

2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

 前連結会計年度(自 平成27年2月1日 至 平成28年1月31日)

 該当事項はありません。

 

 当連結会計年度(自 平成28年2月1日 至 平成29年1月31日)

 該当事項はありません。

 

(1株当たり情報)

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

 

1株当たり純資産額

1,242.73円

1株当たり当期純利益金額

44.33円

 

 

1株当たり純資産額

1,277.13円

1株当たり当期純利益金額

47.41円

 

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前連結会計年度

(自 平成27年2月1日

至 平成28年1月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年2月1日

至 平成29年1月31日)

親会社株主に帰属する当期純利益金額

(百万円)

1,817

1,849

普通株主に帰属しない金額

(百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益金額

(百万円)

1,817

1,849

普通株式の期中平均株式数

(千株)

40,992

39,022

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 

⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】

該当事項はありません。

 

【借入金等明細表】

区分

当期首残高

(百万円)

当期末残高

(百万円)

平均利率

(%)

返済期限

短期借入金

1年以内に返済予定の長期借入金

856

0.2

1年以内に返済予定のリース債務

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)

3,993

0.2

平成30年〜33年

リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)

その他有利子負債

合計

4,850

  (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。

2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。

 

1年超2年以内

(百万円)

2年超3年以内

(百万円)

3年超4年以内

(百万円)

4年超5年以内

(百万円)

長期借入金

1,075

1,075

1,075

768

 

【資産除去債務明細表】

該当事項はありません。

 

(2)【その他】

当連結会計年度における四半期情報等

(累計期間)

 

第1四半期

第2四半期

第3四半期

当連結会計年度

売上高

(百万円)

15,956

31,704

48,319

65,346

税金等調整前四半期(当期)純利益金額

(百万円)

476

863

1,456

2,188

親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益金額

(百万円)

413

669

1,214

1,849

1株当たり四半期(当期)

純利益金額

(円)

10.44

17.03

31.02

47.41

 

(会計期間)

 

第1四半期

第2四半期

第3四半期

第4四半期

1株当たり四半期純利益金額

(円)

10.44

6.57

14.02

15.61

 





出典: 株式会社三井ハイテック、2017-01-31 期 有価証券報告書