有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)

当社グループは、写真処理機器の販売及び写真用品の販売・写真の現像・焼付サービスを事業として行っておりますが、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める写真処理機器の販売事業の割合がいずれも90%を超えているため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

当社グループは、写真処理機器の販売及び写真用品の販売・写真の現像・焼付サービスを事業として行っておりますが、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める写真処理機器の販売事業の割合がいずれも90%を超えているため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。

 

【所在地別セグメント情報】

 

 

連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

日本

(百万円)

北米

(百万円)

ヨーロッパ

(百万円)

アジア・

オセアニア

(百万円)

その他

の地域

(百万円)

(百万円)

消去

又は全社

(百万円)

連結

(百万円)

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

 

 

  売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 (1) 外部顧客に

   対する売上高

16,115

25,194

13,254

9,174

5,339

69,078

69,078

 (2) セグメント間の内部

   売上高又は振替高

23,223

606

92

104

52

24,080

(24,080)

39,339

25,801

13,346

9,279

5,391

93,158

(24,080)

69,078

  営業費用

39,568

25,158

14,124

8,715

4,380

91,948

(26,970)

64,978

  営業利益又は営業損失(△)

△229

642

△778

563

1,011

1,210

2,889

4,099

Ⅱ 資産

49,609

17,615

9,596

7,108

5,751

89,682

30,756

120,439

 

 

当連結会計年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

日本

(百万円)

北米

(百万円)

ヨーロッパ

(百万円)

アジア・

オセアニア

(百万円)

その他

の地域

(百万円)

(百万円)

消去

又は全社

(百万円)

連結

(百万円)

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

 

 

  売上高

 

 

 

 

 

 

 

 

 (1) 外部顧客に

   対する売上高

18,650

19,661

10,183

6,103

4,263

58,863

58,863

 (2) セグメント間の内部

   売上高又は振替高

22,919

434

44

101

58

23,558

(23,558)

41,570

20,096

10,228

6,204

4,322

82,421

(23,558)

58,863

  営業費用

37,547

19,220

11,104

5,649

4,500

78,022

(22,209)

55,812

  営業利益又は営業損失(△)

4,023

875

△876

555

△178

4,399

(1,348)

3,050

Ⅱ 資産

46,980

15,444

9,401

7,531

5,893

85,250

34,264

119,514

(注) 1 営業費用のうち消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用はありません。

2 資産のうち消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は、前連結会計年度34,280百万円、当連結会計年度39,446百万円であり、その主なものは親会社での余資運用資金(預金及び有価証券等)、長期投資資金(投資有価証券等)であります。

3 国又は地域の区分の方法及び本邦以外の区分に属する主な国又は地域

  (1) 国又は地域の区分は、地理的近接度及び社内管理体系によっております。

  (2) 本邦以外の区分に属する主な国又は地域

北米………………アメリカ・カナダ

ヨーロッパ………ドイツ・イタリア・イギリス

アジア・

オセアニア

………中国・オーストラリア・フィリピン

その他の地域……ブラジル・メキシコ

 

【海外売上高】

 

項目

前連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

北米

ヨーロッパ

アジア・

オセアニア

その他の

地域

Ⅰ 海外売上高(百万円)

24,573

13,055

14,401

8,325

60,355

Ⅱ 連結売上高(百万円)

 

 

 

 

69,078

Ⅲ 連結売上高に占める

  海外売上高の割合(%)

35.6

18.9

20.8

12.1

87.4

 

 

項目

当連結会計年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

北米

ヨーロッパ

アジア・

オセアニア

その他の

地域

Ⅰ 海外売上高(百万円)

19,400

10,087

12,007

7,713

49,209

Ⅱ 連結売上高(百万円)

 

 

 

 

58,863

Ⅲ 連結売上高に占める

  海外売上高の割合(%)

33.0

17.1

20.4

13.1

83.6

 

(注) 1 海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。

2 国又は地域の区分の方法及び各区分に属する主な国又は地域

  (1) 国又は地域の区分は、地理的近接度及び社内管理体系によっております。

  (2) 各区分に属する主な国又は地域

北米………………アメリカ・カナダ

ヨーロッパ………ドイツ・ロシア・イタリア

アジア・

オセアニア

………インド・中国・韓国

その他の地域……ブラジル・メキシコ・イラン

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)

役員及び個人主要株主等

 

属性

会社等

の名称

住所

資本金又

は出資金

(百万円)

事業の

内容又

は職業

議決権等

の所有

(被所有)

割合(%)

関係内容

取引の

内容

取引金額

(百万円)

科目

期末残高

(百万円)

役員の

兼任等

事業上

の関係

役員及びその近親者

西本

美代子

和歌山市

当社関係

会社会長

(直接

1.57)

駐車場

賃借

1

役員及びその近親者が議決権の過半数を所有する会社等(その子会社を含む)

西本興産

株式会社

和歌山市

100

不動産

賃貸及び

保険代理

店業

(直接

42.17)

兼任2人

不動産の

賃借

事務所

の賃借

96

その他

(流動資産)

7

駐車場

の賃借

1

その他

(流動資産)

0

土地及

び建物

の譲渡

50

有限会社

西本住宅

和歌山市

120

不動産管理業

兼任1人

不動産の

賃借

社宅の

賃借

1

(注) 1 西本美代子は当社の取締役である土屋佳代の近親者であります。

2 当社の取締役である土屋佳代とその近親者が西本興産株式会社の全議決権を所有しております。

3 当社の取締役である土屋佳代とその近親者が有限会社西本住宅の全議決権を所有しております。

4 上記の取引金額は消費税等を含んでおりませんが、期末残高には消費税等を含めて記載しております。

 

取引条件及び取引条件の決定方針等

近隣の取引実情を参考にして同等の価格によっております。

 

当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)

関連当事者との取引で重要なものはありません。

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

1株当たり純資産額

2,671円87銭

1株当たり純資産額

2,713円16銭

1株当たり当期純損失金額

204円38銭

1株当たり当期純利益金額

53円92銭

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

同左

(注) 1 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

純資産の部の合計額(百万円)

96,627

普通株式に係る期末の純資産額(百万円)

96,627

1株当たり純資産額の算定に用いられた

期末の普通株式数(株)

35,614,437

 

2 1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

当期純利益又は当期純損失(△)(百万円)

△7,318

1,920

普通株式に係る当期純利益

又は当期純損失(△)(百万円)

△7,318

1,920

普通株式の期中平均株式数(株)

35,806,968

35,614,440

 

(重要な後発事象)

 

前連結会計年度

(自 平成17年4月1日

至 平成18年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成18年4月1日

至 平成19年3月31日)

———

(新規関連会社)

 当社グループは、平成19年6月15日開催の取締役会において、富士フイルム株式会社と当社グループのミニラボシステム機器等における国内メンテナンスを統合するために平成19年6月28日付でFICテクノサービス株式会社への出資を行い、関連会社とすることを決議しました。概要は次のとおりであります。

<関連会社となる会社の概要>

 (平成19年7月1日現在の状況(予定)を記載しております。)

商号

N&Fテクノサービス株式会社(現FICテクノサービス株式会社、平成19年7月1日付で商号変更)

代表者

河村定夫(現FICテクノサービス株式会社代表取締役社長)

本店所在地

東京都品川区

事業拠点

東京、和歌山、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡 他

事業内容

機器・システムの設置、保守、点検の総合メンテナンスサービス及び関連する部品・ソフト・製品の販売

決算期

3月期

従業員数

約300名

資本金

100百万円

発行済株式総数

1,466株

当社出資額

109百万円

株主構成

当社(取得株数733株、出資割合50%)

 

 

富士フイルムイメージング株式会社(取得株数733株、出資割合50%)

なお、当社グループは平成19年7月1日付をもって、N&Fテクノサービス株式会社へのメンテナンス関連資産の譲渡、資金の貸付、役員の派遣及び119名の人員の転籍を予定しております。

 





出典: ノーリツ鋼機株式会社、2007-03-31 期 有価証券報告書