有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

(1) 報告セグメントの決定方法

 当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、最高意思決定機関である取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。当社グループは従来から継続して取り組んでいた「イメージング」分野に加え、「環境」、「食」、「医療」及び「シニア・ライフ」の各分野を新たな成長領域と捉え、事業機会捕捉・拡大と収益力の強化を目的としたポートフォリオの構築に取り組んでおります。
 したがって、当社グループは販売体制を基礎とした業種別のセグメントから構成されており、「イメージング」、「環境」、「食」、「医療」、「シニア・ライフ」の5つの業種及び「その他」の業種を報告セグメントとしております。

 

(2) 報告セグメントの変更等に関する事項

  当連結会計年度より、いきいき株式会社等が連結子会社となったことに伴い、事業セグメントの区分を見直し、報告セグメントを従来の所在地別から「イメージング」「環境」「食」「医療」「シニア・ライフ」「その他」の業種別に変更しております。

  なお、前連結会計年度のセグメント情報については、変更後の区分方法により作成しており、「3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報」の前連結会計年度に記載しております。

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

  報告セグメントの利益は、営業利益の数値であり、その会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。
  セグメント間の内部売上高は、市場価格や製造原価を勘案し、価格交渉の上決定した取引価格に基づいております。

 

「会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更」に記載のとおり、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成24年4月1日以後に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更したため、報告セグメントの減価償却の方法を改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。なお、当該変更による影響は軽微であります。

 

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

 

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

 
 
 
 
 
 
 
 
(単位:百万円)
 
報告セグメント
調整額
(注)
連結財
務諸表
計上額
イメー
ジング
環境
医療
シニア
・ライフ
その他
売上高
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
16,228
770
14
1,426
348
18,787
18,787
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
0
0
0
△0
16,228
770
14
1,426
348
18,787
△0
18,787
セグメント利益又は損失(△)
1,034
△399
3
△180
143
600
4
604
セグメント資産
20,730
1,687
643
3,681
8,388
35,131
32,651
67,782
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  減価償却費
308
50
0
66
45
471
324
795
  のれんの償却額
0
201
201
201
  持分法適用会社への投資額
562
3
565
565
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
263
27
59
2
353
20
373

(注) 1  セグメント利益又は損失(△)の調整額4百万円には、セグメント間取引消去4百万円が含まれております。

2  セグメント資産の調整額32,651百万円には、全社資産32,651百万円が含まれております。

3  当社はセグメント利益を算定するにあたり、事業セグメントに直接配賦できない販売費及び一般管理費をその発生により便益を受ける程度に応じ、合理的な基準によって関連する報告セグメントに配賦しております。配賦した販売費及び一般管理費の合計は2,903百万円であり、各報告セグメントへの配賦金額は以下の通りであります。

 
 
 
 
 
 
(単位:百万円)
 
イメー
ジング
環境
医療
シニア
・ライフ
その他
全社費用配賦前の
セグメント利益
又は損失(△)
3,630
△360
3
△43
274
3,504
全社費用
2,596
38
137
131
2,903
セグメント利益
又は損失(△)
1,034
△399
3
△180
143
600

 

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

 
 
 
 
 
 
 
 
(単位:百万円)
 
報告セグメント
調整額
(注)
連結財
務諸表
計上額
イメー
ジング
環境
医療
シニア
・ライフ
その他
売上高
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
12,874
2,585
180
2,030
9,238
469
27,379
27,379
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
0
0
0
△0
12,874
2,585
180
2,030
9,238
469
27,379
△0
27,379
セグメント利益又は損失(△)
185
△151
△77
116
276
262
612
3
616
セグメント資産
19,480
3,825
981
5,136
16,977
8,871
55,272
25,576
80,849
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  減価償却費
383
57
14
74
36
3
569
283
852
  のれんの償却額
212
260
472
472
  持分法適用会社への投資額
589
589
589
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
250
563
0
53
66
1
936
25
962

(注) 1  セグメント利益又は損失(△)の調整額3百万円には、セグメント間取引消去3百万円が含まれております。

2  セグメント資産の調整額25,576百万円には、全社資産25,576百万円が含まれております。

3  当社はセグメント利益を算定するにあたり、事業セグメントに直接配賦できない販売費及び一般管理費をその発生により便益を受ける程度に応じ、合理的な基準によって関連する報告セグメントに配賦しております。配賦した販売費及び一般管理費の合計は3,177百万円であり、各報告セグメントへの配賦金額は以下の通りであります。

 
 
 
 
 
 
(単位:百万円)
 
イメー
ジング
環境
医療
シニア
・ライフ
その他
全社費用配賦前の
セグメント利益
又は損失(△)
2,527
85
△3
216
581
383
3,790
全社費用
2,341
236
74
99
305
120
3,177
セグメント利益
又は損失(△)
185
△151
△77
116
276
262
612

 

【関連情報】

 

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

 

2  地域ごとの情報

 (1) 売上高

 
 
 
 
 
(単位:百万円)
日本
北米
ヨーロッパ
アジア・
オセアニア
中南米
その他
合計
5,074
7,137
1,079
3,160
1,639
695
18,787

(注)  売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

 (2) 有形固定資産

 
 
 
 
 
(単位:百万円)
日本
北米
ヨーロッパ
アジア・
オセアニア
中南米
合計
19,088
590
144
43
127
19,993

 

3  主要な顧客ごとの情報

  外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

 (1) 売上高

 
 
 
 
 
(単位:百万円)
日本
北米
ヨーロッパ
アジア・
オセアニア
中南米
その他
合計
16,276
6,278
843
2,292
1,167
521
27,379

(注)  売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

 (2) 有形固定資産

 
 
 
 
 
(単位:百万円)
日本
北米
ヨーロッパ
アジア・
オセアニア
中南米
合計
19,326
661
2
48
112
20,152

 

3  主要な顧客ごとの情報

  外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

  該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

  該当事項はありません。

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

 

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

(単位:百万円)

 
報告セグメント
全社・消去
合計
イメー
ジング
環境
医療
シニア
・ライフ
その他
当期末残高
2,671
2,671
2,671

(注)  のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

(単位:百万円)

 
報告セグメント
全社・消去
合計
イメー
ジング
環境
医療
シニア
・ライフ
その他
当期末残高
2,601
9,832
12,433
12,433

(注)  のれん償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)

  該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)

  該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

    関連当事者との取引

 

(1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引

(ア) 連結財務諸表提出会社の非連結子会社および関連会社等

 

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)
種類
会社等
の名称
又は氏名
所在地
資本金
又は
出資金
(百万円)
事業の
内容又
は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の
内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
非連結
子会社
NK
アグリ
株式会社
和歌山県
和歌山市
155
生鮮野菜の生産・販売
(所有)
直接100
資金の貸付役員の兼任
長期
貸付金
1,000
利息の
受取
11
その他
流動資産
0

(注) 1  記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

2  取引条件及び取引条件の決定方針等

    資金の貸付については、市場金利を勘案して決定しており、返済条件は期間3年、一括返済としております。なお、担保は受け入れておりません。

3  NKアグリ株式会社に対する長期貸付金は、連結財務諸表上は持分法の適用により上記金額から368百万円を控除した額を計上しております。

 

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)
種類
会社等
の名称
又は氏名
所在地
資本金
又は
出資金
(百万円)
事業の
内容又
は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の
内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
非連結
子会社
NK
アグリ
株式会社
和歌山県
和歌山市
155
生鮮野菜の生産・販売
(所有)
直接100
資金の貸付役員の兼任
その他
流動資産
1,000
利息の
受取
11
その他
流動資産
0

(注) 1  記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

2  取引条件及び取引条件の決定方針等

    資金の貸付については、市場金利を勘案して決定しており、返済条件は期間3年、一括返済としております。なお、担保は受け入れておりません。

3  NKアグリ株式会社に対するその他流動資産の残高は貸付金であり、連結財務諸表上は持分法の適用により上記金額から516百万円を控除した額を計上しております。

 

(2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者の取引

(ア) 連結財務諸表提出会社の非連結子会社および関連会社等

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)
種類
会社等
の名称
又は氏名
所在地
資本金
又は
出資金
(百万円)
事業の
内容又
は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の
内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
非連結
子会社
株式会社
島根電子
今福製作所
島根県
浜田市
75
LEDデバイス製造及び応用製品の開発製造
(所有)
間接50.01
部材の仕入
資金の貸付
製品の
販売
46
売掛金
3
部材の
購入
990
買掛金
14
資金の
貸付
310
その他
流動資産
108
長期
貸付金
202
利息の
受取
1
その他
流動資産
1

(注) 1  記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

2  取引条件及び取引条件の決定方針等

    製品の販売、部材の購入については、通常の営業取引であり、取引条件は双方協議の上決定しております。

    資金の貸付については、市場金利を勘案して決定しており、期間4年、分割返済としております。なお、担保は受け入れておりません。

 

 

(イ) 連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

 

前連結会計年度(自  平成23年4月1日  至  平成24年3月31日)
種類
会社等
の名称
又は氏名
所在地
資本金
又は
出資金
(百万円)
事業の
内容又
は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の
内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
株式会社
島根電子
今福製作所
島根県
浜田市
60
LEDデバイス製造及び応用製品の開発製造
なし
部材の仕入
製品の
販売
12
売掛金
4
部材の
購入
419
買掛金
5
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
株式会社
西本
和歌山県
和歌山市
48
写真機器等
販売
なし
資金の貸付
製品の販売
その他
流動資産
200
利息の
受取
2
その他
流動資産
1
製品の
販売
16
売掛金
1
建物の
賃貸
27
その他
流動負債
2

(注) 1  記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

2  取引条件及び取引条件の決定方針等

    製品の販売、部材の購入については、通常の営業取引であり、取引条件は双方協議の上決定しております。

    建物の賃貸については、近隣の取引実勢等を参考に、賃貸料金額を決定しております。

    資金の貸付については、市場金利を勘案して決定しており、返済条件は期間3年、一括返済としております。なお、担保は受け入れておりません。

3  株式会社島根電子今福製作所は、当社代表取締役である西本博嗣が議決権の50.1%を直接所有しておりま
す。

4  株式会社西本は、当社の代表取締役である西本博嗣の義母である、西本美代子が議決権の100%を所有して
おります。

 

当連結会計年度(自  平成24年4月1日  至  平成25年3月31日)
種類
会社等
の名称
又は氏名
所在地
資本金
又は
出資金
(百万円)
事業の
内容又
は職業
議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)
関連当事者
との関係
取引の
内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等
株式会社
西本
和歌山県
和歌山市
48
写真機器等
販売
なし
資金の貸付
製品の販売
資金の
返済
200
利息の
受取
2
製品の
販売
33
売掛金
1
建物の
賃貸
20
その他
流動負債
1

(注) 1  記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

 

2  取引条件及び取引条件の決定方針等

    製品の販売については、通常の営業取引であり、取引条件は双方協議の上決定しております。

    建物の賃貸については、近隣の取引実勢等を参考に、賃貸料金額を決定しております。

    資金の貸付については、市場金利を勘案して決定しており、当連結会計年度において返済方法を分割返済に変更しております。

    担保は受け入れておりません。なお、当連結会計年度において繰り上げ返済を受けております。

3  株式会社西本は、当社の代表取締役である西本博嗣の義母である、西本美代子が議決権の100%を所有しております。

 

(1株当たり情報)

 

 
前連結会計年度
(自  平成23年4月1日
至  平成24年3月31日)
当連結会計年度
(自  平成24年4月1日
至  平成25年3月31日)
1株当たり純資産額
1,564円62銭
1,597円26銭
1株当たり当期純利益金額又は
1株当たり当期純損失金額(△)
△43円98銭
11円71銭

(注)  1  前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

2  1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 
前連結会計年度
(自  平成23年4月1日
至  平成24年3月31日)
当連結会計年度
(自  平成24年4月1日
至  平成25年3月31日)
当期純利益又は当期純損失(△)(百万円)
△1,566
417
普通株式に係る当期純利益
又は当期純損失(△)(百万円)
△1,566
417
普通株式の期中平均株式数(株)
35,614,098
35,614,056
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の概要
詳細については、第5経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項 (ストック・オプション関係)に記載のとおりであります。 

  

 3  1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 
前連結会計年度
(平成24年3月31日)
当連結会計年度
(平成25年3月31日)
純資産の部の合計額(百万円)
55,722
56,896
純資産の部の合計額から控除する金額
(百万円)
11
(うち新株予約権(百万円))
(—)
(10)
(うち少数株主持分(百万円))
(—)
(1)
普通株式に係る期末の純資産額(百万円)
55,722
56,884
1株当たり純資産額の算定に用いられた
期末の普通株式数(株)
35,614,098
35,614,025

 

 

(重要な後発事象)

 株式の取得について

当社は、平成25年3月29日開催の取締役会における決議どおり、平成25年5月2日に、株式会社日本医療データセンター、フィード株式会社、株式会社アイメディック、及び株式会社秋田ケーブルテレビ等の株式を、オリンパスビジネスクリエイツ株式会社より取得しました。

取得に至った背景といたしましては、当社グループは、医療を事業分野の一つとして展開しており、これまでも平成22年に遠隔画像診断支援サービス事業、平成23年に予防医療事業、平成24年に医療機関向け経営改善のコンサルテーション事業に参入するなど、医療分野におけるニッチトップの地位を築くべく事業拡大に邁進してまいりました。今回の株式譲受により、更なる医療分野の強化・拡大に大きくつながるものと思料しております。

また、平成24年のシニア向け出版・通販事業への参入を契機に、シニア・ライフ事業を新しい事業の柱の一つとして展開しております。約400万人のシニア顧客に対して、カタログ通販という手段を通してシニア・ライフをより豊かにするべく取り組んでおりますが、カタログというメディアだけではなく、テレビ等の他のメディアを通じた取り組みについても検討して参りました。株式会社秋田ケーブルテレビ株式の取得により、ローカルエリアにドミナントで強固な地盤を持つケーブル・ネットワークを通して新しい価値を提供できるものと考えております。なお、取得に係る資金については自己資金と銀行借入により調達いたします。 
  概要は次のとおりであります。

 

対象会社の概要及び取得後の持分比率

(1) 会社名        : 株式会社日本医療データセンター

(2) 所在地        : 東京都港区芝大門二丁目5番5号

(3) 代表者        : 代表取締役社長 木村 真也

(4) 資本金        : 100百万円

(5) 決算期        : 3月31日

(6) 主要事業内容     : 医療統計データサービス

(7) 取得価額       : 23億95百万円

(8) 取得後の持分比率 : 100%

 

(1) 会社名        : フィード株式会社

(2) 所在地        : 横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号
                          クイーンズタワーB19階

(3) 代表者        : 代表取締役社長 神谷 明良

(4) 資本金        : 43百万円

(5) 決算期        : 3月31日

(6) 主要事業内容     : 歯科材料、医療機器、医薬品、医薬部外品の販売

(7) 取得価額       : 1百万円

(8) 取得後の持分比率 : 100%

 

 

(1) 会社名        : 株式会社アイメディック

(2) 所在地         : 東京都千代田区富士見2丁目7番2号 
                          ステージビルディング10階

(3) 代表者        : 代表取締役社長 岩間 正典

(4) 資本金        : 100百万円

(5) 決算期        : 3月31日

(6) 主要事業内容     : 整形外科向け医療機器の製造・販売・アフターサービス

(7) 取得価額       : 17億77百万円

(8) 取得後の持分比率 : 100%

 

(1) 会社名        : 株式会社秋田ケーブルテレビ

(2) 所在地        : 秋田県秋田市八橋鯲沼町1番59号

(3) 代表者        : 代表取締役社長 松浦 隆一

(4) 資本金        : 1,200百万円

(5) 決算期        : 3月31日

(6) 主要事業内容     : 有線テレビジョン放送事業、電気通信事業

(7) 取得価額       : 13億25百万円

(8) 取得後の持分比率 : 50%

 





出典: ノーリツ鋼機株式会社、2013-03-31 期 有価証券報告書