有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年12月31日)
当事業年度
(平成20年12月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1.現金及び預金
 
 
4,277
 
 
3,740
 
2.受取手形
※3
 
410
 
 
367
 
3.売掛金
※1
 
14,251
 
 
14,043
 
4.製品
 
 
4,215
 
 
5,044
 
5.半製品
 
 
571
 
 
672
 
6.原材料
 
 
1,665
 
 
1,752
 
7.仕掛品
 
 
797
 
 
788
 
8.貯蔵品
 
 
115
 
 
106
 
9.前渡金
 
 
2
 
 
6
 
10.前払費用
 
 
45
 
 
45
 
11.繰延税金資産
 
 
431
 
 
328
 
12.未収入金
※1
 
2,216
 
 
1,993
 
13.短期貸付金
 
 
20
 
 
31
 
14.関係会社短期貸付金
 
 
686
 
 
544
 
15.未収消費税
 
 
565
 
 
642
 
16.その他
 
 
58
 
 
249
 
貸倒引当金
 
 
△167
 
 
△86
 
流動資産合計
 
 
30,167
51.4
 
30,272
55.3
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)建物
 
9,484
 
 
9,573
 
 
減価償却累計額
 
6,166
3,318
 
6,385
3,187
 
(2)構築物
 
755
 
 
846
 
 
減価償却累計額
 
610
144
 
631
214
 
(3)機械及び装置
 
12,395
 
 
12,979
 
 
減価償却累計額
 
10,127
2,268
 
10,625
2,354
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年12月31日)
当事業年度
(平成20年12月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(4)車両及び運搬具
 
130
 
 
125
 
 
減価償却累計額
 
112
18
 
112
13
 
(5)工具器具及び備品
 
11,929
 
 
12,374
 
 
減価償却累計額
 
10,546
1,383
 
11,218
1,156
 
(6)土地
 
 
3,945
 
 
4,005
 
(7)建設仮勘定
 
 
392
 
 
886
 
有形固定資産合計
 
 
11,469
19.5
 
11,819
21.6
2.無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)のれん
 
 
18
 
 
 
(2)特許権
 
 
2
 
 
2
 
(3)借地権
 
 
15
 
 
15
 
(4)ソフトウェア
 
 
154
 
 
114
 
(5)電話加入権
 
 
31
 
 
31
 
無形固定資産合計
 
 
223
0.4
 
163
0.3
3.投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) 投資有価証券
 
 
11,962
 
 
7,741
 
(2) 関係会社株式
 
 
1,826
 
 
1,992
 
(3) 出資金
 
 
10
 
 
10
 
(4) 長期貸付金
 
 
83
 
 
 
(5) 従業員長期貸付金
 
 
3
 
 
2
 
(6) 関係会社長期貸付金
 
 
335
 
 
267
 
(7) 破産更生債権等
 
 
50
 
 
 
(8) 長期未収入金
※1 
 
623
 
 
376
 
(9) 長期前払費用
 
 
70
 
 
36
 
(10)前払年金費用
 
 
1,851
 
 
1,722
 
(11)その他
 
 
397
 
 
386
 
貸倒引当金
 
 
△385
 
 
△55
 
投資その他の資産合計
 
 
16,830
28.7
 
12,480
22.8
固定資産合計
 
 
28,523
48.6
 
24,463
44.7
資産合計
 
 
58,691
100.0
 
54,736
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年12月31日)
当事業年度
(平成20年12月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1.支払手形
※3
 
1,434
 
 
1,088
 
2.買掛金
※1
 
8,637
 
 
8,391
 
3.短期借入金
 
 
780
 
 
780
 
4.未払金
 
 
1,881
 
 
2,265
 
5.未払費用
 
 
392
 
 
763
 
6.未払法人税等
 
 
589
 
 
 
7.前受金
 
 
 
 
23
 
8.預り金
 
 
234
 
 
217
 
9.賞与引当金
 
 
278
 
 
263
 
10.役員賞与引当金
 
 
35
 
 
 
11.返品引当金
 
 
53
 
 
66
 
12.設備支払手形
 
 
99
 
 
90
 
13.その他
 
 
26
 
 
6
 
流動負債合計
 
 
14,441
24.6
 
13,956
25.5
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1.繰延税金負債
 
 
2,668
 
 
1,108
 
2.退職給付引当金
 
 
2,904
 
 
2,738
 
3.役員退職慰労引当金
 
 
606
 
 
551
 
4.その他
 
 
39
 
 
39
 
固定負債合計
 
 
6,219
10.6
 
4,438
8.1
負債合計
 
 
20,661
35.2
 
18,394
33.6
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年12月31日)
当事業年度
(平成20年12月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
4,497
7.7
 
4,497
8.2
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
3,582
 
 
3,582
 
 
(2)その他資本剰余金
 
0
 
 
0
 
 
資本剰余金合計
 
 
3,582
6.1
 
3,582
6.5
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
824
 
 
824
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
特別償却積立金
 
20
 
 
9
 
 
固定資産圧縮記帳積立金
 
412
 
 
412
 
 
別途積立金
 
22,585
 
 
24,085
 
 
繰越利益剰余金
 
3,448
 
 
2,677
 
 
利益剰余金合計
 
 
27,290
46.5
 
28,008
51.2
4.自己株式
 
 
△1,759
△3.0
 
△1,763
△3.2
株主資本合計
 
 
33,611
57.3
 
34,326
62.7
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
4,419
7.5
 
2,015
3.7
2.繰延ヘッジ損益
 
 
△0
△0.0
 
△0
△0.0
評価・換算差額等合計
 
 
4,418
7.5
 
2,015
3.7
純資産合計
 
 
38,030
64.8
 
36,341
66.4
負債純資産合計
 
 
58,691
100.0
 
54,736
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
※1
 
45,061
100.0
 
44,492
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
 
 
 
 
 
1.製品期首たな卸高
 
4,166
 
 
4,215
 
 
2.当期製品製造原価
 
23,680
 
 
24,453
 
 
3.当期製品購入高
 
5,704
 
 
6,210
 
 
 
33,551
 
 
34,879
 
 
4.他勘定振替高
※2
199
 
 
153
 
 
5.製品期末たな卸高
 
4,215
29,136
 
5,044
29,681
 
6.返品引当金繰入額
 
 
53
 
 
66
 
7.返品引当金戻入額
 
 
60
 
 
53
 
売上原価計
 
 
29,129
64.6
 
29,694
66.7
売上総利益
 
 
15,932
35.4
 
14,798
33.3
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※3,4
 
12,817
28.5
 
12,855
28.9
営業利益
 
 
3,114
6.9
 
1,942
4.4
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1.受取利息
 
51
 
 
33
 
 
2.受取配当金
※1
398
 
 
336
 
 
3.受取家賃及び地代
※1
431
 
 
408
 
 
4.その他
 
32
913
2.0
84
862
1.9
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1.支払利息
 
9
 
 
10
 
 
2.為替差損
 
63
 
 
533
 
 
3.売上割引
 
9
 
 
9
 
 
4.シンジケートローン手数料
 
45
 
 
17
 
 
5.賃貸経費
 
12
 
 
12
 
 
6.その他
 
14
156
0.3
11
594
1.3
経常利益
 
 
3,872
8.6
 
2,211
5.0
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産売却益 
※5 
 
 
1
 
 
2.投資有価証券売却益
 
100
 
 
4
 
 
3.貸倒引当金戻入益
 
17
 
 
300
 
 
4.関係会社清算益
 
118
0.3
36
343
0.8
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産売却及び除却損
※6
34
 
 
16
 
 
 2.投資有価証券売却損
 
165
 
 
 
 
3.投資有価証券評価損
 
199
0.5
534
551
1.3
税引前当期純利益
 
 
3,790
8.4
 
2,004
4.5
法人税、住民税及び事業税
※7
1,258
 
 
457
 
 
法人税等調整額
 
145
1,403
3.1
177
635
1.4
当期純利益
 
 
2,387
5.3
 
1,368
3.1
 
 
 
 
 
 
 
 
製造原価明細書
 
 
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
17,098
71.6
17,682
71.7
Ⅱ 労務費
 
2,288
9.5
2,225
9.0
Ⅲ 経費
※1
4,506
18.9
4,770
19.3
当期総製造費用
 
23,892
100.0
24,678
100.0
半製品仕掛品期首たな卸高
 
1,308
 
1,369
 
合計
 
25,201
 
26,047
 
他勘定振替高
※2
151
 
132
 
半製品仕掛品期末たな卸高
 
1,369
 
1,461
 
当期製品製造原価
 
23,680
 
24,453
 
 
 
 
 
 
 
 (注) 原価計算の方法
当社の原価計算は、組別総合原価計算による実際原価計算であります。
※1.主なものは次のとおりであります。
前事業年度
当事業年度
 
(百万円)
外注加工費
1,854
減価償却費
849
 
(百万円)
外注加工費
1,975
減価償却費
1,096
※2.他勘定振替高の内訳
前事業年度
当事業年度
 
(百万円)
販売費及び一般管理費
151
 
(百万円)
販売費及び一般管理費
132
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成19年1月1日 至 平成19年12月31日)
 
株主資本
資本金
 
 
資本剰余金
利益剰余金
自己
株式
 
株主
資本
合計
資本
準備金
 
その他資本
剰余金
資本
剰余金合計
利益
準備金
 
その他利益剰余金
利益
剰余金合計
特別
償却
積立金
 
固定
資産
圧縮記帳
積立金
別途
積立金
 
 
繰越
利益
剰余金
 
平成18年12月31日 残高
(百万円)
4,497
3,582
0
3,582
824
41
412
21,085
3,137
25,500
△753
32,827
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特別償却積立金の取崩し
 
 
 
 
 
△20
 
 
20
 
別途積立金の積立て
 
 
 
 
 
 
 
1,500
△1,500
 
剰余金の配当 
 
 
 
 
 
 
 
 
△596
△596
 
△596
当期純利益
 
 
 
 
 
 
 
 
2,387
2,387
 
2,387
自己株式の処分
 
 
0
0
 
 
 
 
 
 
0
0
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
△1,006
△1,006
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額
(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
0
0
△20
1,500
311
1,790
△1,006
784
平成19年12月31日 残高
(百万円)
4,497
3,582
0
3,582
824
20
412
22,585
3,448
27,290
△1,759
33,611
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
平成18年12月31日 残高
(百万円)
6,454
△4
6,449
39,276
事業年度中の変動額
 
 
 
 
特別償却積立金の取崩し
 
 
 
別途積立金の積立て
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
△596
当期純利益
 
 
 
2,387
自己株式の処分
 
 
 
0
自己株式の取得
 
 
 
△1,006
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額
(純額)
△2,034
3
△2,030
△2,030
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△2,034
3
△2,030
△1,246
平成19年12月31日 残高
(百万円)
4,419
△0
4,418
38,030
当事業年度(自 平成20年1月1日 至 平成20年12月31日)
 
株主資本
資本金
 
 
資本剰余金
利益剰余金
自己
株式
 
株主
資本
合計
資本
準備金
 
その他資本
剰余金
資本
剰余金合計
利益
準備金
 
その他利益剰余金
利益
剰余金合計
特別
償却
積立金
 
固定
資産
圧縮記帳
積立金
別途
積立金
 
 
繰越
利益
剰余金
 
平成19年12月31日 残高
(百万円)
4,497
3,582
0
3,582
824
20
412
22,585
3,448
27,290
△1,759
33,611
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
特別償却積立金の取崩し
 
 
 
 
 
△10
 
 
10
 
別途積立金の積立て
 
 
 
 
 
 
 
1,500
△1,500
 
剰余金の配当 
 
 
 
 
 
 
 
 
△650
△650
 
△650
当期純利益
 
 
 
 
 
 
 
 
1,368
1,368
 
1,368
自己株式の処分
 
 
0
0
 
 
 
 
 
 
1
1
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
△4
△4
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額
(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
0
0
△10
1,500
△771
717
△3
714
平成20年12月31日 残高
(百万円)
4,497
3,582
0
3,582
824
9
412
24,085
2,677
28,008
△1,763
34,326
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
平成19年12月31日 残高
(百万円)
4,419
△0
4,418
38,030
事業年度中の変動額
 
 
 
 
特別償却積立金の取崩し
 
 
 
別途積立金の積立て
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
△650
当期純利益
 
 
 
1,368
自己株式の処分
 
 
 
1
自己株式の取得
 
 
 
△4
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額
(純額)
△2,403
0
△2,403
△2,403
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△2,403
0
△2,403
△1,688
平成20年12月31日 残高
(百万円)
2,015
△0
2,015
36,341
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
子会社株式及び関連会社株式
移動平均法による原価法
子会社株式及び関連会社株式
同左
 
 
 
その他有価証券
時価のあるもの
決算日の市場価格等に基づく時価法
(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
2.デリバティブ等の評価
基準及び評価方法
時価法
同左
3.たな卸資産の評価基準
及び評価方法
製品・半製品・原材料及び仕掛品
総平均法による原価法
製品・半製品・原材料及び仕掛品
同左
 
 
貯蔵品
最終仕入原価法
貯蔵品
同左
4.固定資産の減価償却の
方法
(1)有形固定資産
定率法
ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用しております。
なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
(会計方針の変更)
当事業年度より、法人税法の改正に伴い、有形固定資産について、改正後の法人税法に規定する償却方法に基づく減価償却の方法に変更しております。これにより売上総利益は20百万円、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は28百万円減少しております。
なお、当中間会計期間は、減価償却システムの変更により時間を要したため、従来の方法によっております。変更後の方法によった場合の当中間会計期間の損益に与える影響は軽微であります。
(1)有形固定資産
定率法
ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用しております。
なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
(追加情報)
当事業年度より、平成19年税制改正以前に取得した有形固定資産については、償却可能限度額に達した事業年度の翌事業年度より、残存簿価を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
この変更により、売上総利益は103百万円、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ131百万円減少しております。

 

項目
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
 
 
(2)無形固定資産
定額法
ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
(2)無形固定資産
同左
5.引当金の計上基準
 
(1)貸倒引当金
債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
(1)貸倒引当金
同左
 
 
(2)賞与引当金
従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
(2)賞与引当金
同左
 
 
(3)役員賞与引当金
役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
(3)役員賞与引当金
 ——————
(追加情報) 
役員報酬制度の見直しに伴い役員賞与の支給を廃止したため、当事業年度より役員賞与引当金を計上しておりません。
 
 
(4)返品引当金
販売済製品の返品による損失に備えるため、売上高及び過去の発生状況から必要額を見積って計上しております。
(4)返品引当金
同左
 
 
(5)退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当事業年度末において発生していると認められる額を計上しております。なお、数理計算上の差異については、各事業年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(10年)による定額法により、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理する方法を採用しております。
過去勤務債務については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(10年)による定額法により費用処理する方法を採用しております。
(5)退職給付引当金
同左
 
 
(6)役員退職慰労引当金
役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
(6)役員退職慰労引当金
同左

 

項目
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
6.リース取引の処理方法
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
7.ヘッジ会計の方法
 
(1)ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、為替予約が付されている外貨建金銭債権等については振当処理を採用しております。
(1)ヘッジ会計の方法
同左
 
 
 
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段
 為替予約取引
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
同左
 
 
ヘッジ対象
 外貨建金銭債権及び外貨建予定取引
 
 
 
(3)ヘッジ方針
為替予約は、通常の取引の範囲内で、外貨建金銭債権等に係る将来の為替レート変動リスクを回避する目的で包括的な為替予約取引を行っております。為替予約取引は、通常の外貨建金銭取引に係る輸出実績等を踏まえ、必要な範囲で実施しております。
(3)ヘッジ方針
同左
 
 
(4)ヘッジ有効性評価の方法
為替予約取引については、取引時に重要な条件の同一性を確認しているため、有効性の評価を省略しております。 
(4)ヘッジ有効性評価の方法
同左
8.その他財務諸表作成の
ための基本となる重要
な事項
消費税等の処理方法
消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式を採用しております。
消費税等の処理方法
同左
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
(貸借対照表)
 1.前事業年度まで「短期貸付金」に含めて表示しておりました「関係会社短期貸付金」は当事業年度において資産総額の100分の1を超えたため区分掲記しました。なお、前事業年度末の「関係会社短期貸付金」は530百万円であります。
——————
 2.前事業年度において「営業権」として掲記されていたものは、当事業年度から「のれん」と表示しております。
 
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年12月31日)
当事業年度
(平成20年12月31日)
※1.関係会社に係る注記
区分掲記されたもの以外で資産及び負債に含まれている関係会社に対する主なものは次のとおりであります。
※1.関係会社に係る注記
区分掲記されたもの以外で資産及び負債に含まれている関係会社に対する主なものは次のとおりであります。
売掛金
8,410百万円
未収入金
1,956
長期未収入金
620
買掛金
1,791
売掛金
     8,589百万円
未収入金
1,713
長期未収入金
375
買掛金
1,843
2.債務保証
関係会社等の金融機関からの借入等に対する債務保証額
2.債務保証
関係会社等の金融機関からの借入等に対する債務保証額
三菱鉛筆販売協同組合
580百万円
ユニポリマー㈱
164
㈱ユニ
98
山形三菱鉛筆精工㈱
53
その他4件
 66
従業員住宅ローン等に対する債務保証額
117
合計
1,080
三菱鉛筆販売協同組合
   540百万円
ユニポリマー㈱
150
㈱ユニ
114
山形三菱鉛筆精工㈱
53
その他4件
56
従業員住宅ローン等に対する債務保証額
99
合計
1,013
※3.期末日満期手形の処理については、当期末日は銀行休業日でありましたが、期末日満期手形については満期日に決済が行われたものとして処理しております。これにより期末残高から除かれている期末日満期手形は次のとおりであります。
※3.期末日満期手形の処理については、当期末日は銀行休業日でありましたが、期末日満期手形については満期日に決済が行われたものとして処理しております。これにより期末残高から除かれている期末日満期手形は次のとおりであります。
受取手形
35百万円
支払手形
 2
受取手形
  20百万円
4.受取手形(輸出手形を含む)割引高
216百万円
4.受取手形(輸出手形を含む)割引高
   224百万円
5.当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と貸出コミットメント契約を締結しております。この契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は以下のとおりであります。
5.当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と貸出コミットメント契約を締結しております。この契約に基づく当事業年度末の借入未実行残高は以下のとおりであります。
貸出コミットメントの総額
6,000百万円
借入実行残高
 780
差引額
 5,220
貸出コミットメントの総額
     6,000百万円
借入実行残高
 780
差引額
      5,220
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
※1.関係会社に係る注記
関係会社との取引に係る主なものは次のとおりであります。
※1.関係会社に係る注記
関係会社との取引に係る主なものは次のとおりであります。
売上高
24,860百万円
受取配当金
220
受取家賃及び地代
297
売上高
      24,795百万円
受取配当金
141
受取家賃及び地代
296
※2.製品他勘定振替高の内訳
※2.製品他勘定振替高の内訳
販売費及び一般管理費
199百万円
販売費及び一般管理費
   153百万円
※3.販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりであります。
販売費及び一般管理費のうち販売費に属する費用の割合は、おおむね34%であります。
※3.販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりであります。
販売費及び一般管理費のうち販売費に属する費用の割合は、おおむね35%であります。
販売促進費
2,585百万円
運賃荷造費
1,185
給与手当
2,189
退職給付費用
92
賞与引当金繰入額
110
役員賞与引当金繰入額
35
役員退職慰労引当金繰入額
80
コンピュータ費
869
研究開発費
2,347
減価償却費
346
販売促進費
     2,856百万円
運賃荷造費
1,211
給与手当
2,092
退職給付費用
104
賞与引当金繰入額
100
役員退職慰労引当金繰入額
78
コンピュータ費
677
研究開発費
2,645
減価償却費
336
※4.一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費
※4.一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費
一般管理費
2,347百万円
一般管理費
2,645百万円
※5.——————
※5.主なものは次のとおりであります。
 
土地
1百万円
※6.主なものは次のとおりであります。
※6.主なものは次のとおりであります。
機械及び装置除却損
9百万円
撤去費用
15
機械及び装置除却損
4百万円
撤去費用
6
※7.租税特別措置法第66条の6ないし9の規定に基づく特定外国子会社等の留保金額の益金算入に対する税額が含まれております。
※7.        同左
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成19年1月1日 至 平成19年12月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
自己株式
 
 
 
 
普通株式 (注)
981,315
615,459
142
1,596,632
合計
981,315
615,459
142
1,596,632
(注) 普通株式の自己株式の株式数の増加615,459株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加613,300株及び単元未満株式の買取りによる増加2,159株であります。また、減少142株は、単元未満株主からの売渡請求に応じたことによるものであります。
当事業年度(自 平成20年1月1日 至 平成20年12月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
自己株式
 
 
 
 
普通株式 (注)
1,596,632
3,995
1,569
1,599,058
合計
1,596,632
3,995
1,569
1,599,058
(注) 普通株式の自己株式の株式数の増加3,995株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。また、減少1,569株は、単元未満株主からの売渡請求に応じたことによるものであります。
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
 1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
 1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額
相当額
(百万円)
減価償却累計額相当額
(百万円)
期末残高
相当額
(百万円)
車両及び
運搬具
15
5
10
合計
15
5
10
 
取得価額
相当額
(百万円)
減価償却累計額相当額
(百万円)
期末残高
相当額
(百万円)
車両及び
運搬具
4
0
3
合計
4
0
3
(2)未経過リース料期末残高相当額
(2)未経過リース料期末残高相当額
1年内
2百万円
1年超
4
合計
6
1年内
 0百万円
1年超
1
合計
1
(3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
(3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
支払リース料
6百万円
減価償却費相当額
5
支払利息相当額
0
支払リース料
 0百万円
減価償却費相当額
0
支払利息相当額
0
(4)減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4)減価償却費相当額の算定方法
同左
(5)利息相当額の算定方法
 リース料の総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
(5)利息相当額の算定方法
同左
 2.オペレーティング・リース取引
 未経過リース料
 2.オペレーティング・リース取引
 未経過リース料
1年内
3百万円
1年超
6
合計
9
1年内
 6百万円
1年超
6
合計
13
(減損損失について)
 リース資産に配分された減損損失はありませんので、項目等の記載は省略しております。
(減損損失について)
 同左
(有価証券関係)
 前事業年度(自 平成19年1月1日 至 平成19年12月31日)及び当事業年度(自 平成20年1月1日 至 平成20年12月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年12月31日)
当事業年度
(平成20年12月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
 
退職給付引当金損金算入限度超過額
426百万円
貸倒引当金損金算入限度超過額
162
役員退職慰労引当金
245
賞与引当金
112
たな卸資産評価損否認
94
特定外国子会社留保金
89
その他
203
繰延税金資産小計
1,335
評価性引当額
△256
繰延税金資産合計
1,078
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
△3,008
特別償却積立金
△13
固定資産圧縮記帳積立金
△280
 その他
△13
繰延税金負債合計
△3,316
繰延税金資産(負債)の純額
△2,237
繰延税金資産
 
退職給付引当金
   411百万円
貸倒引当金損金算入限度超過額
36
役員退職慰労引当金
223
賞与引当金
106
たな卸資産評価損否認
102
特定外国子会社留保金
51
その他
142
繰延税金資産小計
1,074
評価性引当額
△172
繰延税金資産合計
902
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
△1,372
特別償却積立金
△6
固定資産圧縮記帳積立金
△280
 その他
△22
繰延税金負債合計
△1,681
繰延税金資産(負債)の純額
△779
(注) 当事業年度における繰延税金資産(負債)の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。
(注) 当事業年度における繰延税金資産(負債)の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。
流動資産−繰延税金資産
431百万円
固定負債−繰延税金負債
2,668
流動資産−繰延税金資産
   328百万円
固定負債−繰延税金負債
1,108
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別内訳
法定実効税率
40.5%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
3.5
税額控除
△7.2
住民税均等割
0.4
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△1.0
評価性引当額
1.4
その他
△0.6
税効果会計適用後の法人税等の負担率
37.0
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別内訳
法定実効税率
  40.5%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
2.4
税額控除
△6.3
住民税均等割
0.7
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△2.0
評価性引当額
△4.2
その他
0.6
税効果会計適用後の法人税等の負担率
31.7
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
1株当たり純資産額
1,168.49円
1株当たり当期純利益
72.20円
1株当たり純資産額
        1,116.69円
1株当たり当期純利益
     42.05円
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載を省略しております。
同左
 (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
純資産の部の合計額
(百万円)
38,030
36,341
純資産の部の合計額から
控除する金額
(百万円)
普通株式に係る期末の
純資産額
(百万円)
38,030
36,341
1株当たり純資産額の
算定に用いられた
期末の普通株式の数
(株)
32,546,514
32,544,088
 (注)2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
当期純利益
(百万円)
2,387
1,368
普通株主に帰属しない金額
(百万円)
普通株式に係る当期純利益
(百万円)
2,387
1,368
期中平均株式数
(株)
33,064,925
32,545,454
(重要な後発事象)
前事業年度
(自 平成19年1月1日
至 平成19年12月31日)
当事業年度
(自 平成20年1月1日
至 平成20年12月31日)
該当事項はありません。
該当事項はありません。
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数
(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資
有価証券
その他
有価証券
株式会社横浜銀行
7,046,212
3,671
株式会社T&Dホールディングス
170,500
630
株式会社みずほフィナンシャルグループ
2,390
615
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
623,430
342
興銀リース株式会社
150,000
242
株式会社三井住友フィナンシャルグループ
621
233
株式会社みずほフィナンシャルグループ
第11回第11種優先株式
200
200
株式会社サカタのタネ
120,700
159
住友信託銀行株式会社
303,095
156
大崎電気工業株式会社
188,000
108
株式会社岡村製作所
180,000
90
株式会社三越伊勢丹ホールディングス
110,000
84
すてきナイスグループ株式会社
500,000
77
株式会社良品計画
17,200
72
大日精化工業株式会社
278,300
69
株式会社白洋舎
251,000
69
スタンレー電気株式会社
73,000
68
日本紙パルプ商事株式会社
231,525
68
横浜冷凍株式会社
100,000
62
大日本印刷株式会社
60,000
58
株式会社ミツバ
147,000
48
その他58銘柄
1,286,983
594
小計
11,840,156
7,724
11,840,156
7,724
【その他】
銘柄
投資口数
(口)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資
有価証券
その他
有価証券
投資事業有限責任組合 2銘柄
2
16
2
16
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末
残高
(百万円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
9,484
89
9,573
6,385
219
3,187
構築物
755
97
6
846
631
26
214
機械及び装置
12,395
674
90
12,979
10,625
584
2,354
車両及び運搬具
130
4
8
125
112
8
13
工具器具及び備品
11,929
537
91
12,374
11,218
759
1,156
土地
3,945
63
3
4,005
4,005
建設仮勘定
392
2,038
1,543
886
886
有形固定資産計
39,033
3,504
1,743
40,793
28,974
1,598
11,819
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
のれん
94
94
18
特許権
3
3
1
0
2
借地権
15
15
15
ソフトウェア
2,568
8
2,576
2,461
48
114
電話加入権
31
31
31
無形固定資産計
2,713
8
94
2,626
2,462
67
163
長期前払費用
483
14
388
108
72
48
36
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
繰延資産計
 (注) 当期の増加、減少の主な内訳は次のとおりであります。
(主な増加)
 
 
(機械及び装置) 
ボールペン製造用設備   
347百万円
(機械及び装置) 
研究用設備 
166百万円
(工具器具及び備品)
ボールペン製造用金型
162百万円
(工具器具及び備品)
化粧品製造用金型
100百万円
(主な減少)
 
 
(長期前払費用) 
競業避止料
352百万円
 なお、建設仮勘定の増加は主として上記の機械及び装置及び工具器具及び備品の増加ならびに建設中のものにかかるものであり、減少は固定資産本勘定への振替によるものであります。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
552
33
110
333
141
賞与引当金
278
263
278
263
役員賞与引当金
35
35
返品引当金
53
66
53
66
役員退職慰労引当金
606
78
133
551
 (注) 貸倒引当金の当期減少額の(その他)は、一般債権の貸倒実績率による洗替額(106百万円)及び引当対象会社に対する回収不能見込額の減少による戻入額(227百万円)であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
(1)資産の部
1)現金及び預金
区分
金額(百万円)
現金
0
預金の種類
 
普通預金
494
当座預金
3,244
小計
3,739
合計
3,740
2)受取手形
① 相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
サンエックス株式会社
72
株式会社GSIクレオス
68
ショウワノート株式会社
55
株式会社セイカ
28
ダリア株式会社
27
その他
114
合計
367
② 期日別内訳
期日
金額(百万円)
平成21年1月満期
72
〃  2月 〃
83
〃  3月 〃
101
〃  4月 〃
110
合計
367
3)売掛金
① 相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
三菱鉛筆東京販売株式会社
2,434
SANFORD CORPORATION
1,298
三菱鉛筆関西販売株式会社
1,113
三菱鉛筆中部販売株式会社
826
HOSHAN PAN GULF CO.,LTD.
804
その他
7,566
合計
14,043
② 売掛金の回収及び滞留状況
前期末残高
(百万円)
当期発生高
(百万円)
当期回収高
(百万円)
当期末残高
(百万円)
回収率
(%)
滞留期間
(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
14,251
45,618
45,826
14,043
76.5
113.5
 (注) 消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しておりますが、上記当期発生高には消費税等が含まれております。
4)製品
区分
金額(百万円)
鉛筆
775
シャープ
881
ボールペン
2,204
サインペン
745
シャープナー
72
その他
365
合計
5,044
 (注) 製品のうちには一部購入のものを含みますが、社内製造品と規格を同じくするものであるため、製品に含めて一括して処理しております。
5)半製品
区分
金額(百万円)
鉛筆
237
シャープ
35
ボールペン
354
サインペン
37
その他
8
合計
672
6)原材料
区分
金額(百万円)
鉛筆
520
シャープ
363
ボールペン
408
サインペン
140
シャープナー
29
その他
290
合計
1,752
7)仕掛品
区分
金額(百万円)
鉛筆
163
シャープ
178
ボールペン
141
サインペン
147
その他
159
合計
788
8)貯蔵品
区分
金額(百万円)
販売促進用品
70
生産用補助材
35
合計
106
(2)負債の部
1)支払手形
① 相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
株式会社三喜
197
シャープドキュメントシステム株式会社
178
日本写真印刷株式会社
151
株式会社読売広告社
101
株式会社アイポイント
71
その他
387
合計
1,088
② 期日別内訳
期日
金額(百万円)
平成21年1月満期
218
〃  2月 〃
297
〃  3月 〃
265
〃  4月 〃
307
合計
1,088
2)買掛金
相手先
金額(百万円)
山形三菱鉛筆精工株式会社
999
三井物産プラスチックトレード株式会社
361
株式会社ユニコスモ
283
日立マクセル株式会社
281
菱友トレーディング株式会社
238
その他
6,226
合計
8,391
3)退職給付引当金
区分
金額(百万円)
退職給付債務
2,389
未認識数理計算上の差異
△346
未認識過去勤務債務
695
合計
2,738
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 三菱鉛筆株式会社、2008-12-31 期 有価証券報告書