有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【注記事項】
(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

1  連結の範囲に関する事項

(1) 連結子会社は25社です。

主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため、省略しています。

なお、従来、連結子会社であったNERD Inc.については、Nintendo Technology Development Inc.を存続会社とする吸収合併により消滅したため、当連結会計年度より連結の範囲から除外しています。

 

(2) 非連結子会社は次の1社です。

福栄㈱

上記については、小規模であり、総資産、売上高、当期純損益及び利益剰余金等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためです。

 

2  持分法の適用に関する事項

(1) 持分法適用の関連会社は次の4社です。

㈱ポケモン、㈱ワープスター、PUX㈱、First Avenue Entertainment, LLLP

 

(2) 持分法を適用していない非連結子会社は福栄㈱及び関連会社は㈱エイプで、それぞれ当期純損益及び利益
剰余金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないためです。

 

(3) 持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表または仮決算に基づく財務諸表を使用しています。

 

3  連結子会社の事業年度等に関する事項

連結子会社のうち、任天堂溥天股分有限公司、神游科技有限公司、Nintendo RU LLC.他2社の決算日は、12月31日です。

連結決算日との差は3か月以内であるため、当該連結子会社の事業年度に係る財務諸表を基礎として連結を行っています。ただし、連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っています。

 

4  会計方針に関する事項

(1) 重要な資産の評価基準及び評価方法

(イ)有価証券

満期保有目的の債券は償却原価法(定額法)、その他有価証券で時価のあるものは決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)、時価のないものは移動平均法による原価法を採用しています。

 

(ロ)デリバティブ

時価法を採用しています。

 

(ハ)たな卸資産

主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しています。

 

 

(2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法

(イ)有形固定資産(リース資産を除く)

当社及び国内連結子会社については、定率法を採用していますが、一部の工具、器具及び備品については、経済的陳腐化に応じた耐用年数に基づいて償却しています。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しています。在外連結子会社については、経済的見積耐用年数による定額法を採用しています。

主な資産の耐用年数は以下のとおりです。

建物及び構築物………3〜60年

 

(ロ)無形固定資産(リース資産を除く)

定額法を採用しています。なお、自社利用のソフトウェアの償却期間は、社内における利用可能期間(主に5年)に基づいています。

 

(ハ)リース資産

所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産

リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しています。

 

(3) 重要な引当金の計上基準

(イ)貸倒引当金

当社及び国内連結子会社では、債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を検討し回収不能見込額を計上しています。在外連結子会社では、個別に債権の回収可能性を検討し回収不能見込額を計上しています。

 

(ロ)賞与引当金

当社及び一部連結子会社では、従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき計上しています。

 

(4) 退職給付に係る会計処理の方法

①退職給付見込額の期間帰属方法

退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準を採用しています。

②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法

数理計算上の差異及び過去勤務費用については、発生年度に一括処理しています。

③小規模企業等における簡便法の採用

一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を採用しています。

 

なお、当社の確定給付企業年金制度については、年金資産が退職給付債務を上回っているため、「退職給付に係る資産」として投資その他の資産に計上しています。

 

(5) 重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しています。なお、在外連結子会社等の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における「為替換算調整勘定」に含めています。

 

 

(6) のれんの償却方法及び償却期間

主として、5年間の均等償却を行います。ただし、金額的重要性の乏しい場合は、発生年度に全額償却しています。

 

(7) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなります。

 

(8) その他連結財務諸表作成のための重要な事項

消費税等の会計処理

消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式を採用しています。

 

(会計方針の変更)

(平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)

法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当連結会計年度に適用し、平成28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しました。

なお、当連結会計年度において、連結財務諸表に与える影響は軽微です。

 

(表示方法の変更)

(連結損益計算書関係)

前連結会計年度において、独立掲記していた「営業外収益」の「有価証券償還益」は、金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より、「営業外収益」の「その他」に含めて表示することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行いました。

この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」に表示していた「有価証券償還益」6,801百万円、「その他」1,168百万円は、「その他」7,970百万円として組み替えました。

 

(連結キャッシュ・フロー計算書関係)

前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めていた「有価証券及び投資有価証券売却損益」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行いました。

この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に表示していた△5,794百万円は、「有価証券及び投資有価証券売却損益」△439百万円、「その他」△5,355百万円として組み替えました。

 

(追加情報)

(繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)

「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結会計年度から適用しました。

 

 

(連結貸借対照表関係)

※1  たな卸資産の内訳は、次のとおりです。

 

前連結会計年度
(平成28年3月31日)

当連結会計年度
(平成29年3月31日)

製品

36,300

百万円

35,824

百万円

仕掛品

30

百万円

117

百万円

原材料及び貯蔵品

4,102

百万円

3,187

百万円

 

 

※2  有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりです。

 

前連結会計年度
(平成28年3月31日)

当連結会計年度
(平成29年3月31日)

減価償却累計額

67,211

百万円

67,257

百万円

 

 

※3  非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりです。

 

前連結会計年度
(平成28年3月31日)

当連結会計年度
(平成29年3月31日)

投資有価証券

11,595百万円

25,264百万円

 

 

 

(連結損益計算書関係)

※1  期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれています。

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

たな卸資産評価損

4,981

百万円

3,142

百万円

 

 

※2  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりです。

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

研究開発費

69,064

百万円

59,171

百万円

広告宣伝費

46,636

百万円

48,726

百万円

給料手当及び賞与

22,282

百万円

20,471

百万円

減価償却費

6,137

百万円

5,325

百万円

退職給付費用

3,476

百万円

192

百万円

賞与引当金繰入額

635

百万円

590

百万円

貸倒引当金繰入額

48

百万円

94

百万円

 

 

※3  一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は、次のとおりです。

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

研究開発費

69,066

百万円

59,197

百万円

 

 

※4  固定資産売却益の内容は、次のとおりです。

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

 

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

機械装置及び運搬具

9百万円

 

土地

175百万円

 

 

 

機械装置及び運搬具

6百万円

 

 

 

工具、器具及び備品

4百万円

9百万円

 

185百万円

 

 

※5  固定資産処分損の内容は、次のとおりです。

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

 

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

建物及び構築物

175百万円

 

建物及び構築物

275百万円

ソフトウェア

164百万円

 

工具、器具及び備品

33百万円

工具、器具及び備品

11百万円

 

機械装置及び運搬具

19百万円

351百万円

 

328百万円

 

 

※6  事業再編損

前連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

当連結会計年度における事業再編損は、主に米国での事業再編に伴う臨時の退職金です。

 

当連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

当連結会計年度における事業再編損は、主に豪州での事業再編に伴う臨時の退職金です。

 

 

(連結包括利益計算書関係)

※1  その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

その他有価証券評価差額金

 

 

当期発生額

383百万円

8,454百万円

組替調整額

△7,240百万円

1,645百万円

税効果調整前

△6,857百万円

10,100百万円

税効果額

2,193百万円

△2,953百万円

その他有価証券評価差額金

△4,663百万円

7,147百万円

為替換算調整勘定

 

 

当期発生額

△15,446百万円

△5,916百万円

為替換算調整勘定

△15,446百万円

△5,916百万円

持分法適用会社に対する持分相当額

 

 

当期発生額

△97百万円

711百万円

その他の包括利益合計

△20,208百万円

1,942百万円

 

 

 

(連結株主資本等変動計算書関係)

前連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

1  発行済株式に関する事項

株式の種類

当連結会計年度期首

増加

減少

当連結会計年度末

普通株式

(株)

141,669,000

141,669,000

 

 

2  自己株式に関する事項

株式の種類

当連結会計年度期首

増加

減少

当連結会計年度末

普通株式

(株)

23,297,005

2,099

1,759,427

21,539,677

 

(変動事由の概要)

増加は単元未満株式の買取請求による取得で、減少は平成27年3月17日開催の取締役会決議に基づく㈱ディー・エヌ・エーに対する処分(1,759,400株)及び単元未満株式の買増請求による売渡(27株)です。

 

3  配当に関する事項

(1) 配当金支払額

(決議)

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり配当額
(円)

基準日

効力発生日

平成27年6月26日
定時株主総会

普通株式

21,306

180

平成27年3月31日

平成27年6月29日

平成27年10月28日

取締役会

普通株式

3,603

30

平成27年9月30日

平成27年12月1日

 

 

(2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

(決議)

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

配当の原資

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

平成28年6月29日
定時株主総会

普通株式

14,415

利益剰余金

120

平成28年3月31日

平成28年6月30日

 

 

当連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

1  発行済株式に関する事項

株式の種類

当連結会計年度期首

増加

減少

当連結会計年度末

普通株式

(株)

141,669,000

141,669,000

 

 

2  自己株式に関する事項

株式の種類

当連結会計年度期首

増加

減少

当連結会計年度末

普通株式

(株)

21,539,677

1,664

21,541,341

 

(変動事由の概要)

増加は単元未満株式の買取請求による取得です。

 

3  配当に関する事項

(1) 配当金支払額

(決議)

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

1株当たり配当額
(円)

基準日

効力発生日

平成28年6月29日
定時株主総会

普通株式

14,415

120

平成28年3月31日

平成28年6月30日

 

 

(2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

(決議)

株式の種類

配当金の総額
(百万円)

配当の原資

1株当たり
配当額(円)

基準日

効力発生日

平成29年6月29日
定時株主総会

普通株式

51,654

利益剰余金

430

平成29年3月31日

平成29年6月30日

 

 

 

(連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※1  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりです。

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

現金及び預金勘定

570,448百万円

662,763百万円

預入期間が3か月を超える
定期預金

△335,174百万円

△362,801百万円

取得日から3か月以内に
償還期限の到来する短期投資

22,821百万円

31,011百万円

現金及び現金同等物

258,095百万円

330,974百万円

 

 

(リース取引関係)

1  ファイナンス・リース取引

重要性がないため記載を省略しています。

 

2  オペレーティング・リース取引

解約不能のものに係る未経過リース料

 

前連結会計年度
(平成28年3月31日)

当連結会計年度
(平成29年3月31日)

1年以内

1,337百万円

1,278百万円

1年超

6,631百万円

5,810百万円

合計

7,968百万円

7,089百万円

 

 

 

(金融商品関係)

1  金融商品の状況に関する事項

(1) 金融商品に対する取組方針

当社グループ(当社及び連結子会社)は、安全性の高い預金等の金融資産で運用しています。デリバティブは、後述するリスクの軽減及び短期金融資産の運用利回り向上のために利用し、投機的な取引は行いません。

 

(2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに関しては、取引先の財務状況や取引実績を評価し、それに基づいて取引限度額の設定・見直しを行うことにより、リスクの軽減を図っています。有価証券及び投資有価証券に含まれる債券は、主に満期保有目的で信用度の高い取引金融機関等の債券を対象としているため、信用リスクは僅少です。また、為替の変動リスクと市場価格の変動リスクに晒されていますが、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、継続的に見直しをしています。投資有価証券に含まれる株式は主に業務上の関係を有する企業の株式で、市場価格の変動リスクに晒されていますが、保有残高に重要性はありません。

支払手形及び買掛金並びに未払法人税等は、1年以内の支払期日です。

デリバティブ取引は、外貨建預金及び外貨建営業債権に係る為替変動リスクの軽減等を目的とした為替予約取引、直物為替先渡取引及び通貨オプション取引等です。これらの取引については、取締役社長または管掌執行役員の承認を得て、当社では財務部が、連結子会社では財務担当部門が外貨預金等の残高の範囲内でのみ行っており、取引実績は、管掌執行役員及び取締役会に定期的に報告しています。また、契約先は信用度の高い金融機関に限定しているため、相手方の契約不履行によるリスクはほとんどないと認識しています。

 

(3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれています。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。また、「注記事項(デリバティブ取引関係)」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。

 

 

2  金融商品の時価等に関する事項

連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。

前連結会計年度(平成28年3月31日)

 

連結貸借対照表計上額
(百万円)

時価
(百万円)

差額
(百万円)

現金及び預金

570,448

570,448

受取手形及び売掛金

38,731

38,731

有価証券及び投資有価証券

 

 

 

満期保有目的の債券

228,008

228,022

14

その他有価証券

224,275

224,275

資産計

1,061,464

1,061,478

14

支払手形及び買掛金

31,857

31,857

未払法人税等

1,878

1,878

負債計

33,736

33,736

デリバティブ取引

(82)

(82)

 

 

当連結会計年度(平成29年3月31日)

 

連結貸借対照表計上額
(百万円)

時価
(百万円)

差額
(百万円)

現金及び預金

662,763

662,763

受取手形及び売掛金

106,054

106,054

有価証券及び投資有価証券

 

 

 

満期保有目的の債券

172,144

172,134

△9

その他有価証券

242,159

242,159

資産計

1,183,122

1,183,113

△9

支払手形及び買掛金

104,181

104,181

未払法人税等

11,267

11,267

負債計

115,448

115,448

デリバティブ取引

(286)

(286)

 

 

(注1)  金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

現金及び預金、並びに受取手形及び売掛金

これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。

有価証券及び投資有価証券

これらの時価について、株式は取引所の価格によっています。債券は、取引金融機関から提示された価格によっています。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、「注記事項(有価証券関係)」に記載しています。

支払手形及び買掛金、並びに未払法人税等

これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。

デリバティブ取引

デリバティブ取引によって生じた正味の債権債務を純額で表示しており、債務となる場合は(  )で示しています。

時価の算定方法及び取引の対象物の種類ごとのデリバティブ取引に関する事項については、「注記事項(デリバティブ取引関係)」に記載しています。

 

(注2)  時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

 

 

前連結会計年度
(平成28年3月31日)

当連結会計年度
(平成29年3月31日)

非上場株式

(百万円)

12,383

26,967

 

これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めていません。

 

 

(注3)  金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

前連結会計年度(平成28年3月31日)

 

1年以内
(百万円)

1年超5年以内
(百万円)

5年超10年以内

(百万円)

現金及び預金

570,448

受取手形及び売掛金

38,731

有価証券及び投資有価証券

 

 

 

満期保有目的の債券

 

 

 

譲渡性預金

196,241

金銭信託

12,000

公社債

19,760

その他有価証券のうち満期があるもの

 

 

 

譲渡性預金

1,239

862

公社債

118,181

35,939

その他

18

18,902

2,577

合計

956,622

55,703

2,577

 

 

当連結会計年度(平成29年3月31日)

 

1年以内
(百万円)

1年超5年以内
(百万円)

5年超10年以内

(百万円)

現金及び預金

662,763

受取手形及び売掛金

106,054

有価証券及び投資有価証券

 

 

 

満期保有目的の債券

 

 

 

譲渡性預金

134,022

金銭信託

13,000

公社債

25,121

その他有価証券のうち満期があるもの

 

 

 

譲渡性預金

3,663

公社債

107,374

47,038

その他

1,137

16,128

4,118

合計

1,053,137

63,167

4,118

 

 

(有価証券関係)

1  満期保有目的の債券

前連結会計年度(平成28年3月31日)

 

連結貸借対照表計上額
(百万円)

時価
(百万円)

差額
(百万円)

時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの

11,000

11,017

17

時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの

217,008

217,004

△3

合計

228,008

228,022

14

 

 

当連結会計年度(平成29年3月31日)

 

連結貸借対照表計上額
(百万円)

時価
(百万円)

差額
(百万円)

時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの

3,000

3,001

1

時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの

169,144

169,133

△10

合計

172,144

172,134

△9

 

 

 

2  その他有価証券

前連結会計年度(平成28年3月31日)

 

連結貸借対照表計上額
(百万円)

取得原価
(百万円)

差額
(百万円)

連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの

 

 

 

株式

45,248

27,854

17,394

債券

50,162

48,604

1,557

その他

1,240

1,239

0

小計

96,651

77,699

18,952

連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの

 

 

 

株式

1,067

1,146

△79

債券

125,603

127,981

△2,378

その他

954

958

△4

小計

127,624

130,086

△2,462

合計

224,275

207,785

16,489

 

 

当連結会計年度(平成29年3月31日)

 

連結貸借対照表計上額
(百万円)

取得原価
(百万円)

差額
(百万円)

連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの

 

 

 

株式

54,765

27,835

26,930

債券

96,937

96,365

572

その他

10,499

10,320

179

小計

162,202

134,520

27,681

連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの

 

 

 

株式

977

1,129

△152

債券

78,922

79,842

△920

その他

58

58

小計

79,957

81,029

△1,072

合計

242,159

215,549

26,609

 

 

3  連結会計年度中に売却したその他有価証券

前連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

 

売却額
(百万円)

売却益の合計額
(百万円)

売却損の合計額
(百万円)

債券

430,885

125

94

その他

155,922

398

合計

586,807

524

94

 

 

当連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

 

売却額
(百万円)

売却益の合計額
(百万円)

売却損の合計額
(百万円)

債券

185,330

36

△9

その他

29,143

27

△0

合計

214,473

63

△9

 

 

 

(デリバティブ取引関係)

ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

通貨関連

前連結会計年度(平成28年3月31日)

区分

取引の種類

契約額等
(百万円)

契約額等のうち
1年超(百万円)

時価
(百万円)

評価損益
(百万円)

市場取引以外の取引

為替予約取引

 

 

 

 

売建

 

 

 

 

カナダドル

1,878

△76

△81

ポンド

490

5

5

 

 

 

 

 

通貨オプション取引

 

 

 

 

売建

 

 

 

 

コール

 

 

 

 

米ドル

 

8,685

(33)

(—)

 

24

 

8

ユーロ

 

11,602

(52)

(—)

 

63

 

△10

豪ドル

 

3,369

(14)

(—)

 

13

 

0

買建

 

 

 

 

プット

 

 

 

 

米ドル

 

5,790

(33)

(—)

 

30

 

△2

ユーロ

 

7,735

(52)

(—)

 

46

 

△5

豪ドル

 

1,800

(14)

(—)

 

12

 

△1

 

合計

△87

 

 

当連結会計年度(平成29年3月31日)

区分

取引の種類

契約額等
(百万円)

契約額等のうち
1年超(百万円)

時価
(百万円)

評価損益
(百万円)

市場取引以外の取引

為替予約取引

 

 

 

 

売建

 

 

 

 

カナダドル

4,575

2

2

ポンド

1,382

△17

△17

 

 

 

 

 

通貨オプション取引

 

 

 

 

売建

 

 

 

 

コール

 

 

 

 

ユーロ

 

12,758

(212)

(—)

 

156

 

55

買建

 

 

 

 

プット

 

 

 

 

ユーロ

 

7,415

(11)

(—)

 

12

 

1

 

 

 

 

 

通貨スワップ取引

 

 

 

 

円受取・米ドル支払

11,414

△127

△127

 

合計

△85

 

 

(注) 1  時価の算定は、取引金融機関から提示された価格によっています。

2  上記契約額等の(  )内の金額はオプション料です。

 

 

(退職給付関係)

1  採用している退職給付制度の概要

当社では、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を設けています。一部連結子会社では、確定給付型制度のほか、確定拠出型制度を設けています。また、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。なお、一部連結子会社では、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しています。

 

2  確定給付制度

(1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

退職給付債務の期首残高

49,922百万円

49,780百万円

勤務費用

3,132百万円

3,046百万円

利息費用

1,197百万円

957百万円

数理計算上の差異の発生額

21百万円

9百万円

退職給付の支払額

△2,616百万円

△1,062百万円

過去勤務費用の発生額

—百万円

△2,654百万円

外貨換算差額

△1,877百万円

△160百万円

退職給付債務の期末残高

49,780百万円

49,916百万円

 

 

(2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く)

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

年金資産の期首残高

33,933百万円

33,548百万円

期待運用収益

1,063百万円

1,685百万円

数理計算上の差異の発生額

△2,012百万円

△156百万円

事業主からの拠出額

3,798百万円

4,427百万円

退職給付の支払額

△2,519百万円

△974百万円

外貨換算差額

△714百万円

86百万円

年金資産の期末残高

33,548百万円

38,616百万円

 

 

(3) 簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

退職給付に係る負債の期首残高

251百万円

221百万円

退職給付費用

65百万円

51百万円

退職給付の支払額

△9百万円

△2百万円

制度への拠出額

△19百万円

△7百万円

その他

△67百万円

—百万円

外貨換算差額

△0百万円

△0百万円

退職給付に係る負債の期末残高

221百万円

263百万円

 

 

 

(4) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産の調整表

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

積立型制度の退職給付債務

35,839百万円

36,542百万円

年金資産

△33,704百万円

△38,672百万円

 

2,135百万円

△2,130百万円

非積立型制度の退職給付債務

14,318百万円

13,694百万円

連結貸借対照表に計上された負債と
資産の純額

16,453百万円

11,564百万円

 

 

 

退職給付に係る負債

23,546百万円

19,245百万円

退職給付に係る資産

△7,092百万円

△7,680百万円

連結貸借対照表に計上された負債と
資産の純額

16,453百万円

11,564百万円

 

(注)簡便法を適用した制度を含みます。

 

(5) 退職給付費用及びその内訳項目の金額

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

勤務費用

3,198百万円

3,098百万円

利息費用

1,197百万円

957百万円

期待運用収益

△1,063百万円

△1,685百万円

数理計算上の差異の費用処理額

2,033百万円

166百万円

過去勤務費用の費用処理額

—百万円

△2,654百万円

臨時退職金

911百万円

73百万円

その他

131百万円

216百万円

退職給付制度に係る退職給付費用

6,409百万円

171百万円

 

(注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は「勤務費用」に計上しています。

 

(6) 年金資産に関する事項

①年金資産の主な内訳

年金資産の主な分類ごとの比率は、次のとおりです。

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

株式

37%

34%

債券

57%

56%

その他

6%

10%

合計

100%

100%

 

 

②長期期待運用収益率の設定方法

年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しています。

 

(7) 数理計算上の計算基礎に関する事項

主要な数理計算上の計算基礎

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

割引率

0.4〜3.9%

0.6〜3.9%

長期期待運用収益率

1.1〜7.0%

3.9〜7.0%

 

 

 

3  確定拠出制度

一部連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度1,118百万円、当連結会計年度1,141百万円です。

 

(税効果会計関係)

1  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

前連結会計年度
(平成28年3月31日)

当連結会計年度
(平成29年3月31日)

繰延税金資産

 

 

研究開発費

30,714百万円

29,663百万円

税務上の繰越欠損金

14,844百万円

13,897百万円

退職給付に係る負債

8,546百万円

5,802百万円

繰延資産償却超過額

19百万円

5,269百万円

未払金・未払費用

7,518百万円

5,015百万円

税務上の売上認識額

4,427百万円

4,637百万円

たな卸資産における連結会社間
未実現利益及び評価減

3,923百万円

3,123百万円

その他

15,952百万円

7,086百万円

繰延税金資産  小計

85,947百万円

74,496百万円

評価性引当額

△28,094百万円

△1,551百万円

繰延税金資産  合計

57,852百万円

72,944百万円

繰延税金負債

 

 

関係会社留保利益

△6,864百万円

△9,643百万円

その他有価証券評価差額

△5,514百万円

△7,981百万円

その他

△6,680百万円

△6,060百万円

繰延税金負債  合計

△19,059百万円

△23,685百万円

繰延税金資産の純額

38,792百万円

49,259百万円

 

 

2  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

 

前連結会計年度
(平成28年3月31日)

当連結会計年度
(平成29年3月31日)

法定実効税率

33.0%

30.8%

(調整)

 

 

連結子会社の税率差異

1.8%

5.0%

在外連結子会社等の留保利益に係る税効果

0.4%

2.4%

税率変更による

期末繰延税金資産の減額修正

8.1%

未実現利益の税効果未認識による影響

11.2%

△0.8%

持分法適用関連会社損益に伴う影響

△0.5%

△5.7%

評価性引当額

△20.0%

△22.0%

その他

6.4%

0.9%

税効果会計適用後の法人税等の負担率

40.4%

10.6%

 

 

 

(企業結合等関係)

重要性がないため記載を省略しています。

 

(資産除去債務関係)

資産除去債務の総額に重要性がないため記載を省略しています。

 

(賃貸等不動産関係)

賃貸等不動産の総額に重要性がないため記載を省略しています。

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

当社グループは、携帯ゲームやホームコンソールゲームのハードウェア及びソフトウェアの開発、製造及び販売を主な事業としています。全世界向けの主たる開発と製造は当社が行い、日本での販売は主に当社が、海外での販売は主に現地子会社が行っています。事業を展開するうえで、販売状況については製品の種類や地域ごとに分析を行っていますが、当社製品の販売ルートや販売市場は全て同一であり、また、主要な現地子会社は販売機能のみを有した会社であるため、経営資源の配分の決定や業績評価は、種類別や地域別ではなく当社グループ全体で行っています。従って、事業セグメントは単一です。このため、記載を省略しています。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

(単位:百万円)

 

ニンテンドー3DS

プラットフォーム

Wii U

プラットフォーム

Nintendo Switch

プラットフォーム

その他

合計

外部顧客への売上高

235,885

198,362

70,211

504,459

 

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

(単位:百万円)

日本

米大陸

欧州

その他

合計

 

うち、米国

135,461

225,837

192,757

126,916

16,243

504,459

 

(注)  売上高は、顧客の所在地を基礎とした国または地域に分類しています。

 

(2) 有形固定資産

(単位:百万円)

日本

米国

その他

合計

64,381

22,545

824

87,752

 

(注)  有形固定資産は、所在地を基礎とした国に分類しています。

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先はありません。

 

 

当連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

(単位:百万円)

 

ニンテンドー3DS

プラットフォーム

Wii U

プラットフォーム

Nintendo Switch

プラットフォーム

その他

合計

外部顧客への売上高

247,949

64,383

110,951

65,811

489,095

 

(注)  当連結会計年度より、従来の「携帯ゲーム機本体」「ホームコンソールゲーム機本体」「携帯ゲーム機ソフトウェア」「ホームコンソールゲーム機ソフトウェア」「その他」の区分を上記に変更しました。これに伴い、前連結会計年度の「1 製品及びサービスごとの情報」を組み替えました。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

(単位:百万円)

日本

米大陸

欧州

その他

合計

 

うち、米国

130,014

203,954

174,093

129,455

25,671

489,095

 

(注)  売上高は、顧客の所在地を基礎とした国または地域に分類しています。

 

(2) 有形固定資産

(単位:百万円)

日本

米国

その他

合計

64,195

21,576

787

86,558

 

(注)  有形固定資産は、所在地を基礎とした国に分類しています。

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先はありません。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

当社グループは単一セグメントのため、記載を省略しています。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

当社グループは単一セグメントのため、記載を省略しています。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

当社グループは単一セグメントのため、記載を省略しています。

 

 

【関連当事者情報】

1  関連当事者との取引

該当事項はありません。

 

2  重要な関連会社に関する注記

重要な関連会社の要約財務情報

当連結会計年度において、重要な関連会社である㈱ポケモンを含む、全ての持分法適用関連会社(4社)の要約財務情報は以下の通りです。

 

前連結会計年度

当連結会計年度

流動資産合計

(百万円)

111,641

固定資産合計

(百万円)

34,935

流動負債合計

(百万円)

48,601

固定負債合計

(百万円)

41,322

純資産合計

(百万円)

56,652

売上高

(百万円)

166,109

税引前当期純利益金額

(百万円)

62,026

当期純利益金額

(百万円)

42,045

 

(注)  ㈱ポケモンは、重要性が増したため、当連結会計年度より重要な関連会社としており、当該会社を含む要約財務情報を記載しています。

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

1株当たり純資産額

(円)

9,662.73

10,412.59

1株当たり当期純利益

(円)

137.40

853.87

 

(注) 1  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。

2  1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、次のとおりです。

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

16,505

102,574

普通株主に帰属しない金額

(百万円)

普通株式に係る

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

16,505

102,574

普通株式の期中平均株式数

(千株)

120,125

120,128

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 

 

⑤ 【連結附属明細表】
【社債明細表】

該当事項はありません。

 

【借入金等明細表】

区分

当期首残高
(百万円)

当期末残高
(百万円)

平均利率
(%)

返済期限

短期借入金

1年以内に返済予定の長期借入金

1年以内に返済予定のリース債務

12

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)

リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)

その他有利子負債

合計

12

 

(注)  リース債務の平均利率は、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に配分しているため、記載していません。

 

【資産除去債務明細表】

当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しています。

 

(2) 【その他】

当連結会計年度における四半期情報等

(累計期間)

第1四半期

第2四半期

第3四半期

当連結会計年度

売上高

(百万円)

61,969

136,812

311,121

489,095

税金等調整前四半期(当期)純利益又は

税金等調整前四半期純損失(△)

(百万円)

△38,688

32,043

112,673

114,730

親会社株主に帰属する

四半期(当期)純利益又は

親会社株主に帰属する

四半期純損失(△)

(百万円)

△24,534

38,299

102,969

102,574

1株当たり四半期(当期)純利益又は

1株当たり四半期純損失(△)

(円)

△204.23

318.82

857.16

853.87

 

 

(会計期間)

第1四半期

第2四半期

第3四半期

第4四半期

1株当たり四半期純利益又は

1株当たり四半期純損失(△)

(円)

△204.23

523.05

538.34

△3.28

 

 





出典: 任天堂株式会社、2017-03-31 期 有価証券報告書