有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2 【自己株式の取得等の状況】

  【株式の種類等】 旧商法第221条第6項による普通株式の取得

 (1) 【株主総会決議による取得の状況】

     該当事項はありません。

 (2) 【取締役会決議による取得の状況】

     該当事項はありません。

 (3) 【株主総会決議または取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

               905

               353

当期間における取得自己株式

                —

                —

 (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数

(株)

処分価額の総額

(千円)

株式数

(株)

処分価額の総額

(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式分割に係る移転を行った

取得自己株式

その他(単元未満株式の買増請求)

保有自己株式数

1,665,000

 

  【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得

 (1) 【株主総会決議による取得の状況】

     該当事項はありません。

 (2) 【取締役会決議による取得の状況】

     該当事項はありません。

 (3) 【株主総会決議または取締役会決議に基づかないものの内容】

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式

               120

               33

当期間における取得自己株式

                —

                —

(注)当期間における取得自己株式には平成19年2月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による

   株式数は含めておりません。

 (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数

(株)

処分価額の総額

(千円)

株式数

(株)

処分価額の総額

(千円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、株式分割に係る移転を行った

取得自己株式

その他

保有自己株式数

1,665,000

(注)当期間における取得自己株式には平成19年2月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による

   株式数は含めておりません。

 


3 【配当政策】

   利益配分については、将来の事業展開と企業体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を

  実施することを基本方針としております。

   内部留保資金については、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、将来の事業展開と企業体質の強化のた

  めに有効に活用していきたいと考えております。

 

4 【株価の推移】

 (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

回次

51期

52期

53期

54期

55期

 決算年月

平成14年11月

平成15年11月

平成16年11月

平成17年11月

平成18年11月

最高(円)

150

130

144

380

410

最低(円)

75

59

85

120

205

  (注) 株価は、名古屋証券取引所(市場第二部)の取引相場によっております。

 

 (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

月別

平成18年

6月

 

7月

 

8月

 

9月

 

10月

 

11月

最高(円)

309

294

289

280

268

248

最低(円)

292

280

270

264

245

210

  (注) 株価は、名古屋証券取引所(市場第二部)の取引相場によっております。

 

 

 





出典: 株式会社ホウトク、2006-11-30 期 有価証券報告書