有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
(1)連結経営指標等
回次
第45期
第46期
第47期
第48期
第49期
決算年月
平成14年10月
平成15年10月
平成16年10月
平成17年10月
平成18年10月
売上高(千円)
31,226,953
28,345,364
29,294,611
28,555,638
29,122,757
経常利益(千円)
271,179
47,030
897,059
899,413
493,623
当期純利益または当期純損失(△)(千円)
130,527
△346,561
130,042
△534,702
△1,482,365
純資産額(千円)
40,300,927
39,385,083
38,954,446
38,669,410
36,884,822
総資産額(千円)
95,863,658
90,882,377
87,642,637
86,421,154
82,224,965
1株当たり純資産額(円)
1,078.71
1,055.23
1,043.51
1,036.34
990.12
1株当たり当期純利益または当期純損失(△)(円)
3.49
△9.47
2.54
△15.58
△39.78
潜在株式調整後1株当たり当期純利益(円)
自己資本比率(%)
42.0
43.3
44.4
44.7
44.9
自己資本利益率(%)
0.3
0.3
株価収益率(倍)
89.1
158.7
営業活動による
キャッシュ・フロー(千円)
3,482,364
△190,998
2,577,903
△164,768
997,302
投資活動による
キャッシュ・フロー(千円)
56,618
2,700,687
△1,693,723
1,994,242
809,058
財務活動による
キャッシュ・フロー(千円)
△1,764,565
△4,224,435
△3,489,508
△1,970,318
△1,690,834
現金及び現金同等物の期末残高(千円)
7,025,052
5,270,691
2,661,570
2,544,710
2,667,200
従業員数
[外、平均臨時雇用者数](人)
1,976
[420]
1,896
[359]
1,882
[335]
1,946
[340]
1,958
[318]
 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
2.第45期及び第47期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、転換社債を発行しておりますが調整計算の結果1株当たり当期純利益が減少しないため、記載しておりません。
3.第46期及び第48期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益、自己資本利益率及び株価収益率は、当期純損失を計上しているため記載しておりません。
4.第49期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、また、自己資本利益率及び株価収益率は、当期純損失を計上しているため記載しておりません。
5.第46期から、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益または1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に当たっては、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号)及び「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号)を適用しております。
6.第49期の当期純損失の計上は、「固定資産の減損に係る会計基準」の適用に伴う減損損失の計上等によるものです。
(2)提出会社の経営指標等
回次
第45期
第46期
第47期
第48期
第49期
決算年月
平成14年10月
平成15年10月
平成16年10月
平成17年10月
平成18年10月
売上高(千円)
29,599,779
27,093,181
27,812,721
27,353,372
27,834,207
経常利益(千円)
362,707
306,284
839,607
657,987
221,377
当期純利益または当期純損失(△)(千円)
383,622
39,884
78,094
△963,724
△1,884,227
資本金(千円)
16,662,949
16,662,949
16,662,949
16,662,949
16,664,948
(発行済株式総数)(千株)
(37,800)
(37,800)
(37,800)
(37,800)
(37,805)
純資産額(千円)
41,206,815
40,908,392
40,455,560
39,527,877
37,288,019
総資産額(千円)
95,416,911
91,605,073
88,432,977
86,528,323
81,952,881
1株当たり純資産額(円)
1,102.96
1,096.05
1,083.75
1,059.37
1,000.94
1株当たり配当額
(うち1株当たり中間配当額)(円)
11.00
(6.00)
9.00
(5.00)
8.00
(4.00)
8.00
(4.00)
8.00
(4.00)
1株当たり当期純利益または当期純損失(△)(円)
10.26
0.88
1.15
△27.09
△50.56
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益(円)
9.42
自己資本比率(%)
43.2
44.7
45.7
45.7
45.5
自己資本利益率(%)
0.9
0.1
0.2
株価収益率(倍)
30.3
393.2
350.4
配当性向(%)
107.2
1,022.7
695.7
従業員数
[外、平均臨時雇用者数](人)
1,491
[317]
1,393
[293]
1,329
[284]
1,304
[286]
1,293
[288]
 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
2.第46期及び第47期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、転換社債を発行しておりますが調整計算の結果1株当たり当期純利益が減少しないため、記載しておりません。
3.第48期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益、自己資本利益率、株価収益率及び配当性向は、当期純損失を計上しているため記載しておりません。
4.第49期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、また、自己資本利益率、株価収益率及び配当性向は、当期純損失を計上しているため記載しておりません。
5.第46期から、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益または1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に当たっては、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号)及び「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号)を適用しております。
6.第49期の当期純損失の計上は、「固定資産の減損に係る会計基準」の適用に伴う減損損失の計上等によるものです。
2【沿革】
昭和29年1月
現代表取締役社長田﨑俊作が神戸市葺合区(現中央区)において、個人営業による養殖真珠の加工販売業を開始。
昭和31年10月
有限会社田崎真珠商会を設立。
昭和34年12月
有限会社田崎真珠商会を解散し、昭和34年12月11日に田崎真珠株式会社を神戸市葺合区(現中央区)に設立。
本社において養殖真珠の加工及び販売を開始。
昭和36年3月
神戸市灘区に六甲台工場を新設。
昭和38年3月
東京都町田市に町田工場を新設。(昭和59年1月六甲台工場に集約)
昭和39年6月
東京都港区に東京パールファーム(現田崎パールギャラリー)を開設。
昭和40年9月
マベ真珠の養殖技術開発のため、鹿児島県大島郡に奄美養殖場を設置。
昭和41年10月
香港に子会社香港田崎真珠有限公司(現田崎真珠(香港)有限公司、現連結子会社)を設立。
昭和44年4月
あこや商事株式会社を神戸市中央区に設立。
昭和50年4月
マベ真珠の本格的養殖(浜揚)体制を確立。
昭和54年9月
有限会社田崎真珠養殖所、濱口真珠株式会社を吸収合併。
昭和58年11月
神戸市中央区に田崎ビルを建設。同時に本社を同所に移転。
昭和60年6月
大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
昭和61年8月
徳島県海部郡日和佐町に田崎海洋生物研究所を開設。
昭和62年9月
神戸市中央区に田崎真珠布引ビルを建設。
昭和62年11月
神戸市中央区に子会社有限会社奄美真珠母貝養殖所(現連結子会社)を設立。
昭和63年12月
イスラエルに子会社TASAKI RIGER DIAMOND POLISHING ISRAEL,LTD.(平成5年6月TASAKI     (ISRAEL)LTD.に社名変更)を設立。
平成元年11月
神戸市中央区に田崎ジュエリービルを建設。同所に宝飾品細工加工部門を集約。
平成2年3月
神戸市中央区に子会社有限会社あこや真珠母貝養殖所(現連結子会社)を設立。
平成2年10月
神戸市中央区に子会社株式会社田崎運輸サービス(現連結子会社)を設立。
平成3年3月
兵庫県美嚢郡吉川町(現三木市)に田崎真珠研修センターを開設。
平成3年9月
あこや商事株式会社の第三者割当増資の引受に伴い子会社(現連結子会社)とした。
平成4年9月
東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成5年4月
東京証券取引所、大阪証券取引所の市場第一部銘柄に指定。
平成6年7月
子会社TASAKI(ISRAEL)LTD.がデ・ビアス社のサイトホルダーに指定。
平成7年3月
中華民国高雄市に子会社亜細亜田崎真珠股分有限公司(現連結子会社)を設立。
平成7年6月
中華人民共和国上海市に子会社上海田崎真珠有限公司(現連結子会社)を設立。
平成9年1月
アメリカ合衆国に子会社Tasaki U.S.A.Inc.(現連結子会社)を設立、同社の子会社Tasaki  
International Co.,Ltd.とD'Elia&Tasaki Co.,Ltd.を設立。
平成9年4月
ミャンマー連邦に南洋真珠養殖のミャンマー支店を開設。
平成9年10月
東京都中央区銀座に田崎真珠店(現田崎真珠銀座店)を開店。
平成13年7月
ミャンマー連邦に子会社MYANMAR TASAKI CO., LTD.(現連結子会社)を設立。
平成15年2月
ベルギー王国に子会社Tasaki Euro N. V.(現連結子会社)を設立。
平成15年9月
子会社TASAKI(ISRAEL)LTD.を清算。
平成15年11月
子会社Tasaki International Co.,Ltd.及びD'Elia&Tasaki Co.,Ltd.をTasaki U.S.A.Inc.に吸収合併。




出典: 株式会社TASAKI、2006-10-31 期 有価証券報告書