有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【養殖半製品製造原価明細書】

 

 
 
前事業年度
(自 平成20年11月1日
至 平成21年10月31日)
当事業年度
(自 平成21年11月1日
至 平成22年10月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
1 材料費
 
172,394
 
34.8
46,432
 
27.4
2 労務費
 
258,942
 
52.4
107,060
 
63.1
3 経費
 
63,048
 
12.8
16,090
 
9.5
   当期総養殖費用
 
 
494,385
100.0
 
169,583
100.0
   期首養殖仕掛品たな卸高
 
 
2,575,575
 
 
146,775
 
   合計
 
 
3,069,961
 
 
316,358
 
   他勘定への振替高
※3
 
2,466,171
 
 
52,515
 
   養殖貝売上原価
 
 
12,514
 
 
7,480
 
   期末養殖仕掛品たな卸高
 
 
146,775
 
 
160,909
 
   当期養殖半製品製造原価
 
 
444,500
 
 
95,453
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

(注)

 

前事業年度
(自 平成20年11月1日
至 平成21年10月31日)
当事業年度
(自 平成21年11月1日
至 平成22年10月31日)
 1 上記明細書は、養殖部門の養殖活動に係る半製品製造原価明細であります。
 1 上記明細書は、養殖部門の養殖活動に係る半製品製造原価明細であります。
 2 原価計算の方法
   実際原価による個別原価計算
 2 原価計算の方法
同左
※3 他勘定への振替高の内訳
販売費及び一般管理費
3,806千円
営業外費用
7,470
事業場閉鎖損失(特別損失)
2,454,895
 計
2,466,171

   事業場閉鎖損失振替高は当事業年度において、養殖事業の効率化のために大半の養殖場を閉鎖したことに伴う棚卸資産評価損等であります。
※3 他勘定への振替高の内訳
養殖貝斃死損(営業外費用)
52,515千円
 計
52,515

 

 

 

【製品製造原価明細書】

 

 
 
前事業年度
(自 平成20年11月1日
至 平成21年10月31日)
当事業年度
(自 平成21年11月1日
至 平成22年10月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
1 材料費
 
1,810,856
 
43.8
3,109,999
 
64.8
2 半製品費
※3
1,041,011
 
25.1
669,861
 
14.0
3 労務費
 
828,653
 
20.0
575,580
 
12.0
4 経費
※4
459,068
 
11.1
442,017
 
9.2
   当期総製造費用
 
 
4,139,590
100.0
 
4,797,460
100.0
   期首仕掛品たな卸高
 
 
256,323
 
 
155,979
 
   合計
 
 
4,395,913
 
 
4,953,439
 
   期末仕掛品たな卸高
 
 
155,979
 
 
102,489
 
   当期製品製造原価
 
 
4,239,934
 
 
4,850,949
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

(注)

 

前事業年度
(自 平成20年11月1日
至 平成21年10月31日)
当事業年度
(自 平成21年11月1日
至 平成22年10月31日)
 1 上記明細書は、生産部門の生産活動に係る製造原価明細であります。
 1 上記明細書は、生産部門の生産活動に係る製造原価明細であります。
 2 原価計算の方法
   実際原価による個別原価計算
   なお、加工費部分については標準原価によっており実際と標準との差額については原価差額調整を行っております。
 2 原価計算の方法
同左
※3 半製品費には養殖半製品製造原価444,500千円及び仕入商品製造投入高437,532千円が含まれております。
※3 半製品費には養殖半製品製造原価95,453千円及び仕入商品製造投入高436,376千円が含まれております。
※4 経費のうち主なものは次のとおりであります。
外注加工費
231,666千円
減価償却費
85,831

※4 経費のうち主なものは次のとおりであります。
外注加工費
293,821千円
減価償却費
66,163


 





出典: 株式会社TASAKI、2010-10-31 期 有価証券報告書