有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略しております。

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
当期首残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 建物
5,442,506
75,223
118,216
(16,868)
5,399,514
4,616,653
195,708
782,860
 構築物
242,411
191
242,220
211,722
2,989
30,498
 機械及び装置
254,389
4,911
249,477
240,193
5,491
9,283
 船舶
148,844
5,392
9,317
144,919
139,023
4,830
5,895
 養殖設備
46,700
2,123
44,577
44,577
234
0
 工具、器具及び備品
1,805,969
94,344
339,066
(6,447)
1,561,247
1,071,282
178,662
489,965
 土地
1,079,212
1,079,212
1,079,212
 建設仮勘定
1,289
1,289
1,289
有形固定資産計
9,020,035
176,249
473,827
(23,316)
8,722,458
6,323,452
387,916
2,399,005
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 その他
151,741
18,901
35,655
134,987
39,928
24,418
95,058
無形固定資産計
151,741
18,901
35,655
134,987
39,928
24,418
95,058
長期前払費用
112,571
12,507
12,957
112,121
39,425
12,457
72,695

(注) 1 「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。

2 当期減少額のうち主なものは、次のとおりであります。

工具、器具及び備品
田崎ジュエリービル 生産用工具、器具及び備品
269,314千円

 

【引当金明細表】

 

区分
当期首残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
425,313
79,368
3,107
 11,672
489,901
賞与引当金
40,000
36,614
3,385
役員賞与引当金
7,900
7,900

(注) 1 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、洗替による戻入額及び債権の回収による戻入額であります。

2 賞与引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、前期引当額と実際支給額との差額の戻入額であります。





出典: 株式会社TASAKI、2012-10-31 期 有価証券報告書