有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前連結会計年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
 当社は、前連結会計年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)および前事業年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、また当連結会計年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)および当事業年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結財務諸表並びに財務諸表について、監査法人トーマツにより監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
   
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
区分
注記番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
3,347,726
   
3,282,903
 
2.受取手形及び売掛金
   
7,474,944
   
7,595,229
 
3.有価証券
   
1,000
   
1,000
 
4.たな卸資産
   
2,773,096
   
3,279,514
 
5.繰延税金資産
   
361,311
   
347,019
 
6.その他
   
165,902
   
159,649
 
7.貸倒引当金
   
△17,343
   
△18,081
 
流動資産合計
   
14,106,636
44.1
 
14,647,234
45.2
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物及び構築物
※2,3
12,739,895
   
14,295,154
   
減価償却累計額
 
5,646,899
7,092,996
 
6,049,465
8,245,688
 
(2)機械装置及び運搬具
 
5,043,202
   
5,027,041
   
減価償却累計額
 
3,673,649
1,369,553
 
3,699,952
1,327,088
 
(3)土地
※2,4
 
6,886,041
   
6,886,041
 
(4)建設仮勘定
   
859,225
   
2,079
 
(5)その他
   
165,780
   
151,594
 
有形固定資産合計
   
16,373,597
51.1
 
16,612,492
51.2
2.無形固定資産
   
27,061
0.1
 
34,601
0.1
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
※1
 
1,007,165
   
526,473
 
(2)長期貸付金
   
59,830
   
57,150
 
(3)繰延税金資産
   
236,765
   
370,186
 
(4)その他
   
283,574
   
275,341
 
(5)貸倒引当金
   
△86,219
   
△85,491
 
投資その他の資産合計
   
1,501,116
4.7
 
1,143,660
3.5
固定資産合計
   
17,901,775
55.9
 
17,790,754
54.8
資産合計
   
32,008,411
100.0
 
32,437,989
100.0
               

 

   
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
区分
注記番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.支払手形及び買掛金
   
7,615,288
   
7,702,148
 
2.短期借入金
※2
 
4,700,000
   
4,700,000
 
3.一年内返済予定長期借入金
※2
 
108,000
   
99,600
 
4.未払法人税等
   
376,853
   
666,137
 
5.賞与引当金
   
555,000
   
541,000
 
6.役員賞与引当金
   
21,615
   
22,687
 
7.設備支払手形
   
949,762
   
207,505
 
8.その他
   
847,974
   
706,633
 
流動負債合計
   
15,174,493
47.4
 
14,645,712
45.2
Ⅱ 固定負債
             
1.長期借入金
※2
 
617,000
   
517,400
 
2.退職給付引当金
   
858,956
   
901,052
 
3.役員退職慰労引当金
   
74,800
   
90,600
 
4.長期設備支払手形
   
228,795
   
257,705
 
5.土地再評価に係る繰延税金負債
※4
 
227,847
   
227,847
 
6.その他
   
84,556
   
84,122
 
固定負債合計
   
2,091,955
6.5
 
2,078,727
6.4
負債合計
   
17,266,449
53.9
 
16,724,440
51.6
               
(純資産の部)
             
Ⅰ 株主資本
             
1.資本金
   
3,164,950
9.9
 
3,164,950
9.7
2.資本剰余金
   
2,494,610
7.8
 
2,494,610
7.7
3.利益剰余金
   
13,480,607
42.1
 
14,620,510
45.1
4.自己株式
   
△3,519
△0.0
 
△3,519
△0.0
株主資本合計
   
19,136,647
59.8
 
20,276,551
62.5
Ⅱ 評価・換算差額等
             
1.その他有価証券評価差額金
   
236,883
0.7
 
68,567
0.2
2.土地再評価差額金
※4
 
△4,631,569
△14.4
 
△4,631,569
△14.3
評価・換算差額等合計
   
△4,394,685
△13.7
 
△4,563,001
△14.1
純資産合計
   
14,741,962
46.1
 
15,713,549
48.4
負債純資産合計
   
32,008,411
100.0
 
32,437,989
100.0
               
②【連結損益計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅰ 売上高
   
35,785,587
100.0
 
35,862,635
100.0
Ⅱ 売上原価
   
24,778,101
69.2
 
25,104,574
70.0
売上総利益
   
11,007,486
30.8
 
10,758,060
30.0
Ⅲ 販売費及び一般管理費
             
1.荷造運賃
 
926,721
   
823,572
   
2.広告宣伝費
 
239,805
   
216,816
   
3.貸倒引当金繰入額
 
12,942
   
7,610
   
4.役員報酬及び給与諸手当
 
3,776,465
   
3,893,502
   
5.福利厚生費
 
621,727
   
638,258
   
6.賞与引当金繰入額
 
456,247
   
451,393
   
7.役員賞与引当金繰入額
 
21,615
   
22,687
   
8.退職給付引当金繰入額
 
98,768
   
87,258
   
9.役員退職慰労引当金繰入額
 
16,900
   
15,800
   
10.減価償却費
 
155,052
   
206,703
   
11.事務所賃借料
 
245,996
   
250,836
   
12.研究開発費
※1
339,892
   
309,861
   
13.その他
 
1,459,638
8,371,773
23.4
1,368,464
8,292,766
23.1
営業利益
   
2,635,712
7.4
 
2,465,294
6.9
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
5,061
   
10,273
   
2.固定資産賃貸料
 
32,599
   
33,670
   
3.仕入割引
 
93,925
   
99,602
   
4.作業屑売却収入
 
86,038
   
121,436
   
5.その他
 
25,222
242,847
0.6
30,154
295,138
0.8
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
38,155
   
64,223
   
2.売上割引
 
4,502
   
   
3.その他
 
52
42,710
0.1
8,784
73,008
0.2
経常利益
   
2,835,849
7.9
 
2,687,424
7.5

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅵ 特別利益
             
1.固定資産売却益
※2
1
   
1,408
   
2.投資有価証券売却益
 
4
   
133,373
   
3.雇用助成金収入
 
3,624
   
2,735
   
4.権利金収入
 
31,233
   
   
5.消却済会員権償還益
 
15,000
49,863
0.1
137,517
0.4
Ⅶ 特別損失
             
1.固定資産売却損
※3
7
   
345
   
2.固定資産除却損
※4
3,577
   
50,473
   
3.投資有価証券評価損
 
   
37,215
   
4.移転費用
 
3,585
0.0
65,362
153,397
0.4
税金等調整前当期純利益
   
2,882,128
8.0
 
2,671,544
7.5
法人税、住民税及び事業税
 
1,087,287
   
1,259,360
   
法人税等調整額
 
188,385
1,275,672
3.5
△4,561
1,254,799
3.5
当期純利益
   
1,606,455
4.5
 
1,416,745
4.0
               
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成18年2月28日 残高(千円)
3,164,950
2,494,610
12,170,657
△2,950
17,827,267
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当(千円)
   
△276,849
 
△276,849
利益処分による役員賞与
(千円)
   
△19,656
 
△19,656
当期純利益(千円)
   
1,606,455
 
1,606,455
自己株式の取得(千円)
     
△569
△569
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
(千円)
         
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
1,309,949
△569
1,309,380
平成19年2月28日 残高(千円)
3,164,950
2,494,610
13,480,607
△3,519
19,136,647
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
土地再評価差額金
評価・換算差額等合計
平成18年2月28日 残高(千円)
213,285
△4,631,569
△4,418,283
13,408,983
連結会計年度中の変動額
       
剰余金の配当(千円)
     
△276,849
利益処分による役員賞与
(千円)
     
△19,656
当期純利益(千円)
     
1,606,455
自己株式の取得(千円)
     
△569
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
(千円)
23,598
23,598
23,598
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
23,598
23,598
1,332,979
平成19年2月28日 残高(千円)
236,883
△4,631,569
△4,394,685
14,741,962
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年2月28日 残高(千円)
3,164,950
2,494,610
13,480,607
△3,519
19,136,647
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当(千円)
   
△276,842
 
△276,842
当期純利益(千円)
   
1,416,745
 
1,416,745
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
(千円)
         
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
1,139,903
1,139,903
平成20年2月29日 残高(千円)
3,164,950
2,494,610
14,620,510
△3,519
20,276,551
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
土地再評価差額金
評価・換算差額等合計
平成19年2月28日 残高(千円)
236,883
△4,631,569
△4,394,685
14,741,962
連結会計年度中の変動額
       
剰余金の配当(千円)
     
△276,842
当期純利益(千円)
     
1,416,745
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
(千円)
△168,316
△168,316
△168,316
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△168,316
△168,316
971,586
平成20年2月29日 残高(千円)
68,567
△4,631,569
△4,563,001
15,713,549
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
     
税金等調整前当期純利益
 
2,882,128
2,671,544
減価償却費
 
866,950
893,981
賞与引当金の減少額
 
△7,000
△14,000
役員賞与引当金の増加額
 
21,615
1,071
退職給付引当金の増加額
 
70,895
42,095
役員退職慰労引当金の増加額
 
16,900
15,800
貸倒引当金の増加額(△減少額)
 
△39,288
9
受取利息及び受取配当金
 
△12,689
△18,894
支払利息
 
38,155
64,223
投資有価証券売却益
 
△4
△133,373
投資有価証券評価損
 
37,215
有形固定資産売却益
 
△1
△1,408
有形固定資産売却損
 
7
345
有形固定資産除却損
 
3,577
50,473
移転費用
 
65,362
売上債権の増加額
 
△269,753
△114,823
たな卸資産の減少額(△増加額)
 
49,761
△506,418
その他流動資産の減少額
 
72,859
2,152
その他固定資産の減少額
 
52
109
仕入債務の増加額
 
485,960
86,860
未払消費税等の減少額
 
△144,359
△117,291
その他流動負債の減少額
 
△33,107
△46,265
その他固定負債の増加額(△減少額)
 
9,166
△434
役員賞与の支払額
 
△19,656
その他
 
△139
192
 小計
 
3,992,030
2,978,530
利息及び配当金の受取額
 
12,689
18,894
利息の支払額
 
△64,417
△53,558
役員退職慰労金の支払額
 
△413,200
法人税等の支払額
 
△1,632,275
△951,873
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
1,894,827
1,991,993

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
     
有形固定資産の取得による支出
 
△1,138,415
△1,875,459
有形固定資産の売却による収入
 
2,977
7,900
移転に係る支出 
※2
△87,112
無形固定資産の取得による支出
 
△19,210
△17,678
その他の固定資産の取得による支出
 
△7,165
△14,348
その他の固定資産の減少による収入
 
9,311
15,426
投資有価証券の取得による支出
 
△28,280
△25,263
投資有価証券の売却による収入
 
11
318,229
投資有価証券の償還による収入
 
1,000
1,000
譲渡性預金の取得による支出
 
△2,000,000
譲渡性預金の売却による収入 
 
2,000,000
貸付金の回収による収入
 
4,896
5,680
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△1,174,873
△1,671,625
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
     
短期借入金の純増加額
 
400,000
長期借入による収入 
 
700,000
長期借入金の返済による支出
 
△466,672
△808,000
自己株式の取得による支出
 
△569
配当金の支払額
 
△277,005
△276,997
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△344,246
△384,997
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
 
139
△192
Ⅴ 現金及び現金同等物の増加額(△減少額)
 
375,846
△64,822
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
 
2,971,879
3,347,726
Ⅶ 現金及び現金同等物の期末残高
※1
3,347,726
3,282,903
       
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
項目
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1.連結の範囲に関する事項
   
(1)連結子会社の数
2社
主要な連結子会社の名称
マル厨工業㈱
㈱フジサワ・マルゼン
2社
主要な連結子会社の名称
マル厨工業㈱
㈱フジサワ・マルゼン
(2)非連結子会社の名称等
主要な非連結子会社
台湾丸善股份有限公司
(連結の範囲から除いた理由)
 当該子会社については、小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等の額が、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
主要な非連結子会社
台湾丸善股份有限公司
(連結の範囲から除いた理由)
同    左
2.持分法の適用に関する事項
 持分法を適用しない非連結子会社の台湾丸善股份有限公司については、当期純損益(持分に見合う額)および利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
同    左
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
 連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
同    左
4.会計処理基準に関する事項
   
(1)重要な資産の評価基準および評価方法
イ.有価証券
子会社株式
移動平均法による原価法
イ.有価証券
子会社株式
同    左
 
その他有価証券
時価のあるもの
 連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額金は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
その他有価証券
時価のあるもの
同    左
 
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
時価のないもの
同    左
 
ロ.たな卸資産
製品・原材料・仕掛品
総平均法による原価法
ロ.たな卸資産
製品・原材料・仕掛品
同    左
 
商品
個別法による原価法
商品
同    左
 
貯蔵品
最終仕入原価法による原価法
貯蔵品
同    左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
イ.有形固定資産
 定率法によっております。
ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法を採用しております。
なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
建物及び構築物    8年〜65年
機械装置及び運搬具  4年〜13年
イ.有形固定資産
同    左
 
ロ.無形固定資産
 ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年間)に基づく定額法によっております。
ロ.無形固定資産
同    左
(3)重要な引当金の計上基準
イ.貸倒引当金
 売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
イ.貸倒引当金
同    左
 
ロ.賞与引当金
従業員の賞与支給に備えるため、支給見込額基準に基づき計上しております。
ロ.賞与引当金
同    左
 
ハ.役員賞与引当金
役員賞与の支給に備えるため、当連結会計年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
ハ.役員賞与引当金
同    左
 
ニ.退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務および年金資産の見込額に基づき計上しております。
 なお、数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により按分した金額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
ニ.退職給付引当金
同    左
 
ホ.役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規による期末要支給額を計上しております。
ホ.役員退職慰労引当金
同    左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(4)重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準
 外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
同    左
(5)重要なリース取引の処理方法
 リース物件の所有権が、借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同    左
(6)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
イ.消費税等の会計処理
 税抜方式によっております。
イ.消費税等の会計処理
同    左
5.連結子会社の資産および負債の評価に関する事項
連結子会社の資産および負債の評価については、全面時価評価法を採用しております。
同    左
6.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同    左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(固定資産の減損に係る会計基準)
当連結会計年度より、固定資産の減損に係る会計基準(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審議会 平成14年8月9日))および「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第6号 平成15年10月31日)を適用しております。
なお、これによる損益に与える影響はありません。
          ──────
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
当連結会計年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)および「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
なお、従来の資本の部の合計に相当する金額は14,741,962千円であります。
また、当連結会計年度における連結貸借対照表の純資産の部については、連結財務諸表規則の改正に伴い、改正後の連結財務諸表規則により作成しております。
          ──────
(役員賞与に関する会計基準)
当連結会計年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用しております。
この結果、販売費及び一般管理費が21,615千円増加し、営業利益、経常利益および税金等調整前当期純利益がそれぞれ同額減少しております。
なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
          ──────
          ──────
 (有形固定資産の減価償却方法の変更)
当連結会計年度より、法人税法の改正((所得税法等の一部を改正する法律 平成19年3月30日 法律第6号)および(法人税法施行令の一部を改正する政令 平成19年3月30日 政令第83号))に伴い、平成19年4月1日以降に取得したものについては、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
これによる損益に与える影響は軽微であります。
表示方法の変更
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(連結損益計算書)
1.受取手数料
前連結会計年度まで独立科目で掲記しておりました「受取手数料」(当連結会計年度24千円)は、金額が僅少となったため、営業外収益の「その他」に含めて表示することに変更しました。
(連結損益計算書)
前連結会計年度まで独立科目で掲記しておりました「売上割引」(当連結会計年度3,398千円)は、営業外費用の総額の100分の10以下となったため、営業外費用の「その他」に含めて表示することにしました。
2.為替差益
前連結会計年度まで独立科目で掲記しておりました「為替差益」(当連結会計年度139千円)は、営業外収益の総額の100分の10以下となったため、営業外収益の「その他」に含めて表示することにしました。
 
3.売上割引
前連結会計年度まで営業外費用の「その他」に含めて表示しておりました「売上割引」は、営業外費用の総額の100分の10を超えたため区分掲記しました。
なお、前連結会計年度における「売上割引」の金額は3,054千円であります。
 
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
※1 非連結子会社に対する資産は次のとおりであります。
※1 非連結子会社に対する資産は次のとおりであります。
投資有価証券(株式)
61,390千円
投資有価証券(株式)
 61,390千円
※2 担保に供している資産およびこれに対応する債務は次のとおりであります。
※2 担保に供している資産およびこれに対応する債務は次のとおりであります。
(担保に供している資産)
(担保に供している資産)
建物
1,226,250千円
土地
1,027,588
2,253,839
建物
1,164,830千円
土地
1,027,588
2,192,419
(上記に対応する債務)
(上記に対応する債務)
短期借入金
4,050,000千円
一年内返済予定長期借入金
108,000
長期借入金
617,000
4,775,000
短期借入金
  4,050,000千円
一年内返済予定長期借入金
99,600
長期借入金
517,400
4,667,000
※3 圧縮記帳
 過年度において取得した資産のうち、国庫等補助金の受入れによる圧縮記帳額は、建物351,164千円であり、連結貸借対照表計上額は、この圧縮記帳額を控除しております。
※3 圧縮記帳
 過年度において取得した資産のうち、国庫等補助金の受入れによる圧縮記帳額は、建物351,164千円であり、連結貸借対照表計上額は、この圧縮記帳額を控除しております。
※4 土地再評価
 当社は、「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、事業用土地の再評価を行い、土地再評価差額金を純資産の部に計上しております。
※4 土地再評価
 当社は、「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、事業用土地の再評価を行い、土地再評価差額金を純資産の部に計上しております。
再評価の方法
 土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める地価税の課税標準価格に合理的な調整を行い算出しております。
再評価の方法
 土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定める地価税の課税標準価格に合理的な調整を行い算出しております。
再評価を行った年月日
平成14年2月28日
再評価を行った土地の当期末における時価と再評価後の帳簿価額との差額
974,750千円
再評価を行った年月日
平成14年2月28日
再評価を行った土地の当期末における時価と再評価後の帳簿価額との差額
       672,712千円
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
※1 一般管理費および当期製造費用に含まれる研究開発費は339,892千円であります。
※1 一般管理費および当期製造費用に含まれる研究開発費は309,861千円であります。
※2 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。
※2 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。
機械装置及び運搬具
1千円
 計
1
機械装置及び運搬具
1,408千円
 計
1,408
※3 固定資産売却損の内訳は次のとおりであります。
※3 固定資産売却損の内訳は次のとおりであります。
機械装置及び運搬具
7千円
 計
7
機械装置及び運搬具
 345千円
 計
345
※4 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
※4 固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
機械装置及び運搬具
1,573千円
その他
2,004
 計
3,577
建物及び構築物
   42,787千円
機械装置及び運搬具
6,666
その他
1,019
 計
50,473
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
19,780,000
19,780,000
合計
19,780,000
19,780,000
自己株式
       
普通株式
4,770
800
5,570
合計
4,770
800
5,570
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加800株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
該当事項はありません。
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成18年5月25日
定時株主総会
普通株式
138,426
7.00
平成18年2月28日
平成18年5月25日
平成18年10月10日
取締役会
普通株式
138,422
7.00
平成18年8月31日
平成18年11月6日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年5月24日
定時株主総会
普通株式
138,421
利益剰余金
7.00
平成19年2月28日
平成19年5月25日
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
19,780,000
19,780,000
合計
19,780,000
19,780,000
自己株式
       
普通株式
5,570
5,570
合計
5,570
5,570
 
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
該当事項はありません。
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年5月24日
定時株主総会
普通株式
138,421
7.00
平成19年2月28日
平成19年5月25日
平成19年10月12日
取締役会
普通株式
138,421
7.00
平成19年8月31日
平成19年11月5日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年5月29日
定時株主総会
普通株式
138,421
利益剰余金
7.00
平成20年2月29日
平成20年5月30日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
   現金及び現金同等物の期末残高は、連結貸借対照表に掲記されている現金及び預金残高と一致しております。
※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
          同    左
          ──────
※2 移転に係る支出について
   移転に係る支出については、旧マル厨工業㈱埼玉工場の建物解体費用21,750千円が含まれております。
(リース取引関係)
項目
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額および期末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
有形固定資産
     
機械装置及び運搬具
3,780
3,654
126
「その他」
74,610
41,124
33,486
無形固定資産
140,661
39,891
100,770
合計
219,052
84,669
134,382
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額および期末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
有形固定資産
     
「その他」
55,644
22,513
33,131
無形固定資産
126,565
52,114
74,451
合計
182,210
74,627
107,582
 
2.未経過リース料期末残高相当額
2.未経過リース料期末残高相当額
 
1年内
39,534千円
1年超
94,848
 合計
134,382
1年内
34,368千円
1年超
73,213
 合計
107,582
 
(注) 取得価額相当額および未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
(注)   同    左
 
3.支払リース料および減価償却費相当額
3.支払リース料および減価償却費相当額
 
支払リース料
33,065千円
減価償却費相当額
33,065
支払リース料
41,927千円
減価償却費相当額
41,927
 
4.減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし残存価額を零とする定額法によっております。
4.減価償却費相当額の算定方法
同    左
(有価証券関係)
1.その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額
(千円)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額
(千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
268,715
623,471
354,756
123,847
297,610
173,763
(2)債券
           
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
79,122
131,064
51,941
小計
347,838
754,536
406,698
123,847
297,610
173,763
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
56,312
47,738
△8,573
154,677
100,330
△54,346
(2)債券
           
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
28,017
23,841
△4,176
小計
56,312
47,738
△8,573
182,695
124,171
△58,523
 
合計
404,150
802,275
398,124
306,543
421,782
115,239
(注)当連結会計年度において、有価証券について37,215千円(全てその他有価証券で時価のある株式)減損処理を行っております。 
 
2.前連結会計年度及び当連結会計年度中に売却したその他有価証券
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
売却額
(千円)
売却益
(千円)
売却損
(千円)
売却額
(千円)
売却益
(千円)
売却損
(千円)
11
4
318,229
133,373
3.時価のない有価証券の主な内容
 
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
 
連結貸借対照表計上額(千円)
連結貸借対照表計上額(千円)
(1)その他有価証券
   
非上場株式
142,500
43,300
非上場債券
2,000
1,000
 
4.その他有価証券のうち満期があるものおよび満期保有目的の債券の今後の償還予定額
 
前連結会計年度(平成19年2月28日)
当連結会計年度(平成20年2月29日)
 
1年以内(千円)
1年超5年以内
(千円)
5年超10年以内
(千円)
10年超
(千円)
1年以内(千円)
1年超5年以内
(千円)
5年超10年以内
(千円)
10年超
(千円)
1.債券
               
(1)国債・地方債等
(2)社債
1,000
1,000
1,000
(3)その他
2.その他
合計
1,000
1,000
1,000
(デリバティブ取引関係)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当社グループは、デリバティブ取引を全く利用していないため、該当事項はありません。
          同    左
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
 当社および連結子会社は、確定給付型の制度として適格退職年金制度および退職一時金制度を設けております。
2.退職給付債務およびその内訳
 
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
(1) 退職給付債務(千円)
△1,059,630
△1,121,360
(2) 年金資産(千円)
268,363
240,317
(3) 未積立退職給付債務(千円)
△791,266
△881,042
(4) 未認識数理計算上の差異(千円)
△67,690
△20,009
(5) 退職給付引当金(千円)
△858,956
△901,052
 
3.退職給付費用の内訳
 
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
退職給付費用(千円)
133,285
116,888
(1) 勤務費用(千円)
117,167
116,165
(2) 利息費用(千円)
19,861
21,058
(3) 期待運用収益(減算)(千円)
5,612
5,367
(4) 数理計算上の差異の費用処理額(千円)
1,869
△14,967
 
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
(1) 割引率(%)
2.0
2.0
(2) 期待運用収益率(%)
2.0
2.0
(3) 退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
期間定額基準
(4) 数理計算上の差異の処理年数(年)
5
5
(ストック・オプション等関係)
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
該当事項はありません。
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
該当事項はありません。
(税効果会計関係)
 
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
   
繰延税金資産(流動資産)
貸倒引当金
賞与引当金
未払事業税
連結会社間内部利益消去
その他
小計
評価性引当額
繰延税金資産(流動資産)計
 
13,243千円
226,141
31,558
41,065
56,616
368,625
△7,314
361,311
 
      14,943千円
220,401
47,931
35,502
28,240
347,019
347,019
繰延税金資産(固定資産)
役員退職慰労引当金
退職給付引当金
その他
小計
評価性引当額
繰延税金資産(固定資産)小計
 
30,444千円
350,460
34,286
415,191
△17,185
398,006
 
      36,873千円
364,023
42,031
442,927
△26,068
416,859
繰延税金負債(固定負債)
その他有価証券評価差額金
繰延税金負債(固定負債)小計
繰延税金資産(固定資産)の純額
土地再評価に係る繰延税金資産
評価性引当額
土地再評価に係る繰延税金負債
小計
 
△161,240
△161,240
236,765
2,011,355
△2,011,355
△227,847
△227,847
8,917
 
△46,672
△46,672
370,186
2,011,355
△2,011,355
△227,847
△227,847
142,338
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
   
法定実効税率
(調整)
交際費等永久に損金に算入されない項目
同族会社の留保金課税
住民税均等割
試験研究費の特別税額控除
評価性引当額の増減
その他 
税効果会計適用後の法人税等の負担率
40.5%
 
1.0
2.2
2.7
△1.0
△1.1
44.3
  40.5%
 
1.0
2.1
2.9
△0.8
0.4
0.9
47.0
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
 
業務用厨房機器製造販売業
(千円)
ベーカリー機器製造販売業
(千円)
ビル賃貸業
(千円)
(千円)
消去または 全社
(千円)
連結
(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
           
  売上高
           
 (1)外部顧客に対する売上高
33,173,260
2,117,770
494,556
35,785,587
35,785,587
 (2)セグメント間の内部売上高又は振替高
250,349
250,349
△250,349
33,173,260
2,368,120
494,556
36,035,937
△250,349
35,785,587
営業費用
30,296,280
2,274,161
271,875
32,842,317
307,557
33,149,874
営業利益
2,876,979
93,958
222,681
3,193,619
△557,907
2,635,712
Ⅱ 資産、減価償却費及び資本的支出
           
  資産
22,560,279
1,013,834
4,394,602
27,968,715
4,039,696
32,008,411
  減価償却費
616,193
33,574
203,801
853,569
13,381
866,950
  資本的支出
1,741,986
11,718
1,753,705
752
1,754,457
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
 
業務用厨房機器製造販売業
(千円)
ベーカリー機器製造販売業
(千円)
ビル賃貸業
(千円)
(千円)
消去または 全社
(千円)
連結
(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
           
  売上高
           
 (1)外部顧客に対する売上高
33,102,645
2,193,526
566,463
35,862,635
35,862,635
 (2)セグメント間の内部売上高又は振替高
230,105
230,105
△230,105
33,102,645
2,423,631
566,463
36,092,740
△230,105
35,862,635
営業費用
30,366,856
2,372,683
275,350
33,014,890
382,449
33,397,340
営業利益
2,735,788
50,948
291,112
3,077,849
△612,555
2,465,294
Ⅱ 資産、減価償却費及び資本的支出
           
  資産
22,161,569
1,315,044
5,249,820
28,726,433
3,711,556
32,437,989
  減価償却費
653,922
28,856
198,640
881,419
12,561
893,981
  資本的支出
1,135,458
15,044
5,200
1,155,702
1,013
1,156,716
 (注)1.事業区分の方法
事業区分の方法は、事業の種類・性質、損益の集計区分および関連資産等を考慮し決定しております。
2.各事業区分の主要な内容
業務用厨房機器製造販売業…業務用厨房機器の製造、仕入および販売
ベーカリー機器製造販売業…製パン工場、インストアー店舗等ベーカリー機器の製造、仕入および販売
ビル賃貸業       …ビルの賃貸(ビジネスホテル・介護型有料老人ホーム等)
3.「消去または全社」に含めた金額および主な内容は以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(千円)
当連結会計年度
(千円)
主な内容
消去または全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額
557,907
612,555
提出会社の管理(本社)部門に係る費用
消去または全社の項目に含めた全社資産の金額
4,039,696
3,711,556
提出会社における長期投資資金(投資有価証券)および管理(本社)部門に係る資産等
4.資産の用途の変更
前連結会計年度まで「業務用厨房機器製造販売業」に区分していた当社東日本物流センターおよびマル厨工業㈱旧埼玉工場について、移転に伴い、平成19年6月より貸与することに用途を変更しております。
この結果、当連結会計年度より、上記に係る土地および建物10億32百万円を「ビル賃貸業」に含めて開示しております。
 
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
本邦以外の国または地域に所在する連結子会社および重要な在外支店がないため、所在地別セグメント情報の記載は省略しております。
同    左
【海外売上高】
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
海外売上高は、連結売上高の10%未満のため、記載を省略しております。
同    左
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自平成18年3月1日 至平成19年2月28日)
役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金または出資金(千円)
事業の内容または職業
議決権の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額(千円)
科目
期末残高(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
個人主要株主
渡邉 昌彦
当社相談役
(被所有)
直接27.2
相談役報酬の支払
4,860
(注)当社は、当社個人主要株主渡邉昌彦を相談役として、経営全般の助言での関与度合いに基づいて相談役報酬を決定しております。なお、取引金額には消費税等が含まれておりません。
当連結会計年度(自平成19年3月1日 至平成20年2月29日)
役員及び個人主要株主等
属性
氏名
住所
資本金または出資金(千円)
事業の内容または職業
議決権の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額(千円)
科目
期末残高(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
個人主要株主
渡邉 昌彦
会社役員
(被所有)
直接17.4
相談役報酬の支払
1,200
(注)当社は、当社個人主要株主渡邉昌彦を相談役として、経営全般の助言での関与度合いに基づいて相談役報酬を決定しております。なお、同氏は平成19年6月30日付をもって当社相談役を退任しております。また、取引金額には消費税等が含まれておりません。
(1株当たり情報)
項目
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1株当たり純資産額
745円51銭
   794円64銭
1株当たり当期純利益金額
81円24銭
  71円65銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式がないため記載しておりません。
同    左
 (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1株当たり当期純利益金額
   
当期純利益(千円)
1,606,455
1,416,745
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
1,606,455
1,416,745
期中平均株式数(千株)
19,774
19,774
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
 該当事項はありません。
【借入金等明細表】
区分
前期末残高(千円)
当期末残高(千円)
平均利率(%)
返済期限
短期借入金
4,700,000
4,700,000
1.3
1年以内に返済予定の長期借入金
108,000
99,600
1.7
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
617,000
517,400
1.8
平成21〜22年
その他の有利子負債
合計
5,425,000
5,317,000
(注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
99,600
417,800
(2)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社マルゼン、2008-02-29 期 有価証券報告書