有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第51期

第52期

第53期

第54期

第55期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

売上高

(千円)

12,595,695

13,555,781

13,703,584

13,380,939

13,440,253

経常利益

(千円)

340,113

597,988

856,573

621,045

668,387

親会社株主に帰属する
当期純利益又は
親会社株主に帰属する
当期純損失(△)

(千円)

60,896

411,842

516,400

24,916

516,448

包括利益

(千円)

231,240

479,978

961,537

402,629

559,875

純資産額

(千円)

6,397,716

6,839,740

7,691,614

7,098,879

7,582,526

総資産額

(千円)

13,248,222

13,887,334

14,194,845

14,824,965

15,394,604

1株当たり純資産額

(円)

2,529.24

2,704.00

3,037.90

2,803.92

2,995.17

1株当たり当期純利益又は
1株当たり当期純損失(△)

(円)

24.07

162.82

204.14

9.84

203.99

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

48.3

49.3

54.2

47.9

49.3

自己資本利益率

(%)

1.0

6.2

7.1

0.3

7.0

株価収益率

(倍)

6.8

8.8

8.0

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

348,487

1,032,520

728,615

1,273,809

930,692

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

706,469

491,001

260,617

1,303,914

976,001

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

112,996

17,527

737,270

1,051,444

31,870

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

2,544,304

3,082,818

2,942,421

3,813,814

3,727,517

従業員数
〔外、平均臨時雇用者数〕

(名)

400

424

437

455

436

227

203

166

201

201

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第51期は潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失であるため、第52期及び第53期は希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、第54期及び第55期は潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

3 第51期及び第54期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失のため記載しておりません。

4 従業員数欄の[外書]は、パートタイマー・アルバイト等の臨時雇用者の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第51期

第52期

第53期

第54期

第55期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

売上高

(千円)

10,654,019

11,016,029

10,844,924

10,240,004

10,944,758

経常利益

(千円)

360,453

310,565

324,237

213,201

259,261

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

249,338

200,822

112,417

306,905

195,446

資本金

(千円)

405,900

405,900

405,900

405,900

405,900

発行済株式総数

(株)

2,652,020

2,652,020

2,652,020

2,652,020

2,652,020

純資産額

(千円)

5,161,573

5,324,960

5,364,853

4,833,026

4,994,142

総資産額

(千円)

9,556,805

10,294,736

9,968,630

10,243,907

10,911,061

1株当たり純資産額

(円)

2,040.55

2,105.15

2,118.91

1,908.95

1,972.73

1株当たり配当額

(円)

45.00

60.00

50.00

60.00

(1株当たり中間配当額)

(−)

(15.00)

(15.00)

(30.00)

(10.00)

1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)

(円)

98.57

79.39

44.44

121.22

77.20

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

54.0

51.7

53.8

47.2

45.8

自己資本利益率

(%)

4.8

3.8

2.1

6.0

4.0

株価収益率

(倍)

7.6

14.0

40.5

21.1

配当性向

(%)

56.7

135.0

77.7

従業員数

(名)

69

73

70

75

73

〔外、平均臨時雇用者数〕

11

10

11

27

34

 

(注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。

2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第51期、第52期及び第53期は希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、第54期及び第55期は潜在株式が存在しないため、記載しておりません。

3 第54期の株価収益率及び配当性向については、当期純損失のため記載しておりません。

4 従業員数欄の[外書]は、パートタイマー・アルバイト等の臨時雇用者の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。

5 受取ロイヤリティーは従来「営業外収益」に計上しておりましたが、当事業年度から「売上高」に含めて計上することに変更したため、当該表示方法の変更を反映した遡及修正後の数値を記載しております。

 

2 【沿革】

 

年月

概要

昭和38年6月

カスタムファスナー(※)の販売を目的として、名古屋市東区矢田町に三ツ知鋲螺株式会社を設立

昭和41年12月

名古屋市東区新出来町に本社を移転

昭和46年6月

カスタムファスナーの製造を目的として、三重県松阪市飯高町に株式会社三ツ知製作所を設立
(現 連結子会社)

昭和47年5月

自社ブランド商品「サンクイックナット」を開発(昭和56年9月実用新案登録)

昭和47年8月

名古屋市守山区藪田町(現在地)に本社を移転

昭和49年4月

株式会社三ツ知製作所で冷間鍛造加工を開始

昭和50年2月

商号を株式会社三ツ知に変更

昭和51年7月

自社ブランド商品「オールクイックナッター」を開発(昭和56年7月特許取得)

昭和59年6月

自動車部品の組立を目的として、愛知県瀬戸市西山町に株式会社三ツ知守山工場を設立
(現 連結子会社)

昭和59年12月

株式会社三ツ知製作所の本社を三重県松阪市飯南町に移転、本社工場を新設

昭和60年4月

横浜市緑区鴨居に東京出張所を開設

昭和62年10月

海外での生産を目的として、タイ王国バンコク市にThai Mitchi Corporation Ltd.を設立
(現 連結子会社)

昭和63年8月

愛知県豊川市長草町に豊川出張所を開設

平成元年2月

Thai Mitchi Corporation Ltd.の本社をタイ王国パトムタニ県に移転、工場を新設

平成元年10月

東京出張所を横浜市港北区新横浜に移転し、横浜出張所と改称(現 東京営業所)

平成3年4月

「クイックジョイント」を開発(前田建設工業株式会社、フジミ工研株式会社との共同開発)

平成3年5月

ウインドウレギュレーターの組立を目的として、株式会社三ツ知守山工場が愛知県新城市作手に
作手工場を設置

平成12年3月

株式会社三ツ知製作所が三重県松阪市飯高町に金型工場を設置

平成12年7月

当社及び株式会社三ツ知製作所がISO9002を認証取得

平成13年4月

北米でのカスタムファスナーの販売を目的として、アメリカ合衆国テネシー州ブレントウッド市にMitsuchi Corporation of Americaを設立(現 連結子会社)

平成13年8月

株式会社三ツ知守山工場の商号を株式会社三ツ知部品工業に変更

平成13年8月

株式交換により、株式会社三ツ知製作所及び株式会社三ツ知部品工業を100%子会社化

平成15年7月

当社及び株式会社三ツ知製作所がISO9001を認証取得

平成16年2月

Thai Mitchi Corporation Ltd.がISO9001を認証取得

平成17年3月

Thai Mitchi Corporation Ltd.がQS9000を認証取得

平成17年12月

Thai Mitchi Corporation Ltd.がISO14001を認証取得

平成19年6月

Thai Mitchi Corporation Ltd.がISO/TS 16949を認証取得

平成19年7月

ジャスダック証券取引所へ上場

平成19年10月

Mitsuchi Corporation of Americaの本社をアメリカ合衆国テネシー州ラバーン市に移転

平成20年6月

カスタムファスナーの製造を目的として、Mitsuchi Corporation of Americaがアメリカ合衆国テネシー州ラバーン市に工場を新設

平成22年4月

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場

 

 

年月

概要

平成22年10月

大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成22年11月

中国でのカスタムファスナーの製造・販売を目的として、中華人民共和国江蘇省蘇州市に三之知通用零部件(蘇州)有限公司を設立(現 連結子会社)

平成23年5月

Mitsuchi Corporation of AmericaがISO/TS 16949:2009を認証取得

平成23年12月

TRWオートモーティブジャパン株式会社より分割した株式会社三ツ知春日井の株式を取得(現 連結子会社)

平成24年10月

株式会社三ツ知春日井がISO/TS 16949:2009を認証取得

平成24年10月

三之知通用零部件(蘇州)有限公司がISO9001、TS16949、ISO14000 を認証取得

平成25年4月

広島市南区東荒神町に広島営業所を開設

平成25年7月

東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成28年5月

愛知県瀬戸市穴田町に穴田工場を開設

平成28年9月

名古屋証券取引所市場第二部へ重複上場

平成28年12月

豊川出張所を閉鎖

平成29年1月

愛知県春日井市牛山町に本社及び株式会社三ツ知部品工業の本社を移転

 

(※)カスタムファスナー

工業製品は多くの場合、複数の部品を組み立てることでその製品の機能を備えたものになります。自動車の場合も膨大な数の部品を組み立てることで完成しており、組み立ての際、部品同士を「結び付けるもの」、「締め付けるもの」として留め金具が使用されます。この留め金具を「ファスナー」と言い、代表的なものにボルト・ナット、ピン、ネジ等があります。組み立てにはファスナーの他、溶接等がありますが、組み立て後、可動することで機能を発揮する部分や取り外す可能性のある部分等にはファスナーが多く使用されます。ファスナーには、JIS規格等で形状が決められているいわゆる「標準規格品(スタンダード)」と得意先(カスタマー)のニーズにより用途が特定されている専門部品いわゆる「特注品」があり、当社グループではこの特注品を「カスタムファスナー」と呼んでおります。

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社及び子会社6社(株式会社三ツ知製作所、株式会社三ツ知部品工業、株式会社三ツ知春日井、Thai Mitchi Corporation Ltd.、Mitsuchi Corporation of America、三之知通用零部件(蘇州)有限公司)で構成されており、自動車部品に係るカスタムファスナーの製造・販売等を主たる業務としております。

当社グループの製品は、自動車用部品における車体用部品向けがその中心であり、用途別にはシート用部品、ウインドウレギュレーター用部品、ロック用部品等の各機能部品となっております。

当社グループでは、得意先からのコスト・品質等における高度化・多様化するニーズに的確に対応するために、冷間鍛造(※)をコア技術とし、生産性の向上・製品の高付加価値化に努めております。

 

○当社及び主要な関係会社の当社グループにおける位置付け

セグメント名称

会社名

当社グループにおける位置付け

日本

当社

当社グループを統括し、営業・品質管理・技術開発・生産管理・物流・販売等を担当

株式会社三ツ知製作所

冷間鍛造技術をコアとしたカスタムファスナーの主力生産拠点

株式会社三ツ知部品工業

ウインドウレギュレーター、ロック等の自動車サブアッシー部品の組立拠点

株式会社三ツ知春日井

技術開発拠点として、高度加工技術の追求及び一貫生産体制の構築。冷間鍛造技術をコアとしたカスタムファスナーの生産拠点。

タイ

Thai Mitchi
Corporation Ltd.

タイにおける自動車用部品、家電部品等のカスタムファスナーの製造・販売拠点

米国

Mitsuchi Corporation
of America

北米における自動車用部品のカスタムファスナーの製造・販売拠点

中国

三之知通用零部件
(蘇州)有限公司

中国における自動車用部品のカスタムファスナーの製造・販売拠点

 

 

○当社グループの製・商品における用途品目別の主な種類及び機能

用途品目別

製・商品の主な種類

製・商品の主な機能

自動車用
部品

シート用部品

アーム、リクライニングアジャスターロア、スライドローラー、ロケーション・ピンストライカー、ランバー用ハンドル軸、ヒンジ・ピン、ショルダー・ピン他

座席の前後位置やリクライニングシートの背もたれ角度、高さ、前後調整を行う機能部品

ウインドウ
レギュレーター用部品

ハンドル・シャフト、ギヤ・シャフト、ピン、ローラーASSY、樹脂用タッピングネジ他

窓の開閉装置であり、ウインドガラスを支える金具の上下昇降機能部品

ロック用部品

各種ロック

リアドア、トランクあるいはシート等のロック及びロックの解除を行う機能部品

エンジン用部品

高強度ボルト他

エンジンのための重要保安部品他

足回り用部品

スタッド、ソケット他

ステアリングを含む足回り部品他

その他

エアバッグ部品他

エアバッグのための重要保安部品他

非自動車用部品

クイックジョイント他

トンネルシールド壁自動組立用の締結金具等

 

(※)冷間鍛造

金属材料を常温で金型とプレスを使用して成形する工法であります。

鍛造は、金属材料の温度により、冷間鍛造の他、温間鍛造、熱間鍛造に区分されます。

なお、冷間鍛造における特長は次のとおりであります。

①生産速度が速い(効率的に生産)

②材料のムダが少ない(省資源化及び製造コストの引下げ)

③製品強度を高め、品質が安定(高い品質を保証)

 

 

事業の系統図は、次のとおりであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金

主要な事業
の内容

議決権の所有
割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

株式会社三ツ知製作所

三重県松阪市

(千円)

10,000

自動車部品、自動車カスタムファスナーの製造、販売

100.0

役員の兼任4名
当社製品の製造
設備の賃貸
当社へ金型の販売

株式会社三ツ知部品工業

愛知県春日井市

(千円)

10,000

自動車部品の製造、販売

100.0

役員の兼任4名
当社製品の製造
設備の賃貸借

株式会社三ツ知春日井

愛知県春日井市

(千円)

50,000

自動車部品、自動車カスタムファスナーの製造、販売

100.0

役員の兼任5名
当社製品の製造、販売
当社へ金型の販売
設備の賃貸借

Thai Mitchi
Corporation Ltd.

タイ国
パトムタニ県

(千バーツ)

100,000

自動車部品、自動車用カスタムファスナー、家電部品の製造、販売

100.0

(50.0)

役員の兼任3名
当社製品の製造、販売
設備の賃貸
債務の保証

Mitsuchi Corporation
of America

米国テネシー州

(千米ドル)

5,037

自動車部品、自動車用カスタムファスナーの製造、販売

100.0

(11.7)

役員の兼任3名
当社製品の製造、販売
設備の賃貸
債務の保証

三之知通用零部件(蘇州)
有限公司

中国江蘇省

(千米ドル)

6,400

自動車部品、自動車用カスタムファスナーの製造、販売

100.0

役員の兼任3名
当社製品の製造、販売

 

(注) 1 上記の連結子会社は、すべて特定子会社に該当しております。

2 議決権の所有割合の( )内は間接所有の割合で内数であります。

3 Thai Mitchi Corporation Ltd.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

①売上高

1,886,693千円

 

②経常利益

124,923千円

 

③当期純利益

100,324千円

 

④純資産額

1,613,133千円

 

⑤総資産額

2,278,281千円

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成29年6月30日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

日本

253

(110)

米国

24

(1)

タイ

129

(88)

中国

30

(2)

合計

436

(201)

 

(注) 従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出向者を含んでおります。)であり、( )内に臨時従業員として、パートタイマー・アルバイト及び派遣社員の最近1年間の平均雇用人員を外数で記載しております。

 

(2) 提出会社の状況

平成29年6月30日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

73

(34)

41.5

12.3

5,248,481

 

(注) 1 従業員数は就業人員(当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含んでおります。)であり、( )内に臨時従業員として、パートタイマー・アルバイト及び派遣社員の最近1年間の平均雇用人員を外数で記載しております。

2 平均年齢、平均勤続年数及び平均年間給与には、臨時従業員の数値は含まれておりません。

3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

 





出典: 株式会社三ツ知、2017-06-30 期 有価証券報告書