有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

 

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第30期

第31期

第32期

第33期

第34期

決算年月

平成25年8月

平成26年8月

平成27年8月

平成28年8月

平成29年8月

売上高

(千円)

4,270,759

6,372,369

経常利益

(千円)

614,756

947,060

親会社株主に帰属する

当期純利益

(千円)

389,240

624,703

包括利益

(千円)

387,375

632,256

純資産額

(千円)

7,407,883

7,266,399

総資産額

(千円)

9,452,078

9,724,585

1株当たり純資産額

(円)

1,039.75

1,131.02

1株当たり当期純利益金額

(円)

54.55

87.92

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

78.4

74.7

自己資本利益率

(%)

5.3

8.5

株価収益率

(倍)

9.8

8.8

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

902,653

157,659

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

592,816

815,028

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

152,038

823,575

現金及び現金同等物の

期末残高

(千円)

4,280,054

2,799,110

従業員数

(人)

152

200

(外、平均臨時雇用者数)

()

()

()

(57)

(76)

(注)1.第33期より連結財務諸表を作成しているため、それ以前については記載しておりません。

2.売上高には消費税等は含まれておりません。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材派遣会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

 

(2)提出会社の経営指標等

回次

第30期

第31期

第32期

第33期

第34期

決算年月

平成25年8月

平成26年8月

平成27年8月

平成28年8月

平成29年8月

売上高

(千円)

6,390,670

7,819,855

7,559,960

4,166,684

4,563,099

経常利益

(千円)

2,754,834

2,844,320

2,283,109

662,004

784,671

当期純利益

(千円)

1,565,974

2,185,349

1,407,405

445,652

569,901

持分法を適用した場合の

投資利益

(千円)

資本金

(千円)

1,176,968

1,176,968

1,176,968

1,176,968

1,176,968

発行済株式総数

(株)

1,840,000

7,360,000

7,360,000

7,360,000

7,360,000

純資産額

(千円)

4,205,025

6,284,620

7,371,370

7,466,159

7,262,321

総資産額

(千円)

7,299,671

8,489,308

9,412,455

9,002,292

8,968,522

1株当たり純資産額

(円)

571.58

854.26

1,015.93

1,047.93

1,130.38

1株当たり配当額

(円)

57.5

30.0

35.0

30.0

25.0

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額

(円)

232.71

297.05

193.50

62.46

80.21

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益金額

(円)

230.15

295.30

192.52

自己資本比率

(%)

57.6

74.0

78.3

82.9

81.0

自己資本利益率

(%)

61.6

41.7

20.6

6.0

7.7

株価収益率

(倍)

12.9

6.3

3.5

8.5

9.7

配当性向

(%)

6.2

10.1

18.1

48.0

31.2

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

2,159,015

701,985

2,568,184

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

560,856

1,772,269

348,417

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

1,414,544

388,385

515,564

現金及び現金同等物の

期末残高

(千円)

3,876,722

2,418,052

4,122,255

従業員数

(人)

82

108

112

101

100

(外、平均臨時雇用者数)

(76)

(43)

(66)

(57)

(76)

 (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.第30期において、平成25年3月1日付けで普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。また、平成25年8月5日付けで公募増資による160,000株の新株発行を行っております。

3.第31期において、平成25年12月1日付けで普通株式1株につき4株の割合で株式分割を行っております。第30期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

4.第30期の1株当たり配当額には、創立30周年記念配当50円を含んでおります。

5.第31期の1株当たり配当額には、福島工場完成記念配当15円を含んでおります。

6.第32期の1株当たり配当額には、特別配当5円を含んでおります。

.第33期及び第34期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

8.第33期より連結財務諸表を作成しているため、第33期以降の持分法を適用した場合の投資利益、営業活動によるキャッシュ・フロー、投資活動によるキャッシュ・フロー、財務活動によるキャッシュ・フロー及び現金及び現金同等物の期末残高については、記載しておりません。

.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除く。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材派遣会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2【沿革】

当社は、昭和53年4月、現代表取締役会長の石田利幸が個人で日創商事を創業し、建築用プレス金物の製造販売を開始したことに始まり、昭和58年9月、法人化により日創工業有限会社を設立しております。当社の会社設立後、当社グループの現在までの沿革は次のとおりであります。

年月

事項

昭和58年9月

同 上

日創工業有限会社を設立

福岡県山田市(現福岡県嘉麻市)に山田工場を開設

昭和61年12月

福岡市南区に福岡工場を開設(平成4年6月閉鎖)

平成3年12月

福岡県糟屋郡志免町に志免工場を開設(平成11年12月閉鎖)

平成8年7月

福岡県糟屋郡篠栗町に篠栗工場を開設(平成11年12月閉鎖)

平成9年9月

同 上

日創工業株式会社に組織変更

福岡県山田市(現福岡県嘉麻市)上山田へ山田工場を移転

平成11年9月

鹿児島出張所を開設(平成25年10月閉鎖)

平成11年12月

山田工場に第2棟を増設

平成12年9月

山田工場の隣接地に工場用地を取得

平成12年12月

ISO9001認証取得

平成13年1月

山田工場に第3棟を増設

平成17年4月

山田工場に第4棟を増設

平成19年3月

山田工場に第5棟を増設

平成19年4月

日創プロニティ株式会社に商号変更

平成19年8月

福岡証券取引所Q−Board市場に株式を上場

平成23年2月

東京営業所を開設

平成23年12月

大阪営業所を開設

平成25年8月

福島県石川郡に工場用地を取得

同 上

仙台営業所を開設(平成28年2月閉鎖)

平成26年3月

福島工場を開設

平成26年6月

福島営業所を開設

平成28年3月

吾嬬ゴム工業株式会社(現・連結子会社)の株式を取得

平成28年4月

日創エンジニアリング株式会社(現・連結子会社)を設立

平成29年4月

綾目精機株式会社(現・連結子会社)の株式を取得

 

3【事業の内容】

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日創プロニティ株式会社)及び連結子会社3社により構成されており、当社グループにおけるセグメントごとの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは、次のとおりであります。

なお「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項 (セグメント情報等)」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

セグメントの名称

主な事業内容

関係する会社

金属加工事業

太陽電池アレイ支持架台、金属パネル他金属加工製品の企画、設計、加工、販売

当社

綾目精機株式会社

ゴム加工事業

住宅、機械、公共インフラ設備等に使用するゴム製品の企画、設計、加工、販売

吾嬬ゴム工業株式会社

建設事業

上記事業に付随する建設事業

日創エンジニアリング株式会社

 

[事業系統図]

 以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

(千円)

主要な事業の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

吾嬬ゴム工業株式会社

(注)2

群馬県藤岡市

20,000

ゴム加工事業

100.0

役員の兼任 3名

(連結子会社)

日創エンジニアリング株式会社

(注)3

東京都台東区

20,000

建設事業

100.0

役員の兼任 2名

(連結子会社)

綾目精機株式会社

(注)4

広島県府中市

10,000

金属加工事業

100.0

役員の兼任 4名

(注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.吾嬬ゴム工業株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等      (1)売上高          1,224,744千円

(2)経常利益          234,862千円

(3)当期純利益        155,614千円

(4)純資産額          959,291千円

(5)総資産額        1,419,100千円

3.平成28年9月12日付けで当社グループにおける東京都内の事業拠点を統合し、本社を東京都中央区から東京都台東区に移転しております。

4.平成29年4月7日付けで綾目精機株式会社の全株式を取得し、連結子会社としております。

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成29年8月31日現在

 

セグメントの名称

従業員数(人)

金属加工事業

134(75)

ゴム加工事業

53(−)

建設事業

3(−)

全社(共通)

10( 1)

合計

200(76)

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材派遣会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.金属加工事業において、従業員数が前連結会計年度末と比べ48名増加しましたが、これは平成29年4月7日付けで綾目精機株式会社を子会社化したことが主な要因であります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(2)提出会社の状況

平成29年8月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

100(76)

43.0

8.2

4,829

 

セグメントの名称

従業員数(人)

金属加工事業

90(75)

全社(共通)

10( 1)

合計

100(76)

 (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除く。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材派遣会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

    2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。

 

(3)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。

第2【事業の状況】

1【業績等の概要】

(1)業績

 当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益や企業の業況判断はともに改善し、設備投資の持ち直しが見られるなど緩やかな回復基調が続きましたが、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意が必要な状況で推移いたしました。

 このような状況の中、当社グループは、中期経営計画に基づいて、M&Aによる事業領域の拡大を継続し、当第3四半期連結会計期間において、金属精密切削加工業の綾目精機株式会社を子会社化いたしました。

 当連結会計年度の業績は、金属加工事業における大型案件の納入が想定通りに推移したことや前連結会計年度にグループ化した吾嬬ゴム工業株式会社及び日創エンジニアリング株式会社の業績が通期にわたって寄与したことにより、売上高は6,372百万円(前年同期比49.2%増)、営業利益は915百万円(同52.1%増)、経常利益は947百万円(同54.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は624百万円(同60.5%増)となりました。

 なお、セグメント別の業績は次のとおりであります。

<金属加工事業>

 新規取引先の開拓、既存取引先のリピートに積極的に取り組むとともに個別案件に対しきめ細かな営業活動を行った結果、売上高は4,629百万円(前年同期比11.1%増)、セグメント利益は959百万円(同3.1%増)、当連結会計年度末における受注残高は2,585百万円(同21.0%減)となりました。

 なお、金属加工事業では、平成29年4月7日付けで綾目精機株式会社を子会社化し、みなし取得日を当第3四半期連結会計期間末(平成29年5月31日)としているため、同社の平成29年6月1日から平成29年7月31日までの2ヶ月間の業績を含めております。

<ゴム加工事業>

 九州地方における営業活動の強化や官公庁向けインフラ部材、電力会社向け部材等が堅調に推移したことにより、売上高は1,223百万円(前年同期は104百万円の売上高)、セグメント利益は206百万円(前年同期は25百万円のセグメント利益)、当連結会計年度末における受注残高は81百万円(前年同期比37.2%増)となりました。

 なお、ゴム加工事業では、前連結会計年度において吾嬬ゴム工業株式会社を子会社化し、みなし取得日を前第3四半期連結会計期間末(平成28年5月31日)としているため、前連結会計年度においては、同社の平成28年6月1日から平成28年6月30日までの1ヶ月間の業績を計上し、当連結会計年度においては、同社の平成28年7月1日から平成29年6月30日までの12ヶ月間の業績を計上しております。

<建設事業>

 グループ間の情報連携を図り、材工一括受注を掲げ営業活動に取り組んだ結果、売上高は519百万円、セグメント利益は62百万円(前年同期は6百万円のセグメント損失)、当連結会計年度末における受注残高は45百万円となりました。

 なお、前連結会計年度において、日創エンジニアリング株式会社を設立いたしましたが、建設事業についてはセグメント損失を除き前連結会計年度の比較情報が存在しないため、前年同期比を記載しておりません。

(注)セグメント利益の合計額と営業利益との差異△312百万円は、主として各報告セグメントに配分していない全社費用であります。

 

(2)キャッシュ・フロー

 当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、2,799百万円(前年同期比34.6%減)となりました。

 当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 営業活動の結果獲得した資金は157百万円(同82.5%減)となりました。主な収入要因は、税金等調整前当期純利益948百万円、減価償却費337百万円であり、主な支出要因は、売上債権の増加額812百万円及びたな卸資産の増加額346百万円であります。

 

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 投資活動の結果使用した資金は815百万円(同37.5%増)となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出324百万円、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出407百万円によるものであります。

 

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 財務活動の結果使用した資金は823百万円(同441.7%増)となりました。これは主に、長期借入れによる収入240百万円がありましたが、短期借入金の純減額100百万円、長期借入金の返済による支出174百万円、自己株式の取得による支出560百万円及び配当金の支払額213百万円によるものであります。

2【生産、受注及び販売の状況】

(1) 生産実績

 当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 平成28年9月1日

至 平成29年8月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

金属加工事業

3,362,600

123.2

ゴム加工事業

453,251

1,050.9

合計

3,815,852

137.6

 (注)1.金額は製造原価によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3.ゴム加工事業については、前連結会計年度において吾嬬ゴム工業株式会社を子会社化し、みなし取得日を前第3四半期連結会計期間末(平成28年5月31日)としたため、前連結会計年度においては、同社の平成28年6月1日から平成28年6月30日までの1ヶ月間の生産実績を計上しましたが、当連結会計年度においては、同社の平成28年7月1日から平成29年6月30日までの12ヶ月間の生産実績を計上しております。

4.建設事業については、生産実績を定義することが困難であるため、生産実績を記載しておりません。

(2) 受注状況

 当連結会計年度の受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 平成28年9月1日

至 平成29年8月31日)

受注高(千円)

前年同期比(%)

受注残高(千円)

前年同期比(%)

金属加工事業

3,828,145

61.5

2,585,381

79.0

ゴム加工事業

1,245,363

1,077.5

81,734

137.2

建設事業

565,359

45,510

合計

5,638,868

88.9

2,712,625

81.4

 (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

3.ゴム加工事業については、前連結会計年度において吾嬬ゴム工業株式会社を子会社化し、みなし取得日を前第3四半期連結会計期間末(平成28年5月31日)としたため、前連結会計年度においては、同社の平成28年6月1日から平成28年6月30日までの1ヶ月間の受注高を計上しましたが、当連結会計年度においては、同社の平成28年7月1日から平成29年6月30日までの12ヶ月間の受注高を計上しております。

4.平成28年4月28日付けで日創エンジニアリング株式会社を設立しましたが、前連結会計年度の受注高及び前連結会計年度末現在の受注残高は該当事項がありませんので、建設事業については、前年同期比を記載しておりません。

(3) 販売実績

 当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 平成28年9月1日

至 平成29年8月31日)

金額(千円)

前年同期比(%)

金属加工事業

4,629,488

111.1

ゴム加工事業

1,223,032

1,172.6

建設事業

519,848

合計

6,372,369

149.2

 (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

 

2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。

相手先

前連結会計年度

(自  平成27年9月1日

至  平成28年8月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年9月1日

至  平成29年8月31日)

金額(千円)

割合(%)

金額(千円)

割合(%)

新日鉄住金エンジニアリング株式会社

1,049,114

16.5

株式会社日立パワーソリューションズ

725,788

11.4

前連結会計年度の新日鉄住金エンジニアリング株式会社及び株式会社日立パワーソリューションズについては、当該割合が100分の10未満のため、記載を省略しております。

3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

4.ゴム加工事業については、前連結会計年度において吾嬬ゴム工業株式会社を子会社化し、みなし取得日を前第3四半期連結会計期間末(平成28年5月31日)としたため、前連結会計年度においては、同社の平成28年6月1日から平成28年6月30日までの1ヶ月間の販売実績を計上しましたが、当連結会計年度においては、同社の平成28年7月1日から平成29年6月30日までの12ヶ月間の販売実績を計上しております。

5.平成28年4月28日付けで日創エンジニアリング株式会社を設立しましたが、前連結会計年度の販売実績は該当事項がありませんので、建設事業については、前年同期比を記載しておりません。

 

3【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1) 経営方針

 当社グループは、ステークホルダーの方々からの信頼と期待に応え、企業集団の持続的な成長と企業価値の向上を図っていくため、下記のとおり、「グループ経営理念」、「グループミッション」及び「グループビジョン」を定め、中期経営計画及び年度経営計画の遂行を通して結果を出していくことを経営の基本方針としております。

 

グループ経営理念:日々創造

 当社の創業の精神であり社名の由来でもある「日々創造」は、日創グループに所属する私たちの精神的支柱であり、また日々の業務の現実的な指針です。私たちは、短期的な課題に対しても、長期的な課題に対しても、「日々創造」する企業集団であり続けます。

 

グループミッション:価値の創造

 私たちは、金属加工だけではなく、金属以外の加工、モノづくり、周辺事業へと事業領域を拡大し(事業の多角化)、新たな価値を創造していくことを通じて、社会に貢献してまいります。

 

グループビジョン:加工の総合商社

 「加工の総合商社」が私たちの進むべき方向であり、常に追い求める企業グループ像です。私たちは、グループビジョンに向かってエンドレスの挑戦を続けます。

 

(2) 経営戦略等

 当社グループは、平成28年10月14日に改定し公表いたしました中期経営計画において、中期経営戦略を下記のとおり定めております。また、中期経営目標については、M&Aの推進により、最終年度(平成30年8月期)における売上高を70億円、営業利益を7億円、営業利益率は2ケタを維持し10%と設定しております。

①M&Aの推進、アライアンスの推進による事業領域の拡大(事業の多角化)

 M&Aの推進、アライアンスの推進により、金属加工だけでなく、金属以外の加工、モノづくり、周辺事業へと積極的に事業領域を拡大し、事業の多角化を推進いたします。

②3年間で上限50億円のM&A及びアライアンスに係る戦略投資枠の設定

 企業経営の機動性を高めるため、3年間(平成28年8月期〜平成30年8月期)で上限50億円の戦略投資枠を設定しております。これにより中期経営目標の達成を図り、新たな企業ステージのセカンドステップへつなげてまいります。

(3) 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

 当社グループは、中長期的な成長力・収益力強化の観点から、売上高及び営業利益を重視しております。

 

(4) 経営環境及び対処すべき課題

 当社グループは、主要製品である太陽電池アレイ支持架台の需要が巡航速度に入ると予測する一方で、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)といった情報・技術革新により、経営環境が加速度的に変化していくと認識しております。こうした中、当社グループとしましては、更なるキャッシュ・フローの創出とその再投資によって企業価値の向上に取り組み、持続的な事業成長を図っていくため、対処すべき課題を次のとおり定めております。

 ①新たなビジネスモデルの確立

 1.最重要戦略であるM&Aを通じて、金属加工だけではなく、金属以外の加工、モノづくり、周辺事業へと事業領域を拡大(事業を多角化)することにより、事業間のシナジーを生む新たなビジネスモデルの確立に挑戦いたします。

 2.高い技術やノウハウを有する企業とのM&Aやアライアンスによって、差別化された製品ブランドを提供する新たなビジネスモデルの実現に挑戦いたします。

 ②旺盛なチャレンジ精神の発揮

 持続的な成長を図っていくため、各部門が旺盛なチャレンジ精神をもって課題に挑戦することにより、新たな企業ステージを目指します。

 ③ステークホルダーに向き合う経営

 株主・投資家の皆様、お取引先企業、社員、地域社会等からの信頼と期待に応えていくため、コーポレート・ガバナンスとコンプライアンスの強化、適時開示の適切な実行等により、透明かつ健全で効率の高い経営を遂行いたします。

 

4【事業等のリスク】

 有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下のようなものがあります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)太陽光発電関連製品について

 平成24年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度が成立し、特に第30期(平成25年8月期)以降、太陽光発電関連製品の需要が増加し業績が大幅に拡大しました。こうした中、経済産業省資源エネルギー庁による「長期エネルギー需給見通し」(平成27年7月16日付け公表)が政策目標として決定されたことを受け、引き続き太陽光発電関連製品の受注、生産、販売に積極的に取り組んでおりますが、電気事業者による発電事業者に対する系統接続の動向等によっては、太陽光発電市場が当社グループの予想どおりに推移せず、その場合には当社グループの財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。また、太陽光発電市場が予想どおりに推移した場合でも、競争激化に伴う販売価格の低下の内容によっては、当社グループの財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2)原材料の確保と価格の変動について

 当社グループの主力事業は、金属製品の加工・販売であり、その主要原材料は鋼材であります。当社グループは大手鉄鋼商社から鋼材をコイル単位で仕入れており、取引商社の多様化及びこれらの商社との関係強化を通じて主要原材料の確保を図っておりますが、国内及びアジア地域において短期間に大幅な需要増が発生した場合には鋼材需要が逼迫し、一時的に材料鋼材の確保が困難となり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また、鋼材価格が大幅に上昇した場合には、製品価格への転嫁に伴う販売の停滞や原価率の上昇による利益の低下を通じて、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3)生産拠点について

 当社グループの生産拠点は、福岡県嘉麻市、福島県石川郡、群馬県藤岡市及び広島県府中市の4ヶ所であります。当該拠点では、生産設備の新規投資や安全対策の強化を進めておりますが、当該地域において想定を超えた大規模な自然災害や不測の事態が発生し事業活動への支障が長期にわたった場合には、当社グループの財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4)設備投資について

 当社グループは、大ロットや短納期の顧客ニーズ等に応えていくため、設備投資計画に則り、最新鋭かつ大型の加工設備を計画的に導入しております。当社グループとしては、顧客ニーズや市場動向を十分に検討したうえで設備投資を実行しておりますが、当該設備による生産品目が当社グループの予想に反して十分な需要を確保できなかった場合や販売価格の低下により採算が悪化した場合には、当社グループの財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5)品質管理について

 当社グループは、品質マネジメントシステム規格のISO9001の認証を取得し、万全な品質管理体制を構築することによって、製品の品質管理に細心の注意を払ってまいりました。しかし、こうした体制整備の徹底にも拘わらず、何らかの理由により当社グループの製品に不良が発生し、当該不良を原因として顧客に重大な事故が発生する等の損害が生じた場合には、社会的信用の低下や顧客に対する損害賠償等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6)競合について

 当社グループの主力事業が属する金属加工業界では、中・小規模の事業会社が大多数を占めており、当社グループのように最新鋭かつ大型の加工設備を多数保有する企業は少数であることから、大ロットや短納期の受注に係る競合は、比較的少ない状況にあります。また、加工アイテムの横展開を図ってきたことによって、設計・加工ノウハウの蓄積ができているほか、加工のサプライチェーンを一元化した「オールインワン加工体制」、強い営業力と製品企画力・製品化のスピードの速さ等を背景に、優位性を確保できていると考えております。しかし、加工需要の全般的な減少や市場への過剰供給等により価格競争が激化した場合には、価格競争力の維持が困難となり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

(7)人材の確保、育成について

 当社グループは、事業の拡大に伴い、人材を継続的に確保、育成していく必要があると認識しており、積極的な取り組みを行っております。しかし、当社グループが必要とする人材の確保や育成が十分にできなかった場合には、事業の拡大に制限が生じ、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8)信用リスクについて

 当社グループは、取引先に対し営業債権の形で信用供与を行っており、取引先との間では商品売買基本契約等の契約を締結するとともに、信用状況に応じた与信限度額の設定や貸倒引当金の計上、その他必要な対応策を講じております。しかし、取引先の信用状態の悪化や経営破たん等により、債権回収が不能となった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(9)M&A等について

 当社グループは、成長戦略の一環として、M&A等の手法を用いて事業領域の拡大(事業の多角化)を推進しておりますが、事業環境の急変や想定外の事態の発生等により、当該事業が所期の目標どおりに推移しなかった場合には、当社グループの財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

5【経営上の重要な契約等】

 当社は平成29年3月14日開催の取締役会決議において、平成29年3月16日付けで株式譲渡契約の締結を決議し、平成29年4月7日付けで綾目精機株式会社の全株式を取得いたしました。

 綾目精機株式会社の子会社化につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項 (企業結合等関係)」をご参照ください。

 

6【研究開発活動】

 当連結会計年度は、金属加工事業において、主に宅配ボックスに関する試験研究費として4百万円を計上しております。なお、ゴム加工事業及び建設事業につきましては、該当事項はありません。

7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

 

(1)重要な会計方針及び見積り

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。

 詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載されているとおりであります。

 当社グループの連結財務諸表の作成において、資産又は損益の状況に影響を与える見積りは、過去の実績やその時点で入手可能な情報に基づいた合理的と考えられる様々な要因を考慮した上で行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。

 

(2)財政状態の分析

① 資産

 当連結会計年度末における流動資産は6,647百万円となり、前連結会計年度末に比べ70百万円減少いたしました。これは主に、現金及び預金が1,331百万円減少し、受取手形及び売掛金が151百万円、電子記録債権が772百万円、商品及び製品が130百万円、仕掛品が208百万円それぞれ増加したことによるものであります。

 固定資産は3,077百万円となり、前連結会計年度末に比べ342百万円増加いたしました。これは主に、有形固定資産が190百万円増加したことによるものであります。

 この結果、当連結会計年度末の資産合計は9,724百万円となり、前連結会計年度末に比べ272百万円増加いたしました。

② 負債

 当連結会計年度末における流動負債は1,346百万円となり、前連結会計年度末に比べ241百万円増加いたしました。これは主に、未払法人税等が215百万円増加したことによるものであります。

 固定負債は1,111百万円となり、前連結会計年度末に比べ172百万円増加いたしました。これは主に、長期借入金が85百万円、リース債務が50百万円それぞれ増加したことによるものであります。

 この結果、当連結会計年度末の負債合計は2,458百万円となり、前連結会計年度末に比べ413百万円増加いたしました。

③ 純資産

 当連結会計年度末の純資産合計は7,266百万円となり、前連結会計年度末に比べ141百万円減少いたしました。これは主に、利益剰余金が410百万円増加したこと及び自己株式を560百万円取得したことによるものであります。

 

(3)経営成績の分析

 「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (1)業績」に記載しているとおりであります。

 

(4)キャッシュ・フローの状況

 「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (2)キャッシュ・フロー」に記載しているとおりであります。

 

(5)経営成績に重要な影響を与える要因について

 「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載しているとおりであります。

 

(6)経営者の問題意識と今後の方針について

 「第2 事業の状況 3 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載しているとおりであります。





出典: 日創プロニティ株式会社、2017-08-31 期 有価証券報告書