有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度及び当連結会計年度において当社及び連結子会社は、国内及び海外における各種商品、加工品等の売買を行う商社といわれている業種に従事しております。従いまして、開示対象となるセグメントはありませんので、記載を省略しております。

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(平成17年4月1日から 平成18年3月31日まで)

 在外連結子会社及び在外支店がないため、該当事項はありません。

当連結会計年度(平成18年4月1日から 平成19年3月31日まで)

全セグメントの売上高の合計に占める日本の割合が90%を超えるため、所在地別セグメント情報 
の記載を省略しております。

【海外売上高】

前連結会計年度(平成17年4月1日から 平成18年3月31日まで)

 海外売上高が、連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略しております。

当連結会計年度(平成18年4月1日から 平成19年3月31日まで)

 海外売上高が、連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略しております。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(平成17年4月1日から 平成18年3月31日まで)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(平成18年4月1日から 平成19年3月31日まで)

 

  役員及び個人主要株主等

属性
会社等
の名称
住所
資本金又
は出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
役員の
兼任等
事業上
の関係
役員及び
その近親者
土屋 洋泰 
(監査役 
土屋 昭の
近親者)
税理士業
(0.00%)
税務報酬
3,000

(取引条件及び取引条件の決定方針等)

(注)1 税務報酬については、税理士報酬規程及び市場の実勢価格を勘案し決定しております。

 2 上記報酬には、消費税等は含まれておりません。

 

(企業結合等関係)

該当事項はありません。

 

 

 

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
1株当たり純資産額
651.40円
1株当たり当期純利益
30.35円

 潜在株式調整後1株当たり当期純利益の金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
1株当たり純資産額
654.11円
1株当たり当期純利益
34.50円

 潜在株式調整後1株当たり当期純利益の金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

(注) 算定上の基礎

1 1株当たり純資産額

 

項目
前連結会計年度
(平成18年3月31日)
当連結会計年度
(平成19年3月31日)
連結貸借対照表の純資産の部の
合計額
— 千円
16,342,656千円
普通株式に係る純資産額
— 千円
16,342,656千円
差額の主な内訳
 新株予約権
— 千円
— 千円
 少数株主持分
— 千円
— 千円
普通株式の発行済株式数
— 株
25,168,000株
普通株式の自己株式数
— 株
183,430株
1株当たり純資産額の算定に
用いられた普通株式の数
— 株
24,984,570株

 

 

2 1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益

 

項目
前連結会計年度
(自 平成17年4月1日
至 平成18年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
連結損益計算書上の当期純利益
788,794千円
862,182千円
普通株式に係る当期純利益
758,794千円
862,182千円
普通株主に帰属しない金額
 うち利益処分による取締役
 賞与金
30,000千円
30,000千円
— 千円
— 千円
普通株式の期中平均株式数
25,000,731株
24,990,000株
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。





出典: ソーダニッカ株式会社、2007-03-31 期 有価証券報告書