有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(企業結合等関係)

該当事項はありません。

 

(資産除去債務関係)

    重要性に乏しいため、記載を省略しております。

 

(賃貸等不動産関係)

    重要性に乏しいため、記載を省略しております。

 

(セグメント情報等)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度において当社及び連結子会社は、国内及び海外における各種商品、加工品等の売買を行う商社といわれている業種に従事しております。従いまして、開示対象となるセグメントはありませんので、記載を省略しております。

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(平成21年4月1日から 平成22年3月31日まで)

全セグメントの売上高の合計に占める日本の割合が90%を超えるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。

【海外売上高】

前連結会計年度(平成21年4月1日から 平成22年3月31日まで)

 海外売上高が、連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略しております。

 

 

【セグメント情報】

 

1  報告セグメントの概要

当社グループの報告セグメントは、当社及び子会社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、常務会・取締役会・経営会議が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
 当社グループは、化学品専門商社として各種商品及び加工品等の売買を行っており、主な商品群として無機・有機薬品などの化学品と合成樹脂製品・機器類などの機能材に大別されます。
 したがって、商品の特性・形態・販売方法等を勘案し、「化学品事業」、「機能材事業」及び「その他事業」の3つを報告セグメントとしております。

 

  各セグメントに属する主要商品群等

セグメント
主要商品群等
 化学品事業
 ソーダ製品、ソーダ二次製品、アンモニア系製品、その他無機薬品
 
 塩素系・弗素系・石油系溶剤、石油化学製品、有機ファインケミカル
 機能材事業
 合成樹脂原料、合成樹脂製品、ガラス繊維、包装資材製品
 
 工事、機器、電子材料、産業用材料、資源リサイクル・処理剤
 その他事業
 連結子会社2社(株式会社エス・エヌサービス、曹達日化商貿(上海)有限公司)
 
 賃貸収入

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載の方法と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
 なお、資産及び負債については、事業セグメントに配分していないため、記載しておりません。

 

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

 

前連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

 
 
 
 
 
(単位:千円)
 
報告セグメント
調整額  (注)1
連結財務諸表                    計上額          (注)2
化学品事業
機能材事業
その他事業
売上高
 
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
71,152,360
26,021,670
337,474
97,511,504
97,511,504
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
32,240
32,240
△ 32,240
71,152,360
26,021,670
369,714
97,543,744
△ 32,240
97,511,504
セグメント利益
2,380,530
667,370
29,640
3,077,540
△ 1,268,950
1,808,590

(注)1  セグメント利益の調整額△1,268,950千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

   2  セグメント利益は連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

 
 
 
 
 
(単位:千円)
 
報告セグメント
調整額    (注)1
連結財務諸表                    計上額               (注)2
化学品事業
機能材事業
その他事業
売上高
 
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
72,775,920
27,810,060
411,272
100,997,252
100,997,252
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
37,990
37,990
△ 37,990
72,775,920
27,810,060
449,262
101,035,242
△ 37,990
100,997,252
セグメント利益
2,469,380
703,040
29,076
3,201,496
△ 1,244,490
1,957,006

(注)1  セグメント利益の調整額△1,244,490千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

   2  セグメント利益は連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

(追加情報)

当連結会計年度より「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号 平成21年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号 平成20年3月21日)を適用しております。

 

 

 

 

【関連情報】

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。
 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため記載はありません。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

      該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

   該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

 

  該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

 

  該当事項はありません。

 

 

 

(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
 
1株当たり純資産額
621.51円
 
 
1株当たり当期純利益
35.53円

 
 潜在株式調整後1株当たり当期純利益の金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
 
1株当たり純資産額
636.62円
 
 
1株当たり当期純利益
39.62円

 
 潜在株式調整後1株当たり当期純利益の金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
 

(注) 算定上の基礎

1 1株当たり純資産額

 

項目
前連結会計年度
(平成22年3月31日)
当連結会計年度
(平成23年3月31日)
連結貸借対照表の純資産の部の
合計額
15,526,231千円
15,898,719千円
普通株式に係る純資産額
15,526,231千円
15,898,719千円
差額の主な内訳
— 千円
— 千円
普通株式の発行済株式数
25,168,000株
25,168,000株
普通株式の自己株式数
186,623株
194,177株
1株当たり純資産額の算定に
用いられた普通株式の数
24,981,377株
24,973,823株

 

 

2 1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益

 

項目
前連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
連結損益計算書上の当期純利益
887,747千円
989,494千円
普通株式に係る当期純利益
887,747千円
989,494千円
普通株主に帰属しない金額 
— 千円
— 千円
普通株式の期中平均株式数
24,982,827株
24,977,600株
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
                 —
              — 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 





出典: ソーダニッカ株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書