有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)

 

衣服装飾品

(千円)

身回り品

(千円)

その他

(千円)

(千円)

消去又は全社(千円)

連結

(千円)

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

(1)外部顧客に対する売上高

3,221,134

12,667,505

119,288

16,007,928

16,007,928

(2)セグメント間の内部売上高又は振替高

322,212

322,212

(322,212)

3,221,134

12,667,505

441,501

16,330,141

(322,212)

16,007,928

営業費用

3,204,593

11,769,273

428,271

15,402,137

(131,270)

15,270,867

営業損益

16,541

898,231

13,230

928,003

(190,942)

737,061

Ⅱ 資産、減価償却費及び資本的支出

 

 

 

 

 

 

資産

3,991,242

7,221,852

1,183,317

12,396,412

7,663,994

20,060,407

減価償却費

20,779

29,444

23,021

73,245

29,421

102,666

資本的支出

20,210

5,050

310

25,570

44,351

69,921

 

当連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)

 

衣服装飾品

(千円)

身回り品

(千円)

その他

(千円)

(千円)

消去又は全社(千円)

連結

(千円)

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

(1)外部顧客に対する売上高

3,075,935

12,219,840

17,455

15,313,230

15,313,230

(2)セグメント間の内部売上高又は振替高

(−)

3,075,935

12,219,840

17,455

15,313,230

(−)

15,313,230

営業費用

3,060,130

11,228,138

37,958

14,326,228

210,922

14,537,150

営業損益

15,804

991,701

△20,503

987,002

(210,922)

776,080

Ⅱ 資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出

 

 

 

 

 

 

資産

3,678,546

6,897,096

16,877

10,592,520

7,037,457

17,629,978

減価償却費

23,702

26,617

50,319

29,667

79,987

減損損失

37,751

37,751

資本的支出

65,083

6,794

71,878

15,799

87,677

 (注)1.事業区分の方法

当社の事業区分の方法は、商品を種類別に専門品としての衣服装飾品と、日常品としての身回り品、及びその他に区分しております。

2.各事業区分の主要商品

事業区分

部門区分

主要商品

衣服装飾品

毛皮部門

ジャケット、コート、ストール、ケープ、カラー

宝飾品部門

リング、ネックレス、イヤリング、ブレスレット

身回り品

洋傘部門

紳士用長傘・折傘、婦人用長傘・折傘

子供用長傘・折傘、レイングッズ

洋品部門

スカーフ、マフラー、ストール、タバード

帽子部門

婦人用帽子

その他

不動産部門

土地・建物の賃貸

3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の主なものは、当社の社長室・総務・経理・人事などに係る費用であります。

前連結会計年度     190,942千円

当連結会計年度     210,922千円

4.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の主なものは、当社での余資運用資金(現金及び有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。

前連結会計年度    7,663,994千円

当連結会計年度    7,037,457千円

5.減価償却費及び資本的支出には長期前払費用と同費用に係る償却額が含まれております。

6.会計処理の方法の変更

 (当連結会計年度)

返品調整引当金

「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」4.に記載のとおり、当連結会計年度より、返品による損失に備えるため、過去の返品率及び将来の返品可能性を勘案して見積もった損失見込額を返品調整引当金として計上しております。この変更に伴い、従来の方法によった場合に比較して、身回り品について営業費用は20,024千円多く、営業利益は20,024千円少なく計上されております。なお、身回り品以外の事業についてはセグメント情報に与える影響はありません。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)及び当連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)

 本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店がないため、該当事項はありません。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自平成16年4月1日 至平成17年3月31日)及び当連結会計年度(自平成17年4月1日 至平成18年3月31日)

 海外売上高は、いずれも連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。

 

 





出典: ムーンバット株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書