有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






第5【経理の状況】
1.財務諸表の作成方法について
  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 第60期事業年度(平成18年 4月 1日から平成19年 3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、第61期事業年度(平成19年 4月 1日から平成20年 3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
 なお、第61期事業年度(平成19年 4月 1日から平成20年 3月31日まで)については、「企業内容等の開示に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令」(平成19年 8月15日内閣府令第65号)附則第9条第2項第1号ただし書きにより、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
  当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、第60期事業年度(平成18年 4月 1日から平成19年 3月31日まで)の財務諸表について、並びに、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第61期事業年度(平成19年 4月 1日から平成20年 3月31日まで)の財務諸表について、監査法人トーマツにより監査を受けております。
3.連結財務諸表について
 連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年大蔵省令第28号)第5条第2項により、当社では、子会社の資産、売上高等から見て、当企業集団の財政状態及び経営成績に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとして、連結財務諸表は作成しておりません。
 なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。
  資産基準        1.5%
  売上高基準      0.1%       
  利益基準       -1.2%
  利益剰余金基準 -0.1%
1【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
   
第60期
(平成19年 3月31日)
第61期
(平成20年 3月31日)
区分
注記番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
2,321,818
   
4,555,928
 
2.受取手形
   
359,870
   
270,805
 
3.売掛金
   
12,826,732
   
11,385,402
 
4.有価証券
   
444,229
   
228,046
 
5.商品
   
1,396,070
   
1,271,484
 
6.製品
   
673,271
   
552,218
 
7.原材料
   
406,123
   
363,923
 
8.仕掛品
   
178,169
   
204,177
 
9.貯蔵品
   
15,675
   
12,379
 
10.前渡金
   
15,345
   
17,025
 
11.前払費用
   
61,987
   
64,079
 
12.繰延税金資産
   
65,782
   
68,223
 
13.未収入金
   
22,810
   
990,416
 
14.その他
   
18,063
   
2,562
 
15.貸倒引当金
   
-17,340
   
-9,650
 
流動資産合計
   
18,788,609
61.3
 
19,977,023
70.4
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物
 
6,655,717
   
6,672,460
   
減価償却累計額
 
4,636,701
2,019,015
 
4,830,208
1,842,251
 
(2)構築物
 
391,466
   
391,881
   
減価償却累計額
 
302,276
89,189
 
316,078
75,802
 
(3)機械及び装置
 
6,576,219
   
6,576,596
   
減価償却累計額
 
5,643,574
932,645
 
5,812,063
764,533
 
(4)車両及び運搬具
 
57,240
   
58,090
   
減価償却累計額
 
44,270
12,970
 
49,984
8,106
 
               

 

   
第60期
(平成19年 3月31日)
第61期
(平成20年 3月31日)
区分
注記番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(5)工具・器具及び備品
 
1,555,964
   
1,645,571
   
減価償却累計額
 
1,370,126
185,838
 
1,431,369
214,202
 
(6)土地
   
239,478
   
239,478
 
(7)建設仮勘定
   
41,275
   
71,942
 
有形固定資産合計
   
3,520,414
11.5
 
3,216,317
11.3
2.無形固定資産
             
(1)特許権
   
3,208
   
2,333
 
(2)ソフトウェア
   
21,265
   
328,530
 
(3)ソフトウェア仮勘定
   
386,199
   
 
(4)電話加入権
   
959
   
612
 
無形固定資産合計
   
411,633
1.3
 
331,476
1.2
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
※1
 
4,141,868
   
2,694,821
 
(2)関係会社株式
 
 
2,095,724
   
413,195
 
(3)出資金
   
1,050
   
1,050
 
(4)長期貸付金
   
170
   
170
 
(5)破産更生債権等
   
47,776
   
53,939
 
(6)長期前払費用
   
500
   
100
 
(7)差入保証金
   
1,603,722
   
1,680,789
 
(8)その他
   
100,040
   
72,440
 
(9)貸倒引当金
   
-62,741
   
-51,134
 
投資その他の資産合計
   
7,928,112
25.9
 
4,865,370
17.1
固定資産合計
   
11,860,159
38.7
 
8,413,165
29.6
資産合計
   
30,648,768
100.0
 
28,390,188
100.0
               

 

   
第60期
(平成19年 3月31日)
第61期
(平成20年 3月31日)
区分
注記番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.支払手形
※5
 
122,237
   
107,371
 
2.買掛金
※1
 
7,493,641
   
6,540,422
 
3.短期借入金
 
 
   
200,000
 
4.一年以内返済予定長期借入金
   
550,000
   
550,000
 
5.未払金
   
597,280
   
454,337
 
6.未払費用
   
72,965
   
57,257
 
7.未払法人税等
   
538,031
   
407,461
 
8.前受金
   
1,004
   
1,406
 
9.預り金
   
24,851
   
13,153
 
10.賞与引当金
   
193,000
   
184,000
 
11.その他
   
   
3,695
 
流動負債合計
   
9,593,012
31.3
 
8,519,107
30.0
Ⅱ 固定負債
             
1.長期借入金
   
2,650,000
   
2,100,000
 
2.繰延税金負債
   
632,889
   
275,359
 
3.退職給付引当金
   
567,007
   
455,925
 
4.役員退職慰労引当金
   
74,740
   
88,470
 
5.その他
   
9,519
   
9,552
 
固定負債合計
   
3,934,156
12.8
 
2,929,308
10.3
負債合計
   
13,527,168
44.1
 
11,448,415
40.3
               

 

   
第60期
(平成19年 3月31日)
第61期
(平成20年 3月31日)
区分
注記番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
5,115,224
16.7
 
5,115,224
18.0
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
4,886,268
 
 
4,886,268
 
 
資本剰余金合計
 
 
4,886,268
15.9
 
4,886,268
17.2
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
419,751
 
 
419,751
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
別途積立金
 
2,100,000
 
 
2,100,000
 
 
繰越利益剰余金
 
3,113,088
 
 
3,662,971
 
 
利益剰余金合計
 
 
5,632,839
18.4
 
6,182,722
21.8
4.自己株式
 
 
-32,325
-0.1
 
-38,752
-0.1
株主資本合計
 
 
15,602,007
50.9
 
16,145,462
56.9
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
1,518,651
5.0
 
798,527
2.8
2.繰延ヘッジ損益
 
 
941
0.0
 
-2,217
-0.0
評価・換算差額等合計
 
 
1,519,592
5.0
 
796,309
2.8
純資産合計
 
 
17,121,599
55.9
 
16,941,772
59.7
負債純資産合計
 
 
30,648,768
100.0
 
28,390,188
100.0
               
②【損益計算書】
   
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
区分
注記番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅰ 売上高
             
1.商品売上高
 
27,275,320
   
27,352,299
   
2.製品売上高
 
9,523,058
36,798,378
100.0
9,858,070
37,210,370
100.0
Ⅱ 売上原価
             
1.商品期首棚卸高
 
1,207,683
   
1,396,070
   
2.製品期首棚卸高
 
855,304
   
673,271
   
3.当期商品仕入高
 
25,994,613
   
25,737,152
   
4.当期製品製造原価
※4
6,566,015
   
6,998,649
   
合計
 
34,623,617
   
34,805,143
   
5.商品期末棚卸高
 
1,396,070
   
1,271,484
   
6.製品期末棚卸高
 
673,271
32,554,275
88.5
552,218
32,981,440
88.6
売上総利益
   
4,244,103
11.5
 
4,228,929
11.4
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※1.4
 
3,091,243
8.4
 
3,102,487
8.4
営業利益
   
1,152,860
3.1
 
1,126,442
3.0
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
2,842
   
7,405
   
2.受取配当金
 
22,905
   
30,492
   
3.為替差益
 
14,205
   
   
4.受入手数料
 
   
17,500
   
5. その他
 
12,564
52,518
0.2
12,582
67,980
0.2
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
39,390
   
57,439
   
2.売上債権売却損
 
23,228
   
25,048
   
3.為替差損 
 
   
17,235
   
4.コミットメント・フィー
 
7,499
   
7,376
   
5.その他
 
10,518
80,637
0.2
7,177
114,277
0.3
経常利益
   
1,124,741
3.1
 
1,080,144
2.9

 

   
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
区分
注記番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅵ 特別利益
             
1.投資有価証券償還益
 
239,019
   
403,194
   
2.投資有価証券売却益 
 
   
7,600
   
3.関係会社株式売却益 
 
   
117,430
   
4.貸倒引当金戻入額
 
12,714
251,733
0.7
4,148
532,373
1.5
Ⅶ 特別損失
             
1.固定資産売却損
※2
4,926
   
192
   
2.固定資産除却損
※3
21,537
   
6,496
   
3.投資有価証券評価損
 
26,464
0.1
132,417
139,107
0.4
税引前当期純利益
   
1,350,011
3.7
 
1,473,410
4.0
法人税、住民税及び事業税
 
521,000
   
513,000
   
過年度法人税等 
 
   
135,000
   
法人税等調整額
 
-182,811
338,188
0.9
80,625
728,625
2.0
当期純利益
   
1,011,822
2.8
 
744,785
2.0
               
製造原価明細書
   
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
区分
注記番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
Ⅰ 材料費
 
4,430,873
 
67.1
4,907,666
 
69.6
Ⅱ 労務費
 
862,717
 
13.1
859,710
 
12.2
Ⅲ 経費
※1
1,306,240
 
19.8
1,286,012
 
18.2
当期総製造費用
   
6,599,831
100.0
 
7,053,390
100.0
期首仕掛品棚卸高
   
168,232
   
178,169
 
合計
   
6,768,064
   
7,231,559
 
期末仕掛品棚卸高
   
178,169
   
204,177
 
他勘定振替高
※2
 
23,880
   
28,733
 
当期製品製造原価
   
6,566,015
   
6,998,649
 
 (注)
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
原価計算の方法は部門別総合原価計算を採用しております。
同左
※1.経費のうち主なものには、減価償却費378,313千円、外注加工費60,128 千円があります。
※1.経費のうち主なものには、減価償却費367,002千円、外注加工費53,605千円があります。
※2.他勘定振替高は、研究材料等の自家消費及び不良品廃棄等による払出高であります。
※2.         同左
③【株主資本等変動計算書】
第60期(自 平成18年 4月 1日 至 平成19年 3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本
準備金
資本剰余金合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
別途
積立金
繰越利益
剰余金
平成18年3月31日 残高
(千円)
5,115,224
4,886,268
4,866,268
419,751
2,100,000
2,296,290
4,816,042
-26,979
14,790,555
事業年度中の変動額
                 
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
 
-97,525
-97,525
 
-97,525
剰余金の配当
 
 
 
 
 
-97,498
-97,498
 
-97,498
当期純利益
 
 
 
 
 
1,011,822
1,011,822
 
1,011,822
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
-5,345
-5,345
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
816,797
816,797
-5,345
811,452
平成19年3月31日 残高
(千円)
5,115,224
4,886,268
4,886,268
419,751
2,100,000
3,113,088
5,632,839
-32,325
15,602,007
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
平成18年3月31日 残高
(千円)
1,882,894
1,882,894
16,673,449
事業年度中の変動額
       
剰余金の配当(注)
 
 
 
-97,525
剰余金の配当
 
 
 
-97,498
当期純利益
 
 
 
1,011,822
自己株式の取得
 
 
 
-5,345
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
-364,242
941
-363,301
-363,301
事業年度中の変動額合計
(千円)
-364,242
941
-363,301
448,150
平成19年3月31日 残高
(千円)
1,518,651
941
1,519,592
17,121,599
 (注)平成18年 6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
第61期(自 平成19年 4月 1日 至 平成20年 3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本
準備金
資本剰余金合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
別途
積立金
繰越利益
剰余金
平成19年3月31日 残高
(千円)
5,115,224
4,886,268
4,886,268
419,751
2,100,000
3,113,088
5,632,839
-32,325
15,602,007
事業年度中の変動額
                 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
-194,902
-194,902
 
-194,902
当期純利益
 
 
 
 
 
744,785
744,785
 
744,785
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
-6,427
-6,427
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
549,883
549,883
-6,427
543,455
平成20年3月31日 残高
(千円)
5,115,224
4,886,268
4,886,268
419,751
2,100,000
3,662,971
6,182,722
-38,752
16,145,462
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
平成19年3月31日 残高
(千円)
1,518,651
941
1,519,592
17,121,599
事業年度中の変動額
       
剰余金の配当
 
 
 
-194,902
当期純利益
 
 
 
744,785
自己株式の取得
 
 
 
-6,427
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
-720,124
-3,158
-723,282
-723,282
事業年度中の変動額合計
(千円)
-720,124
-3,158
-723,282
-179,827
平成20年3月31日 残高
(千円)
798,527
-2,217
796,309
16,941,772
④【キャッシュ・フロー計算書】
   
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
区分
注記番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
     
税引前当期純利益
 
1,350,011
1,473,410
減価償却費
 
506,052
627,707
貸倒引当金の増減額(−は減少)
 
-12,714
-4,148
退職給付引当金の増減額(−は減少)
 
-112,986
-111,081
役員退職慰労引当金の増減額(−は減少)
 
-49,350
13,730
受取利息及び受取配当金
 
-25,748
-37,897
投資有価証券償還益
 
-239,019
-403,194
投資有価証券売却益
 
-7,600
関係会社株式売却益
 
-117,430
支払利息
 
39,390
57,439
固定資産売却損
 
4,926
192
固定資産除却損
 
21,537
6,496
投資有価証券評価損
 
132,417
売上債権の増減額(−は増加)
 
-205,233
1,555,442
たな卸資産の増減額(−は増加)
 
-26,448
265,127
仕入債務の増減額(−は減少)
 
374,404
-968,083
未払消費税等の増減額(−は減少)
 
45,089
-23,203
その他
 
118,502
-68,673
小計
 
1,788,413
2,390,650
利息及び配当金の受取額
 
25,222
37,165
利息の支払額
 
-37,549
-54,499
法人税等の支払額
 
-23,808
-777,152
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
1,752,279
1,596,163

 

   
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
区分
注記番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
     
有形固定資産の取得による支出
 
-499,895
-442,013
有形固定資産の売却による収入
 
3,593
有形固定資産の除却による支出
 
-6,732
-1,211
無形固定資産の取得による支出
 
-335,860
-20,254
投資有価証券の取得による支出
 
-10,000
-39,482
投資有価証券の売却による収入
 
57,600
投資有価証券の償還による収入
 
351,948
762,291
関係会社の増資引受による支出
 
-1,616,255
-356,940
関係会社株式の売却による収入
 
1,265,000
その他
 
1,514
-35,231
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
-2,111,687
1,189,758
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
     
 短期借入金の借入れによる収入
 
200,000
長期借入金の返済による支出
 
-387,500
-550,000
長期借入金の借入れによる収入
 
1,600,000
自己株式の取得による支出
 
-5,345
-6,427
配当金の支払額
 
-194,257
-195,341
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
1,012,897
-551,769
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
 
-3
-42
Ⅴ 現金及び現金同等物の増減額(−は減少額)
 
653,485
2,234,110
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
 
1,668,332
2,321,818
Ⅶ 現金及び現金同等物の期末残高
 
2,321,818
4,555,928
       
重要な会計方針
項目
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1) 子会社株式及び関連会社株式
移動平均法による原価法を採用しております。
(1) 子会社株式
同左
 
(2) その他有価証券 
時価のあるもの 
 期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。 
(2) その他有価証券 
時価のあるもの 
同左 
 
時価のないもの
 移動平均法による原価法を採用しております。
時価のないもの
同左
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
(1) 商品・製品・原材料及び仕掛品
 移動平均法による原価法を採用しております。
(1) 商品・製品・原材料及び仕掛品
同左
 
(2) 貯蔵品
 最終仕入原価法による原価法を採用しております。
(2) 貯蔵品
同左
3.固定資産の減価償却の方法
(1) 有形固定資産
 定率法を採用しております。ただし、平成10年 4月 1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用しております。なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
 建物        10年〜50年
 構築物       10年〜15年
 機械及び装置     8年〜 9年
 工具・器具及び備品  4年〜15年
(1) 有形固定資産
同左
 
(2) 無形固定資産
 定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)による定額法を採用しております。
(2) 無形固定資産
同左
4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
 外貨建金銭債権債務は、期末日の直物相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
同左
5.引当金の計上基準
(1) 貸倒引当金
 債権の貸倒による損失に備えるため一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
(1) 貸倒引当金
同左

 

項目
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
 
(2) 賞与引当金
 従業員賞与の支給に備えるため、翌期の支給見込額のうち、当期の負担額を計上しております。
(2) 賞与引当金
同左
 
(3) 退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
(3) 退職給付引当金
同左
 
 数理計算上の差異は、各期の発生時における従業員の平均残存勤務年数以内の一定の年数( 8年)による定額法により按分した額を発生の翌期から損益処理しております。
 
 
(4) 役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
(4) 役員退職慰労引当金
同左
6.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係わる方法に準じた会計処理によっております。
同左
7.ヘッジ会計の方法
(1) ヘッジ会計の方法
 為替予約については振当処理の要件を満たしている場合は振当処理を、金利スワップについては特例処理の要件を満たしている場合は特例処理を採用しております。
(1) ヘッジ会計の方法
同左
 
(2) ヘッジ手段とヘッジ対象
(2) ヘッジ手段とヘッジ対象
 
ヘッジ手段
ヘッジ対象
為替予約
外貨建債権債務及び外貨建予定取引
金利スワップ
借入金
同左
 
(3) ヘッジ方針
 社内規程に基づき、将来の為替、金利変動リスク回避のためにヘッジを行っております。
(3) ヘッジ方針
同左
 
(4) 有効性評価の方法
 振当処理の要件及び特例処理の要件をもって、有効性の判定に代えております。
(4) 有効性評価の方法
同左

 

項目
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
8.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)の範囲は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び取得日から満期日までの期間が3ヵ月以内の定期預金であります。
同左
9.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
(1) 消費税等の会計処理方法
 税抜方式を採用しております。
(1) 消費税等の会計処理方法
同左
会計方針の変更
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
当期より「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。従来の資本の部の合計に相当する金額は17,120,658千円であります。
 なお、当期における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
──────
──────
(有形固定資産の減価償却の方法)
法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく償却方法に変更しております。
 これにより、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ22,148千円減少しております。
表示方法の変更
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
──────
(損益計算書) 
前事業年度まで営業外収益の「その他」に含めておりました「受入手数料」は、営業外収益の総額の100分の10を超えたため区分掲記しました。
 なお、前事業年度における「受入手数料」の金額は1,317千円であります。 
   追加情報 
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
──────
(有形固定資産の減価償却の方法)
平成19年度の法人税法改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 これにより、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ67,373千円減少しております。
注記事項
(貸借対照表関係)
第60期
(平成19年 3月31日)
第61期
(平成20年 3月31日)
※1.担保に供している資産及び対応債務は次のとおりであります。
担保に供している資産
投資有価証券         126,210千円
対応債務
買掛金            1,999,006千円
※1.担保に供している資産及び対応債務は次のとおりであります。
担保に供している資産
投資有価証券          81,600千円
対応債務
買掛金            1,770,722千円
 2.偶発債務
     手形債権流動化に伴う買戻し義務額
                 251,520千円
 2.偶発債務
   手形債権流動化に伴う買戻し義務額 
                     263,412千円
 3.輸出手形割引高         40,668千円
 3.受取手形割引高             548千円
   輸出手形割引高         41,916千円
4.当座貸越契約及び貸出コミットメント
 当社は、運転資金の効率的な調達を行なうため取引銀行8行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。
 当期における当座貸越契約及び貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
4.       ──────
 当座貸越契約及び貸出コミット
 メント
 3,000,000千円
 借入実行残高
 −千円
 差引額
 3,000,000千円
 
※5.期末日満期手形
 期末日の満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。なお、当期末日は金融機関の休日であったため、次の満期手形が期末日の残高に含まれております。
    支払手形            14,175千円
※5.       ──────
(損益計算書関係)
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
※1.販売費に属する費用のおおよその割合は33%であり、一般管理費に属する費用のおおよその割合は67%であります。
 うち、主要な費目及び金額は次のとおりであります。
※1.販売費に属する費用のおおよその割合は32%であり、一般管理費に属する費用のおおよその割合は68%であります。
 うち、主要な費目及び金額は次のとおりであります。
発送配達費
     251,422千円
従業員給与及び手当
758,608
賞与引当金繰入額
92,023
退職給付費用
30,019
役員退職慰労引当金繰入額
23,050
減価償却費
49,308
賃借料
324,433
雑費
176,538
研究開発費
356,248
発送配達費
249,404千円
従業員給与及び手当
729,835
賞与引当金繰入額
83,649
退職給付費用
28,794
役員退職慰労引当金繰入額
20,540
減価償却費
137,024
賃借料
325,140
雑費
229,149
研究開発費
279,739
※2.固定資産売却損の内訳は次のとおりであります。
※2.固定資産売却損の内訳は次のとおりであります。
建物
      4,550千円
工具・器具及び備品
376
 
4,926
 
電話加入権
192千円
192
 
※3.固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
※3.固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
建物
      9,908千円
機械及び装置
6,265
 
車両及び運搬具
255
 
工具・器具及び備品
5,108
 
21,537
 
建物
490千円
機械及び装置
3,932
 
工具・器具及び備品
2,072
 
6,496
 
※4.研究開発費の総額
 一般管理費に含まれる研究開発費は356,248千円であります。なお、当期製造費用に含まれる研究開発費はありません。
※4.研究開発費の総額
 一般管理費に含まれる研究開発費は279,739千円であります。なお、当期製造費用に含まれる研究開発費はありません。
(株主資本等変動計算書関係)
第60期(自 平成18年 4月 1日 至 平成19年 3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末
株式数(千株)
当事業年度増加
株式数(千株)
当事業年度減少
株式数(千株)
当事業年度末
株式数(千株)
発行済株式
       
普通株式
19,587
19,587
合計
19,587
19,587
自己株式
       
普通株式
82
10
92
合計
82
10
92
(注)普通株式の自己株式の株式数の増加10千株は、単元未満株式の買取りによるものであります。 
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
 該当事項はありません。
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり
配当額(円)
基準日
効力発生日
平成18年 6月29日
定時株主総会
普通株式
97,525
5
平成18年 3月31日
平成18年 6月29日
平成18年10月27日
取締役会
普通株式
97,498
5
平成18年 9月30日
平成18年12月 8日
(2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり
配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年 6月28日
定時株主総会
普通株式
97,474
利益剰余金
5
平成19年 3月31日
平成19年 6月29日
第61期(自 平成19年 4月 1日 至 平成20年 3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末
株式数(千株)
当事業年度増加
株式数(千株)
当事業年度減少
株式数(千株)
当事業年度末
株式数(千株)
発行済株式
       
普通株式
19,587
19,587
合計
19,587
19,587
自己株式
       
普通株式
92
14
107
合計
92
14
107
(注)普通株式の自己株式の株式数の増加14千株は、単元未満株式の買取りによるものであります。 
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
 該当事項はありません。
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり
配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年 6月28日
定時株主総会
普通株式
97,474
5
平成19年 3月31日
平成19年 6月29日
平成19年10月26日
取締役会
普通株式
97,427
5
平成19年 9月30日
平成19年12月 7日
(2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
決議
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり
配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年 6月27日
定時株主総会
普通株式
97,400
利益剰余金
5
平成20年 3月31日
平成20年 6月30日
(キャッシュ・フロー計算書関係)
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
 現金及び現金同等物の期末残高は貸借対照表の「現金及び預金」と同額となります。
同左
(リース取引関係)
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額
相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
事業年度末残高
相当額
(千円)
工具・器具
及び備品
67,173
19,686
47,486
合計
67,173
19,686
47,486
 
取得価額
相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
事業年度末残高
相当額
(千円)
工具・器具
及び備品
63,643
29,355
34,287
合計
63,643
29,355
34,287
(2) 未経過リース料期末残高相当額
(2) 未経過リース料期末残高相当額
1年内
    13,008千円
1年超
    35,270千円
合計
    48,279千円
1年内
12,820千円
1年超
22,449千円
合計
35,270千円
(3) 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
(3) 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
支払リース料
    15,533千円
減価償却費相当額
    14,552千円
支払利息相当額
   1,377千円
支払リース料
14,074千円
減価償却費相当額
13,199千円
支払利息相当額
1,065千円
(4) 減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4) 減価償却費相当額の算定方法
同左
(5) 利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
(5) 利息相当額の算定方法
同左
   
(有価証券関係)
1.その他有価証券で時価のあるもの
種類
第60期(平成19年 3月31日)
第61期(平成20年 3月31日)
取得原価
(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
取得原価
(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
貸借対照表計上額が
取得原価を超えるもの
           
株式
803,034
2,517,411
1,714,376
617,665
1,589,591
971,925
その他
868,971
1,619,867
750,895
509,875
885,141
375,265
小計
1,672,006
4,137,279
2,465,272
1,127,540
2,474,732
1,347,191
貸借対照表計上額が
取得原価を超えないもの
           
株式
3,482
3,240
-242
190,334
147,884
-42,450
その他
38,480
36,553
-1,926
小計
41,962
39,793
-2,168
190,334
147,884
-42,450
合計
1,713,969
4,177,072
2,463,103
1,317,875
2,622,616
1,304,741
2.前事業年度及び当事業年度中に売却したその他有価証券
第60期(自平成18年 4月 1日 至平成19年 3月31日)
第61期(自平成19年 4月 1日 至平成20年 3月31日)
売却額(千円)
売却益の合計額
(千円)
売却損の合計額
(千円)
売却額(千円)
売却益の合計額
(千円)
売却損の合計額
(千円)
57,600
7,600
3.前事業年度及び当事業年度中に償還したその他有価証券
第60期(自平成18年 4月 1日 至平成19年 3月31日)
第61期(自平成19年 4月 1日 至平成20年 3月31日)
償還額(千円)
償還益の合計額
(千円)
償還損の合計額
(千円)
償還額(千円)
償還益の合計額
(千円)
償還損の合計額
(千円)
351,948
239,019
762,291
403,194
4.時価評価されていない主な有価証券の内容
 
第60期(平成19年 3月31日)
第61期(平成20年 3月31日)
 
貸借対照表計上額(千円)
貸借対照表計上額(千円)
(1) その他有価証券
   
 非上場株式
409,025
242,679
 投資事業組合出資
57,571
(2) 子会社株式及び関連会社株式
2,095,724
(3) 子会社株式
413,195
5.その他有価証券のうち満期があるものの今後の償還予定額
 
第60期(平成19年 3月31日)
第61期(平成20年 3月31日)
 
1年以内
(千円)
1年超
5年以内
(千円)
5年超
10年以内
(千円)
10年超
(千円)
1年以内
(千円)
1年超
5年以内
(千円)
5年超
10年以内
(千円)
10年超
(千円)
その他
444,229
609,758
71,642
228,046
397,960
64,597
(デリバティブ取引関係)
1.取引の状況に関する事項
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
1.取引の内容
 当社は、為替予約取引及び金利スワップ取引を利用しております。
1.取引の内容
同左
2.取引に対する取組方針
 当社は、相場変動リスクを回避する目的でデリバティブ取引を利用する方針であり、投機目的のためにデリバティブ取引を利用することはしない方針であります。
2.取引に対する取組方針
同左
3.取引の利用目的
 当社は外貨建資産・負債に係る将来の取引市場での為替相場の変動によるリスクを回避する目的で、為替予約取引を利用しております。また、資金調達のコストの削減及び変動金利支払いの借入金について将来の金利上昇による損益に及ぼす影響を回避する目的で、金利スワップ取引を利用しております。
 なお、デリバティブ取引を利用してヘッジ会計を行っております。
3.取引の利用目的
同左
(1) ヘッジ会計の方法
 為替予約については振当処理の要件を満たしている場合は振当処理を、金利スワップについては特例処理の要件を満たしている場合は特例処理を採用しております。
(1) ヘッジ会計の方法
同左
(2) ヘッジ手段とヘッジ対象
(2) ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段
ヘッジ対象
為替予約
外貨建債権債務及び外貨建予定取引
金利スワップ
借入金
同左
(3) ヘッジ方針
 社内規程に基づき、将来の為替、金利変動リスク回避のためにヘッジを行っております。
(3) ヘッジ方針
同左
(4) 有効性評価の方法
 振当処理の要件及び特例処理の要件をもって、有効性の判定に代えております。
(4) 有効性評価の方法
同左
4.取引に係るリスクの内容
 当社が利用している為替予約取引は、為替相場によるリスクを有しており、変動金利に交換した金利スワップ取引は、市場金利の変動によるリスクを有しております。なお、当社のデリバティブ取引の契約先はいずれも信用度の高い国内の銀行であるため、相手方の契約不履行によるリスクはほとんどないと認識しております。
4.取引に係るリスクの内容
同左

 

第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
5.取引に係るリスク管理体制
 当社が利用している為替予約取引及び金利スワップ取引は稟議規定に基づき決定し、経理担当部門が実施しております。
5.取引に係るリスク管理体制
同左
6.取引の時価等に関する事項についての補足説明
 スワップ取引に係る想定元本は、この金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスク量または信用リスク量を示すものではありません。
6.取引の時価等に関する事項についての補足説明
同左
2.取引の時価等に関する事項
デリバティブ取引の契約額等、時価及び評価損益
(1) 通貨関連
(第60期)
 
(第61期)
 該当事項はありません。
 なお、ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引は除いております。
 
同左
(2) 金利関連
(第60期)
 
(第61期)
 該当事項はありません。
 なお、ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引は除いております。
 
同左
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
 当社は、従業員に対し確定給付型の制度として、適格退職年金制度を設けております。また、当社は日本電子回路厚生年金基金(総合型)に加入しております。
 なお、要拠出額を退職給付費用として処理している複数事業主制度に関する事項は次のとおりであります。
(1) 制度全体の積立状況に関する事項(平成19年 3月31日現在)
 年金資金の額
60,546,789
千円
 年金財政計算上の給付債務の額
50,401,064
 
 差引額
10,145,725
 
 
 
 
(2) 制度全体に占める当社の給与総額割合(平成18年 4月〜平成19年 3月)
                              2.2% 
(3) 補足説明
        上記(1)の差引額の要因は、年金財政計算上の過去勤務債務残高3,141,034千円及び剰余金13,286,759千円であります。本制度における過去勤務債務の償却方法は期間18年の元利均等定率償却であります。
  なお、上記(2)の割合は当社の実際の負担割合とは一致しません。 
2.退職給付債務及びその内訳
 
第60期
(平成19年 3月31日)
第61期
(平成20年 3月31日)
(1)退職給付債務(千円)
-2,018,433
-2,041,424
(2)年金資産(千円)
1,526,779
1,356,125
(3)未積立退職給付債務(1)+(2) (千円)
-491,654
-685,299
(4)未認識数理計算上の差異(千円)
-75,353
229,373
(5)退職給付引当金(3)+(4) (千円)
-567,007
-455,925
3.退職給付費用の内訳
 
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月1日
至 平成20年 3月31日)
退職給付費用
69,328
67,569
(1)勤務費用(千円)
85,424
83,879
(2)利息費用(千円)
30,885
30,276
(3)期待運用収益(減算)(千円)
-77,443
-81,163
(4)数理計算上の差異の費用処理額(千円)
30,462
34,577
(注)上記退職給付費用の他、当事業年度の日本電子回路厚生年金基金への拠出額が14,584千円(前事業年度14,574千円)あります。また同基金の年金資産残高のうち、当社の給与総額比に基づく年金資産の前事業年度末残高は1,297,678千円であります。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 
第60期
(平成19年 3月31日)
第61期
(平成20年 3月31日)
(1)割引率(%)
1.5
1.5
(2)期待運用収益率(%)
5.3
5.3
(3)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
同左
(4)数理計算上の差異の処理年数(年)
8
8
          (追加情報)
           当事業年度より、「『退職給付に係る会計基準』の一部改正(その2)」(企業会計基準第14号 平成19年5月15日)を適用しております。
(税効果会計関係)
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
(1) 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
(1) 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
   
(千円)
 
流動
固定
繰延税金資産
   
未払事業税
33,840
 
賞与引当金
77,200
 
退職給付引当金繰入超過額
 
226,803
投資有価証券評価損否認額
 
68,141
ゴルフ会員権評価損否認額
 
48,950
役員退職慰労引当金
 
29,896
貸倒引当金
 
8,486
固定資産減損損失
 
69,257
その他
37,624
7,365
評価性引当額
 
-227,611
繰延税金資産計
148,664
231,289
     
繰延税金負債
   
その他有価証券評価差額金
-82,255
-864,179
その他
-627
 
繰延税金負債計
-82,882
-864,179
差引き繰延税金資産の純額(−は負債)
65,782
-632,889
   
(千円)
 
流動
固定
繰延税金資産
   
未払事業税
23,513
 
賞与引当金
73,594
 
退職給付引当金繰入超過額
 
182,370
投資有価証券評価損否認額
 
68,165
ゴルフ会員権評価損否認額
 
15,600
役員退職慰労引当金
 
35,388
貸倒引当金
 
9,719
固定資産減損損失
 
69,257
その他
14,642
9,565
評価性引当額
 
-201,009
繰延税金資産計
111,749
189,056
     
繰延税金負債
   
その他有価証券評価差額金
-43,526
-464,416
繰延税金負債計
-43,526
-464,416
差引き繰延税金資産の純額(−は負債)
68,223
-275,359
(2) 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異
(2) 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異
当期の法定実効税率
 40.0%
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.7
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
-0.3
住民税均等割によるもの
1.4
評価性引当額の増減
-18.3
その他
0.6
税効果会計適用後の法人税等の負担率
25.1
当期の法定実効税率
  40.0%
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.8
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
-0.4
住民税均等割によるもの
1.3
評価性引当額の増減
-1.8
過年度法人税 
9.2
その他
0.4
税効果会計適用後の法人税等の負担率
49.5
(持分法損益等)
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
1.関連会社に対する投資の金額
2,039,469千円
2.持分法を適用した場合の投資の金額
1,928,462千円
3.持分法を適用した場合の投資損失の金額
114,289千円
 当社は、関連会社を有していないため、該当事項はありません。
 なおフレパー・ネットワークス㈱については、すでに当社が保有する全株式を第三者に譲渡したことにより、関連会社に該当いたしません。
【関連当事者情報】
前事業年度(自 平成18年 4月 1日 至 平成19年 3月31日)
開示を必要とする重要な取引はありません。
当事業年度(自 平成19年 4月 1日 至 平成20年 3月31日)
1.役員及び個人主要株主等
種類
会社等の名称
所在地
資本金
又は
出資金
(千円)
事業の
内容
又は職業
議決権等の被所有割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
(人)
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等の子会社
㈱宗屋
東京都
中央区
80,000
不動産
管理業 
被所有 
直接 35.9 
間接 12.7 
兼任
3名
 −
建物の賃借 
260,379
前払費用 
差入保証金
19,285
251,604
 取引条件及び取引条件の決定方針等
  1.㈱宗屋は当社取締役曽谷太の二親等以内の親族が議決権の100%を直接所有している会社であります。
2.建物の賃借料等については、近隣の取引実勢を勘案して価格交渉の上で決定しております。
2.子会社及び関連会社等
種類
会社等の名称
所在地
資本金
又は
出資金
(千US$)
事業の
内容
又は職業
議決権等の被所有割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
(人)
事業上の関係
子会社
索馬龍(香港)
有限公司
香港
3,500
製品・
商品の
仕入販売
所有 
直接 100 
兼任
1名
製品・商品の販売
増資の引受 
356,940
 取引条件及び取引条件の決定方針等
  増資の引受については、当社が索馬龍(香港)有限公司の実施した増資を全て引き受けたものであります。
(追加情報)
 当事業年度より、「関連当事者の開示に関する会計基準」(企業会計基準第11号 平成18年10月17日)及び    「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第13号 平成18年10月17日)を早期適用しております。 
(1株当たり情報)
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
1株当たり純資産額
   878円26銭
1株当たり当期純利益金額
  51円89銭
1株当たり純資産額
869円69銭
1株当たり当期純利益金額
38円22銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
第60期
(自 平成18年 4月 1日
至 平成19年 3月31日)
第61期
(自 平成19年 4月 1日
至 平成20年 3月31日)
当期純利益(千円)
1,011,822
744,785
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
1,011,822
744,785
期中平均株式数(株)
19,499,817
19,485,535
(重要な後発事象)
   該当事項はありません。
⑤【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他
有価証券
スタンレー電気㈱
150,156
364,879
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
372,450
320,307
㈱三井住友フィナンシャル・グループ
443
290,640
日立化成工業㈱
56,659
106,178
㈱コトヴェール
1,200
96,000
未来証券㈱
1,000
93,654
㈱日本製紙グループ本社
303
71,590
㈱日立製作所
121,000
71,511
㈱みずほフィナンシャル・グループ
186
68,247
北越製紙㈱
122,034
54,915
日本曹達㈱
165,000
52,965
㈱ピーアイ技術研究所
150
52,500
㈱常陽銀行
86,355
43,522
三菱電機㈱
50,000
43,100
旭化成㈱
80,000
41,600
レンゴー㈱
60,981
33,539
その他22銘柄
329,326
175,002
1,597,244
1,980,155
【その他】
種類及び銘柄
投資口数等(口)
貸借対照表計上額
(千円)
有価証券
その他
有価証券
(会社型外国投資信託)
   
Man-IP360(Series2) Limited
1,007,940
228,046
小計
1,007,940
228,046
投資有価証券
その他
有価証券
(会社型外国投資信託) 
 
 
Man-Arbitrage Strategies Limited 
1,115,780
194,536
ATHENA GUARANTEED IP Limited 
500,200
152,430
Man-IP PRISMA Limited
501,480
124,346
Man-IP PRISMA2 Limited 
502,250
121,182
Man AP Unison Series1 Limited 
500,330
64,597
(投資事業有限責任組合への出資) 
 
 
投資事業有限責任組合(3銘柄) 
5
57,571
小計
3,120,045
714,666
計 
4,127,985
942,712
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前事業年度末
残高
(千円)
当事業年度
増加額
(千円)
当事業年度
減少額
(千円)
当事業年度末
残高
(千円)
当事業年度末減価償却
累計額又は
償却累計額
(千円)
当事業年度
償却額
(千円)
差引
当事業年度末残高
(千円)
有形固定資産
             
建物
6,655,717
25,713
8,970
6,672,460
4,830,208
202,003
1,842,251
構築物
391,466
415
391,881
316,078
13,801
75,802
機械及び装置
6,576,219
65,474
65,098
6,576,596
5,812,063
230,555
764,533
車両及び運搬具
57,240
850
58,090
49,984
5,713
8,106
工具・器具及び備品
1,555,964
124,306
34,699
1,645,571
1,431,369
94,162
214,202
土地
239,478
239,478
239,478
建設仮勘定
41,275
262,353
231,687
71,942
71,942
有形固定資産計
15,517,364
479,113
340,456
15,656,021
12,439,703
546,237
3,216,317
無形固定資産
             
特許権
7,000
7,000
4,666
875
2,333
ソフトウェア
164,095
387,860
49,671
502,284
173,754
80,595
328,530
ソフトウェア仮勘定
386,199
4,263
390,463
電話加入権
959
346
612
612
無形固定資産計
558,254
392,123
440,481
509,897
178,420
81,470
331,476
長期前払費用
800
20
20
800
700
400
100
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
繰延資産計
(注)1.当事業年度増加額のうち主なものは次のとおりであります。
ソフトウェア      本 社   新基幹システム開発       371,869千円
   2.当事業年度減少額のうち主なものは次のとおりであります。 
ソフトウェア仮勘定   本 社   新基幹システム開発       390,463千円
【社債明細表】
 該当事項はありません。
【借入金等明細表】
区分
前事業年度末残高(千円)
当事業年度末残高(千円)
平均利率(%)
返済期限
短期借入金
200,000
1.2
1年以内に返済予定の長期借入金
550,000
550,000
1.4
1年以内に返済予定のリース債務 
− 
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
2,650,000
2,100,000
2.0
平成21年〜24年
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。) 
− 
その他の有利子負債
合計
3,200,000
2,850,000
 (注)1.平均利率については、期末借入残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
1,200,000
500,000
400,000
【引当金明細表】
区分
前事業年度末
残高(千円)
当事業年度
増加額(千円)
当事業年度
減少額(目的使用)
(千円)
当事業年度
減少額(その他)
(千円)
当事業年度末
残高(千円)
貸倒引当金
80,081
10,154
15,148
14,303
60,784
賞与引当金
193,000
184,000
193,000
184,000
役員退職慰労引当金
74,740
20,540
6,810
88,470
 (注)貸倒引当金の「当事業年度減少額(その他)」のうち洗替によるものは7,794千円、対象債権の回収による取崩は6,508千円であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 流動資産
a.現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
1,066
預金の種類
 
当座預金
1,062,248
普通預金
2,642,613
通知預金 
850,000
小計
4,554,862
合計
4,555,928
b.受取手形
(a) 相手先別内訳
相手先
金額(千円)
日本モレックス㈱
54,500
澤村電材㈱
26,680
㈱有沢製作所
11,074
㈱ベル・セード
10,000
安達糊料㈱
9,072
その他
159,478
合計
270,805
(b) 期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年 4月
444
 5月
10,373
 6月
135,153
 7月
101,256
 8月
23,577
 9月
合計
270,805
c.売掛金
(a) 相手先別内訳
相手先
金額(千円)
ニッカン工業㈱
966,573
日本メクトロン㈱
836,968
スタンレー電気㈱
647,102
日本製紙㈱
501,013
日立化成工業㈱
368,132
その他
8,065,611
合計
11,385,402
(b) 売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前事業年度
繰越高(千円)
当事業年度
発生高(千円)
当事業年度
回収高(千円)
翌事業年度
繰越高(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
───────
(B)
────
366
12,826,732
38,984,970
40,426,299
11,385,402
78.0
114
 (注) 当事業年度発生高には消費税等が含まれております。
d.商品
品名
金額(千円)
仕入販売
電子材料
877,313
機能性樹脂
78,926
製紙用化学品
160,517
その他
154,725
合計
1,271,484
e.製品
品名
金額(千円)
製造販売
コーティング製品
191,661
高機能樹脂製品
189,057
ファインケミカルズ
124,308
その他
47,192
合計
552,218
f.原材料
品名
金額(千円)
製造販売
コーティング製品
134,558
高機能樹脂製品
167,322
ファインケミカルズ
27,966
その他
34,077
合計
363,923
g.仕掛品
品名
金額(千円)
製造販売
コーティング製品
162,681
高機能樹脂製品
34,663
ファインケミカルズ
その他
6,832
合計
204,177
h.貯蔵品
品名
金額(千円)
製造販売
コーティング製品
11,661
高機能樹脂製品
717
ファインケミカルズ
その他
合計
12,379
② 固定資産
a.差入保証金
区分
差入先
金額(千円)
取引保証金
東レ・デュポン㈱
1,080,490
旭化成ケミカルズ㈱
310,484
入居保証金
㈱宗屋
251,604
その他
38,209
合計
1,680,789
③ 流動負債
a.支払手形
(a) 相手先別内訳
相手先
金額(千円)
東京材料㈱
10,550
㈱技研
10,500
NOK㈱
9,940
武蔵エンジニアリング㈱
8,113
㈱トヨパック
4,539
その他
63,728
合計
107,371
(b) 期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年 4月
42,451
 5月
23,593
 6月
26,465
 7月
14,683
 8月
179
 9月
10月以降
合計
107,371
b.買掛金
相手先
金額(千円)
東レ・デュポン㈱
1,135,270
ジャパンエポキシレジン㈱
633,501
デュポン帝人アドバンスドペーパー㈱
502,972
旭化成ケミカルズ㈱
427,356
帝人化成㈱
419,814
その他
3,421,507
合計
6,540,422
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: ソマール株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書