有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【製造原価明細書】

 

 

前事業年度

(自 平成22年4月1日

至 平成23年3月31日)

当事業年度

(自 平成23年4月1日

至 平成24年3月31日)

区分

注記番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅰ 材料費

 

3,986,328

 

68.0

3,793,208

 

68.2

Ⅱ 労務費

 

769,797

 

13.1

714,425

 

12.8

Ⅲ 経費

※1

1,109,461

 

18.9

1,059,558

 

19.0

当期総製造費用

 

 

5,865,588

100.0

 

5,567,192

100.0

期首仕掛品たな卸高

 

 

166,439

 

 

142,232

 

合計

 

 

6,032,027

 

 

5,709,424

 

期末仕掛品たな卸高

 ※2

 

142,232

 

 

138,620

 

他勘定振替高

※3

 

17,166

 

 

1,448

 

当期製品製造原価

 

 

5,872,629

 

 

5,569,355

 

原価計算の方法

 原価計算の方法は部門別総合原価計算を採用しております。

 

  (注)※1.主な内訳は次のとおりであります。

項目

前事業年度

(自  平成22年4月1日

至  平成23年3月31日)

当事業年度

(自  平成23年4月1日

至  平成24年3月31日)

外注加工費(千円)

33,140

30,605

減価償却費(千円)

357,438

290,501

 

※2 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、当該切下額(洗替え法による戻入額相殺後の額)は次のとおりであります。

前事業年度

(自 平成22年4月1日

至 平成23年3月31日)

当事業年度

(自 平成23年4月1日

至 平成24年3月31日)

5,096千円

△1,200千円

 

※3 前事業年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

    他勘定振替高は、研究材料等の自家消費及び不良品廃棄等による払出高であります。

    また、東日本大震災に伴う原材料の廃棄損を特別損失(災害による損失)に振替えたものが含まれております。

 

   当事業年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)

    他勘定振替高は、研究材料等の自家消費及び不良品廃棄等による払出高であります。





出典: ソマール株式会社、2012-03-31 期 有価証券報告書