有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
⑤ 【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高

(百万円)

当期増加額

(百万円)

当期減少額

(百万円)

当期末残高

(百万円)

当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額

(百万円)

当期償却額

(百万円)

差引当期末
残高

(百万円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

  建物

36,535

1,442

80

37,897

14,982

1,275

22,915

(5)

  構築物

1,640

130

2

1,768

1,214

85

554

  機械及び装置

846

156

1,003

447

90

556

  車両運搬具

1,046

103

74

1,075

849

120

226

  工具、器具及び備品

2,740

197

125

2,812

2,336

195

476

  土地

 

1,201

118

 

27,866

26,784

(26)

27,866

[△1,072]

[139]

[△933]

  建設仮勘定

993

6,736

2,912

4,816

4,816

  有形固定資産計

70,588

9,966

3,313

77,242

19,830

1,766

57,412

(31)

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

  ソフトウエア

3,219

393

199

3,414

2,194

674

1,219

  ソフトウエア仮勘定

198

956

209

945

945

 その他

28

1

0

28

14

1

14

  無形固定資産計

3,446

1,352

409

4,388

2,208

676

2,179

長期前払費用

24

5

14

15

5

1

10

 

(注)1 当期減少額の( )内は内書きで、当期の減損損失の計上額です。

   2 当期増加額のうち主なものは次のとおりです。  

建物の増加は、郡山支店新築建物6億78百万円、鹿島支店新築建物6億43百万円等です。
土地の増加は、プラネット埼玉の用地11億68百万円等です。
建設仮勘定の増加は、プラネット埼玉新築工事33億55百万円等です。
ソフトウエア仮勘定の増加は、新型商品データベース構築6億96百万円等です。

3  当期償却額は、販売費及び一般管理費に24億5百万円、営業外費用に38百万円を計上しています。

4  土地の当期首残高、当期減少額及び当期末残高の[内書]は、土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)により行った事業用土地の再評価実施前の帳簿価額との差額です。

 

 

【社債明細表】

該当事項はありません。

 

【借入金等明細表】

該当事項はありません。

 

【引当金明細表】

 

区分

当期首残高

(百万円)

当期増加額

(百万円)

当期減少額
(目的使用)

(百万円)

当期減少額
(その他)

(百万円)

当期末残高

(百万円)

貸倒引当金

7

0

0

7

賞与引当金

530

597

530

597

役員退職慰労引当金

166

13

152

 

(注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権に係る貸倒引当金の洗替額0百万円です。

 

【資産除去債務明細表】

当事業年度期首及び当事業年度末における資産除去債務の金額が当事業年度期首及び当事業年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しています。

 





出典: トラスコ中山株式会社、2016-12-31 期 有価証券報告書