有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成15年4月1日 至 平成16年3月31日)
 「生活関連用品の卸売事業」の売上高、営業利益及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメント資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。
当連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)
 「生活関連用品の卸売事業」の売上高、営業利益及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメント資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成15年4月1日 至 平成16年3月31日)
 本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
当連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)
 本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
【海外売上高】
前連結会計年度(自 平成15年4月1日 至 平成16年3月31日)
 海外売上高は、連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。
当連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)
 海外売上高は、連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自 平成15年4月1日 至 平成16年3月31日)
(1)役員及び個人主要株主等
属性
会社等の名称
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社
㈲野村興産
大阪市
浪速区
85,350
不動産の賃貸業、損害保険代理店業務
(被所有)
直接9.3
2
当社の損害保険代理業
損害保険料の支払い
(注1)
77,399
前払費用
1,936
エムエス商事㈱
大阪市
浪速区
10,000
不動産の賃貸業
(被所有)
直接0.4
1
不動産の賃借
不動産の売却
賃借料の支払(注2)
土地、建物売却額(注3)
90,693
1,453,903
前払費用
12,526
1.取引条件及び取引条件の決定方針等
(注1) 損害保険料の支払いについては、損害保険会社から提示された価格によっております。
(注2) 賃借料の支払いについては、不動産鑑定評価額に基づき決定しております。
(注3) 土地、建物の売却金額については、不動産鑑定評価額に基づき決定しております。
2.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
当連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)
(1)役員及び個人主要株主等
属性
会社等の名称
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社
㈲野村興産
大阪市
浪速区
85,350
不動産の賃貸業、損害保険代理店業務
(被所有)
直接8.8
2
当社の損害保険代理業
損害保険料の支払い
(注1)
52,139
前払費用
2,119
エムエス商事㈱
大阪市
浪速区
10,000
不動産の賃貸業
(被所有)
直接0.4
1
不動産の賃借
賃借料の支払(注2)
169,414
前払費用
17,402
1.取引条件及び取引条件の決定方針等
(注1) 損害保険料の支払いについては、損害保険会社から提示された価格によっております。
(注2) 賃借料の支払いについては、不動産鑑定評価額に基づき決定しております。
2.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成15年4月1日
至 平成16年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
1株当たり純資産額
1,882円97銭
1株当たり当期純利益
265円02銭
1株当たり純資産額
2,128円96銭
1株当たり当期純利益
268円52銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
262円57銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式がないため記載しておりません。
 
 (注) 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成15年4月1日
至 平成16年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益(千円)
3,231,881
3,386,671
普通株主に帰属しない金額(千円)
61,800
49,600
(うち利益処分による役員賞与金)
(61,800)
(49,600)
普通株式に係る当期純利益(千円)
3,170,081
3,337,071
期中平均株式数(株)
11,961,483
12,427,708
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益調整額(千円)
普通株式増加数(株)
281,542
(うち新株予約権)
(−)
(281,542)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
新株予約権2種類(旧商法第280条ノ19第1項の規定に基づく新株引受権(ストックオプション)419,000株及び商法第280条ノ20及び商法第280条ノ21の規定に基づく新株予約権6,170個)。新株予約権の概要は「第4提出会社の状況、1 株式の状況、(2)新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。
──────
(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成15年4月1日
至 平成16年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成16年4月1日
至 平成17年3月31日)
 
 平成17年5月9日開催の当社取締役会において、次のように株式分割による新株式を発行することを決議いたしました。
1.平成17年8月31日付をもって普通株式1株につき1.5株に分割する。
分割方法
 平成17年7月8日最終の株主名簿及び実質株主名簿に記載または記録された株主の所有株式数を、1株につき1.5株の割合をもって分割する。
2.配当起算日
平成17年4月1日
 当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前連結会計年度における1株当たり情報及び当期首に行われたと仮定した場合の当連結会計年度における1株当たり情報は、それぞれ以下のとおりとなります。
 
前連結会計年度
当連結会計年度
1株当たり純資産額
1株当たり純資産額
1,255円31銭
1,419円31銭
1株当たり当期純利益
1株当たり当期純利益
176円68銭
179円01銭
 
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希簿化効果を有している潜在株式がないため記載しておりません。 
175円04銭




出典: 株式会社ドウシシャ、2005-03-31 期 有価証券報告書