有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【自己株式の取得等の状況】
(1)【定時総会決議又は取締役会決議による自己株式の買受け等の状況】
①【前決議期間における自己株式の取得等の状況】
 該当事項はありません。
 なお、当社は、「商法第211条ノ3第1項第2号の規定により、取締役会の決議を持って自己株式を買受けることができる。」旨を定款に定めております。
②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況】
 該当事項はありません。
(2)【資本減少、定款の定めによる利益による消却又は償還株式の消却に係る自己株式の買受け等の状況】
①【前決議期間における自己株式の買受け等の状況】
【株式の種類】普通株式
イ【資本減少のための買受け等の状況】
 該当事項はありません。
ロ【定款の定めによる利益による消却のための買受け等の状況】
 該当事項はありません。
ハ【償還株式の消却のための買受け等の状況】
 該当事項はありません。
ニ【取得自己株式の処理状況】
 該当事項はありません。
②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況等】
 該当事項はありません。
3【配当政策】
当社グループは、株主の皆様に対する適切な利益還元を経営の最重要政策と位置づけ、業績と連動し積極的かつ安定的な配当の維持継続に留意するとともに、人事制度の見直しを行い、社員全員が納得感とモチベーションアップに繋がるよう、社員の成果に対する報酬制度も十分に考慮し、経営環境の変化に対応できる企業体質の強化と将来の新規事業展開に備えて、内部留保にも配慮していく所存であります。
今後も引き続き、業績向上と財務体質の強化を図りながら経営基盤を強化し、株主の皆様のご期待に沿うべく努力して参ります。 
 また、個人株主の皆様にとっての魅力度を向上させるため、株主優待制度も継続して行っております。
当期の配当につきましては、1株当たり35.0円の配当(内中間配当15.0円)を実施することを決定しました。この結果、当期の配当性向は20.66%となりました。
 なお、第30期の中間配当についての取締役会決議は平成17年10月31日に行っております。
4【株価の推移】
(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
回次
第26期
第27期
第28期
第29期
第30期
決算年月
平成14年3月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
平成18年3月
最高(円)
3,250
2,300
3,570
5,250
3,880
 2,930 (注)2
最低(円)
1,055
1,408
1,570
2,945
3,170
2,035 (注)2
 (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
2.株式分割による権利落後の株価であります。
(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
月別
平成17年10月
平成17年11月
平成17年12月
平成18年1月
平成18年2月
平成18年3月
最高(円)
2,415
2,530
2,725
2,930
2,825
2,560
最低(円)
2,035
2,210
2,465
2,595
2,310
2,250
 (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。




出典: 株式会社ドウシシャ、2006-03-31 期 有価証券報告書