有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
  なお、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
  なお、第31期事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、第32期事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の連結財務諸表及び第31期事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の財務諸表について、並びに、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の連結財務諸表及び第32期事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の財務諸表について、あずさ監査法人により監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
   
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
13,613,235
   
10,875,188
 
2.受取手形及び売掛金
※6
 
10,698,277
   
11,397,056
 
3.たな卸資産
   
5,508,380
   
6,103,015
 
4.繰延税金資産
   
155,688
   
560,841
 
5.短期貸付金
   
83,377
   
175,573
 
6.その他
   
895,218
   
858,440
 
貸倒引当金
   
△16,807
   
△10,844
 
流動資産合計
   
30,937,369
74.5
 
29,959,270
72.1
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物及び構築物
 
5,467,474
   
6,204,030
   
減価償却累計額
 
△1,935,364
3,532,109
 
△2,150,324
4,053,706
 
(2)土地
 
 
4,481,205
   
5,391,621
 
(3)その他
 
444,665
   
535,913
   
減価償却累計額
 
△301,523
143,142
 
△373,908
162,005
 
有形固定資産合計
   
8,156,457
19.6
 
9,607,333
23.1
2.無形固定資産
             
その他
   
115,382
   
95,325
 
無形固定資産合計
   
115,382
0.3
 
95,325
0.2
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
※1
 
1,147,706
   
800,004
 
(2)長期貸付金
   
92,863
   
1,690
 
(3)再評価に係る繰延税金資産
   
189,777
   
189,777
 
(4)繰延税金資産
   
195,551
   
280,013
 
(5)その他
   
1,054,255
   
974,520
 
貸倒引当金
   
△338,443
   
△353,506
 
投資その他の資産合計
   
2,341,711
5.6
 
1,892,500
4.6
固定資産合計
   
10,613,550
25.5
 
11,595,159
27.9
資産合計
   
41,550,920
100.0
 
41,554,430
100.0
               

 

   
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比(%)
金額(千円)
構成比(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.買掛金
   
3,450,467
   
3,055,826
 
2.短期借入金
   
801,463
   
 
3.1年以内返済予定長期借入金
   
   
13,964
 
4.1年以内償還予定社債
   
62,500
   
62,500
 
5.未払法人税等
   
1,332,815
   
1,476,762
 
6.役員賞与引当金
   
33,600
   
61,560
 
7.賞与引当金
   
   
15,956
 
8.繰延税金負債
   
55,897
   
 
9.その他
   
1,420,486
   
2,461,191
 
流動負債合計
   
7,157,229
17.2
 
7,147,760
17.2
Ⅱ 固定負債
             
1.社債
 
 
2,312,500
   
2,250,000
 
2.長期借入金
 
 
15,186
   
1,335
 
3.退職給付引当金
   
111,181
   
128,528
 
4.繰延税金負債
   
47,133
   
46,840
 
5.その他
   
106,846
   
120,937
 
固定負債合計
   
2,592,847
6.3
 
2,547,641
6.1
負債合計
   
9,750,077
23.5
 
9,695,401
23.3
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
4,993,003
 
 
4,993,003
 
2.資本剰余金
 
 
5,994,487
 
 
5,994,487
 
3.利益剰余金
 
 
22,209,979
 
 
22,472,533
 
4.自己株式
 
 
△1,514,116
 
 
△1,013,621
 
株主資本合計
 
 
31,683,354
76.2
 
32,446,403
78.1
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
52,389
 
 
△17,350
 
2.繰延ヘッジ損益
 
 
24,399
 
 
△529,068
 
3.土地再評価差額金
 
 
△277,309
 
 
△277,309
 
4.為替換算調整勘定
 
 
32,469
 
 
△29,281
 
評価・換算差額等合計
 
 
△168,051
△0.4
 
△853,010
△2.0
Ⅲ 少数株主持分
 
 
285,538
0.7
 
265,635
0.6
純資産合計
 
 
31,800,842
76.5
 
31,859,028
76.7
負債純資産合計
 
 
41,550,920
100.0
 
41,554,430
100.0
               
②【連結損益計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比(%)
金額(千円)
百分比(%)
Ⅰ 売上高
   
82,026,396
100.0
 
83,140,196
100.0
Ⅱ 売上原価
   
63,984,788
78.0
 
64,001,817
77.0
売上総利益
   
18,041,607
22.0
 
19,138,378
23.0
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※1
 
12,909,989
15.7
 
13,994,607
16.8
営業利益
   
5,131,618
6.3
 
5,143,771
6.2
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息及び受取配当金
 
26,316
   
30,118
   
2.投資有価証券売却益
 
58,308
   
95,089
   
3.諸債務整理益
※2
68,021
   
51,418
   
4.為替差益
 
36,248
   
83,687
   
5.その他
 
68,733
257,627
0.3
85,729
346,044
0.4
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
30,308
   
30,180
   
2.支払手数料
 
18,547
   
19,625
   
3.賃貸借契約解約金
 
860
   
2,811
   
4.デリバティブ評価損
 
   
248,324
   
5.その他
 
1,315
51,030
0.1
4,987
305,929
0.4
経常利益
   
5,338,214
6.5
 
5,183,886
6.2
Ⅵ 特別利益
             
1.移転補償金
 
471,438
471,438
0.6
Ⅶ 特別損失
             
1.投資有価証券評価損
 
   
43,471
   
2.役員退職慰労金
 
   
80,000
   
3.貸倒引当金繰入額
※3
   
23,222
   
4.固定資産除却損
※4
3,973
   
   
5.不正事故損失
※5
153,453
   
   
6.関係会社株式評価損
※6
38,926
   
49,583
   
7.ゴルフ会員権評価損
 
17,000
213,353
0.3
196,277
0.2
税金等調整前当期純利益
   
5,596,299
6.8
 
4,987,609
6.0
法人税、住民税及び事業税
 
2,272,196
   
2,244,379
   
法人税等調整額
 
△20,210
2,251,986
2.7
△122,171
2,122,208
2.6
少数株主利益
   
46,205
0.1
 
15,656
0.0
当期純利益
   
3,298,107
4.0
 
2,849,744
3.4
               
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成18年3月31日 残高(千円)
4,937,030
5,938,554
19,779,686
△17,030
30,638,241
連結会計年度中の変動額
         
新株の発行
55,973
55,973
 
 
111,946
剰余金の配当(注)
 
 
△387,871
 
△387,871
剰余金の配当
 
 
△438,294
 
△438,294
役員賞与(注)
 
 
△41,600
 
△41,600
当期純利益
 
 
3,298,107
 
3,298,107
自己株式の取得
 
 
 
△1,497,796
△1,497,796
自己株式の処分
 
△39
△48
710
621
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
55,973
55,933
2,430,292
△1,497,085
1,045,113
平成19年3月31日 残高(千円)
4,993,003
5,994,487
22,209,979
△1,514,116
31,683,354
 
評価・換算差額等
少数株主持分
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
土地再評価差額金
為替換算調整勘定
評価・換算差額等合計
平成18年3月31日 残高(千円)
24,071
△277,309
6,392
△246,845
229,718
30,621,114
連結会計年度中の変動額
             
新株の発行
 
 
 
 
 
 
111,946
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
 
 
△387,871
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△438,294
役員賞与(注)
 
 
 
 
 
 
△41,600
当期純利益
 
 
 
 
 
 
3,298,107
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
△1,497,796
自己株式の処分
 
 
 
 
 
 
621
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
28,317
24,399
26,076
78,794
55,820
134,614
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
28,317
24,399
26,076
78,794
55,820
1,179,728
平成19年3月31日 残高(千円)
52,389
24,399
△277,309
32,469
△168,051
285,538
31,800,842
 (注)平成18年6月の株主総会の利益処分項目であります。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年3月31日 残高(千円)
4,993,003
5,994,487
22,209,979
△1,514,116
31,683,354
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当
 
 
△837,185
 
△837,185
子会社増加による剰余金増加額
 
 
18,840
 
18,840
当期純利益
 
 
2,849,744
 
2,849,744
自己株式の取得
 
 
 
△1,268,747
△1,268,747
自己株式の処分
 
 
△44
442
397
自己株式の消却
 
 
△1,768,800
1,768,800
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
262,553
500,494
763,048
平成20年3月31日 残高(千円)
4,993,003
5,994,487
22,472,533
△1,013,621
32,446,403
 
評価・換算差額等
少数株主持分
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
土地再評価差額金
為替換算調整勘定
評価・換算差額等合計
平成19年3月31日 残高(千円)
52,389
24,399
△277,309
32,469
△168,051
285,538
31,800,842
連結会計年度中の変動額
             
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△837,185
子会社増加による剰余金増加額
 
 
 
 
 
 
18,840
当期純利益
 
 
 
 
 
 
2,849,744
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
△1,268,747
自己株式の処分
 
 
 
 
 
 
397
自己株式の消却
 
 
 
 
 
 
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△69,740
△553,468
△61,750
△684,959
△19,903
△704,862
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△69,740
△553,468
△61,750
△684,959
△19,903
58,185
平成20年3月31日 残高(千円)
△17,350
△529,068
△277,309
△29,281
△853,010
265,635
31,859,028
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
     
税金等調整前当期純利益
 
5,596,299
4,987,609
減価償却費
 
286,337
302,212
のれん償却額
 
9,423
18,847
固定資産除却損
 
93,490
固定資産売却損益
 
95
役員賞与引当金の増加額
 
33,600
27,960
賞与引当金の増加額
 
15,956
貸倒引当金の増加額
 
18,900
9,099
退職給付引当金の増加額(△は減少額)
 
△197,615
17,346
受取利息及び受取配当金
 
△26,316
△30,118
支払利息
 
30,308
30,180
投資有価証券評価損
 
43,471
投資有価証券売却益
 
△58,308
△95,089
デリバティブ評価損益
 
248,324
関係会社株式評価損
 
38,926
49,583
役員賞与の支払額
 
△41,600
売上債権の減少額(△は増加額)
 
367,576
△649,614
たな卸資産の増加額
 
△511,770
△578,042
仕入債務の増加額(△は減少額)
 
1,067,538
△392,183
未払消費税等の減少額
 
△19,138
△46,761
その他流動資産の減少額
 
344,364
154,325
その他流動負債の減少額
 
△372,781
△57,912
その他
 
△7,310
47,220
小計
 
6,652,021
4,102,415
利息及び配当金の受取額
 
26,669
30,976
利息の支払額
 
△27,063
△32,837
移転補償金の受取による収入
 
537,685
法人税等の支払額
 
△2,188,966
△2,106,284
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
5,000,347
1,994,269

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
     
有形固定資産の取得による支出
 
△87,616
△1,786,673
無形固定資産の取得による支出
 
△1,859
△1,992
投資有価証券の取得による支出
 
△1,310,362
△2,376,152
投資有価証券の売却による収入
 
1,801,827
2,511,330
関係会社株式の取得による支出
 
△574,647
△102,402
貸付けによる支出
 
△114,570
△137,144
貸付金の回収による収入
 
37,106
43,417
その他投資の増加額
 
△18,757
△25,217
その他投資の減少額
 
6,996
7,002
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△261,881
△1,867,832

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
     
短期借入金の純増減額
 
424,978
△774,000
長期借入金の返済による支出
 
△1,335,061
△27,350
社債の償還による支出
 
△62,500
△62,500
株式の発行による収入
 
111,946
自己株式の処分による収入
 
621
397
自己株式の取得による支出
 
△1,497,796
△1,268,747
提出会社による配当金の支払額
 
△825,653
△836,419
少数株主に対する配当金の支払額
 
△7,330
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△3,183,464
△2,975,950
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
 
14,439
△49,834
Ⅴ 現金及び現金同等物の増加額(△は減少額)
 
1,569,439
△2,899,348
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
 
12,043,795
13,613,235
Ⅶ 新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加高
 
161,301
Ⅷ 現金及び現金同等物の期末残高
 
13,613,235
10,875,188
       
連結財務諸表作成のための基本となる事項
項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.連結の範囲に関する事項
イ.連結子会社の数 6社
連結子会社の名称
 株式会社ドウシシャ物流
 ライフネット株式会社
 株式会社カリンピア
 香港麗港實業有限公司
 上海仁弘倉庫有限公司
 花茂工芸品有限公司
 株式会社カリンピアについては、当連結会計年度において、新たに株式を取得し子会社化したため、連結の範囲に含めております。
 なお、株式会社カリンピアは中間会計期間末をみなし取得日としております。
イ.連結子会社の数 9社
連結子会社の名称
 株式会社ドウシシャ物流
 ライフネット株式会社
 株式会社カリンピア
 株式会社スティラジャパン
 香港麗港實業有限公司
 上海仁弘倉庫有限公司
 花茂工芸品有限公司
 仁弘倉庫シンセン有限公司
 花輝日用品有限公司
 株式会社スティラジャパン、仁弘倉庫シンセン有限公司、花輝日用品有限公司は、前連結会計年度において、持分法を適用しない非連結子会社としておりましたが、重要性が増したため当連結会計年度より連結子会社としております。
 
ロ.非連結子会社の名称
ロ.非連結子会社の名称
 
株式会社ドゥイング
DEL.S.A.
株式会社ドウシシャ・スタッフサービス
株式会社スティラジャパン
株式会社ウェルフェアリンク
株式会社レアルタ
仁弘倉庫シンセン有限公司
花輝日用品有限公司
 また、株式会社スティラジャパンは平成19年2月に株式会社TOP I MALLより社名変更しております。
株式会社ドゥイング
DEL.S.A.
株式会社ドウシシャ・スタッフサービス
株式会社ウェルフェアリンク
株式会社レアルタ
株式会社D・ハーモニー
一志商貿(上海)有限公司
連雲港花茂日用品有限公司
 
ハ.非連結子会社について、連結の範囲から除いた理由
ハ.非連結子会社について、連結の範囲から除いた理由
 
 非連結子会社8社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼさないため連結の範囲から除外しております。
 非連結子会社8社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼさないため連結の範囲から除外しております。

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
2.持分法の適用に関する事項
イ.持分法を適用していない非連結子会社(株式会社ドゥイング、DEL.S.A.、株式会社ドウシシャ・スタッフサービス、株式会社スティラジャパン、株式会社ウェルフェアリンク、株式会社レアルタ、仁弘倉庫シンセン有限公司、花輝日用品有限公司)は、それぞれ当期純損益及び利益剰余金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
イ.持分法を適用していない非連結子会社(株式会社ドゥイング、DEL.S.A.、株式会社ドウシシャ・スタッフサービス、株式会社ウェルフェアリンク、株式会社レアルタ、株式会社D・ハーモニー、一志商貿(上海)有限公司、連雲港花茂日用品有限公司)は、それぞれ当期純損益及び利益剰余金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
 連結子会社のうち、上海仁弘倉庫有限公司及び花茂工芸品有限公司の決算日は12月31日であります。
 連結財務諸表の作成に当たって、これらの会社については、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
 なお、株式会社カリンピアは、当連結会計年度において、決算日を5月31日から3月31日に変更しており、当連結会計年度の月数は6ヶ月であります。
 連結子会社のうち、上海仁弘倉庫有限公司、花茂工芸品有限公司、仁弘倉庫シンセン有限公司及び花輝日用品有限公司の決算日は12月31日であります。
 連結財務諸表の作成に当たって、これらの会社については、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
4.会計処理基準に関する事項
   
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
   
① 有価証券
その他有価証券
その他有価証券
 
時価のあるもの
時価のあるもの
 
 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
同左
 
時価のないもの
時価のないもの
 
…………移動平均法による原価法
同左
② デリバティブ
 時価法
同左
③ たな卸資産
 移動平均法による原価法
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
   
① 有形固定資産
定率法
定率法
 
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備除く)は定額法を採用し、在外子会社は主として定額法を採用しております。
同左
 
 
 
 
 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
建物及び構築物    3〜50年
その他有形固定資産  2〜20年
同左
 
 
(会計方針の変更) 
   
 当社及び国内連結子会社は平成19年度の法人税法の改正((所得税法等の一部を改正する法律 平成19年3月30日 法律第6号)及び(法人税法施行令の一部を改正する政令 平成19年3月30日 政令第83号))に伴い、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
これに伴う損益への影響は軽微であります。
 
 
 (追加情報)
   
 当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した連結会計年度の翌連結会計年度より取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 これに伴う損益への影響は軽微であります。
② 無形固定資産
 定額法
 なお、自社利用ソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
同左
(3)重要な引当金の計上基準
   
① 貸倒引当金
 売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
② 退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
 
 なお、過去勤務債務は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(3年)による定額法により費用処理しております。また、数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(8年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
(追加情報)
 当社及び一部の国内連結子会社は、確定拠出年金法の施行に伴い、平成18年10月に適格退職年金制度から確定拠出年金制度及び退職一時金制度へ移行し、「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号)を適用しております。 本移行に伴い過去勤務債務(債務の減額)29,546千円が発生し、当連結会計年度より費用処理しております。
同左
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
──────
 
③ 役員賞与引当金
 当社及び国内連結子会社は役員賞与の支出に備えて、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上しております。
同左
④ 賞与引当金
──────
 国内連結子会社は、従業員に対して支給する賞与の支出に備えて、当連結会計年度における支給見込額を計上しております。
(4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
 外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
 なお、在外連結子会社の資産及び負債並びに費用及び収益は連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び少数株主持分に含めて表示しております。
同左
(5)重要なリース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(6)重要なヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
 繰延ヘッジ処理によっております。ただし、為替予約取引につき振当処理の要件を満たした場合には振当処理を、金利スワップ取引につき特例処理の要件を満たした場合には特例処理によっております。
① ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理によっております。ただし、為替予約取引につき振当処理の要件を満たした場合には振当処理によっております。
 
② ヘッジ手段とヘッジ対象
 外貨建営業債権・債務及び外貨建予定取引についての為替変動リスクに対しては為替予約取引、通貨スワップ取引及び通貨オプション取引を、また現在及び将来の借入金の金利変動リスクに対しては金利スワップ取引をヘッジ手段として用いております。
② ヘッジ手段とヘッジ対象
 外貨建営業債権・債務及び外貨建予定取引をヘッジ対象とし為替予約取引、通貨スワップ取引及び通貨オプション取引をヘッジ手段としております。
 
③ ヘッジ方針
 為替予約取引、通貨スワップ取引及び通貨オプション取引については、原則として、全ての外貨建取引につきフルヘッジする方針であり、また、金利スワップ取引については、金利変動リスクにさらされる借入金を一定割合以上ヘッジする方針であります。
③ ヘッジ方針
 為替予約取引、通貨スワップ取引及び通貨オプション取引については、原則として全ての外貨建取引につきフルヘッジする方針であります。
 
④ ヘッジ有効性評価の方法
 ヘッジ対象とヘッジ手段につき、明らかに有効性が図られていると認められる場合を除き、各々の損益又はキャッシュ・フローの変動累計とを比較する方法により行っております。
④ ヘッジ有効性評価の方法
同左
 
⑤ その他
 当社の内部規程で定める「業務分掌規程」に基づき、ヘッジ有効性評価等デリバティブ取引の管理は、財務経理部が担当しており、デリバティブの実行状況及びヘッジ有効性の評価は、定期的にまた必要ある毎に取締役会に報告することとしております。
⑤ その他
同左
(7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
   
消費税等の会計処理
 税抜方式によっております。
同左
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
 連結子会社の資産及び負債の評価については、全面時価評価法を採用しております。
同左
6.のれん及び負ののれんの償却に関する事項
 のれんの償却については、5年間の定額法により償却を行っております。
同左
7.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 ───────
 当連結会計年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は31,490,904千円であります。
 なお、当連結会計年度における連結貸借対照表の純資産の部については、連結財務諸表規則の改正に伴い、改正後の連結財務諸表規則により作成しております。
 
(役員賞与に関する会計基準)
 ───────
 当連結会計年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用しております。これにより営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は、それぞれ33,600千円減少しております。
 
表示方法の変更
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(連結損益計算書)
(連結キャッシュ・フロー計算書) 
 「為替差益」は、前連結会計年度まで営業外収益の「その他」に含めて表示しておりましたが、当連結会計年度において営業外収益の総額の100分の10を超えたため区分掲記しました。
 なお、前連結会計年度における「為替差益」の金額は16,883千円であります。
 「デリバティブ評価損益」は、前連結会計年度まで営業活動によるキャッシュ・フローの「その他」に含めて表示しておりましたが、当連結会計年度において重要性が増したため区分掲記しました。
 なお、前連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローの「その他」に含めておりました「デリバティブ評価損益」の金額は△17,610千円であります。
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
※1 非連結子会社に対するものは次のとおりであります。
※1 非連結子会社に対するものは次のとおりであります。
投資有価証券(株式)
290,385
千円
投資有価証券(株式)
143,715
千円
 2 保証債務
 2         ───────
(1)金融機関からの借入金に対する保証債務
 
  関係会社
699,224
千円
 
(2)リース債務及び仕入債務に対する保証債務
 
  取引先
38,982
千円
合計
738,206
千円
 
 3 当社は、「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)及び「土地の再評価に関する法律の一部を改正する法律」(平成13年3月31日公布法律第19号)に基づき、事業用の土地の再評価を行い、土地再評価差額金を純資産の部(マイナス表示)に計上しています。
 3 当社は、「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)及び「土地の再評価に関する法律の一部を改正する法律」(平成13年3月31日公布法律第19号)に基づき、事業用の土地の再評価を行い、土地再評価差額金を純資産の部(マイナス表示)に計上しています。
再評価の方法
再評価の方法
 土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第5号に定める不動産鑑定士による鑑定評価及び第2条第4号に定める路線価に合理的な調整を行って算出しております。
 土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第5号に定める不動産鑑定士による鑑定評価及び第2条第4号に定める路線価に合理的な調整を行って算出しております。
再評価を行った年月日
平成14年3月31日
再評価を行った土地の期末における時価と再評価後の帳簿価額との差額
△16,622
千円
再評価を行った年月日
平成14年3月31日
再評価を行った土地の期末における時価と再評価後の帳簿価額との差額
△490
千円
 4 当座貸越契約及び貸出コミットメントライン
 4 当座貸越契約及び貸出コミットメントライン
 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行1行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。これら契約に基づく当連結会計年度末の借入金未実行残高は次のとおりであります。
 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行1行と当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。これら契約に基づく当連結会計年度末の借入金未実行残高は次のとおりであります。
当座貸越極度額及び貸出コミットメントの総額
1,000,000
千円
借入実行残高
 
差引額
1,000,000
 
当座貸越極度額及び貸出コミットメントの総額
1,000,000
千円
借入実行残高
 
差引額
1,000,000
 
 5 売掛債権流動化の目的で、「ローンパーティシペーションの会計処理及び表示」(日本公認会計士協会会計制度委員会報告第3号)に基づいて、参加者へ売却したものとして会計処理した売掛金の金額は752,352千円であります。
 5       ───────
※6 連結会計年度末日満期手形の会計処理については、当連結会計年度の末日が金融機関の休日でしたが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当連結会計年度末日満期手形の金額は80,550千円であります。
※6       ───────
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 販売費及び一般管理費
※1 販売費及び一般管理費
 主要な費目及び金額は次のとおりであります。
 主要な費目及び金額は次のとおりであります。
荷造運賃
1,956,855
千円
倉庫料 
1,314,791
 
販売促進費
804,126
 
給与手当
4,620,546
 
貸倒引当金繰入額
31,988
 
役員賞与引当金繰入額
33,600
 
退職給付費用
143,255
 
荷造運賃
1,985,487
千円
倉庫料 
1,381,194
 
販売促進費
930,153
 
給与手当
5,154,942
 
貸倒引当金繰入額
12,488
 
賞与引当金繰入額
42,048
 
役員賞与引当金繰入額
61,560
 
退職給付費用
127,054
 
※2 諸債務整理益の内訳は次のとおりであります。
※2 諸債務整理益の内訳は次のとおりであります。
預り金整理益
42,569
千円
買掛金整理益
25,451
 
68,021
 
預り金整理益
32,087
千円
買掛金整理益
19,331
 
51,418
 
※3         ──────
※3 貸倒引当金繰入額は、子会社の株式会社D・ハーモニーへの貸付金に対するものであります。
※4 固定資産除却損の内訳
その他
3,973
千円
※4         ──────
 
※5 当社の元社員の不正取引による回収不能額であります。
※5         ──────
※6         ──────
※6 関係会社株式評価損の内訳
株式会社D・ハーモニー
30,000
千円
株式会社ウェルフェアリンク
19,583
 
49,583
 
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式(注1)
19,400,768
87,050
— 
19,487,818
合計
19,400,768
87,050
— 
19,487,818
自己株式
       
普通株式(注2,3,4)
7,198
668,250
300
675,148
合計
7,198
668,250
300
675,148
(注)1.普通株式の発行済株式総数の増加87,050株は、ストック・オプションの権利行使によるものであります。
2.普通株式の自己株式の増加1,850株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
3.普通株式の自己株式の増加666,400株は、自己株式の買取りによるものであります。
4.普通株式の自己株式の減少300株は、自己株式の売渡しによるものであります。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成18年6月29日
定時株主総会
普通株式
387,871
20.0
平成18年3月31日
平成18年6月30日
平成18年10月31日
取締役会
普通株式
438,294
22.5
平成18年9月30日
平成18年12月8日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月28日
定時株主総会
普通株式
423,285
利益剰余金
22.5
平成19年3月31日
平成19年6月29日
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式(注1)
19,487,818
800,000
18,687,818
合計
19,487,818
800,000
18,687,818
自己株式
       
普通株式(注1,2,3,4)
675,148
661,537
800,200
536,485
合計
675,148
661,537
800,200
536,485
(注)1.普通株式の発行済株式総数及び自己株式数の減少800,000株は、自己株式の消却によるものであります。
2.普通株式の自己株式の増加660,600株は、自己株式の買取りによるものであります。
3.普通株式の自己株式の増加937株は、単位未満株式の買取りによるものであります。
4.普通株式の自己株式の減少200株は、自己株式の売渡しによるものであります。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月28日
定時株主総会
普通株式
423,285
22.5
平成19年3月31日
平成19年6月29日
平成19年10月31日
取締役会
普通株式
413,900
22.5
平成19年9月30日
平成19年12月7日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年6月26日
定時株主総会
普通株式
408,404
利益剰余金
22.5
平成20年3月31日
平成20年6月27日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年3月31日現在)
(平成20年3月31日現在)
現金及び預金勘定
13,613,235
千円
現金及び現金同等物
13,613,235
 
現金及び預金勘定
10,875,188
千円
現金及び現金同等物
10,875,188
 
 当連結会計年度において、株式取得により新たに㈱カリンピアを連結したところに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに㈱カリンピア株式の取得価額と取得のための支出(純額)との関係は次のとおりでります。
 
流動資産
679,961
千円
固定資産
308,842
 
のれん
94,236
 
流動負債
△476,581
 
固定負債
△135,232
 
取得価額
471,227
 
㈱カリンピアの現金及び現金同等物
96,995
 
差引:取得のための支出
374,231
 
 
(リース取引関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1)借手側
(1)借手側
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
器具備品及び運搬具
387,947
215,277
172,670
ソフトウェア
269,342
169,326
100,016
657,290
384,604
272,686
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
器具備品及び運搬具
408,821
267,834
140,987
ソフトウェア
216,072
145,303
70,768
624,894
413,138
211,755
② 未経過支払リース料期末残高相当額等
未経過支払リース料期末残高相当額
② 未経過支払リース料期末残高相当額等
未経過支払リース料期末残高相当額
1年内
123,655
千円
1年超
149,514
 
273,170
 
1年内
110,351
千円
1年超
101,404
 
211,755
 
(注) 取得価額相当額及び未経過支払リース料期末残高相当額は、未経過支払リース料期末残高の有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため支払利子込み法により算定しております。
同左

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
③ 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額及び減損損失
③ 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額及び減損損失
支払リース料
147,675
千円
減価償却費相当額
147,675
 
支払リース料
129,199
千円
減価償却費相当額
129,199
 
④ 減価償却費相当額の算定方法
④ 減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
同左
(2)貸手側
(2)              ──────
転貸による未経過受取リース料期末残高相当額
 
1年内
484
千円
1年超
 
484
 
 
(注) 未経過受取リース料期末残高相当額は、未経過受取リース料期末残高及び見積残存価額期末残高の合計額の、営業債権の期末残高等に占める割合が低いため、受取利子込み法により算定しております。
上記はすべて転貸リース取引に係る貸手側の未経過受取リース料期末残高相当額であります。
なお、当該転貸リース取引は同一の条件で第三者にリースしていますので、同額の残高が上記の借手側の未経過支払リース料期末残高相当額に含まれております。
 
オペレーティング・リース取引
オペレーティング・リース取引
該当事項はありません。
同左
(減損損失について)
(減損損失について)
リース資産に配分された減損損失はありません。
同左
(有価証券関係)
1.その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
前連結会計年度(平成19年3月31日)
当連結会計年度(平成20年3月31日)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
株式
452,391
553,501
101,110
104,152
117,273
13,120
小計
452,391
553,501
101,110
104,152
117,273
13,120
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
株式
111,362
98,495
△12,867
465,607
423,262
△42,345
小計
111,362
98,495
△12,867
465,607
423,262
△42,345
合計
563,753
651,996
88,242
569,760
540,535
△29,224
(注)当連結会計年度において、その他有価証券で時価のある株式について、1,900千円減損処理を行っております。
2.前連結会計年度及び当連結会計年度中に売却したその他有価証券
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
売却額(千円)
売却益の合計額
(千円)
売却損の合計額
(千円)
売却額(千円)
売却益の合計額
(千円)
売却損の合計額
(千円)
971,000
58,308
2,511,330
95,089
4
3.時価評価されていない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額
 
前連結会計年度(平成19年3月31日)
当連結会計年度(平成20年3月31日)
連結貸借対照表計上額(千円)
連結貸借対照表計上額(千円)
(1)その他有価証券
   
非上場株式
205,325
115,753
(2)子会社株式及び関連会社株式
 
 
非上場株式
290,385
143,715
合計
495,710
259,469
(注)1.前連結会計年度において、子会社及び関連会社株式の非上場株式について、38,926千円減損処理を行っております。
2.当連結会計年度において、その他有価証券の非上場株式について、41,571千円減損処理を行っております。
3.当連結会計年度において、子会社株式及び関連会社株式の非上場株式について、49,583千円減損処理を行っております。
(デリバティブ取引関係)
1.取引の状況に関する事項
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(1)取引の内容
(1)取引の内容
 当社グループは、通貨関連では、為替予約取引、通貨オプション取引及び通貨スワップ取引を、金利関連では、金利スワップ取引のデリバティブ取引を利用しております。
 当社グループは、通貨関連で、為替予約取引、通貨オプション取引及び通貨スワップ取引を利用しております。
(2)取引に対する取組方針・利用目的
(2)取引に対する取組方針・利用目的
 当社グループは、現在及び将来の金融負債に係る金利変動リスクを軽減又は回避するために金利関連の各デリバティブ取引を、また、通常の取引の範囲内で外貨建営業債権債務に係る将来の為替レートの変動リスクを軽減又は回避する目的で、通貨関連のデリバティブ取引を利用しております。
 なお、取組デリバティブ取引の内、一定のものについては、ヘッジ会計を適用しております。
 当社グループは、通常の取引の範囲内で外貨建営業債権債務に係る将来の為替レートの変動リスクを軽減又は回避する目的で、通貨関連のデリバティブ取引を利用しております。
 なお、取組デリバティブ取引の内、一定のものについては、ヘッジ会計を適用しております。
 ヘッジ会計の方法、ヘッジ手段、ヘッジ対象、ヘッジ方針及びヘッジの有効性の評価方法は、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項4(6)重要なヘッジ会計の方法に記載のとおりであります。
 ヘッジ会計の方法、ヘッジ手段、ヘッジ対象、ヘッジ方針及びヘッジの有効性の評価方法は、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項4(6)重要なヘッジ会計の方法に記載のとおりであります。
(3)取引に係るリスクの内容
(3)取引に係るリスクの内容
 当社グループの利用している通貨関連及び金利関連の各デリバティブ取引については、為替変動と市場金利の変動によるリスクを有しております。
 なお、当社グループのデリバティブ取引の契約先は、いずれも信用度の高い国内の取引金融機関であるため相手方の契約不履行によるリスクはほとんどないと認識しております。
 当社グループの利用している通貨関連の各デリバティブ取引については、為替変動によるリスクを有しております。
 なお、当社グループのデリバティブ取引の契約先は、いずれも信用度の高い国内の取引金融機関であるため相手方の契約不履行によるリスクはほとんどないと認識しております。
(4)取引に係るリスク管理体制
(4)取引に係るリスク管理体制
 当社グループが定めた業務分掌規程に基づき、デリバティブ取引の管理は財務経理部が担当しており、ポジションの管理、市場リスクの計測、損益状況の把握、ヘッジ有効性の評価等を行っております。また、取引金融機関に対して定期的に残高確認を実施しており、内部管理資料と相違ないか確認しております。
 取引権限者及び取引限度額等については社内ルールが定められています。また、デリバティブ取引の実行状況及びヘッジ有効性の評価結果は定期的に又必要ある毎に取締役会に報告することとしております。
同左
(5)取引の時価等に関する事項についての補足説明
(5)取引の時価等に関する事項についての補足説明
 「取引の時価等に関する事項」における契約額等は、この金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスク及び信用リスクの量を示すものではありません。
同左
2.取引の時価等に関する事項
区分
種類
前連結会計年度(平成19年3月31日)
当連結会計年度(平成20年3月31日)
契約額等
(千円)
契約額等のうち1年超
(千円)
時価
(千円)
評価損益
(千円)
契約額等
(千円)
契約額等のうち1年超
(千円)
時価
(千円)
評価損益
(千円)
市場取引以外の取引
為替予約取引
 
 
 
 
 
 
 
 
買建
 
 
 
 
 
 
 
 
米ドル
392,535
362,340
425,819
33,284
241,560
181,170
232,564
△5,997
通貨オプション取引
 
 
 
 
 
 
 
 
売建・買建
 
 
 
 
 
 
 
 
米ドル
810,900
627,300
54,625
54,625
627,300
443,700
△14,302
△14,302
通貨スワップ取引
 
 
 
 
 
 
 
 
受取米ドル・支払円
4,116,204
4,116,204
55,493
55,493
22,781,804
22,781,804
△315,294
△315,294
合計
143,404
△335,595
前連結会計年度
 
当連結会計年度
 (注)1.時価算定方法
取引先金融機関から提示された価格等によっております。
 
 (注)1.時価算定方法
同左
2.オプション取引はゼロコストオプションであり、コールオプション及びプットオプションが一体の契約のため、一括記載しております。
 
2.      同左
3.通貨スワップ取引はクーポンスワップ取引であり、契約額等は想定元本を開示しております。当該想定元本についてはその支払は行われず、クーポン部分について約定による金銭の相互支払を行うものであります。 
 
3.      同左 
4.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引は除いております。
 
4.      同左 
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
 当社及び国内連結子会社は、確定給付型の制度として、勤続3年以上の従業員を対象に適格退職年金制度を設けておりましたが平成18年10月に確定拠出年金制度及び退職一時金制度へ移行しております。
2.退職給付債務及びその内訳
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
(1)退職給付債務(千円)
△133,067
△88,034
(2)年金資産(千円)
(3)未積立退職給付債務(1)+(2)(千円)
△133,067
△88,034
(4)未認識数理計算上の差異(千円)
△2,736
△55,267
(5)未認識過去勤務債務(千円)
24,621
14,773
(6)連結貸借対照表計上額純額(3)+(4)+(5)+(6)(千円)
△111,181
△128,528
(7)前払年金費用(千円)
(8)退職給付引当金(7)−(8)(千円)
△111,181
△128,528
 (注)1.適格退職年金制度から確定拠出年金制度及び退職一時金制度への移行に伴う影響額は次のとおりであります。
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
① 退職給付債務の減少(千円)
936,643
② 年金資産の減少(千円)
△614,720
③ 未認識数理計算上の差異の減少(千円)
△114,467
④ 未認識過去勤務債務の増加(千円)
29,546
⑤ 退職給付引当金の減少(千円)
237,002
 また、確定拠出年金制度への資産移換額は、475,222千円であります。前連結会計年度末時点の未移換額42,663千円は、流動負債の「その他」に14,221千円、固定負債の「その他」に28,442千円計上しております。
2.一部の子会社は退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
3.退職給付費用の内訳
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
退職給付費用
   
(1)勤務費用(千円)
59,110
14,023
(2)利息費用(千円)
11,503
2,628
(3)期待運用収益(減算)(千円)
8,669
(4)会計基準変更時差異の費用処理額
(千円)
(5)過去勤務債務の費用処理額(千円)
4,924
9,848
(6)数理計算上の差異の費用処理額(千円)
19,496
△342
(7)退職給付費用(1)+(2)−(3)+(4)+(5)+(6)(千円)
86,365
26,158
(8)その他(千円)
56,890
100,896
(9)計(千円)
143,255
127,054
 (注)1.「(8)その他」は、確定拠出年金への掛金支払額等であります。
 2.簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「(1)勤務費用」に計上しております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
(1)割引率(%)
2.0
2.0
(2)期待運用収益率(%)
3.0
— 
(3)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
期間定額基準
(4)過去勤務債務の処理年数
3年
 (各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による按分額を費用処理しております。)
3年
(各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による按分額を費用処理しております。)
(5)数理計算上の差異の処理年数
8年
(各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による按分額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。)
8年
(各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による按分額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。)
(ストック・オプション等関係)
該当事項はありません。
(税効果会計関係)
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(流動の部)
   
繰延税金資産
   
未払事業税
104,332
千円
商品評価損
17,969
 
その他
59,156
 
繰延税金資産合計
181,458
 
繰延税金負債
   
固定資産圧縮積立金
△1,947
 
その他
△79,720
 
繰延税金負債合計
△81,668
 
繰延税金資産の純額
99,790
 
(流動の部)
   
繰延税金資産
   
未払事業税
111,388
千円
商品評価損
16,573
 
その他
499,616
 
繰延税金資産合計
627,578
 
繰延税金負債
   
固定資産圧縮積立金
△1,799
 
その他
△64,937
 
繰延税金負債合計
△66,737
 
繰延税金資産の純額
560,841
 
(固定の部)
 
 
繰延税金資産
 
 
貸倒引当金
89,466
千円
退職給付引当金
45,173
 
不正事故損失
62,348
 
投資有価証券評価損
4,423
 
その他
56,671
 
繰延税金資産合計
258,083
 
繰延税金負債
 
 
固定資産圧縮積立金
△24,505
 
その他有価証券評価差額金
△35,852
 
その他
△49,307
 
繰延税金負債合計
△109,666
 
繰延税金資産の純額
148,417
 
(固定の部)
 
 
繰延税金資産
 
 
貸倒引当金
96,174
千円
退職給付引当金
52,221
 
不正事故損失
53,653
 
投資有価証券評価損
22,086
 
関係会社株式評価損
20,145
 
その他有価証券評価差額金
11,874
 
その他
56,988
 
繰延税金資産小計
313,143
 
評価性引当額
△7,956
 
繰延税金資産合計
305,186
 
繰延税金負債
 
 
固定資産圧縮積立金
△22,705
 
その他
△49,307
 
繰延税金負債合計
△72,013
 
繰延税金資産の純額
233,173
 
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省略しております。
同左
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 「生活関連用品の卸売事業」の売上高、営業利益及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメント資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 「生活関連用品の卸売事業」の売上高、営業利益及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメント資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
【海外売上高】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 海外売上高は、連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 海外売上高は、連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
(1)役員及び個人主要株主等
属性
会社等の名称
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社
㈲野村興産
大阪市
浪速区
85,350
不動産の賃貸業、損害保険代理店業務
(被所有)
直接8.6
2
当社の損害保険代理業
損害保険料の支払(注1)
賃借料の支払(注2)
67,022
6,500
前払費用
 立替金
 前払費用
2,600
151
1,050
エムエス商事㈱
大阪市
浪速区
10,000
不動産の賃貸業
(被所有)
直接0.4
1
不動産の賃借
賃借料の支払(注2)
210,883
前払費用
18,452
1.取引条件及び取引条件の決定方針等
(注1) 損害保険料の支払いについては、損害保険会社から提示された価格によっております。
(注2) 賃借料の支払いについては、不動産鑑定評価額に基づき決定しております。
2.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
(1)役員及び個人主要株主等
属性
会社等の名称
住所
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
(%)
関係内容
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
役員の兼任等
事業上の関係
役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社
㈲野村興産
大阪市
浪速区
85,350
不動産の賃貸業、損害保険代理店業務
(被所有)
直接9.3
2
当社の損害保険代理業
損害保険料の支払(注1)
賃借料の支払(注2)
49,308
12,000
前払費用
 立替金
 前払費用
1,458
162
1,050
エムエス商事㈱
大阪市
浪速区
10,000
不動産の賃貸業
(被所有)
直接0.4
2
不動産の賃借
賃借料の支払(注2)
210,883
前払費用
18,452
1.取引条件及び取引条件の決定方針等
(注1) 損害保険料の支払いについては、損害保険会社から提示された価格によっております。
(注2) 賃借料の支払いについては、不動産鑑定評価額に基づき決定しております。
2.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
   1,690円39銭
1株当たり当期純利益金額
  170円71銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
  170円61銭
1株当たり純資産額
   1,740円56銭
1株当たり当期純利益金額
     154円42銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注)1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益(千円)
3,298,107
2,849,744
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
3,298,107
2,849,744
期中平均株式数(株)
19,320,148
18,454,473
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益調整額(千円)
普通株式増加数(株)
11,041
(うち新株予約権)
(11,041)
(−)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
──────
──────
(重要な後発事象)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 ──────
 
ストックオプション制度の導入
当社は、平成20年6月26日開催の定時株主総会において、会社法第236条、第238条及び第239条の規程に基づき、当社取締役、監査役及び従業員並びに子会社の取締役に対して新株予約権を発行することを決議しております。
 詳細につきましては「第4提出会社の状況、1株式等の状況、(8)ストックオプション制度の内容」に記載のとおりであります。
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
会社名
銘柄
発行年月日
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
利率(%)
担保
償還期限
株式会社ドウシシャ物流
第1回無担保変動利付社債
平成16.12.29
2,375,000
(62,500)
2,312,500
(62,500)
6ヶ月円Tibor+0.15
なし
平成21.12.29
合計
2,375,000
(62,500)
2,312,500
(62,500)
 (注)1.( )内書は、1年以内の償還予定額であります。
2.連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
1年以内(千円)
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
62,500
2,250,000
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
801,463
1年以内に返済予定の長期借入金
13,964
0.87
1年以内に返済予定のリース債務
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
15,186
1,335
 平成21年
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
合計
816,649
15,299
 (注)1.「平均利率」については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
1,335
(2)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社ドウシシャ、2008-03-31 期 有価証券報告書