有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社及び連結子会社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。当社は、取り扱う製品・サービス別に包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しています。従って、当社は製品・サービスの類似性を基礎としたセグメントから構成されており、「医療器材事業」、「SPD事業」、「介護用品事業」、「輸入販売事業」の4つを報告セグメントとしています。「医療器材事業」は、医療器材の販売を行っています。「SPD事業」は、医療機関等の物品・情報管理及び購買管理業務を行っています。「介護用品事業」は、在宅介護用ベッド・用品の販売・レンタルを行っています。「輸入販売事業」は、医療機器の輸入販売を行っています。

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一です。

セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいています。

報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成27年7月1日 至 平成28年6月30日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

合計

調整額

連結
財務諸表
計上額

医療器材
事業

SPD事業

介護用品
事業

輸入販売
事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

85,107,934

14,704,885

1,648,076

101,460,896

101,460,896

セグメント間の内部売上高又は振替高

5,521,071

126,141

24,098

5,671,311

5,671,311

90,629,006

14,831,026

1,672,174

107,132,208

5,671,311

101,460,896

セグメント利益

573,305

87,623

63,290

724,220

180,768

543,452

セグメント資産

27,402,156

3,893,324

576,851

31,872,332

822,596

31,049,735

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

209,353

28,817

3,803

241,974

40,228

282,202

のれんの償却額

103,279

103,279

103,279

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

145,514

358,857

38,428

542,800

80,570

623,371

 

(注) 1 セグメント利益の調整額△180,768千円には、セグメント間消去4,600千円、各報告セグメントに配分しない全社費用△185,368千円が含まれています。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない親会社の管理部門費です。

2 セグメント資産の調整額△822,596千円には、セグメント間消去△1,569,417千円、各報告セグメントに配分しない全社資産746,821千円が含まれています。全社資産は主に報告セグメントに帰属しない親会社の管理部門に係る資産です。

3 減価償却費の調整額40,228千円の主な内容は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価償却費です。

4 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額80,570千円の主な内容は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る固定資産の増加額です。

5 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。

 

 

当連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

合計

調整額

連結
財務諸表
計上額

医療器材
事業

SPD事業

介護用品
事業

輸入販売
事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

88,584,983

15,316,539

1,877,163

105,778,686

105,778,686

セグメント間の内部売上高又は振替高

5,701,252

126,303

41,806

5,869,362

5,869,362

94,286,235

15,442,843

1,918,969

111,648,049

5,869,362

105,778,686

セグメント利益又は損失(△)

1,062,808

103,332

128,589

20,427

1,274,302

230,034

1,044,268

セグメント資産

27,952,446

4,037,376

698,297

326,431

33,014,552

1,239,725

31,774,827

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

196,351

25,989

3,753

226,093

41,125

267,219

のれんの償却額

34,717

34,717

34,717

減損損失

14,422

14,422

14,422

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

192,091

6,659

1,460

200,211

24,923

225,135

 

(注) 1 セグメント利益又は損失(△)の調整額△230,034千円には、セグメント間消去△22,879千円、各報告セグメントに配分しない全社費用△207,154千円が含まれています。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない親会社の管理部門費です。

2 セグメント資産の調整額△1,239,725千円には、セグメント間消去△1,809,829千円、各報告セグメントに配分しない全社資産570,104千円が含まれています。全社資産は主に報告セグメントに帰属しない親会社の管理部門に係る資産です。

3 減価償却費の調整額41,125千円の主な内容は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価償却費です。

4 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額24,923千円の主な内容は、各報告セグメントに配分していない全社資産に係る固定資産の増加額です。

5 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成27年7月1日 至 平成28年6月30日)

1  製品及びサービスごとの情報

報告セグメントと同一区分のため、記載を省略しています。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2) 有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しています。

 

 

当連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)

1  製品及びサービスごとの情報

報告セグメントと同一区分のため、記載を省略しています。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。

 

(2) 有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しています。

 

4 報告セグメントの変更について

前連結会計年度において「ライフサイエンス事業」に属していた高塚ライフサイエンス株式会社は、平成29年1月に「医療器材事業」に属している株式会社カワニシを存続会社として合併しました。これに伴い、「ライフサイエンス事業」に含めていた高塚ライフサイエンス株式会社の事業を当連結会計年度より「医療器材事業」に含めて表示しています。

また、当連結会計年度より株式会社エクソーラメディカルを連結子会社としたことから、新たな報告セグメントとして「輸入販売事業」を追加しています。

なお、前連結会計年度のセグメント情報は、変更後の区分に基づき作成したものを開示しています。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年7月1日 至 平成28年6月30日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)

 セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年7月1日 至 平成28年6月30日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

合計

調整額

連結財務諸表計上額

医療器材事業

SPD事業

介護用品
事業

輸入販売
事業

当期末残高

34,717

34,717

34,717

 

(注)のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。

 

当連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

報告セグメント

合計

調整額

連結財務諸表計上額

医療器材事業

SPD事業

介護用品
事業

輸入販売
事業

当期末残高

 

(注)のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

 該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

1 関連当事者との取引

(1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

(ア) 連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

前連結会計年度(自 平成27年7月1日 至 平成28年6月30日)

記載すべき重要な取引はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)

記載すべき重要な取引はありません。

 

(2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

(ア) 連結財務諸表提出会社の重要な子会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

前連結会計年度(自 平成27年7月1日 至 平成28年6月30日)

記載すべき重要な取引はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)

記載すべき重要な取引はありません。

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

 該当事項はありません。

 

 

(企業結合等関係)

重要性が乏しいため、記載を省略しています。

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年7月1日

至 平成28年6月30日)

当連結会計年度

(自 平成28年7月1日

至 平成29年6月30日)

1株当たり純資産額

818円77銭

942円77銭

1株当たり当期純利益金額

54円49銭

123円10銭

 

(注) 1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していません。

2 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。

 

前連結会計年度

(自 平成27年7月1日

至 平成28年6月30日)

当連結会計年度

(自 平成28年7月1日

至 平成29年6月30日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

 

 

親会社株主に帰属する当期純利益

305,711

千円

690,650

千円

普通株主に帰属しない金額

千円

千円

普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益

305,711

千円

690,650

千円

普通株式の期中平均株式数

5,610,758株

5,610,694株

 

3 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりです。

 

前連結会計年度

(平成28年6月30日)

当連結会計年度

(平成29年6月30日)

純資産の部の合計額

4,593,861

千円

5,425,824

千円

純資産の部の合計額から控除する金額

千円

136,232

千円

(うち非支配株主持分)

(−千円)

(136,232千円)

普通株式に係る期末の純資産額

4,593,861

千円

5,289,592

千円

1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数

5,610,716株

5,610,668株

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。





出典: 株式会社カワニシホールディングス、2017-06-30 期 有価証券報告書