有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

 

回次

第15期

第16期

第17期

第18期

第19期

決算年月

平成24年11月

平成25年11月

平成26年11月

平成27年11月

平成28年11月

売上高

(千円)

20,768,196

20,150,768

19,287,186

18,412,913

16,996,356

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

92,357

269,769

307,469

332,140

394,653

当期純利益又は
当期純損失(△)

(千円)

62,365

94,290

143,127

172,435

586,233

持分法を適用した場合の
投資利益又は投資損失(△)

(千円)

12,122

21,049

6,104

81,607

104,683

資本金

(千円)

585,650

585,957

590,254

590,254

590,254

発行済株式総数

(株)

152,856

15,287,600

15,315,600

15,315,600

15,315,600

純資産額

(千円)

4,163,848

4,134,082

4,138,830

4,173,109

3,522,416

総資産額

(千円)

5,693,412

5,789,306

5,661,529

5,480,426

4,796,125

1株当たり純資産額

(円)

301.34

299.18

299.58

302.06

252.22

1株当たり配当額

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

1,000

505

10

10

4

(600)

(500)

(5)

(5)

(2)

1株当たり当期純利益金額
又は1株当たり当期純損失

金額(△)

(円)

4.52

6.84

10.38

12.48

42.43

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

(円)

6.84

自己資本比率

(%)

73.0

71.3

73.1

76.1

73.4

自己資本利益率

(%)

1.5

2.3

3.5

4.1

15.2

株価収益率

(倍)

43.72

27.27

22.36

配当性向

(%)

146.2

96.4

80.1

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

264,497

666,333

638,322

178,201

487,999

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

594,253

129,673

215,652

37,611

146,726

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

283,656

196,090

233,504

185,034

104,182

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

1,780,092

2,120,660

2,309,825

2,265,381

1,526,472

従業員数

(人)

893

797

782

734

727

 

(注) 1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第16期の1株当たり配当額については、平成25年6月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っているため、中間配当額を株式分割前の500円、期末配当額を株式分割後の5円とし、年間配当額を505円としております。なお、当該株式分割を考慮しない場合の1株当たり配当額は、1,000円(うち1株当たり中間配当額500円)となります。

3.第15期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため、第17期、第18期および第19期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

4.第15期および第19期の株価収益率および配当性向については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

 

2 【沿革】

 

年月

事項

平成6年9月

代表取締役社長執行役員である石川秋彦と取締役会長である加藤義博の両名が、当社の前身となる「メジャーオート有限会社」を設立

平成10年9月

バイク買取専門店の総合コンサルティング事業を目的として当社設立(「株式会社アイケイコーポレーション」(東京都渋谷区、資本金10,000千円))

平成11年12月

バイク買取事業の業務オペレーションをシステム化

平成13年1月

多ブランド戦略の一環として設立したグループ会社の統合を開始(平成15年1月完了)

平成14年5月

「インフォメーションセンター」を開設

平成14年12月

「バイク王」として看板を備えた初のロードサイド店舗を出店

平成15年11月

パーツ販売店を出店(平成24年1月に閉店。WEB販売を継続)

平成16年2月

バイク王のテレビCMの放映を開始

平成17年3月

システムを独自の基幹システム「i-kiss」に集約

平成17年6月

ジャスダック証券取引所に株式上場(東京証券取引所市場第二部上場を機に平成18年10月に上場廃止)

平成17年9月

初のバイク小売販売店を出店

平成18年3月

駐車場事業を営む子会社「株式会社パーク王」を設立(平成24年3月に当社に吸収合併)

平成18年8月

東京証券取引所市場第二部に上場

平成19年2月

バイク小売販売を営む子会社「株式会社アイケイモーターサイクル」を設立(平成20年6月に当社に吸収合併)

平成19年3月

「株式会社テクノスポーツ」よりバイク小売事業を譲受

平成21年8月

バイク買取専門店「バイク王」100店舗を達成

平成23年3月

オートオークションを運営する「株式会社ユー・エス・エス」およびバイクオークションを運営する「株式会社ジャパンバイクオークション」とバイクオークション事業に関する業務・資本提携を開始

平成23年4月

「株式会社ジャパンバイクオークション」の株式取得(当社出資比率:30.0%)により、同社を関連会社化

平成23年8月

情報発信組織「バイク王 バイクライフ研究所」を発足

平成24年9月

「株式会社バイク王&カンパニー」に商号を変更

平成26年2月

東京都港区に本店を移転

平成28年1月

サービスブランドを「バイク王」に統一するとともに、コーポレートロゴマークを含むロゴマークを統一し刷新

平成28年11月

二輪車用品販売事業を展開する株式会社G‐7ホールディングスと資本業務提携契約を締結

平成29年2月

「バイク王」57店舗(平成29年2月24日現在)

 

 

 

3 【事業の内容】

概要

当社グループは、平成28年11月30日現在、当社および関連会社1社(業者向けオークション運営会社)で構成されており、当社グループが営んでいる主な事業および当社と関連会社の当該事業における位置づけは次のとおりであります。

なお、以下に挙げるバイク買取事業、バイク小売事業、駐車場事業は「第5  経理の状況  1  財務諸表等(1)財務諸表  注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

 

(1) バイク買取事業

① バイク買取販売

WEB・テレビ・ラジオ・雑誌等を通じ広くユーザーへ訴えかけて査定および買取の依頼に結び付け、バイクの仕入を行っております。これらのバイクは、業者向けオークション運営会社を介して、または直接業者に対して販売するとともに、一部を当社の小売事業に対して販売しております。

買取販売の詳細については、以下のとおりであります。

 

(a) 仕入・販売の特徴

当社は、中古バイクを出張にて査定し、買取を行う出張買取を基本としております。バイクを売却する意向のあるユーザーの自宅に指定された時間に出張し、バイクの査定を行うことで査定価格を算出し、ユーザーの同意が得られた場合、バイクを現地にて買い取る形式となっております。

また、買取仕入後のバイクにつきましては、商品価値を高めるために整備を行い、オークションを介した販売を主として行っております。これは、仕入から販売に至るまでの期間の短縮、バイクの保管に要する在庫コストの削減、販売代金の早期回収による資金効率の向上等を目的に行っているものであり、より効率的なキャッシュ・フロー経営が可能となっております。

 

(b) 買取査定システム

当社では買取査定にあたり、業者向けオークションにおける流通価格を分析し、査定価格へのフィードバックおよびデータベース化を行うことにより、全店舗共通の画一的な査定価格を算出しております。これにより、バイクライフプランナ−(査定員)個々の車輌知識や相場知識の相違によって発生する買取価格のばらつきは抑制され、全国統一の基準に基づく査定価格の提示とサービスを提供しております。

 

(c) 出店形態

当社店舗の敷地、建物は賃借となっております。

 

② 海外取引

海外取引(バイク輸出販売等)として、新たな販路の開拓に努め各国のニーズに応じた海外マーケットでのビジネスの可能性を模索しております。

 

 

(2) バイク小売事業

① バイク小売販売

主にバイク買取事業においてユーザーから仕入れた中古バイクの一部を直営の小売販売店やWEBを通じてユーザーに小売販売しております。

 

② パーツ販売

バイクの買取を行い、市場に流通させる前の車輌整備時において発生するバイク専用のパーツは、業者向けオークションを通じて販売、もしくはWEBを通じてユーザーに小売販売しております。

 

(3) 駐車場事業

バイクの利点を活かして自動車の駐車場としては利用することができない狭小地等の有効利用を推進するとともに、駐車場装置・駐車設備機器の開発・製造・販売、駐車場の管理等を行っております。

なお、各事業地の特性を活かし、バイク駐車場、自動車駐車場、バイクと自動車の併設駐車場等を設置しております。ブランドは「パーク王」として展開しております。

 

事業系統図(平成28年11月30日現在)については、次のとおりであります。

 


※㈱ジャパンバイクオークションは、当社の関連会社です。

 

 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金
(百万円)

主要な
事業の内容

議決権の
所有割合(%)

関係内容

株式会社ジャパンバイクオークション

神奈川県横浜市
鶴見区

212

バイク買取事業

30.0

オークション取引

 

(注) 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

 

5 【従業員の状況】

(1) 提出会社の状況

平成28年11月30日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

727

33.9

7.1

3,781

 

 

セグメントの名称

従業員数(人)

バイク買取事業

600

バイク小売事業

118

駐車場事業

9

合計

727

 

(注) 1.臨時雇用者数についてはその総数が従業員数の100分の10未満であるため、記載を省略しております。

    2.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。

 

(2) 労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。

 





出典: 株式会社バイク王&カンパニー、2016-11-30 期 有価証券報告書