有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【自己株式の取得等の状況】

(1)【定時総会決議又は取締役会決議による自己株式の買受け等の状況】

①【前決議期間における自己株式の取得等の状況】

 該当事項はありません。

 

②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況】

 該当事項はありません。

 

(2)【資本減少、定款の定めによる利益による消却又は償還株式の消却に係る自己株式の買受け等の状況】

①【前決議期間における自己株式の買受け等の状況】

 該当事項はありません。

 

②【当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況等】

 該当事項はありません。

 

3【配当政策】

 当社は、当会計年度中に親会社である名古屋鉄道株式会社の支援を受け、永年懸案であった子会社2社を解散し清算いたしました。そして、経営資源を本館に集中することで、財務体質の強化並びに経営の健全化を図り、4期振りに経常利益をあげることができました。しかし、未だ累積損失を解消するまでには至っておりません。

今後、単年度での配当可能な収益が計上でき、次年度以降の安定が図られると予想される段階で復配を実施いたします。

 

4【株価の推移】

(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

回次

第85期

第86期

第87期

第88期

第89期

決算年月

平成13年2月

平成14年2月

平成15年2月

平成16年2月

平成17年2月

最高(円)

210

210

210

210

190

最低(円)

210

210

210

190

175

 (注) 当社の株式は非上場であるため、北國新聞に表示されている北陸三県証券会社の店頭気配値によっております。

 

(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

月別

平成16年9月

平成16年10月

平成16年11月

平成16年12月

平成17年1月

平成17年2月

最高(円)

190

190

190

190

190

175

最低(円)

190

190

190

190

190

175

 (注) 当社の株式は非上場であるため、北國新聞に表示されている北陸三県証券会社の店頭気配値によっております。

 





出典: 株式会社金沢名鉄丸越百貨店、2005-02-28 期 有価証券報告書