有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)最近5連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移

回次

第61期

第62期

第63期

第64期

第65期

決算年月

平成21年3月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

売上高

(百万円)

220,650

215,562

211,966

211,157

212,980

経常利益

(百万円)

4,221

3,672

4,071

4,138

3,846

当期純利益

(百万円)

1,680

1,312

773

1,167

2,621

包括利益

(百万円)

420

1,340

3,405

純資産額

(百万円)

43,214

44,083

43,797

44,319

47,022

総資産額

(百万円)

77,029

76,927

81,160

91,571

93,926

1株当たり純資産額

(円)

927.95

946.10

939.21

949.45

1,006.17

1株当たり当期純利益金額

(円)

36.17

28.24

16.66

25.15

56.45

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

56.0

57.1

53.7

48.1

49.7

自己資本利益率

(%)

3.92

3.01

1.77

2.66

5.77

株価収益率

(倍)

25.41

34.38

52.83

36.78

17.80

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

4,791

4,225

6,275

13,294

2,897

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

△1,320

△6,155

△2,612

△6,219

6,591

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

△1,383

△1,046

△1,250

△1,203

△4,248

現金及び現金同等物の

期末残高

(百万円)

11,963

8,987

11,399

17,271

22,511

従業員数

[外、平均パートタイマー

 雇用者数]

(人)

2,454

[11,962]

2,542

[12,217]

2,545

[11,860]

2,510

[11,920]

2,639

[12,118]

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第64期連結会計年度より、商品及び製品(一部を除く)の評価方法について、最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)から売価還元法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)に変更しております。なお、第63期連結会計年度以前は、遡及適用が実務上不可能であったため、当該会計方針の変更を反映した遡及処理は行っておりません。

 

 (2)提出会社の最近5事業年度に係る主要な経営指標等の推移

回次

第61期

第62期

第63期

第64期

第65期

決算年月

平成21年3月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

売上高

(百万円)

169,914

162,948

158,288

157,382

153,472

経常利益

(百万円)

2,870

2,434

2,687

2,573

2,155

当期純利益

(百万円)

1,204

1,000

379

455

286

資本金

(百万円)

8,981

8,981

8,981

8,981

8,981

発行済株式総数

(株)

52,381,447

52,381,447

52,381,447

52,381,447

52,381,447

純資産額

(百万円)

37,157

37,674

36,979

36,758

37,047

総資産額

(百万円)

68,293

68,085

72,267

80,687

82,612

1株当たり純資産額

(円)

799.80

811.06

796.30

    791.55

797.78

1株当たり配当額

(うち1株当たり

 中間配当額)

(円)

15.00

(7.50)

15.00

(7.50)

15.00

(7.50)

15.00

(7.50)

15.00

(7.50)

1株当たり当期純利益金額

(円)

25.92

21.53

8.16

9.80

6.17

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

54.4

55.3

51.2

45.6

44.8

自己資本利益率

(%)

3.24

2.67

1.02

1.23

0.78

株価収益率

(倍)

35.45

45.10

107.78

94.35

162.95

配当性向

(%)

57.87

69.67

183.72

152.99

243.21

従業員数

[外、平均パートタイマー

 雇用者数]

(人)

1,795

[8,080]

1,813

[8,140]

1,793

[7,770]

1,793

[7,773]

1,799

[7,476]

(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第64期事業年度より、商品及び製品(一部を除く)の評価方法について、最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)から売価還元法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)に変更しております。なお、第63期事業年度以前は、遡及適用が実務上不可能であったため、当該会計方針の変更を反映した遡及処理は行っておりません。

 

2【沿革】

 

昭和23年

5月個人商店稲毛屋(明治33年創業)の暖簾を継承して、生鮮魚介類を主たる販売品目とした食料品販売業株式会社稲毛屋(立川市曙町2−2−27)に改組。

昭和31年

12月立川店を改装して、セルフサービス販売方式を採用した東京都下では最初のスーパーマーケットを開設。

昭和34年

7月多摩平店を開設し、スーパーマーケットチェーンの展開を開始。

昭和38年

3月株式会社三雅(現株式会社サビアコーポレーション、現連結子会社)を設立。

昭和41年

9月株式会社稲毛屋田無店を吸収合併。

昭和44年

12月本部を東大和市南街5−3−1に移転。

昭和47年

1月稲毛屋ビル建築のため立川店を閉鎖、11月同ビルが完成し貸店舗とする。

昭和48年

2月生鮮食品の加工ならびにパック処理、一般食料品・雑貨の配送合理化を図るため、流通センター(現武蔵村山センター、武蔵村山市伊奈平2−82−1)を開設。

昭和49年

10月第1流通センター(現武蔵村山残堀店、武蔵村山市残堀2−9−1)を開設し、一般食料品および雑貨の物流部門を移転、同時に流通センターを第2流通センターと改称する。

昭和50年

6月ファストフード及び惣菜を主たる販売品目として稲毛屋食品株式会社(現株式会社クックサン、現連結子会社)を設立。

昭和51年

10月商品取扱量の増大にともない、第1流通センターを立川に移転(現立川青果センター、立川市泉町935)。

12月商品鮮度を保証するオープンデイティング・システム(鮮度保証制度)を日本で最初に採用。

昭和53年

10月東京証券取引所市場第二部に株式上場。

12月第3流通センター(現武蔵村山センター、武蔵村山市伊奈平2−82−1)を開設し、精肉部門を移転。100店舗チェーンへの供給体制確立。

昭和56年

5月生鮮食品の仕分け保管センターとして第4流通センター(現武蔵村山センター、武蔵村山市伊奈平2−82−1)を開設。

昭和57年

4月店舗施設の保安警備及び設備の保守管理を目的として東京セキュリティサービス株式会社(現株式会社トス、現連結子会社)を設立。

昭和59年

9月東京証券取引所市場第一部に指定、また当社社名を「株式会社稲毛屋」から「株式会社いなげや」に変更。

昭和60年

10月本社・本部を立川市栄町6−1−1に移転。

昭和61年

11月当社初のSSM(スーパー・スーパーマーケット)である毛呂店を開設。

9月食品製造会社として株式会社サンフードジャパン(現連結子会社)を設立。

昭和63年

11月100店舗達成。

平成2年

6月POSシステム全店導入。

9月ドラッグストアの運営を目的として株式会社ウェルパーク(現連結子会社)を設立。

平成4年

11月当社グループ初のSC(ショッピングセンター)であるショッピングモールサビア飯能を開設。

平成7年

4月千葉センター(野田市三ケ尾字平井256−1)、9月立川ドライセンター(立川市泉町935)を開設し、その業務を外部に委託。

11月第1流通センターを立川青果センター(立川市泉町935)として開設。

平成11年

11月将来の店舗数の増加に備えるとともに青果物のコールドチェーンを確立するため、従来の千葉センターを移設し、新たに青果センター機能を付加した新千葉センター(千葉県船橋市豊富町631—7)を開設。

平成12年

5月創業100周年を迎える。

平成16年

4月イオン株式会社と業務提携について合意。

平成17年

イオン株式会社の開発商品(トップバリュ)の仕入を開始。

平成18年

4月「構造改革」スタート。株式会社クックサンと共同で惣菜強化の取組みを開始。

平成21年

2月当社独自のポイントカードシステム「ing・fan(アイエヌジー・ファン)カード」の導入を開始。(平成22年3月 全店に導入完了)

平成22年

10月障がい者雇用の推進を目的とした特例子会社の株式会社いなげやウィング(現連結子会社)を設立。

平成23年

5月通過型の立川生鮮センター(立川市泉町935)を開設。

平成24年

2月既存の武蔵村山センター内に鮮魚センター(武蔵村山市伊奈平2−82−1)を改築。

10月株式会社三浦屋(現連結子会社)の株式を取得。 

平成25年

2月農業経営を目的として株式会社いなげやドリームファーム(現連結子会社)を設立。

3【事業の内容】

 当社グループは、当社および子会社8社で構成され、スーパーマーケット事業、ドラッグストア事業およびその他(小売事業を支援する食品製造・不動産管理・建設・店舗支援業務の請負・農業経営など)事業を展開しております。

 当社グループの事業における各社の位置付けは、次のとおりであります。

事  業  部  門

会 社 名

スーパーマーケット

事業

生鮮食品・加工食品・日用雑貨等

(株)いなげや

惣菜・寿司等

(株)クックサン

生鮮食品・加工食品等

(株)三浦屋

ドラッグストア事業

医薬品・化粧品・日用雑貨・加工食品等

(株)ウェルパーク

食品製造

豆腐・漬物等のデイリー食品

(株)サンフードジャパン

不動産管理

ショッピングセンターの運営・管理、警備・清掃等

(株)サビアコーポレーション

建設

店舗および附属設備の建設・保守管理

(株)トス

店舗支援業務の請負

商品補充・清掃作業等

(株)いなげやウィング

農業経営

農産物の栽培生産等

(株)いなげやドリームファーム

 (注)子会社8社は、いずれも連結子会社であります。

 事業の系統図は次のとおりです。

(注) %表示は当社が所有する当該会社の議決権割合であります。

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金又は出資金

(百万円)

主要な事業

の内容

(注)1

議決権の

所有割合

(%)

議決権の

被所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

㈱サビアコーポレーション(注)4

東京都

立川市

300

その他の事業

(ショッピングセンターの運営・管理、警備・清掃等)

100

(1)当社の役員2名が同社の役員を兼任しております。

(2)当社は同社より建物を賃借しております。

(3)当社と同社は「資金集中配分に関する契約」を締結しております。

㈱クックサン (注)4

東京都

立川市

100

スーパーマーケット事業

(惣菜・寿司等)

100

(1)当社の役員2名が同社の役員を兼任しております。

(2)当社は同社に対し、店舗の一部を賃貸しております。

(3)当社と同社は「資金集中配分に関する契約」を締結しております。

㈱トス (注)4

東京都

立川市

80

その他の事業

(店舗および附属設備の建設・保守管理)

100

(1)当社の役員1名が同社の役員を兼任しております。

(2)当社は同社に対し、設備等の建設、保守管理を委託しております。

(3)当社と同社は「資金集中配分に関する契約」を締結しております。

㈱サンフードジャパン 

(注)4

東京都

立川市

150

その他の事業

(豆腐・漬物等のデイリー食品)

100

(1)当社の役員3名が同社の役員を兼任しております。

(2)当社は同社より商品を購入しております。

(3)当社と同社は「資金集中配分に関する契約」を締結しております。

㈱いなげやウィング 

東京都

立川市

10

その他の事業

(商品補充・清掃作業等)

100

(1)当社より役員1名を派遣しております。

(2当社は同社に対し、店舗支援業務を委託しております。

㈱ウェルパーク (注)2・4・5

東京都

立川市

950

ドラッグストア事業

(医薬品・化粧品・日用雑貨・加工食品等)

84.2

(1)当社の役員3名が同社の役員を兼任しております。

(2)当社は同社に対し、店舗の一部を賃貸しております。

(3)当社は同社に対し、貸付及び同社の借入に対して債務保証を行っております。

(4)当社と同社は「資金集中配分に関する契約」を締結しております。

㈱三浦屋 (注)4 

東京都

杉並区

100

スーパーマーケット事業

(生鮮食品・加工食品等)

100

(1)当社の役員1名が同社の役員を兼任しております。

(2)当社は同社に対して、貸付を行っております。

(3)当社と同社は「資金集中配分に関する契約」を締結しております。

㈱いなげやドリームファーム

東京都

立川市

30

その他の事業

(農産物の栽培生産等)

100

  当社の役員1名が同社の役員を兼任しております。

(注)1.主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しており、( )はその主要な事業内容を記載しております。

      2.特定子会社に該当しております。 

3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はございません。

4.当社と各グループ会社は、「資金集中配分に関する契約書」に基づき、CMS(キャッシュ・マネジメント・システム)を通じて当社グループ企業相互間で余剰・不足資金を融通し、資金の効率化を図っております。

5.㈱ウェルパークについては売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の、連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等 

(1)

売上高

 35,082

 百万円

 

(2)

経常利益

 887

 百万円

 

(3)

当期純利益

 471

 百万円

 

(4)

純資産額

 1,886

 百万円

 

(5)

総資産額

 10,448

 百万円

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

(平成25年3月31日現在)

セグメントの名称

従業員数(人)

スーパーマーケット事業

2,143

[10,366]

ドラッグストア事業

                   388

[1,567]

その他

                   108

[185]

合計

2,639

[12,118]

(注)  従業員数は期末の就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、パートタイマーの雇用者数は、年間の平均人員を[ ]外数で記載しております。 

 

(2)提出会社の状況

 

(平成25年3月31日現在)

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

1,7997,476

43.3

18.4

5,778

(注)1.当社はスーパーマーケット事業に属しており、上記従業員は全てスーパーマーケット事業に属しております。

      2.従業員数は、期末の就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、パートタイマーの雇用者数は、年間の平均人員を[ ]外数で記載しております。 

3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3)労働組合の状況

 当社グループの労働組合は、UAゼンセンいなげや労働組合と称し、いなげや本社に同組合本部が、また各事業所別に支部が置かれ、平成25年3月31日現在における組合員数は8,668人で上部団体のUAゼンセン流通部門に加盟しております。

 労使関係は円滑に推移し、特記すべき事項はございません。

 





出典: 株式会社いなげや、2013-03-31 期 有価証券報告書