有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年2月28日)
当事業年度
(平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1 現金及び預金
 
 
6,726
 
 
3,815
 
2 売掛金
 
 
437
 
 
515
 
3 商品
 
 
28,773
 
 
28,091
 
4 前払費用
 
 
1,055
 
 
1,150
 
5 繰延税金資産
 
 
1,706
 
 
509
 
6 未収入金
※1
 
3,223
 
 
3,200
 
7 その他
 
 
1,064
 
 
1,150
 
流動資産合計
 
 
42,987
39.2
 
38,434
38.8
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 建物
 
18,162
 
 
18,644
 
 
減価償却累計額
 
△9,415
8,747
 
△9,868
8,776
 
2 構築物
 
8,197
 
 
8,168
 
 
減価償却累計額
 
△6,507
1,690
 
△6,620
1,547
 
3 機械装置
 
273
 
 
273
 
 
減価償却累計額
 
△236
37
 
△239
34
 
4 車両運搬具
 
6
 
 
7
 
 
減価償却累計額
 
△5
0
 
△2
4
 
5 器具備品
 
2,800
 
 
2,791
 
 
減価償却累計額
 
△2,494
306
 
△2,479
312
 
6 土地
 
 
12,079
 
 
10,973
 
7 建設仮勘定
 
 
12
 
 
16
 
有形固定資産合計
 
 
22,873
20.8
 
21,666
21.9
(2)無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 借地権
 
 
437
 
 
524
 
2 ソフトウェア
 
 
249
 
 
178
 
3 電話加入権
 
 
62
 
 
62
 
無形固定資産合計
 
 
750
0.7
 
765
0.8

 

 
 
前事業年度
(平成19年2月28日)
当事業年度
(平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部) 
 
 
 
 
 
 
 
(3)投資その他の資産 
 
 
 
 
 
 
 
1 投資有価証券
 
 
16,766
 
 
9,842
 
2 関係会社株式
 
 
4,544
 
 
4,544
 
3 出資金
 
 
0
 
 
0
 
4 長期貸付金
 
 
398
 
 
367
 
5 長期前払費用
 
 
174
 
 
154
 
6 差入保証金
 
 
18,745
 
 
18,251
 
7 破産債権、再生債権、更生債権その他これらに準ずる債権
 
 
436
 
 
 
8  破産更生債権等
 
 
 
 
387
 
9 長期前払賃借料
 
 
2,181
 
 
2,062
 
10 繰延税金資産
 
 
 
 
2,673
 
11 その他
 
 
316
 
 
255
 
12 貸倒引当金
 
 
△477
 
 
△402
 
投資その他の資産合計
 
 
43,086
39.3
 
38,137
38.5
固定資産合計
 
 
66,709
60.8
 
60,569
61.2
資産合計
 
 
109,697
100.0
 
99,003
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年2月28日)
当事業年度
(平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1 支払手形
 
 
145
 
 
107
 
2 買掛金
 
 
14,798
 
 
15,509
 
3 短期借入金
 
 
5,775
 
 
5,740
 
4 1年以内返済予定の長期借入金
 
 
15,978
 
 
4,006
 
5 未払金
 
 
3,435
 
 
3,679
 
6 未払法人税等
 
 
205
 
 
207
 
7 未払消費税等
 
 
397
 
 
226
 
8 未払賞与
 
 
806
 
 
758
 
9 未払費用
 
 
1,003
 
 
1,031
 
10 前受金
 
 
102
 
 
102
 
11 預り金
 
 
44
 
 
55
 
12 その他
 
 
 
 
60
 
流動負債合計
 
 
42,694
38.9
 
31,484
31.8
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1 長期借入金
 
 
24,825
 
 
30,019
 
2 繰延税金負債
 
 
1,864
 
 
 
3 退職給付引当金
 
 
1,846
 
 
1,852
 
4 役員退職慰労引当金
 
 
265
 
 
254
 
5 投資損失引当金
 
 
518
 
 
599
 
6 リース資産減損勘定
 
 
948
 
 
608
 
7 その他
 
 
1,185
 
 
1,083
 
固定負債合計
 
 
31,455
28.7
 
34,417
34.8
負債合計
 
 
74,149
67.6
 
65,901
66.6
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年2月28日)
当事業年度
(平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1 資本金
 
 
14,948
13.6
 
14,948
15.1
2 資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
6,715
 
 
6,715
 
 
(2)その他資本剰余金
 
5,880
 
 
5,880
 
 
資本剰余金合計
 
 
12,595
11.5
 
12,595
12.7
3 利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
 (1)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
固定資産圧縮積立金
 
195
 
 
181
 
 
繰越利益剰余金
 
3,128
 
 
6,012
 
 
利益剰余金合計
 
 
3,323
3.0
 
6,193
6.2
4 自己株式
 
 
△1,508
△1.4
 
△2,292
△2.3
株主資本合計
 
 
29,358
26.8
 
31,444
31.7
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1 その他有価証券評価差額金
 
 
6,175
5.6
 
1,693
1.7
2 繰延ヘッジ損益
 
 
12
0.0
 
△36
△0.0
評価・換算差額等合計
 
 
6,188
5.6
 
1,657
1.7
純資産合計
 
 
35,547
32.4
 
33,101
33.4
負債純資産合計
 
 
109,697
100.0
 
99,003
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当事業年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
170,060
100.0
 
167,412
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
 
 
 
 
 
1 商品期首たな卸高
 
28,801
 
 
28,773
 
 
2 当期商品仕入高
 
123,174
 
 
120,274
 
 
合計
 
151,976
 
 
149,047
 
 
3 商品期末たな卸高
 
28,773
123,202
72.5
28,091
120,956
72.2
売上総利益
 
 
46,857
27.5
 
46,456
27.8
Ⅲ 販売費及び一般管理費
 
 
 
 
 
 
 
1 広告宣伝費
 
4,319
 
 
4,041
 
 
2 役員報酬
 
262
 
 
257
 
 
3 給料手当
 
13,602
 
 
13,590
 
 
4 賞与
 
1,683
 
 
1,566
 
 
5 退職給付費用
 
622
 
 
561
 
 
6 役員退職慰労引当金繰入額
 
7
 
 
 
 
7 福利厚生費
 
1,172
 
 
1,136
 
 
8 水道光熱費
 
1,596
 
 
1,667
 
 
9 不動産賃借料
 
12,400
 
 
12,388
 
 
10 機器賃借料
 
738
 
 
712
 
 
11 減価償却費
 
1,181
 
 
1,094
 
 
12 その他
 
5,940
43,526
25.6
5,828
42,845
25.6
営業利益
 
 
3,331
1.9
 
3,611
2.2
Ⅳ 営業外収益
※1
 
 
 
 
 
 
1 受取利息
 
296
 
 
281
 
 
2 受取配当金
 
117
 
 
128
 
 
3 転貸不動産賃貸料
 
1,346
 
 
1,349
 
 
4 受取手数料
 
277
 
 
308
 
 
5 債務受入益
 
78
 
 
83
 
 
6 その他
 
380
2,497
1.5
354
2,505
1.5
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当事業年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1 支払利息
 
681
 
 
686
 
 
2 社債利息
 
24
 
 
 
 
3 転貸不動産賃借料
 
1,141
 
 
1,116
 
 
4 その他
 
47
1,893
1.1
54
1,857
1.1
経常利益
 
 
3,935
2.3
 
4,259
2.6
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産売却益
※2
31
 
 
117
 
 
2 投資有価証券売却益
 
3
 
 
35
 
 
3 貸倒引当金戻入益
 
1
 
 
1
 
 
4  営業補償金
 
 
 
879
 
 
5 その他
 
0
36
0.0
80
1,114
0.6
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産売却損
※3
3
 
 
24
 
 
2 固定資産除却損
※4
145
 
 
164
 
 
3 関係会社株式評価損
 
49
 
 
 
 
4 貸倒引当金繰入額
 
24
 
 
 
 
5 投資損失引当金繰入額
 
213
 
 
69
 
 
6 減損損失
※5
301
 
 
1,065
 
 
7  厚生年金基金脱退に伴う拠出金
 
 
 
600
 
 
8 その他
 
93
831
0.5
54
1,979
1.2
税引前当期純利益
 
 
3,140
1.8
 
3,393
2.0
法人税、住民税及び事業税
 
110
 
 
114
 
 
法人税等調整額
 
△84
26
0.0
△295
△180
△0.1
当期純利益
 
 
3,113
1.8
 
3,574
2.1
 
 
 
 
 
 
 
 
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
その他資本剰余金
資本剰余金合計
その他利益剰余金
利益剰余金合計
固定資産圧縮積立金
別途積立金
繰越利益剰余金
平成18年2月28日残高
(百万円)
14,948
6,715
8,922
15,637
225
7,970
△10,314
△2,118
△1,402
27,063
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
△356
△356
 
 
 
 
 
△356
剰余金の配当
 
 
△356
△356
 
 
 
 
 
△356
当期純利益
 
 
 
 
 
 
3,113
3,113
 
3,113
固定資産圧縮積立金の取崩(注)
 
 
 
 
△15
 
15
 
固定資産圧縮積立金の取崩
 
 
 
 
△14
 
14
 
別途積立金の取崩(注)
 
 
 
 
 
△7,970
7,970
 
資本剰余金から利益剰余金への振替額(注)
 
 
△2,328
△2,328
 
 
2,328
2,328
 
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
△105
△105
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△3,041
△3,041
△30
△7,970
13,443
5,442
△105
2,294
平成19年2月28日残高
(百万円)
14,948
6,715
5,880
12,595
195
3,128
3,323
△1,508
29,358
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
平成18年2月28日残高
(百万円)
7,071
7,071
34,134
事業年度中の変動額
 
 
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
 
△356
剰余金の配当
 
 
 
△356
当期純利益
 
 
 
3,113
固定資産圧縮積立金の取崩(注)
 
 
 
固定資産圧縮積立金の取崩
 
 
 
別途積立金の取崩(注)
 
 
 
資本剰余金から利益剰余金への振替額(注)
 
 
 
自己株式の取得
 
 
 
△105
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△895
12
△882
△882
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△895
12
△882
1,412
平成19年2月28日残高
(百万円)
6,175
12
6,188
35,547
  (注)  平成18年5月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
その他資本剰余金
資本剰余金合計
その他利益剰余金
利益剰余金合計
固定資産圧縮積立金
繰越利益剰余金
平成19年2月28日残高
(百万円)
14,948
6,715
5,880
12,595
195
3,128
3,323
△1,508
29,358
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
△705
△705
 
△705
当期純利益
 
 
 
 
 
3,574
3,574
 
3,574
固定資産圧縮積立金の取崩
 
 
 
 
△13
13
 
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
△784
△784
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△13
2,883
2,869
△784
2,085
平成20年2月29日残高
(百万円)
14,948
6,715
5,880
12,595
181
6,012
6,193
△2,292
31,444
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
平成19年2月28日残高
(百万円)
6,175
12
6,188
35,547
事業年度中の変動額
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
△705
当期純利益
 
 
 
3,574
固定資産圧縮積立金の取崩
 
 
 
自己株式の取得
 
 
 
△784
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△4,482
△48
△4,531
△4,531
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△4,482
△48
△4,531
△2,445
平成20年2月29日残高
(百万円)
1,693
△36
1,657
33,101
重要な会計方針
前事業年度
  (自 平成18年3月1日
  至 平成19年2月28日)
当事業年度
  (自 平成19年3月1日
  至 平成20年2月29日)
1 有価証券の評価基準及び評価方法
(1)子会社株式及び関連会社株式
総平均法による原価法
1 有価証券の評価基準及び評価方法
(1)子会社株式及び関連会社株式
同左
(2)その他有価証券
時価のあるもの
決算日前1ヵ月の市場価格等の平均に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法により算定)
(2)その他有価証券
時価のあるもの
同左
時価のないもの
総平均法による原価法
時価のないもの
同左
2 たな卸資産の評価基準及び評価方法
主として売価還元法による原価法
2 たな卸資産の評価基準及び評価方法
同左
3 固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 定率法によっております。
 ただし、平成10年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっております。
 なお、耐用年数及び残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっております。
3 固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
同左
(2)無形固定資産
 定額法によっております。
 ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
(2)無形固定資産
同左
4 引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
 金銭債権の取立不能に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
4 引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
同左
(2)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
 数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定額法により、翌事業年度から費用処理することとしております。
(2)退職給付引当金
同左

 

前事業年度
  (自 平成18年3月1日
  至 平成19年2月28日)
当事業年度
  (自 平成19年3月1日
  至 平成20年2月29日)
(3)役員退職慰労引当金
 平成18年5月25日開催の定時株主総会において、役員退職金制度を廃止し、役員退職慰労金の打ち切り支給を決議したため、廃止時点までの在任期間に応じて計算した金額を役員退職慰労引当金として計上しております。
 なお、役員退職慰労金は、各役員の退任時に支給し、引当金を取崩すこととしております。 
(3)役員退職慰労引当金
同左
(4)投資損失引当金
 子会社及び関連会社への投資に対し、その資産内容を考慮して将来負担する可能性のある損失を見積り、必要と認められる額を計上しております。
(4)投資損失引当金
同左
5 リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
5 リース取引の処理方法
同左
6 ヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
  繰延ヘッジ処理を採用しております。また、 ヘッジ会計の要件を満たす為替予約取引については振当処理、特例処理の要件を満たす金利スワップ取引については特例処理を採用しております。
6 ヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
同左
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
① ヘッジ手段
為替予約取引及び金利スワップ取引
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
① ヘッジ手段
同左 
② ヘッジ対象
金銭債務
② ヘッジ対象 
同左 
(3)ヘッジ方針
 ヘッジ対象に係る将来の為替相場変動によるリスク及び将来の金利変動によるリスクを回避する目的で、為替予約取引及び金利スワップ取引を利用しております。
(3)ヘッジ方針
同左
(4)ヘッジ有効性評価の方法
 為替予約取引については振当処理を行っているため、また、金利スワップ取引については特例処理の要件を満たしているため、有効性の判定を省略しております。
(4)ヘッジ有効性評価の方法
同左
7 その他財務諸表作成の為の基本となる重要な事項
消費税等の処理方法
 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
7 その他財務諸表作成の為の基本となる重要な事項
消費税等の処理方法
同左
会計処理方法の変更
前事業年度
  (自 平成18年3月1日
  至 平成19年2月28日)
当事業年度
  (自 平成19年3月1日
  至 平成20年2月29日)
(役員賞与に関する会計基準)
  当事業年度から「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年11月29日 企業会計基準第4号)を適用しております。これにより、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は39百万円減少しております。
 なお、当該役員賞与は、年間の業績に基づいて支給がなされ、当該支給の方針が当下期に決定しております。
 ──────
 
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度から「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準第5号)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準委員会 平成17年12月9日 企業会計基準適用指針第8号)を適用しております。
 なお、従来の資本の部の合計に相当する金額は35,534百万円であります。
 また、財務諸表等規則の改正により、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
 ──────
 
 
 
 ──────
 
 
 
(固定資産の減価償却の方法)  
  当事業年度より、法人税法の改正(「所得税法等の一部を改正する法律」(平成19年3月30日 法律第6号)及び「法人税法施行令の一部を改正する政令」(平成19年3月30日 政令第83号))に伴い、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産の減価償却については、改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。
  なお、これによる損益に与える影響は軽微であります。
 
 
表示方法の変更
 
前事業年度
  (自 平成18年3月1日
  至 平成19年2月28日)
当事業年度
  (自 平成19年3月1日
  至 平成20年2月29日)
──────
(貸借対照表)
  前事業年度において「破産債権、再生債権、更生債権その他これらに準ずる債権」として掲記されていたものは、当事業年度より「破産更生債権等」と表示しております。
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
 (平成19年2月28日)
当事業年度
 (平成20年2月29日)
※1
関係会社に対する資産・負債の主なものは、次のとおりであります(区分掲記されたものを除く)。
※1
関係会社に対する資産・負債の主なものは、次のとおりであります(区分掲記されたものを除く)。
 
未収入金
1,968百万円
 
未収入金
1,959百万円
 2
偶発債務
 下記のとおり関係会社等の銀行借入に対し、連帯保証により債務保証を行っています。
 2
偶発債務
 下記のとおり関係会社等の銀行借入に対し、連帯保証により債務保証を行っています。
 
関係会社
 
 
茂原商業開発㈱
1,179百万円
その他
 
 
旭スプリング工業㈱
200百万円
 
合計
1,379百万円
 
関係会社
 
 
茂原商業開発㈱
     1,065百万円
その他
 
 
旭スプリング工業㈱
200百万円
 
合計
1,265百万円
(損益計算書関係)
前事業年度
 (自 平成18年3月1日
 至 平成19年2月28日)
当事業年度
 (自 平成19年3月1日
 至 平成20年2月29日)
※1
営業外収益のうち、関係会社からのものは、次のとおりであります。
※1
営業外収益のうち、関係会社からのものは、次のとおりであります。
 
受取利息
0百万円
転貸不動産賃貸料
118百万円
受取手数料
7百万円
その他
5百万円
132百万円
 
受取利息
 0百万円
転貸不動産賃貸料
   107百万円
受取手数料
 7百万円
その他
 5百万円
   120百万円
※2
固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。
※2
固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。
 
建物
17百万円
土地
14百万円
31百万円
 
土地
  117百万円
   
※3
固定資産売却損の内訳は、次のとおりであります。
※3
固定資産売却損の内訳は、次のとおりであります。
 
構築物
3百万円
   
 
土地
 24百万円
   
※4
固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。
※4
固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。
 
建物
76百万円
構築物
11百万円
機械装置
2百万円
器具備品
5百万円
その他
48百万円
145百万円
 
建物
  67百万円
構築物
  17百万円
機械装置
 0百万円
器具備品
 7百万円
その他
  70百万円
   164百万円

 

前事業年度
 (自 平成18年3月1日
 至 平成19年2月28日)
当事業年度
 (自 平成19年3月1日
 至 平成20年2月29日)
※5
減損損失
 当社は当事業年度において、以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
※5
減損損失
 当社は当事業年度において、以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
 
 
(百万円)
用途
種類
場所
金額
店舗
土地及び建物等
愛知県
4店舗
 233
千葉県
3店舗
その他
13店舗
その他の施設等
土地及び建物等
千葉県他
4件
67
合計
301
 
 
(百万円)
用途
種類
場所
金額
店舗
土地及び建物等
愛知県
3店舗
1,065
千葉県
5店舗
その他
23店舗
 
 
 
 
 
 
 当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小の単位として、各店舗及び賃貸物件をグルーピングしており、遊休資産についても、当該資産単独で資産のグルーピングをしております。
 営業活動から生ずる損益が継続してマイナスとなる資産グループと地価の下落が著しい資産グループについて減損を認識し、回収可能価額が帳簿価額を下回るものについて帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(301百万円)として特別損失に計上いたしました。
 減損損失の内訳は次のとおりであります。
 
 当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小の単位として、各店舗及び賃貸物件をグルーピングしており、遊休資産についても、当該資産単独で資産のグルーピングをしております。
 営業活動から生ずる損益が継続してマイナスとなる資産グループと地価の下落が著しい資産グループについて減損を認識し、回収可能価額が帳簿価額を下回るものについて帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(1,065百万円)として特別損失に計上いたしました。
 減損損失の内訳は次のとおりであります。
 
 
(百万円)
種類 
店舗
その他の
施設等
合計
建物及び構築物
84
26
110
土地
32
 41
 74
その他
 117
 —
 117
合計
233
67
301
 
 
(百万円)
 
種類 
 
店舗
建物及び構築物
276
土地
663
その他
 125
合計
1,065
 
 なお、当資産グループの回収可能価額が正味売却価額の場合には、不動産鑑定士による不動産鑑定評価基準に基づき評価しております。また、回収可能価額が使用価値の場合には、将来キャッシュ・フローを5.06〜5.38%で割引いて算定しております。
 
 なお、当資産グループの回収可能価額が正味売却価額の場合には、不動産鑑定士による不動産鑑定評価基準に基づき評価しております。また、回収可能価額が使用価値の場合には、将来キャッシュ・フローを4.48〜5.00%で割引いて算定しております。
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
普通株式
2,434,342
136,056
2,570,398
 (注)自己株式(普通株式)の増加数は、会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく取締役会決議による取得130,000株、単元未満株式の買取りによる増加6,056株であります。
当事業年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
普通株式
2,570,398
1,003,924
3,574,322
 (注)自己株式(普通株式)の増加数は、会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく取締役会決議による取得1,000,000株、単元未満株式の買取りによる増加3,924株であります。
(リース取引関係)
前事業年度
  (自 平成18年3月1日
  至 平成19年2月28日)
当事業年度
  (自 平成19年3月1日
  至 平成20年2月29日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1 リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
1 リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
機械及び装置
(百万円)
器具・備品
(百万円)
合計
(百万円)
取得価額
相当額
0
3,868
3,868
減価償却累計額相当額
0
2,143
2,143
減損損失累計額相当額
0
1,584
1,584
期末残高
相当額
0
140
140
 
機械及び装置
(百万円)
器具・備品
(百万円)
合計
(百万円)
取得価額
相当額
3,537
3,537
減価償却累計額相当額
1,151
1,151
減損損失累計額相当額
1,578
1,578
期末残高
相当額
807
807
2 未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損勘定期末残高
2 未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損勘定期末残高
未経過リース料期末残高相当額
 
1年内
722百万円
1年超
1,026百万円
合計
1,748百万円
未経過リース料期末残高相当額
 
1年内
   610百万円
1年超
     771百万円
合計
1,381百万円
リース資産減損勘定期末残高
876百万円
リース資産減損勘定期末残高
   552百万円
3 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
3 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
支払リース料
788百万円
リース資産減損勘定の取崩額
396百万円
減価償却費相当額
761百万円
支払利息相当額
27百万円
減損損失
99百万円
支払リース料
   784百万円
リース資産減損勘定の取崩額
   389百万円
減価償却費相当額
   756百万円
支払利息相当額
  24百万円
減損損失
  71百万円
4 減価償却費相当額及び利息相当額の算定方法
・減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
4 減価償却費相当額及び利息相当額の算定方法
・減価償却費相当額の算定方法
同左
・利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
・利息相当額の算定方法
同左
(有価証券関係)
前事業年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
 子会社及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
当事業年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 子会社及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
 
(税効果会計関係)
前事業年度
  (平成19年2月28日)
当事業年度
  (平成20年2月29日)
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の主な原因別の内訳
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の主な原因別の内訳
(繰延税金資産)
 
未払賞与
308百万円
未払事業所税
32百万円
未払社会保険料
36百万円
退職給付引当金
742百万円
役員退職慰労引当金
106百万円
貸倒引当金
31百万円
投資損失引当金
208百万円
投資有価証券評価損
458百万円
減損損失
4,106百万円
繰越欠損金
1,254百万円
その他
316百万円
繰延税金資産小計
7,601百万円
評価性引当額
△3,261百万円
繰延税金資産合計
4,340百万円
 
 
(繰延税金負債)
 
固定資産圧縮積立金
129百万円
その他有価証券評価差額金
4,151百万円
その他
217百万円
繰延税金負債合計
4,498百万円
繰延税金負債の純額
158百万円
(繰延税金資産)
 
未払賞与
   287百万円
未払事業所税
  31百万円
未払社会保険料
  36百万円
退職給付引当金
   744百万円
役員退職慰労引当金
   102百万円
貸倒引当金
  31百万円
投資損失引当金
   241百万円
投資有価証券評価損
   427百万円
減損損失
4,971百万円
繰越欠損金
     29百万円
その他
   330百万円
繰延税金資産小計
7,234百万円
評価性引当額
△2,567百万円
繰延税金資産合計
4,666百万円
 
 
(繰延税金負債)
 
固定資産圧縮積立金
120百万円
その他有価証券評価差額金
1,138百万円
その他
224百万円
繰延税金負債合計
1,483百万円
繰延税金資産の純額
3,182百万円
 
 
 
 
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の主な原因
法定実効税率
(調整)
  40.2%
交際費等永久に損金に
されない項目
  0.7%
受取配当等永久に益金に
算入されない項目
  △0.4%
住民税均等割
  3.5%
評価性引当額
  △41.8%
その他
  △1.4%
 税効果会計適用後の法人税等の負担率
  0.8%
(注)当事業年度における繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。
  流動資産−繰延税金資産             509百万円
  固定資産−繰延税金資産           2,673百万円
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の主な原因
法定実効税率
(調整)
40.2%
交際費等永久に損金に
されない項目
1.2%
受取配当等永久に益金に
算入されない項目
 △0.5%
住民税均等割
 3.4%
評価性引当額
△49.1%
その他
△0.5%
 税効果会計適用後の法人税等の負担率
△5.3%
(1株当たり情報)
前事業年度
  (自 平成18年3月1日
  至 平成19年2月28日)
当事業年度
  (自 平成19年3月1日
  至 平成20年2月29日)
1株当たり純資産額
624円67銭
1株当たり当期純利益
54円60銭
1株当たり純資産額
592円14銭
1株当たり当期純利益
63円50銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 
1株当たり当期純利益の算定上の基礎
1株当たり当期純利益の算定上の基礎
損益計算書上の当期純利益
3,113百万円
普通株式に係る当期純利益
3,113百万円
普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
 該当事項はありません。
 
普通株式の期中平均株式数
57,033,387株
損益計算書上の当期純利益
3,574百万円
普通株式に係る当期純利益
3,574百万円
普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
 該当事項はありません。
 
普通株式の期中平均株式数
56,299,691株
 
(重要な後発事象)
前事業年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
  該当事項はありません。 
 
当事業年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日) 
  該当事項はありません。 
 
 
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額(百万円)
(投資有価証券)
 
 
その他有価証券
 
 
イオン㈱
4,106,000
5,394
㈱千葉銀行
2,219,011
1,624
㈱コメリ
247,217
549
DCMJapanホ−ルディングス㈱
860,890
489
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
492,760
475
㈱ミレアホールディングス
110,510
438
新日本石油㈱
300,590
213
㈱常陽銀行
331,862
185
㈱ベルク
171,200
153
㈱千葉興業銀行
83,755
120
その他13銘柄
285,520.23
197
9,209,315.23
9,842
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高(百万円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物 (注)1
18,162
927
445
(242)
18,644
9,868
587
8,776
構築物
8,197
165
194
(33)
8,168
6,620
255
1,547
機械装置
273
7
7
(1)
273
239
7
34
車両運搬具
6
6
5
7
2
1
4
器具備品
2,800
144
153
(25)
2,791
2,479
104
312
土地
12,079
15
1,121
(663)
10,973
10,973
建設仮勘定
12
9
5
16
16
有形固定資産計
(注)2
41,533
1,276
1,933
(967)
40,876
19,209
957
21,666
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
借地権
437
92
5
(1)
524
524
ソフトウェア
1,008
63
46
1,025
846
134
178
電話加入権
62
0
(0)
62
62
無形固定資産計
 (注)2
1,508
156
52
(2)
1,611
846
134
765
長期前払費用 (注)2
711
36
111
(1)
636
482
55
154
 (注)1 有形固定資産の増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
建物の増加 
        楢原  115百万円                 狩場インター  174百万円
         狭山  398百万円                 海老名          136百万円
2 当期減少額のうち( )内は内書きで減損損失の計上額であります。
3 有形固定資産の当期償却額のうち47百万円および長期前払費用の当期償却費のうち0百万円は、転貸不動産賃借料に計上しております。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
477
61
13
402
役員退職慰労引当金
265
10
254
投資損失引当金
518
80
599
 (注)1 引当金の計上理由及び額の算定方法につきましては、「重要な会計方針」に記載しております。
        2  当期減少額(その他)の内容は以下のとおりであります。
  ・貸倒引当金 : 回収による減少額と、洗替による戻入額であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
 平成20年2月29日現在における貸借対照表の主な資産、負債の内容は、次のとおりであります。
(イ)資産の部
① 現金及び預金
区分
金額(百万円)
現金
1,435
預金
 
当座預金
388
普通預金
1,991
その他預金
0
2,379
合計
3,815
② 売掛金
相手先別内訳
相手先別内訳
金額(百万円)
UFJニコス㈱
276
JCB㈱
146
イオンクレジットサービス㈱
52
ディーシーカード㈱
34
その他
5
合計
515
滞留状況
前期繰越高
(百万円)
当期発生高
(百万円)
当期回収高
(百万円)
次期繰越高
(百万円)
回収率(%)
A+B
滞留日数(日)
1/2(A+D)
×30
1/12B
437
14,263
14,184
515
96.5
12.02
 (注) 消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
③ 商品
内訳
金額(百万円)
DIY用品
9,196
家庭用品
11,776
レジャー用品他
7,118
28,091
④ 差入保証金
内訳
金額(百万円)
店舗等敷金保証金
18,039
その他
212
18,251
(ロ)負債の部
① 支払手形
相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
㈱千葉銀行
41
㈱三菱東京UFJ銀行
65
107
期日別内訳
期日
金額(百万円)
平成20年3月満期
平成20年4月満期
94
12
107
② 買掛金
相手先
金額(百万円)
相手先
金額(百万円)
中央物産㈱
1,160
㈱小野商事
458
アイリスオーヤマ㈱
675
その他
12,103
㈱山善
579
 
 
ピップトウキョウ㈱
532
15,509
 ③短期借入金
 
 
 
 
㈱三菱東京UFJ銀行
1,919
三菱UFJ信託銀行㈱
500
㈱千葉銀行
1,720
その他
300
㈱常陽銀行 
700
 
 
㈱千葉興行銀行
600
5,740
 ④1年以内返済予定の長期借入金
 
 
 
 
㈱三菱東京UFJ銀行
1,250
三菱UFJ信託銀行㈱
300
㈱千葉銀行
875
その他 
681
㈱みずほ銀行
550
 
 
㈱常陽銀行 
350
4,006
⑤ 長期借入金
相手先
金額(百万円)
相手先
金額(百万円)
㈱千葉銀行
8,825
㈱常陽銀行
1,825
㈱三菱東京UFJ銀行
6,575
その他
3,719
㈱みずほ銀行
5,600
 
 
三菱UFJ信託銀行㈱
3,475
30,019
(3)【その他】
① 最近の事業年度末日後の状況
 該当事項はありません。
② 重要な訴訟事件等
 該当事項はありません。




出典: 株式会社ケーヨー、2008-02-29 期 有価証券報告書